国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|国際交流センタートップページお知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

島田昌和理事長と工藤秀機学長が、今春四月の就任後初めて米国ミネソタ州の姉妹校であるセントベネディクト・セントジョンズ大学を表敬訪問し、就任のあいさつをしました。

 

同大の教職員および学生を対象に開かれた講演会では、本学の創立以来の歴史を踏まえた、同大との深い交流関係について発表しました。五十席の会場が開会前に満席となる盛況で、双方の様々な交流ぶりに大きな反響がありました。講演の後には、聴講した同大の学生から、本学への留学に関心を寄せる声が多数寄せられています。

 

MN Speech by Shimada-sensei_Revised.jpg

(島田理事長による講演の様子)

 

 

MN Speech by Kudo-sensei_Revised.jpg

 

(本学の設立から現在までの歴史について述べる工藤学長)



その後両校の学長であるメアリー・ヒントン、マイケル・ヘメサス両氏と懇談し、引続いての強固な関係を維持し、さらに発展させることを確認し合いました。なおヘメサス学長は、一年前の本学創立九十周年の記念式典に出席されています。

 

MN meeting with Presidents_Revised.jpg

(セントベネディクト大学・セントジョンズ大学両学長との懇談)



また、本学から交換留学生として派遣している三名の学生とも面談し、日々の学習生活についての様子を聞くとともに、激励の言葉をかけました。なお同大から派遣された15名の交換留学生が、現在本学の本郷キャンパスで学んでいます。

 

MN Exchange students from BGU.jpg

(本学から派遣されている交換留学生たちと)

 

※セントベネディクト・セントジョンズ大学(College of St. Benedict/St. John's University)は、米国ミネソタ州に拠点をおく創立百年を超える名門大学であり、本学とは1990年以来の長い友好関係にあります。

10月7日(水)トルコ・イスタンブール市のベイオウル区より、デミルジャン区長、バルジュ副区長はじめ八名のご一行が、本校を訪問されました。同区は文京区と姉妹区の関係にあり、昨年10月にも本学を訪問いただいています。

ご到着後、図書館、食堂、S館をご案内し、サロン・ド・ブンキョウにおいて、島田理事長、鵜浦国際交流センター長と歓談されました。
本学が、トルコも含む海外協定校に提供している「国際連携教育プログラム」についてご説明したあと、日トルコの深い友好関係の象徴とも言えるエルトゥールル号遭難事件をとりあげた映画「海難1890」の予告編をご覧いただきました。
また現在トルコのアンカラ大学から上記のプログラムに参加しているメリヒさんも加わり、歓談に花を添えました。

IMG_1059.JPG

IMG_1068.JPG

IMG_1142.JPG

IMG_1137.JPG

 

 

8月28日、第13回目となる「国際連携教育プログラム」の開講式がB's Diningにて執り行われました。このプログラムは、世界各国にある本学の協定校から4ヶ月のあいだ本郷キャンパスに留学生を受入れて、日本語・日本文学・日本の政治経済や文化・宗教など幅広い授業を実施するものです。授業は教室内だけにとどまらず、根津神社の例大祭での神輿担ぎや各種外部機関の訪問が予定されています。また、文京生と共同で実施する本学のセミナーハウスでの合宿や、同じく文京生の家庭でのホームステイを通じて、異文化交流も積極的に行われます。

 

Multi-ex.01.jpg

【今年度は米国・マレーシア・ネパール・ブルガリア・トルコから

合計21名の留学生がやって来ました。

 

Multi-ex.02.jpg

【開講式での工藤学長のスピーチの様子。校友会からもご出席を頂きました。】

 

Multi-ex.03.jpg

【歓迎パーティの様子】

 

IMG_0007.jpg

【キャンパスツアーのひとコマ】

 

(本郷GSIグループ)

 

いよいよBrock Universityでの研修が最終日が近づいてきました。

午後プログラムではナーシングラボでシュミレーション体験をしました。
 

最終日1.jpg

最終日2.jpg

最終日3.jpg

4最終日.jpg

 

修了式終えて、明日はトロントの街へ移動します。

終了式.jpg

 

 

 

 

 

海外フィールドワークのプログラムには座学だけでなく、学外での研修がたくさんプランされています。

 

13.jpg

 

14.jpg

8月12日、この日は午前中の授業を受けてランチを食べてから、学内の大学内シニアトレーニングの施設を体験しました。

 

16ランチ.jpg

 

17.jpg

                        ブラジルの医科大学生と一緒です。

 

19.jpg

    

18.jpg

          シニアトレーニング施設は実践と研究を兼ねた施設で、年間400ドル払えば毎日誰でも使えます。

 

 

20.jpg

この写真はリハビリ病院施設見学で、ゲームボード(Scrabble:単語を作成して点数を競い合うゲーム)をして遊んでいます。左の女性が病院の広報担当部長のメアリージェーンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Brock Universityでの研修もいよいよ本格的になってきました。授業の様子を紹介します。

 

7記念写真.jpg                         一緒に勉強している学生たちと記念撮影

 

10授業風景.jpg

                             授業風景

8テーピング.jpg

テーピングの授業 1

 

9テーピング.jpg

 テーピングの授業 2

 

 

 

 

 保健医療技術学部生が参加している海外短期フィールドワーク(カナダコース)の報告NO.2です。

8月4日(火)午前中にオリエンテーションがあり、午後から英語の授業が始まりました。一緒に授業を受けているのは例年の中国医薬大学(台湾)の学生ではなく、ブラジルの大学の医学部の4、5年生です。

 

 

クラス008 8.4 (1).jpg

 

クラス013 8.4.jpg

 

英語の授業で使用しているのは"LEAP (Learning English for Acdemic Purposes)"というテキストです。英語で学ぶウォーミングアップができたところで、専門分野のHealth Scienceついての授業が始まります。

 保健医療技術学部の学生を対象にした海外短期フィールドワーク(カナダコース)が始まりました。今年度の参加学生は5名、引率、指導いただくのは藤谷教授です。

 出発8.2.jpgのサムネイル画像

        

                 成田空港で見送りのご家族と

 

              到着1 8.2.jpg

 

トロントの空港に到着

 

 8月3日(月)はCivic Holidayなので、ホストファミリーとゆっくり過ごし、4日(火)からオリエンテーションやセミナーが始まり、8月14日(金)までBrock Universityで研修を受けます。

 

 

 

 

「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム〜」を知っていますか?

 

海外留学に対する奨学金支援制度で、渡航費、授業料(1年以内の留学の場合は上限30万円)に加え、日本学生支援機構より月額12万円~20万円が給付される手厚い支援内容です。

充実した研修や派遣留学生コミュニティ、給付型の手厚い奨学金で、実践活動(インターンシップ・ボランティア・フィールドワーク等)を焦点とする留学計画が支援されます。
 

詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~

http://www.tobitate.mext.go.jp/program/program/index.html

 

「トビタテ!って何?」という方はぜひ動画もチェックしてみてください。
応募の流れ、合格者の声や留学中の様子を見て聞いて、トビタテの概要に触れることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=BDOcMHLAFs4&feature=youtu.be
 

この「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」の説明会が東京で開催されます。

 

<日時>

 7月10日(金) 10:00~12:00
<会場>

 文部科学省(最寄駅:虎ノ門)

<内容>

・トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの説明
・留学計画作成グループワーク
・トビタテ!1期生、2期生の体験談

・留学計画ワーク

・留学計画ガイダンス

・質疑応答
 

<参加申し込み方法>

各自、下記のフォームから申し込んでください。

少しでも留学に興味のある方は、奨学金を得ることの出来るチャンスです。

座席に限りがありますので、平成28年4月1日~10月31日までに留学を開始したい学生の皆さん、申し込みは今すぐに!
https://tobitate.jasso.go.jp/info_session4/

 

志ある文京生の皆さんの挑戦をお待ちしています。

3月13日(金)

本日は、UKMの学生と交流する最終日です。

本日は日本とOTの紹介、マレーシアについての講義、スポーツゲームを行いました。 
日本の紹介をしたり、UKMの学生と講義を受けていて感じたことは、UKMの学生がとても積極的に発言や質問をして堂々としているということです。間違えることを恐れずに積極的に発言する姿勢をみて、私も見習いたいと思いました。 

スポーツゲーム大会では、6つほどのミニゲームを行い、炎天下の中各グループ走り回りとても楽しい時間を過ごしました。スポーツゲーム大会では学年の隔てなくUKM学生の多くが参加していました。多くの生徒が初対面でありましたが、それを感じないほど楽しく過ごせてマレーシアでの大切な思い出の一つになりました。

 

 

保マ1-14.jpg

 

 
夜はPTとOTの4年生の一部のメンバーでご飯を食べに行き、会うことが最後であるUKM学生との別れを惜しみました。 
2週間の滞在ははじめは長く感じましたが、現地の学生と仲良くなるにつれて次第に短いと感じるようになりました。2週間という限られた期間でしたが、貴重な体験や思い出を作ることができました。これから4ヶ月の総合臨床実習が始まりますが、マレーシアでの経験を活かして頑張りたいと思います。 

【報告:田中美成】

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996