経営学部|経営学部

知識の使い途にもこだわったカリキュラムで

実社会で通用するビジネススキルを養います。

文京学院大学トップページ経営学部|学部紹介お知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

経営学部の卒業生インタビューが更新されました。

以下のURLからご視聴下さい。

経営学部卒業生インタビューはこちら

6月11日(土)実施予定の「先輩学生・大学教員とのライブチャット」(教員と学生によるオンライン相談)受付中!


ライブチャット参加を以下の申し込みフォームより受け付けております。


https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=ims4HMDFUUS2NlKEwv-EdHOm-gdvl81Os9kXTr-MEJVUNkVNWVNWUExaSkg2U1FPRjg2Uk8wR0oyRyQlQCNjPTEu


当日のオープンキャンパスに来場できない方でも、ライブチャットのみの申し込みは可能ですので、

ぜひご利用ください!!


文京学院大学のデジタルパンフレットが完成しました。


2023年4月新設予定の経営学部マーケティング・デザイン学科も紹介しています。


以下のURLからご確認下さい。


文京学院大学デジタルパンフレット2023


※パンフレットの28ページ目から39ページ目までが経営学部の紹介になっています。


4/21「首都圏ネットワーク」

「〝エスカレーター条例"半年で変化は」において、経営学部の新田都志子教授がエスカレーターの安全利用について解説しました。

経営学部の新田教授とゼミ生は「社会の課題をマーケティングの力で解決する」というテーマのもと、2017年度より「エスカレーター安全利用啓発活動」を実施してきました。2017年度は「手すりにつかまろう」、2018年度は「止まって乗ろう」、2019年度は「2列で乗車しよう」、2020年度は「ジグザグ乗り」にあわせたデザインを提案しながらプロジェクトを推進してきました。

経営学部 新田都志子教授
専門分野 : 流通・マーケティング

「『人をだまして儲けてはいけない』500もの会社を興した渋沢栄一が後世の日本人に伝えたかったこと」において、経営学部島田昌和教授の書籍『渋沢栄一 社会企業家の先駆者』が、下記の媒体で紹介されました。


経営学部 島田昌和教授

専門分野 : 経営史 経営学

4/10

PRESIDENT Online

ニコニコニュース

グノシー

Yahoo!ニュース

Yahoo!ファイナンス

Infoseekニュース

gooニュース

ニフティニュース

livedoorニュース

LINE NEWS

3/26

『毎日新聞』

『毎日新聞WEB』掲載

「<渋沢栄一を歩く>/43 世界で再評価の流れ」において、経営学部島田昌和教授の渋沢栄一に関するコメントが紹介されました。


経営学部 島田昌和教授

専門分野 : 経営史 経営学

3/25『映画ナビ』掲載

経営学部の学生が制作した映画『HARD BLUE 蒼穹 (そうきゅう)』が、劇場で初公開されることが紹介されました。

経営学部のコンテンツ実務研究ゼミナール(担当教員:公野勉教授)の学生20名が6年の制作期間と、3年の準備期間を経て完成した映画『HARD BLUE 蒼穹(そうきゅう)』が、3月26日~4月1日の1週間期間限定で、新宿の映画館K's cinema(ケイズシネマ)にて、初上映されることが決定しました。学生たちの圧倒的な映像制作技術や、見る人の琴線に触れるストーリーを是非、劇場でお楽しみください。


映画『HARD BLUE 蒼穹 (そうきゅう)』劇場公開について

3/8『ぴあ映画生活』掲載

経営学部の学生が制作した映画『HARD BLUE 蒼穹 (そうきゅう)』が、劇場で初公開されることが紹介されました。

経営学部のコンテンツ実務研究ゼミナール(担当教員:公野勉教授)の学生20名が6年の制作期間と、3年の準備期間を経て完成した映画『HARD BLUE 蒼穹(そうきゅう)』が、3月26日(土)~4月1日(金)の1週間期間限定で、新宿の映画館K's cinema(ケイズシネマ)にて、初上映されることが決定しました。学生たちの圧倒的な映像制作技術や、見る人の琴線に触れるストーリーを是非、劇場でお楽しみください。


映画『HARD BLUE 蒼穹 (そうきゅう)』劇場公開について

2022年1月11日~21日、経営学部でイメージリテラシーを研究する倉嶋正彦教授のゼミナー ルに所属する4 年生1 7名の卒業制作展が、本郷キャンパスまちづくり研究センター(まちラボ)で開催しました。コロナ禍の中で開催した卒業制作展ですが、多くの反響をいただきました。今回、初の試みとして一人でも多くの方にもご覧いただけるように、学生が卒業制作展を映像にまとめましたので、是非ご覧ください。




【倉嶋ゼミ卒業制作展】

倉嶋ゼミでは、学生の自由なテー マ設定の下、それを実際に視覚化し、作品化することを目的に活動しています。卒業制作展では「インフォグラフィック」と「テー マフリー のアー トやデザイン」の各々 2つの作品を制作しました。制作にあたっては、なんとなく「作りたいから作る」のではなく「社会を取り巻く問題」や「興味を惹くデザインのニー ズとはなんだろう」と、経営学を学ぶ学生ならではの独自の視点を取り入れました。

【文京学院大学 経営学部 倉嶋ゼミナール イメージリテラシー研究】

私たちは普段使うコミュニケーションツールといえば「会話」を想像するでしょう。

伝えたいことがあり、目の前にその相手がいれば会話はとても便利な伝達手段です。

では目の前にいなかったらどうするでしょう。 そこで必要なのが媒体という伝達手段です。

すると言葉だけでは限界があることに気づきます。 媒体の特性を意識しつつ、絵を使ってより分かりやすく伝える。 言葉と絵の関係を考えながら具体的にグラフィックデザインを中心に取り組んでいます。

「<渋沢栄一を歩く>/40 工場内保育所 既婚女性の働く場に」において、経営学部島田昌和教授の渋沢栄一に関するコメントが、下記の媒体で紹介されました。


経営学部 島田昌和教授

専門分野 : 経営史 経営学

2/26

毎日新聞

毎日新聞WEB

dメニューニュース

gooニュース掲載

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11