Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

文京学院大学トップページBunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|学部紹介お知らせGCI語学・異文化理解留学プログラム(タイコース)報告NO.2

トピックス

文京学院/EVENT RSS

GCI語学・異文化理解留学プログラム(タイコース)報告NO.2

[ カテゴリ:トピックス ]

08月

19日

2016

danland_logo.png

GCI生14名が留学しているタイのタマサート大学(Thammasat University)を紹介します。 

首相を務めたプリーディー・パノムヨンによって1934年に創設された国立大学で、タイで最も歴史のあるチュラーロンコーン大学に次ぐ大学と現地では評価されています。学生も非常に優秀で、タマサート大生であることにプライドを持っていることを感じます。 
 
 
 

T2-2.JPGT2-3.JPGT2-4.JPG

     大学のシンボルであるドーム(時計台)の裏が記念館になっています 
 
 
4つのキャンパスに30000人を超える学生が学んでいます。GCI生はメインキャンパスであるタープラチャン・キャンパスのPridi Banomyong International CollegeのThai Studies Courseで学んでいます。Thai Studiesの他に、Chainese StudiesとIndian Studies、大学院のASEAN Studiesがあります。Japanese Studiesが無いのは少し残念です。 
 

T2-5.JPG

Pridi Banomyong International Collegeはタマサート大学の国際プログラム専門の学部のような位置づけです。世界中からタイ語やタイの文化・政治などを勉強するために多くの留学生がここで学んでいます。昨年までは、ほぼ全員が外国人留学生でしたが、今年からはタイ人学生も授業を履修できるようになったようです。ちょうど、文京GCIと同じですね。全ての授業は英語で行われます。 
資料によれば、35大学を超える日本の大学と協定を結んでおり、もちろん文京学院大学もそのひとつです。 
 
 

 

T2-6.JPG

タープラチャン・キャンパスは、バンコク市内を流れるチャオプラヤ川のほとりにあり、王宮、王立博物館、シリラート病院などがある旧市街の真ん中に位置しており、周辺も大変賑やかです。 
 

T2-7.JPG

      リバーサイドのベンチに座るとどこかリゾートにいる気分
 

T2-8.JPG      図書館ビルですが見える部分は地上の入り口だけで、施設全体は全て地下部分に。

 

T2-9.JPG

      キャンパスに数カ所ある学食は「出店方式」でメニューのバリエーションが豊富。 
 

T2-10.JPG      都市型大学の割にはシッカリしたグランドがあります。

 

T2-11.JPG      ブックストアは大学に入って直ぐのところに。

 

T2-12.JPG     銀行もキャンパス内の便利な場所に

 

T2-13.JPG      キャンパスに7カ所あるカフェのひとつ 

 

T2-14.JPG      タマサート大学の記念館でKen先生や国際交流スタッフと

 

T2-15.JPG