Bunkyo GCI|文京学院大学

Bunkyo GCI|文京学院大学

文京学院大学トップページBunkyo GCI|学部紹介カリキュラム

カリキュラム

 

カリキュラム・ポリシー[教育課程編成・実施の方針]

 

Bunkyo GCIは、自立した人間として多様な国際社会に寄与できるグローバル人材の育成を目標としています。
 
そのためにディプロマ・ポリシーで定めたGCI教育課程修了に求められる条件に到達できると同時に、学部横断型カリキュラムという特徴を活かすように「英語科目群」「共通科目群」「学部発展科目群」「キャリア科目群」「海外研修」に分けて履修指導がおこなわれています。
 
1.
英語科目群では、グローバル英語の本質を理解し、それを実践できるスキルが身につくように1年次から3年次まで必修科目が設置されています
2.
共通科目群では、グローバル英語概論の他は主に地域研究に関する科目を設置し、多様なグローバル社会を理解できるようにしています
3.
学部発展科目では、各学部の専門科目を学修している事を前提に、グローバルな側面で応用ができるようにさらに専門性を深化させる科目が設置されています
4.
キャリア科目群では、グローバル社会で活躍できる職業人を育成するために、1年次よりキャリア関連科目を設置し、海外でのインターンシップ等に参加を促す科目も設置しています
5.
海外研修に関する科目では、履修学年と海外プログラムに参加する期間に柔軟に対応できる科目を設置しています

 

 

Our mission of the Bunkyo GCI is to cultivate autonomous global human resources who can contribute to diverse international society. 
 
The GCI curriculum is a system that can reach the requirements for the diploma policy of GCI. In addition, it is a curriculum that takes advantage of the crossing undergraduate course. The curriculum includes 'English related subjects', 'common subjects', 'advanced subjects', 'career subjects', 'overseas training'.
 
1.
English related subjects: GCI students could understand the essence of Global English and obtain skills to practice it. Required subjects are set up from 1st year to 3rd year.
2.
Common subjects: GCI students could understand diverse global society. At first they study the introduction of Global English then have classes of subjects related to regional studies. 
3.
Advanced subjects: GCI students could deepen their knowledge and skills that they learn in each department. They can apply those knowledge and skills on a global basis.
4.
Career subjects: Carrier subjects are for training professionals who can contribute in the global society. Career related subjects set up from the first grade, so GCI students are encouraged to participate in overseas programs including internship.
5.
Overseas training: GCI students can choose the time and period to participate flexibly for subjects related to overseas training.

 

line01.gif

■e-Learningについて
e-Learningは、通常の授業とは異なり、コンピュータを使った自習形式の英語科目です。オリエンテーションとテスト以外は各自で学習を進め、担当教員が学習をサポートします。自身の英語習熟度レベルに合った教材を使用し、それぞれのペースで学習を進めます。
ただし、決められた時間以上の学習を行い、決められた日程で行われるテストを受験し、合格点を取る必要があります。
I〜VIIIの数字は履修時期によって決まります。たとえば、1年次前期に履修すればe-Learning I、2年前期ではe-Learning IIIとなります。履修する毎に異なる教材を使用し、4年間で最大8科目の履修が可能となります。
なお、外国語学部「e-ラーニング応用」(授業形式)と同時に履修することは推奨しません。

 

 

curriculum2013_thumb.gif»PDFでダウンロード curriculum2013_thumb_en.gif»PDFでダウンロード