Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

文京学院大学トップページBunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|学部紹介お知らせGCI語学・異文化理解留学プログラム(マレーシアコース)報告NO.4

トピックス

文京学院/EVENT RSS

GCI語学・異文化理解留学プログラム(マレーシアコース)報告NO.4

[ カテゴリ:トピックス ]

08月

16日

2016

マレーシアのマラ工科大学UiTMにおいて今年(2016年8月〜9月)も語学・異文化理解留学(マレーシア)が行われています!

 

2016年8月16日

週末は各自、自由な時間を過ごした後、月曜日にはマラ工科大学のメインキャンパスであるシャーアラムキャンパスで授業が始まりました。こちらではバディーシステムは採用していないものの、日本クラブの学生が余暇時間から授業後までしっかりサポートしてくれます。

Classes at Shah Alam campus has started. Although there is no buddies system here, students from Japan Club help us with free time, class assignments, and othre activities. 

これは建物からの外の景色です。暑いので、とても濃いフィルムが貼ってあり、外は暗く見えますが、晴れています。

UiTM201604 - 11.jpg


先生はどんどん話しかけてきます。それにも自然に答える雰囲気が構築されてきました。

UiTM201604 - 4.jpg


UiTM201604 - 3.jpg


こんな絵を使いながら前置詞の復習をしていきます。

UiTM201604 - 10.jpg


こら(笑)。授業に集中。これもこちらでの生活に慣れてきた証ととらえましょう(笑)。

UiTM201604 - 6.jpg


はきはきとテンポ良く授業が進められていました。

UiTM201604 - 5.jpg


UiTM201604 - 9.jpg


近くでカメラを向けてごめんなさい。

UiTM201604 - 7.jpg


UiTM201604 - 8.jpg


後半は、前置詞を使用して説明するための絵を描いて、それに基づいて文章を作成し、プレゼンするというアクティビティーです。ここからバディーがついて、作業の手伝いをしてくれます。

"Use English even among Japanese students" 

It is hard not to use Japanese among the students, but buddy system helps them to use English in a more natural way.

どうしても、日本人同士だと日本語に頼ってしまいますが、バディーが入ってくれることで英語が自然に使える環境ができます。

UiTM201605 - 1.jpg


UiTM201605 - 2.jpg


スマホを使用して、絵を描く題材を探しています。

UiTM201605 - 7.jpg


UiTM201605 - 3.jpg


UiTM201605 - 4.jpg


何を描こうか。。。テーマが大きいとなかなか難しいですね。こういう自由度の高い授業が多いのも海外の授業の特徴ですね。

UiTM201605 - 5.jpg


UiTM201605 - 6.jpg


マレーシア次ページ