大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介看護学研究科|3つのポリシー

看護学研究科

graduate-college_policy.gif

 

アドミッション・ポリシー

 看護学研究科では、本学の建学の精神である「自立と共生」に則り人間の存在や尊厳に深い理解を持ち、人々の生活の場や臨床の場において、人々の意思決定を支え、個々人が望む生活を営むために必要な健康行動を獲得できるように支援できる能力を備え、さらに教育力、指導力、研究能力を兼ね備えた社会に貢献できる高度な看護実践専門職業人を養成するために、以下にあげる学生を求めます。

(1)看護基礎教育を受け、看護学に関する基礎的な知識と技術を有する人

(2)倫理的な感受性と判断力をもって行動できる人

(3)高度な看護実践専門職業人として、看護学ならびに看護実践の発展に貢献する意欲がある人

(4)論理的思考と柔軟な発想をもち、関連職者と協働して課題解決にあたることができ、主体的に自分の役割を果たすことができる人

 

 

ディプロマ・ポリシー

 本研究科では、以下の能力を修得し、修了に必要な単位を取得し、かつ必要な研究指導を受けた上で修士論文の審査に合格した人に修士(看護学)の学位を授与することとします。

(1)人々の生活の場や臨床の場で直面する様々な課題に関して研究的方法論を活かして分析し、最善策を見出す能力を修得している。

(2)高い倫理観をもち人々の意思決定を支援できる能力を修得している。

(3)個々人が望む生活を営むためには、個々人が自身の健康を保持・向上していく力を獲得しなければならないことに主眼を置き、こうした力を人々が獲得できるような教育的な看護を実践できる。

(4)保健医療福祉システムの中で、様々な人々や多職種と連携・協働する力を修得している。

 
 

カリキュラム・ポリシー

(1)課題解決能力を育成するために「看護研究方法論Ⅰ」と「看護研究方法論Ⅱ」、「看護理論」を『共通科目』の必修科目としている。さらに『特別研究』では修士論文を全学生に課して、論理的思考と研究的方法論を用いて課題解決を図る力を強化する。

(2)人々の意思決定を支援する上で欠かせない高い倫理観を育成するために『共通科目』の必修科目として「看護倫理」を置いている。また、家族の中で対立し合う意思の調整や家族全体の課題解決の力を育成するために「家族看護論」を選択科目に置いている。「健康生活支援看護学実習」あるいは「療養生活支援看護学実習」において、臨床現場の中で直面する対象者の尊厳の擁護やプライバシーの保護、個人情報の取扱い等に関わる問題を解決する力を強化するとともに、意思決定が困難な事例への支援のあり方を思考し、実践する力を培う。

(3)教育的な看護実践力を育成するために『共通科目』では、「看護実践教育論」を必修科目に、「ヘルスプロモーションと健康教育」を選択科目にする。実践力を確かなものにするため『専門教育科目』では、「健康生活」あるいは「療養生活」のいずれかに軸足を置きながら、「健康生活支援看護学特論」ならびに「療養生活支援看護学特論」において実践を支える様々な理論やモデルを学修する。さらに「健康生活支援看護学演習Ⅰ・Ⅱ」と「療養生活支援看護学演習Ⅰ・Ⅱ」では、関心分野における課題を理論的、科学的に見出す力を強化する。また「健康生活支援看護学実習」と「療養生活支援看護学実習」では、見出した課題を現状と照合させながら求められる看護を思考し、実践に繋げる力を強化します。また的確な実践力の基盤となるアセスメント力を確かなものとするために「フィジカルアセスメント」、「病態生理学」を選択科目として設置した。

(4)個々人や集団の意思決定や行動変容を支えるために必要な人々や専門職と協働する力は、臨床の中で育成することが重要と考え、『専門教育科目』の中に「健康生活支援看護学実習」と「療養生活支援看護学実習」を設定し、こうした視点を学修できる環境を整備し、実践力に繋げる。また、理論的な面での知識を強化するために『共通科目』に「看護システム論」と「看護管理」、「コンサルテーション論」を選択科目として設置する。




修士課程修了までの流れ

修了までの流れ画像-看護学研究科.jpg

修了までの流れ-看護学研究科.pdf