Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

文京学院大学トップページBunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|学部紹介お知らせGCI語学・異文化理解留学プログラム(タイコース) 報告NO.3

トピックス

文京学院/EVENT RSS

GCI語学・異文化理解留学プログラム(タイコース) 報告NO.3

[ カテゴリ:トピックス ]

08月

24日

2016

サワディカ! GCI語学異文化理解留学(タイ・タマサート大学)第3回目は、タマサート大学での授業を紹介します。
 
GCI生は、タマサート大学が主に外国人留学生向けに設置しているThai Studies Courseの授業に参加します。
同大学では、このThai Studiesの他に、Chinese Studies、India StudiesとASEAN Studiesのコースがあります。Japan Studies Courseが無いのが少し寂しいですが・・・。Thai Studiesは、8月から2セメスター1年間のコースで、単位が付与される大学の正式な授業です。
 
科目は下記の通りで、このうちタイ語が必修で,それ以外は選択科目です。
Thai Massageなどの授業があるのは、外国人向け授業らしいですね。ただ、12月からのセメスターで開講のため残念ながらGCI生は履修できません。
 
PD 100            BEGINNING THAI
PD 101            INTERMEDIATE THAI
PD 102            ADVANCED THAI
PD 223            SOCIETY AND CULTURE OF THAILAND
PD 233            THAI MEDIA AND SOCIETY
PD 323            ETHNIC GROUPS OF THAILAND
PD 353            BUDDHISM IN THAILAND
PD 354            ISLAM IN THAILAND
PD 343            SOCIAL AND ECONOMIC DEVELOPMENT IN THAILAND
PD 363            THAI LAW
PD 313            MODERN THAI HISTORY
PD 373            THAILAND IN AN INTERNATIONAL ARENA
PD 374            THAI POLITICS
PD 383            CONTEMPORARY THAI LITERATURE (IN TRANSLATION)
PD 384            ART AND ARCHITECTURE OF THAILAND
PD 183            THAI DANCE
PD 184            THAI CUISINE
PD 293            THAI TRADITIONAL MEDICINE
PD 193            THAI MASSAGE
 
GCI生はこの中から、BEGINNING THAI、SOCIETY AND CULTURE OF THAILANDとタイ人学生向け英語による教養科目のCIVIL EDUCATIONとSOCIAL LIFE SIKLLS、India Studies CourseのTOURISM IN INDIAの5科目を履修します。授業はタイ語クラスも含めて全て英語でおこなわれます。
 
講義スタイルは日本の大学とはかなり異なります。GCI生は事前に理解して授業にのぞんだのですが、それでも留学生やタイ人学生の発言に圧倒されたそうです。
教授も授業第1回目のオリエンテーションで「この授業では教えることはしません」と大胆な発言をします。「教えるのではなくて、自分で考える手助けをするのがこの授業です」実際、180分の授業で、先生が説明している時間は半分以下という感じです。授業時間の大半は、学生の意見を求めたり、小グループでディスカッションさせることで費やされます。大学教員の目からすると、90分間ずっと話しっぱなしの日本の大学の教員よりも「楽」な印象ですが、自分の意見を主張しないことを良しとする日本文化では、この授業スタイルは難しいです。
 
 
IMG_4612.jpeg
 
このクラスはタイ人学生、Thai Studiesの留学生、GCI生の混合クラスでした。担当教員が貧困をテーマにした画像を示し、それぞれのグループから1名が出て「画像から何を感じるか」を語っています。当然、GCI生からも1名が出ました,自主的に!!
 
 
専門科目・教養科目とは別に、ENGLISH CHAT LOUNGEがGCI生のために開講してもらっています。これは、タマサート大学の学生5名ほどにカンバセーションパートナーとして入ってもらい、先生の提示するテーマに従って、グループ別に話し合って発表するという英語の授業です。
 
IMG_4716.jpeg
IMG_4569.jpeg
 
  GCI生のために授業のないタマサート大学の学生がボランティアでクラスに来てくれます。
 
 
 
IMG_4715.jpeg
 GCI生のルールとして「教室にGCI生だけでかたまって座らない」をきちんと守っています
 
 
 
IMG_4583.jpeg
        タイ語初級の授業は担当教員とTAの2名体制で進行します。
 
 
また、タマサート大学周辺の世界遺産などをめぐる課外授業もありますが、この紹介は別の機会に。