経営学部|経営学部

知識の使い途にもこだわったカリキュラムで

実社会で通用するビジネススキルを養います。

文京学院大学トップページ経営学部|学部紹介お知らせ|すべてのイベント一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのイベント一覧

1

今年度も東京ニュービジネス協議会(NBC)冠講座、「起業と事業創造」を開講しました。

主に3年生を対象とした「ビジネスモデルと事業創造」では、事業戦略の立案方法そして収益力のあるビジネスモデル構築の方法を具体的に検討していくことを目的としています。講義内に新興企業の経営者が登場し、学生が考えたビジネスモデルについて、経営者の視点から講義していただくことが、この講義科目の目玉事業です。

 

今回お招きしたのは、株式会社PEER、代表取締役、佐藤真琴氏です。

IMG_0066.jpg

佐藤氏は浜松市ご出身の女性起業家です。米国留学、広告代理店勤務を経て、25歳で看護学校に入学し、在学中の白血病患者さんとの出会いから、2003年、低価格で良質なウイッグを生産するために起業。2006年には、カットだけでなくどう治療期間を過ごすのかを一緒に考える専門美容室「ヘアサプライ ピア」開業。がん患者など治療を続ける当事者・まわり・支える医療スタッフに貢献し、がんになっても安心して暮らせる地域支援をソーシャルビジネスとして行っています。

IMG_0096.jpg

学生らが考えたビジネスプランについて、事前に佐藤氏に送付し、2回の特別講義で学生からのプレゼンテーション行い、佐藤氏からアドバイスをいただく形で講義は進められます。

第1回目の10月25日の特別講義では、中間報告という形でプレゼンテーションを行いました。佐藤氏からは、学生一人ひとりに対して詳細なアドバイスを頂きました。時折自信なげに語る学生たちに対し、「このビジネスをやりたい!という強い思いを持って、誰よりも熱く語って!!このビジネスを一番よく知っているのは君たちなんだよ。」とエールをいただきました。その後も講義の中で、先生や他の学生と検討を重ね、第2回目の12月20日の特別講義にて、学生達はビジジネスプランの最終プレゼンを行いました。

IMG_0221.jpg

前回のアドバイスを踏まえ、さらに細かく現実的な視点や考察をくまえてきた学生たちでしたが、全体の総括では次のようなことを指摘されました。顧客の行動曲線を描くための情報収集量が圧倒的に少なく、それを客観的に分析することがまだまだ不十分である。自分のビジネスプランがいかに魅力的かをアピールするプレゼンテーション力を磨く必要がある。そして最後には、自分の信じるものなら愚直に営業することがとても重要である。

IMG_0242.jpg

「とにかくはじめてみることだよ。」と起業家支援の立場から、学生一人ひとりのプランに対して詳細にアドバイスしてくださった佐藤氏。学生も、佐藤さんが次から次へといろんな情報を提示しながら、ビジネス展開の可能性について語る姿を目の当たりにして、実際のビジネスプランの考え方や、情報の集め方や分析に仕方などについてとても影響を受けたようでした。

 

今年度も東京ニュービジネス協議会(NBC)冠講座、「起業と事業創造」を開講しました。

主に2年生を対象とした「起業と事業創造」では、社会で活躍する本学卒業生、NBC等に所属する新興企業の経営者を特別講師としてお招きし、起業に関する特別講義を行っていただきます。第1回、第2回の講義はこちらをご覧ください。

 

第3回目の特別講義は、11月26日。

IMG_0144.jpg

伊香保温泉、ホテル木暮、若女将、木暮美奈子氏をお招きしました。

講義テーマは自社事業の競争力強化と事業承継』。

木暮氏は、本学経営学部の卒業生です。在学中は、フレンドシップ文京に所属し、東海道五十三次ウォーク1994の第1区を歩いています。卒業後は地元金融機関への就職を経て、家業を継ぎ老舗旅館の若女将を務めていらっしゃいます。

IMG_0155.jpg

講義では、「自社事業の競争力強化と事業継承」をテーマにお話いただきました。天正年間に創業し、400有余年の歴史をもつ老舗旅館を競争力強化の一環として、平成2年には新館をオープン、全国の大型温泉旅館としては、いち早く完全分煙に取り組み、平成16年には、「他の温泉や旅館では決して味わえないお風呂」を追求し、大浴場の大改築に取り組むなど、毎年改装を続け、顧客満足度を高める努力を続けてきた経緯についてお話いただきました。その一方「お客様の心に残るのはハードよりもソフト」、人材育成やおもてなしが一番大切だと強く語ってくださいました。学生には、AIの進化によって、仕事にはこれまで以上に創造的かつ独創的な要素が求められており、好奇心を持ちクリエイティブな発想ができるように学生時代のうちに感性を磨いて欲しいと語っていただきました。

 

第4回目の特別講義は、12月17日。

IMG_0185.jpg

株式会社メイン、代表取締役、山尾百合子氏をお招きしました。

講義テーマ『私の社長人生―歌手・PRガールそして創業から会社売却まで』

山尾氏には、NBC冠講座「起業と事業創造」の開講初年度以降、数回にわたってご登壇いただいております。

メインの事業内容は、鉄道業務、駅長代理のアウトソーサー事業、教育・企画・実施・講師コーディネーター事業、イベント政策運営、人材派遣など。教育を柱とした、独自の人材サービスを展開。2008年度の講義テーマは、「起業~現在~そして未来 人生は一度きりだから」。これは山尾社長のblog のタイトルでもあります。実は、山尾社長は、高校時代に芸能活動をしていたという経歴の持ち主。当時の経験から、「プロの仕事というものを痛感したこと、世の中にはいろんな人がいると感じたことが私の原点」とこれまでの講義では語ってくださいました。

IMG_0210.jpg

今回は、山尾社長の社長人生、そして創業から会社売却までをテーマにお話しいただきました。創業時から会社の成長、維持を考え続けてきた山尾社長。10年くらい前から、メインがお客様、社員を守りながら社会に役立つためには今度どうしたら良いのかと、事業承継について考え始めたそうです。社会に出た時点から企業は社会の所有物であり、承継は創業者の責任だと考え、メインの事業を今後さらに飛躍させてくれるようなパートナーを探し、2016年7月には契約調印といたったそうです。これから起業しようと考えている学生にとっては、起業後の選択肢についてのお話ということもあり、とても感慨深いものになったようです。

 

今年度も東京ニュービジネス協議会(NBC)冠講座、「起業と事業創造」を開講しました。

主に2年生を対象とした「起業と事業創造」では、社会で活躍する本学卒業生、NBC等に所属する新興企業の経営者を特別講師としてお招きし、起業に関する特別講義を行っていただきます。

 

 

「起業と事業創造」の今年度最初の特別講義は、10月15日。

IMG_0004.JPG

パートナーオブスターズ株式会社、代表取締役、星野善宣氏をお招きしました。

講義テーマは『若い世代からの起業を支援する』。

パートナーオブスターズ株式会社は、ブランドマネジメントを専門領域として、「会社をキラリと輝かせることで、わくわくする人を増やす」「わくわくする事業を創出する」「自信をもって働く人を増やし、かっこよく働く人を増やす」の3つの取組み実現にチャレンジし続けている企業です。デザイナー、プログラマー、ブランドマネージャー、PR、コピーラーター、音楽制作者、アーティスト、インテリアデザイナー、プロダクトデザイナーといった様々な専門家を有し、それぞれがビジョンのもとに結集し、クライアントに対してクリエイティビティを創出しています。ベンチャー企業を中心としたクライアント企業、各企業が取り扱う商品やサービスに対して、ブランドを新規開発、再活性化、イノベートするパートナーとしてサービスを提供しています。

IMG_0013.JPG

講義では、自らの起業体験から学んだこと、そして最近の若い世代の起業についてお話いただきました。特別講義前に実施したアンケートでは、起業に関心はあっても、リスクや資金調達などいくつもの壁があり、現実的ではないと考える学生が多かったのですが、星野社長のお話をお聞きして、「自分にもできるかもしれない」と前向きに考えることができるよ

うになったという学生が多くいました。

 

 

 

第2回目の特別講義は、11月12日。

IMG_0106.JPG

株式会社ワイエムジーワン、代表取締役、山家一繁氏をお招きしました。

講義テーマは『ニッチ領域のニューサービス創出―ラッピングビジネスの世界―』。

山家氏は、これまでにNBC冠講座に2度ご登壇いただいています。大学卒業後自動車用品商社に勤め、父親の創業した山家工業所に入社し、工業用ゴム製品、接着剤、自動車部品卸業の業態をフィルムラッピング事業に180度業態変革をしました。同社はマーキングフィルムを使用したラッピング技術を、自動車車両、バス、トラック、鉄道、ジェット機、船舶とあらゆる動体構造物に用いて、企業のコミュニケーション能力の向上に貢献しています。

IMG_0127.JPG

講義では、ニッチ領域のニューサービス創出をテーマに、時代が大きく変化している中で、ビジネスを柔軟に変化させ、勝てる市場でナンバーワンを目指してきたこれまでの経緯をお話しいただきました。起業に意欲がある学生も、事前のアンケートでは起業後にビジネスを継続させていく難しさを感じている学生が多かったのですが、トレンド(流行)の変化を絶えずとらえ、新しいものにどんどん挑戦していく山家社長のお話に学生たちは熱心に聞き入っていました。

 

 
 

経営学部の川越仁恵准教授のゼミ生5名が、2017年12月23日(祝・土)、24日(日)、25日(月)に、アトレマルヒロ (埼玉県川越市)にて、川越唐桟が彩るクリスマスツリーの限定公開と、生地を使用した親子向けのワークショップを地元企業との協働で開催しました。

 

川越唐桟は、江戸時代に「粋」な縦縞として人気を博した織物で、絹よりも安価でありながら高品質な着物生地として知られていますが、現状、若い世代の方々には認知が高くはありません。

 

 

「Japan Stripes Xmas ~川越唐桟で彩るクリスマス」と題したイベントは、川越ゼミが2016年より実施している「川越唐桟」の認知度向上に向けた産学連携プロジェクトの一環として行いました。

 

 

本イベントでは、経営学部生のデザインで川越唐桟仕様に彩ったクリスマスツリーをアトレマルヒロ2F外広場に飾り、初日となる23日(祝・土)17時に、点灯を行いました。

 

 

 

KIMG0474.JPG

KIMG0477.JPG

 

 

 

 

 

また、24日(日)には、川越唐桟の着物生地を使った親子向けのワークショップ「親子で作ろう!川越唐桟の生地を使ったクリスマスツリーオーナメント」を開催しました。当日は約50組の親子が参加し、オリジナルのクリスマスツリーオーナメント作りを楽しんでいました。

 

 

IMG01543.jpg

 

 

 

 

 

 

グループ展 「『十』~みんなの十~」 開催のお知らせ

 

 

経営学部コンテンツマーケティング専攻の倉嶋正彦ゼミナール3年生10名による「『十』~みんなの十~」をギャラリー「千駄木空間」にて開催します。

今回の展示会は、倉嶋ゼミ3年生10名が企画。学外の有料ギャラリーを利用しての展示会としては初の試みです。

作品展示会は参加する学生数の「10」をテーマに設定し、それぞれが思い思いに制作した「十」を展示ます。

倉嶋ゼミ3年の10名は、2014年8月に行われた「万国學生藝術展覧祭2014」に出展し、情報やデータを視覚的に表現する「インフォメーショングラフィックス」の10作品を展示。

会期中、倉嶋ゼミのブースには700名近い方が訪れました。

今回は、10人がオリジナル作品のCG、イラスト、ペーパーアート、アクセサリーなどを展示します。

是非お越しください。

 

<開催概要>

日時:2015年2月18日(水)~22日(日) 12:00~19:00  ※最終日のみ16:00まで

会場:千駄木空間(〒113-0022 東京都文京区千駄木2-49-8)

入場料:無料 

 

pic10DMprintOK (1).jpg

 

 

7/16(土)12:00-16:00

第3回オープンキャンパスが開催されます。

 

入試説明会、キャンパスツアー、在学生とのフリートーク、サークル発表など、

盛りだくさんの内容です。学食体験もあります。

授業を体験し、大学での学びを実感いただける模擬授業、ぜひご参加ください。詳細はこちらから。

 

 

緑のポロシャツを着たオープンキャンパス実行委員がお待ちしています。

ぜひキャンパスまで足をお運びください。

 

本郷キャンパスプログラム詳細はこちら

前回の模様は広報グループFacebook覧いただけます。

 

 

 本郷0618.jpg  ふじみ野0618②.jpg
 ふじみ野0618③.jpg  ふじみ野0618.jpg

 

日時 平成23年5月28日(土) → 秋に実施予定

スタート地点 本郷キャンパス

詳細は、掲示板でご連絡します。

内容 東京都文京区にある本郷キャンパスから、埼玉県ふじみ野市にあるふじみ野キャンパスまで、まさに30KMを

    みんなで楽しく歩きます。達成感と充実感でいっぱいの、大変人気のある学生企画行事です。

04月

13日

2011

地震が起こったら

まずは、身の安全が第一です。激しい揺れが収まるまで、机やテーブルが近くにあれば、下に身を隠してください。
地震が発生すると、建物は耐震構造でしっかりしていても、ロッカーや書棚、事務機器、自動販売機、研究設備等が転倒したり、窓ガラスの破損、屋内外の設置物が落下する等の危険も考えられます。
学生のみなさんは、大きな地震の場合には、上記のようなことが起きる可能性があることを十分理解して、実際に地震が起きた場合に、落ち着いて、冷静に行動してください。

 

 新入生対象 防災訓練のご案内

 日時 平成23年4月13日(水) 14:30~
 場所 仁愛ホール

1