外国語学部|外国語学部

国際ビジネスコミュニケーション専攻と

国際教養コミュニケーション専攻の2専攻制。

グローバル社会で自立と共生を実現できる人間を育成します。

文京学院大学トップページ外国語学部|学部紹介お知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

竹田セキ子名誉教授の称号記授与式が行われました!

 

 

本学に昭和47年から39年間勤続された竹田セキ子先生がこの春、退任されました。
4月5日の教員合同会議で名誉教授の称号記授与を行う予定でしたが震災の影響で延び々となり、7月29日に学長室において授与式が行われました。

 

    

 

20110728_01.jpg      20110728_05.jpg

池袋駅西口ルミネ前に長さ7mにも渡る、

大型ポスターを掲出しています。

 

「僕らは今を生きるんだ。」

 

をテーマに、学生たちが作り上げていく

オープンキャンパスへの意気込みを力強く表しています。

 

池袋にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

掲出期間:7/23~8/20

 

8月から大宮駅、新宿駅にも展開予定です。イメージはこちら

 

 

池袋懸垂幕①.jpg 池袋懸垂幕②.jpg

外国語学部AO入試(A日程)に出願志望の方へ。

AOセミナーをオープンキャンパスと同時開催します。

 

下記日程のいずれか一回にご参加ください。

セミナーへ参加できない方は、本学ホームページから

課題をダウンロードすることが可能です(ホームページへの掲載はセミナー終了後となります)。

 

外国語学部AOセミナー :8/6(sat),7(sun)11:00-11:30

本郷キャンパスで行います。

 

AO入試、詳細はこちらから 外国語学部 

 

7/16(土)12:00-16:00

第3回オープンキャンパスが開催されます。

 

入試説明会、キャンパスツアー、在学生とのフリートーク、サークル発表など、

盛りだくさんの内容です。学食体験もあります。

授業を体験し、大学での学びを実感いただける模擬授業、ぜひご参加ください。詳細はこちらから。

 

 

緑のポロシャツを着たオープンキャンパス実行委員がお待ちしています。

ぜひキャンパスまで足をお運びください。

 

本郷キャンパスプログラム詳細はこちら

前回の模様は広報グループFacebook覧いただけます。

 

 

 本郷0618.jpg  ふじみ野0618②.jpg
 ふじみ野0618③.jpg  ふじみ野0618.jpg

 

07月

9日

2011

2011英語スキル委員会主催 英語教育シンポジューム開催

吉田研作先生 (上智大学教授)

2011年7月9日(土)に英語教育及び応用言語学で著名な吉田研作先生のご講演があります。

 


日時: 2011年7月9日(土)

10時から12時 (講演とレセプション)

場所: 東京都文京区

文京学院大学・短期大学 本郷キャンパス B館

8階 ウイングホール

事前登録:不要

費用:無料

 

スケジュール:

9:30~受付

10:00~10:05 開会の言葉

10:05~11:30 講演

11:30~12:00 懇親会 (Tea & Cookies)

 

題目:今後の日本の英語教育を考える―Can-doを参考に(講演の言語は英語)

 

 

変更等がある場合は、文京学院大学本郷キャンパスHPで報告しますので、お出かけ前にご確認ください。

 

備考:以下は参考資料です。事前にお読みくださる必要はありません。

CEFR http://www.coe.int/t/dg4/linguistic/Source/Framework_EN.pdf

SELHiで実際に作られたCan-doリストhttp://gtec.for-students.jp/cando/cando_example.htm

英検のCan-do リスト
http://www.eiken.or.jp/about/cando/cando.html

On Saturday, July 9th, 2011, Kensaku Yoshida, Professor at Sophia University, well-known expert in the field of TESOL and Applied Linguistics, will give a talk.

 

Date: Saturday, July 9th, 2011

Schedule: 10:00 to 12:00 (Lecture and reception)

Place: Bunkyo Gakuin University and College,

Hongo Campus, Tokyo,

B Building 8th Floor, Wing Hall

Pre-registration: Not necessary

Fee: Free of charge

 

Schedule:

9:30~Registration

10:00~10:05 Opening

10:05~11:30 Lecture

11:30~12:00 Refreshments  (Tea & Cookies)

 

The Future of Japan's English Education --with reference to the use of Can-do criteria

(The lecture will be in English.)

 

Please check the Bunkyo Gakuin University and College website for updates.

 

Notes: Below are references.

CEFR http://www.coe.int/t/dg4/linguistic/Source/Framework_EN.pdf,

Can-do list used in SELHi

http://gtec.for-students.jp/cando/cando_example.htm
Can do list used for STEP Test

http://en.wikipedia.org/wiki/STEP_Eiken

 

交通アクセス:https://www.u-bunkyo.ac.jp/campus/access/map_hongo.html

 

吉田 研作(よしだ・けんさく)先生の近年のご業績は以下の通りです。

 

上智大学外国語学部教授。上智大学一般外国語教育センター長、上智大学国際言語情報研究所所長。

外国語能力向上に関する検討会座長、SELHiの研究開発に関する企画評価会議協力者、中央教育審議会外国語専門部会委員、The International Research Foundation for English Language Education 理事、Asia TEFL 理事、NPO小学校英語指導者認定協議会理事、国土交通省航空英語能力証明審査会会長、他.

 

Kensaku Yoshida

Professor, Faculty of Foreign Studies, Director of the Center for the Teaching of Foreign Languages in General Education, Director of the Sophia Linguistics Institute for International Communication, Sophia University.

Chair, MEXT Committee to Discuss Ways to Improve the Foreign Language Ability of the Japanese, member of the Foreign Language Sub-committee of the Central Education Committee, Board member of The International Research Foundation for English Language Education, Executive committee member of Asia TEFL, President of the Airline Pilots’ English Proficiency Assessment Committee, Ministry of Land and Transportation, Executive Committee member of J-Shine, etc.

 

Recent Publications

Books

2010  ベーシック・プログレッシヴ英和・和英辞典(編集主幹)小学館 (Editor-in-chief, Basic Progressive English-Japanese/Japanese-English Dictionary. Tokyo: Shogakkan)

2010 外国研究の現在と未来(編集)上智大学出版 (Editor, Foreign Studies: Present and Future. Tokyo: Sophia University Press)

2010 起きてから寝るまで英語表現700オフィス編(監修)アルク (Editor, 700 Expressions from Morning to Night—Office Version. Tokyo: ALC)

2009  小学校英語はじめてセット(監修)アルク (Editor,  The Beginner’s Set to Conduct Elementary School English Class. Tokyo: ALC)

2009  起きてから寝るまで英語表現700(監修)アルク (Editor, 700 Expressions From Morning to Night. Tokyo: ALC)

2008  21年度から取り組む小学校英語―全面実施までにこれだけは(編著)教育開発研

       (Editor/Author, English in the Elementary Schools from 2009—What to Do Before its Full Implementation. Tokyo: Kyoiku Kaihatsu Kenkyusho.)

2008  小学校英語指導プラン完全ガイド(監修)アルク (Editor, Complete Guide to Lesson Plans for Elementary School English. Tokyo: ALC)

2007  はじめての英語日記(共著、コスモピア)(Yoshida & Shirai, The First English Diary. Tokyo: Cosmopedia.)

2007  小学校の教室英語フレーズ集 (監修)アルク (Editor, Classroom English Phrases for Elementary School English. Tokyo: ALC)

2005  ECF English Curriculum Framework--幼児から成人まで一貫した英語教育のための枠組み (共著、リーベル出版) (Tanaka, Yoshida, Negishi & Tamai.  ECF English Curriculum Framework—A Coherent Framework for English Education from Children to Adults.  Tokyo: Libel)

 

Articles

2011  早期英語学習の中学英語学習への影響―情意要因およびCan-do意識の調査から. 教育測定研究所委託研究成果報告書(共著)上智大学

2011  国際社会に生きるための日本人の英語. 英語教育3. 59/ 13, p. 40

2010日本の英語教育政策の理念と課題― 一貫した英語教育体制の構築を目指して.   田尻英三、大津由紀夫(編)「言語政策を問う!」ひつじ書房、pp. 179-198

2010  小学校外国語活動と評価法の進め方, 小学校・中学校「新指導要録」解説と記入、教育開発研究所編、教育開発研究所 pp. 52-56

2010  アカデミック英語能力テスト(TEAP) 開発の意味  英語教育8, 59/5, p. 26

2009  The Course of Study and the Possibilities for Change in Japan  生井健一、深田嘉昭(編)言語・文化・教育の融合を目指して―国際的・学際的研究の視座から、開拓社、pp. 387-400

2009  生徒も教師もコミュニケーション体験. 現代教育科学 no. 632、2009 年5 月号, pp. 49-52

2009  高等学校における「外国語教育の充実 「教職研修」Vol.37-8, 2009/4, pp. 52-53

2009  外国語活動の必修化する理由、授業研究21 第629号、pp. 51-53

2008  外国語活動 「小学校・中学校 移行措置への対応ポイント」(高階編)、教育開発研究所、2008、pp. 118-120

2008 The effects of teaching practice on the development of students' English proficiency. Studies in Language Science 7 (ed. T. Ogura et al.)、pp. 23-37

2008 韓国の高校生はどのように英語を学んでいるのか?「東アジア高校英語教育GTEC 調査2006 二次調査 報告書」(共著)、ベネッセ・コーポレーション

2008  日本人の英語コンプレックスをなくすために「小学校五年生から英語に親しもう」と提唱している(インタビュー)、国際人流 252号、pp. 32-35

2008  小学校英語活動の導入をどう進めるか、「新い学習指導要領と信頼される学校教育の実現」学校教育研究所、pp.78-81

2008 外国語教育の充実にどう取り組むか、教職研修5月号,pp. 42-45

2008  私のゼミ紹介、JACET通信 163号、pp. 2-4

2008  小学校の外国語活動をどう進めるか、ポイント解説―中教審「学習指導要領の改善」答申(高階玲治編)、教育開発研究所、pp. 71-74

2008 小学校英語をどう指導するか、教育展望3 特集 新学習指導要領で取り組むべき改善事項 54:2、pp. 22-27

2007  International English as performance-based phenomenon、Selected Papers from the Sixteenth International Symposium on English Teaching (English Teachers' Association/ROC) November 9-11,、pp. 172-179

2007  Proposing a model of English education for Japan、「英語教育の最前線」e-linc 国際シンポシムプロシーディングス、関西大学、pp. 39-54

2007  東アジア高校英語教育GTEC調査2006 (共著)ベネッセ

2007  第1回小学校英語に関する基本調査(保護者調査)報告書(共著)ベネッセ

2007  第1回小学校英語に関する基本調査[教員調査]報告書(共著)ベネッセ

2006  操縦士等に対する航空英語能力証明―ICAO英語試験モデル開発委託研究報告書(共著)(財)航空輸送技術研究センター

2006  何が小学校英語教育の問題か、教育時評10号, pp. 16-19

2005  東アジア高校英語教育GTEC調査―高校生の意識と行動から見る英語教育の成果と課題(共著)ベネッセ

2005  The Fish Bowl, Open Seas, and International English、KOTESOL Proceedings 2004: Expanding Horizons: Techniques and Technology in ELT.  pp. 11-20

2005  小中高大一貫の英語教育をデザインするための枠組み(共著) 英語教育 54:8、pp. 67-72

2005  日本人の英語力を評価するための前提、教育開発1、pp. 1-12

 

hp20110707_03.jpg

平成23年7月1日(金)サロン・ド・ブンキョウにて「学長顕彰」と「BLEC所長顕彰」の表彰式が執り行われました。
学長顕彰は、2名の外国語学部生が受賞しました。2名のTOEICスコアは、4年生男子学生900点、3年生男子学生855点でした。
BLEC所長顕彰は、外国語学部38名、短期大学16名の学生が受賞しました。1期の受賞者数が50名を超えたのは、2002年度にこの制度ができてから初めてのことです。

 

 

*学長顕彰とは・・・TOEICのスコアが800点を越えた学生に授与する賞です。
*BLEC所長顕彰とは・・・1)TOEICのスコアが1年以内に150ポイント以上上昇した学生、   2)「三ラウンド修了証」を4枚獲得した学生に授与する賞です。

 

 

 

hp20110707_02.jpg

hp20110707_04.jpg

学長顕彰の様子 BLEC所長顕彰の様子

 

 

6月18日(土) 本学S51教室において、「秘書技能検定試験」が実施されました。

文京学院短期大学の笠井いち子先生の「秘書実務」を受講している学生や生涯学習センターの講座を受講した学生のほか、就職に際し 社会的に有用な資格を取得しておこうという意欲を持った学生も含め、全 60名( 2級=29名 ・ 3級=31名 ) が受験しました。

「秘書技能検定」は、文部科学省の後援 ・ (財)実務技能検定協会の主催で行なわれるものであり、社会で役立つ専門能力・資格を身につけようと、受験者は 皆 真剣に取組んでいました。

 

日時 平成23年5月28日(土)→秋に実施予定

スタート地点 本郷キャンパス

詳細は、掲示板でご連絡します。

内容 東京都文京区にある本郷キャンパスから、埼玉県ふじみ野市にあるふじみ野キャンパスまで、まさに

30KMをみんなで楽しく歩きます。達成感と充実感でいっぱいの、大変人気のある学生企画行事です。

05月

7日

2011

日時   平成23年5月7日(土) 9:40~15:30(予定)

場所   B-410教室

参加者 H22年度採択共同研究チーム、本学専任教員・非常勤講師、本大学院生、総合研究所長の許可を得た者

内容  経営学部、外国語学部、人間学部、保健医療技術学部、短期大学の各専門領域 

      共同研究18件の研究発表 6会場で同時進行 

学内研修

[ カテゴリ:トピックス ]

04月

15日

2011

日時 平成23年4月15日(金)  10:00~15:00

場所 外国語学部 ウィングホール

    短期大学  スカイホール

内容 「かたりべたちの集い」

    グループ別ミーティング、教員紹介、時間割作成指導、他

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10