<

まちづくり研究センター|文京学院大学

まちづくり研究センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|まちづくり研究センタートップページお知らせ|すべての(ふじみ野)商店会 Prj一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべての(ふじみ野)商店会 Prj一覧

1

まちラボふじみ野では、2月6日(土)、コロナ禍での地域貢献活動の一環として、完全オンラインでキャンディブーケワークショップを開催しました。
このワークショップは、10月に開催された「オンラインあやめ祭」で実施した「オンライン駄菓子総選挙」で得られた人と人とのネットワークを、より深く繋いていくことを目的に開催されたものです。

「キャンディブーケ」とは、日常的にやりとりする物や身近な材料(お菓子・小さい文具・手紙など)を使って作るブーケで、見て楽しむだけでなく、食べたり使ったりするたびに相手のことを思い出せるプレゼントや贈り物に最適なアートです。

当日は、親子や若者の参加者が自宅などでブーケづくりに取り組み、楽しいひと時を過ごしていただきました。

MicrosoftTeams-image.png










0206午前集合写真_加工.jpg

「ぶんぶん新聞」の創刊号が完成しました!商店会プロジェクトの活動を伝え地域の方々と交流するため、広報担当の学生たちでイチからつくりました。

創刊号は「ぶんぶん」の利用が多い子どもたち向けと大人向けの二種類。

店舗前での掲示のほか、ふじみ野市内の四つの小学校(大井小学校、三角小学校、亀久保小学校、鶴ケ丘小学校)にて配布していただきました。ご協力いただいた市役所・学校関係者の皆様方に厚くお礼申し上げます。

今はお休み中の「ぶんぶん」ですが、こうした広報活動を通じて、これからも日々の活動報告や地域の情報などどんどん発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!



ぶんぶん新聞2.png


ぶんぶん新聞1.png



 まちラボふじみ野では、空き店舗活用プロジェクトの一環で、商店街で駄菓子屋「菓子屋ぶんぶん」を運営してきました。しかし、2月末からの新型コロナウイルスの影響で、現在活動を当面の間、休止しています。

 まったく想定していなかった状況のなか、3月以降にもお店で使う予定だった、飴、ガム、ラムネなどたくさんの駄菓子の売れ残りが生じてしまいました。今日、「食品ロス」が大きな社会問題として取り上げられています。本来食べられるのに捨てられてしまう食品廃棄物。日本では年間600万トン以上にも上るとされており、「もったいない」というだけではなく、限られた資源や環境への多大な負荷にもなっています。

 そこでまちラボふじみ野では、大学の近隣にある「富士見市子ども未来応援センター」にご協力いただき、まだ食べられる駄菓子をすべて寄付させていただくことにいたしました。子ども未来応援センターは、子どもに関する総合相談窓口として、妊娠に関する相談や子どもの貧困対策などに取り組む施設です。寄付した駄菓子は、NPO団体が運営するフードパントリーなどで配布していただくとのことです。余ってしまったたくさんの駄菓子たちが、地域の子どもや若者たちの居場所づくりに少しでも貢献できればと思います。

「コロナの状況だからこそ、今まで以上にできることもある」とのお言葉を、センターの所長様からいただきました。まちラボふじみ野でも、現在、ウイルスの影響から様々な活動を停止していますが、こうした状況でも、こうした状況だからこそ、どのような「まちづくり」ができるのか、少しずつ模索していきたいと考えています。


健康増進センター.jpg

05月

12日

2020

・2020年4現在、「菓子屋ぶんぶん」は、新型コロナウイルスへの対応および感染機会抑制の観点から、たいへん残念ながら、当面の間、運営を休止いたします。3月に店内改装を終え、活動が軌道に乗り始めた矢先のことでした。

・一日も早く、ぶんぶんで会える日が来るのを楽しみにしながら、センター一同取り組んでまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ぶんぶんお休み.jpg

・まちラボふじみ野では、大井ショッピング商店会の空き店舗を活用した地域活性化プロジェクトがスタートしました。

・「高齢者も子どもたちも集まれる場づくり」を目標に、2019年12月3日には駄菓子屋「菓子屋ぶんぶん」がオープン。地域の皆様方にご協力いただきながら、学生が主体となって試験的に営業してきました。

・駄菓子の販売を通して商店街のにぎわいを生み出し、地域に貢献する場をつくるのが「ぶんぶん」のねらいです。「ぬくもりのある隠れ家的空間」「商店街に活気を取り戻したい」。こうしたコンセプトのもと、学生たちはアイデアを出し合いながら工夫を重ねています。回を重ねるごとに、地元の子どもたちを中心に子育て世代や高齢者など、様々な利用者さんが訪れるようになり、少しずつ地域に根ざした活動となってきました。

・今後もスタッフ一同、にぎわいのある商店街と心地よい居場所づくりに励んでいきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。




ぶんぶん.jpg

1

まちづくり研究センター(まちラボ)

(Social Design Center)


まちづくり研究センターは、産官学民連携による社会問題解決型の研究施設で、より広い視点から社会問題解決に取り組む組織です


まちラボ本郷(本郷キャンパス)
〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1 map
TEL:(03)6240-0897

まちラボふじみ野(ふじみ野キャンパス)
〒356-8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196 map
TEL:(049)261-7859


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります