経営学部|経営学部

知識の使い途にもこだわったカリキュラムで

実社会で通用するビジネススキルを養います。

文京学院大学トップページ経営学部|学部紹介すべてのお知らせ一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

文京学院大学は、2017年12月23日(祝・土)、24日(日)、25日(月)に、アトレマルヒロ (埼玉県川越市)にて、川越唐桟が彩るクリスマスツリーの限定公開と、生地を使用した親子向けのワークショップを開催します。「Japan Stripes Xmas ~川越唐桟で彩るクリスマス」と題したイベントは、本学が2016年より実施している「川越唐桟」の認知度向上に向けた産学連携プロジェクトの一環として行います。

 

川越唐桟は、江戸時代に「粋」な縦縞として人気を博した織物で、絹よりも安価でありながら高品質な着物生地として知られています。本イベントでは、経営学部生のデザインで川越唐桟仕様に彩ったクリスマスツリーをアトレマルヒロ2F外広場に飾り、初日となる23日(祝・土)17時に、点灯を行います。また、24日(日)には、川越唐桟の着物生地を使った親子向けのワークショップ「親子で作ろう!川越唐桟の生地を使ったクリスマスツリーオーナメント」を開催します。ワークショップでは、川越唐桟の生地とフェルトを用いて、クリスマスツリーオーナメントを作成します。なお、本ワークショップは大人のみならず、子ども達にも川越唐桟を体験し知ってもらいたいという想いから、無料で開催します。

 

 

経営学部経営コミュニケーション学科・新田ゼミナールに所属する3年生チーム3名は、12月3日、「平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ 関東地区予選大会(主催:社会人基礎力協議会/共催:経済産業省)」において準優秀賞を受賞いたしました。

 

経営学部学生はエスカレーターの安全利用を啓発するため、「思わずつかまりたくなる」手すりデザインを考案。本チームメンバーの働きかけにより、10月12日から31日までJR目黒駅に直結する「アトレ目黒1」で学生デザインが採用されました。期間中には利用者アンケート調査を行い、また、手すりにつかまる人が増えたかなどの利用者の行動変化について観察し、有意な検証結果を得ることが出来たことを発表しました。一連の活動の中で本チームメンバーの「自ら考え行動できる力」「他者を巻き込む力」「チームとしての団結力や絆の高まり」は特筆すべきものがあり、今回の受賞につながる要因となりました。
 
 
社会人基礎力a.jpg
平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ 関東地区予選大会 準優勝

映画『維新烈風 天狗判官』完成披露試写会開催 

主要キャストの舞台挨拶12月21日(木)19:00より~

 

馬渡研究室・公野研究室では、ノーワイヤー、ノーCGの超爽快アクション時代劇・映画『維新烈風 天狗判官』の劇場公開決定を記念し、同作品の制作総指揮を務めた経営学部 馬渡一浩 教授をはじめ監督の公野勉教授、本映画の主要キャストの舞台挨拶を含む完成披露試写会を、2017年12月21日(木)、本学本郷キャンパスにて開催します。

 

日時: 12月21日(木) 19時 ~ 21時40分  (18時30分受付開始)

場所: 文京学院大学 本郷キャンパス「島田依史子記念館 仁愛ホール」(東京都文京区向丘1-19-1) 

 

12/2『埼玉新聞』掲載 伝統工芸品を紹介

 

 

12月2日(土)・3日(日)に開催される「こしがや産業フェスタ」で、経営学部 川越仁恵准教授が登壇することが紹介されました。

12月2日・3日に開催された「こしがや産業フェスタ2017」にて、経営学部 川越仁恵准教授が、伝統工芸の未来などについて講演しました。
 
川越准教授は、2日に開催された「若手職人座談会~伝統技術を未来につなぐ~」に、市内の若手職人やデザイナーと共に参加しました。座談会では、越谷における伝統工芸の活動を、他地域の例などと比較し、より順調に運ぶための方法や失敗を防ぐためのポイントなどをアドバイスしました。
 

 
 
11月11日(土)経営学部ゼミナール・オープン大会が開催されました。
当日は、発表者の2年生、3年生、見学をする1年生、300名以上の学生が参加しました。
 
発表をしたグループは、50グループ、11会場に分かれ実施され、
各グループ、白熱した発表を行いました。
 
ba-open06.jpg ba-open01.jpg
ba-open02.jpg ba-open03.jpg
ba-open04.jpg ba-open05.jpg

外部の助言講師の先生方、ゼミの担当の先生方、ゼミOBの学生のみなさんなど、
様々な立場の方の協力を得て、実施されました。
このオープン・ゼミナール大会は、ゼミナール協議会(学生団体)が主催しており、
大会は、発表学生だけでなく、運営に携わる学生も大きく成長しています。

クロージングセレモニーでは、敢闘賞・オーディエンス賞などが部門別に発表されました。
 
「一生の財産、それはゼミから」経営学部の伝統は守られ続けています。 
 
 

11/24『日刊工業新聞』掲載 プレミアムクラフト(34)岩槻人形協同組合(さいたま市岩槻区)-江戸木目込み人形

 

11月24日『日刊工業新聞』で、2016年3月経営学部学生と岩槻人形協同組合と協同で開発・制作した、フクロウをかたどった眼鏡置き「KIMEKOMI梟(ふくろう)」についての記事が掲載されました。

 

 

11/12 『朝日新聞』 GOOD DESIGN AWARD 2017

 

グッドデザイン賞2017を受賞した「地震 防災マニュアル」について掲載しました。

good2017.jpg

2017年グッドデザイン賞受賞

 

文京学院大学が作成した「地震 防災マニュアル(文京区版)」が、2017年度グッドデザイン賞を受賞しました。このマニュアルは、外国人が地震発生時に適切な対応ができるよう「初動」に内容を絞り、内容が瞬時に理解できるよう「インフォグラフィック」を用いた点が特長です。

 
英語版と中国語版の2種類を制作し、無料配布を行っているほか、WEB上にて、スマートフォンに対応した縦型の英語版・中国語版・日本語版を制作・公開しています。
 

本学では、大学の知見をインフォグラフィックを活用してさまざまな分野で、社会に貢献する取り組みを進めています。今後もさらなる社会貢献に向けて、大学としての使命を果たしていきたいと思っています。

 

 

HP用 GD.jpg

 

 

▼「地震 防災マニュアル(文京区版)」ダウンロードはこちら

 

 

ASIAGRAPH 2017 in Tokyo CGアートギャラリーは、経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が日本科学未来館で催す「デジタルコンテンツEXPO2017」内で開催されます。「CGアートギャラリー」の実施運営を担当する学生運営委員会の委員長を、本年は本学経営学部学生が担当します。4月の作品公募から、業者との折衝、出展の管理、会場設営、展示作業まで約半年間、全ての業務をフィールドワーク実習として取り組んでいます。

 

【ASIAGRAPH 2017 in Tokyo CGアートギャラリー】
日時:10月27日(金) ~ 29日(日)
会場:日本科学未来館 デジタルコンテンツEXPO2017内 (東京都江東区青海2-3-6)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11