経営学部|経営学部

知識の使い途にもこだわったカリキュラムで

実社会で通用するビジネススキルを養います。

文京学院大学トップページ経営学部|学部紹介お知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

今年度も東京ニュービジネス協議会(NBC)冠講座、「ビジネスモデルと事業戦略」を開講しました。

 

3年生向けの「ビジネスモデルと事業戦略」では、事業戦略の立案方法そして収益力のあるビジネスモデル構築の方法を具体的に検討していくことを目的としています。講義内に企業の経営者が登場し、その企業向けの事業提案を受講生が策定していくことが、この講義科目の目玉事業です。

 

IMG_0278 (1).JPG

本年度、講義にお招きしたのは、株式会社おかん、代表取締役CEO、沢木恵太氏です。

沢木社長は、2012年12月、株式会社CHISANを設立。地域にある素晴らしい商品や技術を世界に発信したいという願いから、「地産地消」を基に「CHISAN」という社名をつけました。2013年3月には、お惣菜の定期仕送りサービス「おかん」を開始し、2014年2月に、社名を株式会社おかんに変更。同年3月には、法人向けぷち社食サービス「オフィスおかん」を開始。オフィスに小型冷蔵庫を設置し、その中のお惣菜を好きなときに買って食事ができる簡易社食のようなサービスは、置き薬方式のぷち社食サービスとして話題になっています。

学生への課題は、株式会社おかん、および「オフィスおかん」のアセットを活かし、おかんのミッション「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」につながる、BtoBビジネス、あるいはBtoBtoEビジネスを新規事業として企画することです。

具体的な初期投資額や諸条件なども提示され、学生たちにはかなり詳細なビジネスモデル策定が求められました。

沢木氏をお招きしての最初の講義は10月16日。沢木氏は「こんな感じのビジネスモデルが出てくるかな?と想定していた以上のものもあるけれど、このままではまだまだビジネスとして成立するのは難しいものが多い。」と学生一人一人のプランに対して、現時点での実現可能性や業界の状況について掘り下げながら、詳細にコメントしてくださいました。学生たちは沢木氏のアドバイスをもとに情報収集をさらに進めながら詳細なプラン策定を次回までに行うことになりました。

 

IMG_0278 (2).JPG学生同士や櫻澤先生との議論を重ね、いよいよ沢木氏をお招きしての最終プレゼンテーションが12月21日に行なわれました。

前回から大きくプランを変更する学生も多く、学生たちにとっては実際にお金を生む仕組みを作り出すむずかしさを実感する講義となったようでした。

沢木氏からは「やはり具体的な数字を伴うビジネスプランを策定する難しさがあったと思うけれど、自分でも思っていなかったような着眼点のビジネスプランも多く、このプログラムに参加させてもらえたことは貴重な体験でした。」とおっしゃっていただきました。その一方で、全体的には後発参入のビジネスプランが多く、「すでにあるものの後発をやるつもりはなくて、まだ他がやっていないようなことをチャレンジしてそれが社会の本流となっていくようなビジネスを目指していきたいと思っている」とおかん自身の今後の方向性と、これから起業を目指す学生たちに対しての思いを語っていただきました。

今年度も東京ニュービジネス協議会(NBC)冠講座、「起業と事業創造」を開講しました。

主に2年生を対象とした「起業と事業創造」では、社会で活躍する本学卒業生、NBC等に所属する新興企業の経営者を特別講師としてお招きし、起業に関する特別講義を行っていただきます。

 

 

IMG_0005.JPG

「起業と事業創造」の今年度最初の特別講義は、10月16日。 和から株式会社、代表取締役、堀口智之氏をお招きしました。講義テーマは『数学教育で起業する』

和からは、社会人向けの数学塾・統計塾を運営している企業です。工学・ファイナンスはもちろん、転職・昇格におけるSPIや、仕事における分析・管理、論文のための統計学など、身近に数学が必要な社会人の学び直しの場を提供しています。

IMG_0037.JPG

 

 

 

 

 

 

 

講義では、ご自身が起業に至るまでの経緯、そしてなぜこのビジネスで起業できたのかを中心にお話いただきました。特に学生に熱く語ってくださったのは、「好きを活かして生きる」、そしてビジネスにおいてとても重要なのは、素晴らしいビジネスモデルを作ることではなく、「お客様がいること」、つまり市場ニーズを発掘し、安定的な顧客を確保することでした。YouTubeなどの無料のコンテンツとは違い、教えたいことを教えるのではなく、顧客が知りたいことをピンポイントで教える数学教室。

2011年に起業したばかりということもあり、学生からは「創業当初はとにかく大変だったと思うけれど、どんなことから手をつけたのか?」「どんなことをしたら軌道に乗ったのか?」等といった起業そのものに関する質問や、経営が軌道に乗ってからの様々なイベントや新教室開講についての戦略ポイント、近年の経営に関することなど様々な質問が繰り広げられました。

 

IMG_0108.JPG

 

第2回の特別講義は、La Plume「ラ・プリュム 花のアトリエ」主宰者、大類優子氏をお招きしました。

講義テーマは『パリでフラワービジネスを開業する』

大類氏は、櫻澤ゼミに所属していた、本学経営学部の卒業生です。大学卒業後一般企業に就職しましたが、趣味で続けていたフラワーアレンジメントを仕事にしようと一念発起。国内で様々な花の仕事に携わりながら、「ニューヨークスタイル」のフラワーアレンジメントを学び、2010年に渡仏。パリのフロリストにて「パリスタイル」を学び、2015年にパリでLa Plume「ラ・プリュム 花のアトリエ」を立ち上げました。

講義では自らの起業体験を中心に語ってくださいました。「当初は起業、ましてや海外で起業するなんて考えてもいなかった。ビジネスチャンスを見つけたので起業したというよりも、フランスの生活を続けるにつれて、日本とは違う文化に触れ、自分の幸せや生き方そのものを見直すなかで、これまでのすべての経験から、自分はどういう仕事、働き方がしたいのかという答えを見つけることができました。」と語る大類さん。

IMG_0143.JPG

学生からは「他店との競争においてどのような差別化をしているのか?」「他店より安くしたりしてるのか?」「日本人のフローリストとして技術的にはどうだったのか?」という質問がでました。「人と同じことをしてしまったらお客様が何を基準に私を選ぶのかというところが疑問だった。当初は日本人をターゲットにするつもりだったが、テロの影響もあって日本人観光客が減少し、国籍を問わず仕事をすることにした。これまでの日本での経験を通じて培ってきたことは技術的にも十分通用することが分かった。幸いなことに、現地のブライダルのデコレーターとパートナ-シップを組むことができて、なかなか日本人のフローリストが入り込めないフランス人のブライダル市場にも参入できるようになっていったんです。」パリに渡って7年、差別や言葉の壁を乗り越えながら異国の地で自分を信じてやりたいことをやりきる先輩の姿は学生に大きな刺激を与えたようでした。

 

IMG_0185.JPG

 

第3回の特別講義は、株式会社JTBコミュニケーションデザイン、常務取締役、大塚雅樹氏をお招きしました。

講義テーマは、『オリンピックとニューサービスのビジネスモデル』

大塚氏は20代で株式会社JTB法人東京の社内公募制度を利用してJTBモチベーションを社内ベンチャーとして立ち上げ、3年で単年度黒字達成、5年で累損解消、40代になって代表取締役社長に就任後、JTB法人東京の取締役を経て、現在はJTBコミュニケーションデザインの常務取締役として、新たなビジネスモデル作りに取り組んでいます。

IMG_0197.JPG

 

 

 

大塚氏は本講義には2度目のご登壇となり、前回はJTBモチベーションを社内ベンチャーとして立ち上げた当時のことを語っていただきましたが、今回はJTBグループの法人事業改革を交えて、JTBコミュニケーションデザインの「専門性の強化」と「総合力の発揮」を実現する模倣困難性の高いビジネスモデルについてお話いただきました。

起業を目指す学生に向けて、経営者の視点から、「企業内起業のメリット」、「会社はどんな人材をもとめているのか?」、そして組織に埋れないためには目標を持ち、時間に対する意識を高めて瞬間を大切にして過ごすことの大切さ、「成功の反対は失敗ではなくて、何もしないことだ」と熱く語っていただきました。

 

IMG_0212.JPG

 

第4回の特別講義は、アートグリーン株式会社、代表取締役、田中豊氏をお招きしました。

アートグリーン株式会社は、法人向け贈答用胡蝶蘭の生産及び卸売事業をメインに、異業種からフラワービジネスへ参入する際の支援をする総合園芸コンサルタントなどを行っている会社です。学生時代から「25歳になったら起業しよう」と決めていた田中氏は、大学卒業後にリゾート開発会社に就職、多くの上場企業の役員との会話から、園芸を趣味としている人が多いことに気づき、起業に向けてのビジネスモデル構想をふくらませ、1991年にアートグリーン株式会社を創業されました。1年前に名古屋証券取引所セントレックス市場へ新規上場した企業です。田中社長にはこれもでも数回ご登壇いただいており、かつては上場を目指している創業期のお話、そして昨年にはまさに上場時のお話をしていただきました。今回は、実際に上場したあとの資金調達や、上場のメリット、デメリット、そして今後の抱負について語っていただきました。

IMG_0224.JPG

田中社長は、「絶対に自分が描いた夢以上に大きなことは成し遂げられない。だから、大きな夢を持つこと。そして夢をかなえるには、まずはじめること。そして叶うまでやり続けること。」と成功の秘訣を熱く語って下さいました。

 

12/25『デイリーニュース』

 

2017年12月23日、24日、25日に、アトレマルヒロ (埼玉県川越市)で開催された、川越唐桟×本学経営学部生による産学連携プログラム 「Japan Stripes Xmas ~川越唐桟で彩るクリスマス」が紹介されました。

12/25『東京新聞(TOKYO Web)』掲載 Xマスツリーの飾り「川越唐桟」で作ったよ 文京学院大生がワークショップ

 

2017年12月23日、24日、25日に、アトレマルヒロ (埼玉県川越市)にて、川越唐桟が彩るクリスマスツリーの限定公開と、生地を使用した親子向けのワークショップについて紹介されました。

 

12/21『信濃毎日新聞』掲載 王滝村を応援 村内ロケ映画完成 元日に上映会

 

経営学部公野研究室・馬渡研究室が、長野県地域発元気づくり支援金を活用して製作した映画、『維新烈風 天狗判官』が完成し、2018年元日に王滝村の公民館で上映されることが紹介されました。

文京学院大学は、2017年12月23日(祝・土)、24日(日)、25日(月)に、アトレマルヒロ (埼玉県川越市)にて、川越唐桟が彩るクリスマスツリーの限定公開と、生地を使用した親子向けのワークショップを開催します。「Japan Stripes Xmas ~川越唐桟で彩るクリスマス」と題したイベントは、本学が2016年より実施している「川越唐桟」の認知度向上に向けた産学連携プロジェクトの一環として行います。

 

川越唐桟は、江戸時代に「粋」な縦縞として人気を博した織物で、絹よりも安価でありながら高品質な着物生地として知られています。本イベントでは、経営学部生のデザインで川越唐桟仕様に彩ったクリスマスツリーをアトレマルヒロ2F外広場に飾り、初日となる23日(祝・土)17時に、点灯を行います。また、24日(日)には、川越唐桟の着物生地を使った親子向けのワークショップ「親子で作ろう!川越唐桟の生地を使ったクリスマスツリーオーナメント」を開催します。ワークショップでは、川越唐桟の生地とフェルトを用いて、クリスマスツリーオーナメントを作成します。なお、本ワークショップは大人のみならず、子ども達にも川越唐桟を体験し知ってもらいたいという想いから、無料で開催します。

 

 

経営学部経営コミュニケーション学科・新田ゼミナールに所属する3年生チーム3名は、12月3日、「平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ 関東地区予選大会(主催:社会人基礎力協議会/共催:経済産業省)」において準優秀賞を受賞いたしました。

 

経営学部学生はエスカレーターの安全利用を啓発するため、「思わずつかまりたくなる」手すりデザインを考案。本チームメンバーの働きかけにより、10月12日から31日までJR目黒駅に直結する「アトレ目黒1」で学生デザインが採用されました。期間中には利用者アンケート調査を行い、また、手すりにつかまる人が増えたかなどの利用者の行動変化について観察し、有意な検証結果を得ることが出来たことを発表しました。一連の活動の中で本チームメンバーの「自ら考え行動できる力」「他者を巻き込む力」「チームとしての団結力や絆の高まり」は特筆すべきものがあり、今回の受賞につながる要因となりました。
 
 
社会人基礎力a.jpg
平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ 関東地区予選大会 準優勝

映画『維新烈風 天狗判官』完成披露試写会開催 

主要キャストの舞台挨拶12月21日(木)19:00より~

 

馬渡研究室・公野研究室では、ノーワイヤー、ノーCGの超爽快アクション時代劇・映画『維新烈風 天狗判官』の劇場公開決定を記念し、同作品の制作総指揮を務めた経営学部 馬渡一浩 教授をはじめ監督の公野勉教授、本映画の主要キャストの舞台挨拶を含む完成披露試写会を、2017年12月21日(木)、本学本郷キャンパスにて開催します。

 

日時: 12月21日(木) 19時 ~ 21時40分  (18時30分受付開始)

場所: 文京学院大学 本郷キャンパス「島田依史子記念館 仁愛ホール」(東京都文京区向丘1-19-1) 

 

12/2『埼玉新聞』掲載 伝統工芸品を紹介

 

 

12月2日(土)・3日(日)に開催される「こしがや産業フェスタ」で、経営学部 川越仁恵准教授が登壇することが紹介されました。

12月2日・3日に開催された「こしがや産業フェスタ2017」にて、経営学部 川越仁恵准教授が、伝統工芸の未来などについて講演しました。
 
川越准教授は、2日に開催された「若手職人座談会~伝統技術を未来につなぐ~」に、市内の若手職人やデザイナーと共に参加しました。座談会では、越谷における伝統工芸の活動を、他地域の例などと比較し、より順調に運ぶための方法や失敗を防ぐためのポイントなどをアドバイスしました。
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11