<

まちづくり研究センター|文京学院大学

まちづくり研究センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|まちづくり研究センタートップページお知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6

まちラボ本郷は、地域の居場所とは何かを考えるシンポジウムを開催します。

2022年2月12日(土)13:00~15:00、Zoomオンラインでの開催です。

地域に居場所を探している方、地域の居場所を活用している方、関心のある方どなたでもご参加をお待ちしています。

https://forms.office.com/r/dEDzHkx5Ru​​よりお申込みください。


チラシ案緑8_0107.png

12月

28日

2021

11月から12月にかけて、児童発達学科3年生の授業で、Sorting Art を試みました。

分別のためのゴミ袋を Sorting Art として制作。家でプラスチックゴミを集めてみるというものです。

SDGsの話などを織り交ぜながら、普通の四角いゴミ袋に絵を描き、お菓子の袋を閉じるためのハンディシーラーで形づくっていきます。

動物、アニメキャラクター、雪だるま、サンタさんの来る家などなど、それぞれが自由に描いて制作しました。

そして2週間後、家で集めたカラフルなプラスチックを入れたアート作品が集合!

何だかとても愛らしい作品ばかりです。

おすわりパンダは、そのままずっと飾っておきたいくらい。

作品は、図工室の廊下に飾られました。

ペットボトルのラベルだけを集めた作品を作った学生は、「こんなに集まるなんて思わなかった!」と、いつの間にか集まるプラスチックに驚きました。

家族の多い家では、数日で袋がいっぱいになったそうです。

アート作品を作るだけでなく、自分たちがたくさんのプラスチックを廃棄していることに気づかされたと感じる学生が多かったのも、Sorting Art の特徴かもしれないですね。


P1140814.JPG












P1140840.JPG





















P1140835.JPG












P1140837.JPG

12月25日(土)、跡見学園女子大学で、「コロナ禍における大学の地域交流活動の展開可能性」というシンポジウムが開催されました。

まちラボから発信した「学生支援担当者連絡会(地域ニーズの会)」で協働する文京区内の大学間連携活動の一環としての参加です。


文京学院大学からは、コミュニケーション社会学科の3年生4人が、「コロナ禍における地域活動」について、ふじみ野キャンパス編と本郷キャンパス編に分かれて続けて発表。

コロナ禍であっても、工夫してやりたいことをやってきた1-2年生のときのイベント、そして、企業とタイアップした商品開発プロジェクトで商品の完成までたどり着けた3年生のときのプロジェクトを報告しました。

「どのように参加者を集めたのか?」「どのように企業とつながったのか?」などの難しい質問が続き、汗をかいた瞬間もありました。


それでも25日はクリスマス、お昼休みにはケーキも登場です。

P1150055.JPG

P1150053.JPG



P1150061.JPG









P1150076.JPG



P1150086.JPG












P1150099.JPG













P1140902.JPG

12月17日(金) まちラボに制服姿の高校生が顔を出しました。
高校から希望者が集まり、大学でどのようなことに取り組むのか話を聞きに来たのです。

新田ゼミには同じ高校の先輩がいたので、高校生たちは、身近な話として耳を傾けていました。

話をする新田ゼミの学生たちは、たとえ第一志望の大学でなかったとしても、たとえコロナ禍であったとしても、本人の気持ち次第で大学生活は充実したものになることを語りました。

高校生も、うなづきながら聞いているようでした。

P1140634.JPGP1140696.JPG

まちラボカウンターに、クリスマスの飾りつけが登場しました。

これは、ツリー本体やモミの葉リースを除いて、分別されたプラスチックだけを素材に熱を使って接着したアートで作られています。

SDGsをターゲットとした活動で、楽しく分別する方法のひとつとして、環境教育論の授業の中で制作しました。

お菓子のパッケージは中味が入っているかのようにツリーに飾り、金色の袋は星に、白いレジ袋はベイマックスに変身。

切り抜きを飾ると、チョコレート色の星やツリーが浮かび上がります。

学生たちのアイディアで、様々な飾りが完成しました。

これらはクリスマスまで飾り、クリスマスが終わったら、そのままプラスチック分別回収に出すことができます。


DSC_0366.JPG

DSC_0399.JPG

























DSC_0402.JPGDSC_0400.JPG


















DSC_0372.JPG



12月

8日

2021

12月5日(日)、まちラボを会場とした「ミニコモゴモ展」が開催されました。

東京芸大卒業の若手アーティストを講師に迎えた、アート制作ワークショップです。

高瀬大輔先生による「大切な人へ贈る、アートオブジェリング作り」では、指輪だけでなく、ブレスレットやネックレスなどの大作が続出。カチューシャのような頭につける花のオブジェが、笑いで満点を獲得しました。

松永小百合先生による「スワロフスキークリスタルのピンブローチ制作」では、皆さん背中を丸めながら細かい作業に集中。完成品はキラキラのブローチで、どこにつけていこうかと迷うくらいの出来栄えでした。

参加者には、「去年は迷っているうちに申し込み締め切りが来てしまったので、今年はすぐに申し込みました」という方や「上野で開催されるKOMOGOMO展に行っているので、ミニコモゴモ展に興味がわきました」という方などがいて、近隣にお住まいの方々が関心を持ってくださる様子を知ることができました。

最後に、企画運営に参加した全員のガッツポーズで締めくくりました。

P1140037.JPG













P1140237.JPG












P1140286.JPG












P1140347.JPG











P1140445.JPG

12月2日、夕暮れが近づくころ、まちラボ前に学生が集まり始めました。

ウォーキングマップ プロジェクトの先生と学生たちです。

10月から毎週のように、5限の授業時間にウォーキングマップ制作のための調査を行っています。

手にはただの万歩計ではない計測機が。

「スプリットモード起動!」「メモリークリア!」「スタート!」

謎の暗号のような声にあわせて設定されました。

これは活動量計というもので、距離や歩数だけでなく、カロリー消費や行動分析までできるのだそうです。

出発時にはもう薄暗くなっていましたが、歩けば寒さも吹っ飛びます。

元気いっぱいの学生たちでした。

P1130989.JPG












P1130983.JPG





P1140007 (2).JPG






12月

6日

2021

「ねこっちさんビデオ通信」プロジェクトでは、地域でユニークな活動を続けている方々のインタビュー動画を制作しています。

本格的な機材を使い、本格的なチーム体制で撮影し、撮影動画を見ながら先生と学生が一緒に議論。

動画編集時には、チームを組み替えます。

学生によると、「チームを組み替えると、新しく任されることに責任感が生まれるし、相手の今まで知らなかった面が見えてきて新鮮です」とのことでした。


DSC03334-4th_.jpg



P1130669.JPG












DSC_0352.JPG


11月18日(木)、SDGs 個人から始まる社会貢献活動プロジェクトの学生たちが、まちラボでキャンディのようなグミのようなものを作っていました。

これは、コーヒーの抽出かすから作った石鹸です。

かわいくてきれいな石鹸。

使うのももったいない感じ。

でも、失敗作からは、使うと濃い緑色の泡が出てきたとか・・・

試行錯誤を経て、きれいな完成品につながっていくのですね。

この冬をあったかい気持ちで過ごしてもらえるよう、プレゼント先を探しているところです。

DSC_0345.JPG

DSC_0326.JPG

DSC_0331.JPG

DSC_0341.JPG

10月28日(木)、まちラボでは、ビニール傘をべりべりと剥がし、先っぽのプラスチックをばきばき折る音が響きました。

ビニール傘再生プロジェクトの学生たちが、自らの手で傘を分解していたのです。

時間のかかる作業も、「こういうのって学生らしい感じがする!」と元気に取り組むプロジェクトメンバーの手で、あっという間に100本余りの傘が骨とビニールに分けられました。

傘のビニール部分は、傘ホルダーとして再生される予定です。

大雨にも負けないしっかりした傘ホルダー試作品も出来上がってきました。

店頭に並ぶ日を楽しみに、プロジェクトが進んでいきます。

DSC_0313.JPG

DSC_0336 (2).JPGのサムネイル画像

<前へ1  2  3  4  5  6

まちづくり研究センター(まちラボ)

(Social Design Center)


まちづくり研究センターは、産官学民連携による社会問題解決型の研究施設で、より広い視点から社会問題解決に取り組む組織です


まちラボ本郷(本郷キャンパス)
〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1 map
TEL:(03)6240-0897

まちラボふじみ野(ふじみ野キャンパス)
〒356-8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196 map
TEL:(049)261-7859


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります