Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

Bunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|文京学院大学

文京学院大学トップページBunkyo GCI(グローバル人材育成プログラム)|学部紹介お知らせGCI語学・異文化理解留学プログラム(マレーシアコース)報告 NO.1

トピックス

文京学院/EVENT RSS

GCI語学・異文化理解留学プログラム(マレーシアコース)報告 NO.1

[ カテゴリ:トピックス ]

08月

15日

2015

マレーシアのクアラルンプールに近いShah Alamに本部があるマラ工科大学UiTMにおいて
今年(2015年8月〜9月)も語学・異文化理解留学(マレーシア)が行われています!
 

2015年8月7日〜8月10日

今年度のマレーシアコースには、GCI一年生8名(外国語学部6名、保健医療技術学部2名)が参加しています。8月7日(金)夕刻、クアラルンプール国際空港に到着しました。空港には、マラ工科大学の職員の方や日本語クラブの学生がバスで出迎えに来てくれました。翌日8日(土)には、同日本語クラブの学生によって、大学が位置するシャーラムのタウンツアーが開催されました。10日(月)は、冒頭のオリエンテーションで、緊急連絡先や本プログラム日程等の説明がなされ、関戸連絡員と学生との顔つなぎをした後、いよいよ授業が始まりました。英語の歌を唄いながら、様々な単語やイディオムを学んだり、自分達の手で実際にスコーンを作りながら、そのレシピを英語で説明するなど、実用的な英語力の習得にぴったりなプログラムが組まれています。シャーラムタウンツアーでは、マラ工科大学の学生により作られた壁アートの見学にも行きました。

1ゴリラの絵.jpeg

日本語クラブの学生とランチタイム。皆さんとてもフレンドリーで親切です。そしてたまに日本語で学生の皆さんを笑わせてくれます。

2ランチタイム.jpeg


授業風景。通常会議室としても使用されるゴージャスな椅子の設置された部屋で授業は展開されます。先生は学生が分かるまで繰り返し丁寧に教えてくれます。

3授業中.jpeg


これが学生のみなさんと引率教職員が宿泊している寮です。通称Kristal。中の部屋はスウィートタイプ(というと聞こえはいいですが。。)になっていて、2つのバスルームと2つ〜3つの部屋で構成されています。

uitm5 - 1.jpg


同じ形の建物が全部で3つ並んでいます。ゲートがあり、外部の人は入ることができませんのでセキュリティーも良いです。

uitm5 - 2.jpg


KristalにUiTMのバス、あるいはバンが毎朝8時半に迎えに来てくれます。こういったサービスがとても細やかです。多くの場合、自分でキャンパスには来なさい、という大学が多いと思います。しかし、ここは暑いので涼しい車で大学まで連れて行ってくれるのは助かりますね。5分で大学に到着です。

uitm5 - 3.jpg


学生のみなさん。先ほども記しましたが、今年は8名の参加です(写真が時間的に少し前後しています。8月17日撮影)。

uitm5 - 4.jpg