<

国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

06月

10日

2020

前回に引き続き、アメリカ交換留学インタビューの第二弾です。今回は外国語学部3年生のR.Iさんのインタビューの様子をお届けします。Iさんはグローバル社会の即戦力の人材を育てる「GCIプログラム」の学生でもあり、1年時に異文化理解留学プログラムで約1か月タイにも訪れています。1年次のタイでの経験を活かし、2年次で挑んだ「College of St. Benedict (CSB)/St. John's University (SJU)」留学の様子をお話いただきました。留学に興味のある方はぜひ参考にして下さい。


SJU1.jpgQ1 どうしてアメリカのCSB/SJUに留学しようと思いましたか?
Why did you decide to study abroad in America at CSB/SJU?


文京学院大学の英語留学プログラムの中で、最も長い留学期間の長いものがCSB/SJUの交換留学だったため選びました。
In BGU, the longest English study abroad program we have is at CSB/SJU.

Q2 CSB/SJUに到着した時の最初の感想は?
What were your first thoughts when you arrived at CSB/SJU?


みなさんとても親切で優しく、知らない私にでさえいつも声を掛けてくれました。私はそれに刺激を受けて交流をするようになりました。
People were so nice and kind, even to strangers they always say hi to everyone. I was inspired by this and it inspired me to connect with others while I was there.

Q3 参加したことのある大学のイベントやアクティビティの中で、特に好きだったものは何ですか?
What was your favorite campus event or activity you participated in?

一番は国際文化フェスティバルで琉球舞踊を披露したことです。非常に良い経験にもなりましたし、自分達のアイデンティティを表現することができて本当に良かったです。
I participated in the International Festival of Cultures and we did a traditional Okinawan dance and it was so much fun. It was a great experience and I loved being able to express our identity for everyone who was there.

Q4 アメリカと日本の大学の最大の違いは何だと思いますか?
What were some of the biggest differences you noticed between American campus life and Japanese campus life?

最大の違いは通学の仕方です。日本では学生がキャンパス内に住み、歩いて授業に行くことは一般的ではありませんが、アメリカの大学生はキャンパス内の寮に住み、車や電車を使わずに通学します。そのおかげで私は大学コミュニティーにより溶け込むことができたのだと思います。
The biggest difference was how students commute to classes. It's not common in Japan for students to live on campus and walk to class. Students in America live in dorms and walk to classes instead of driving or taking the train to class.I think I was able to connect with the community better this way.

Q5 留学を考えている方に何かアドバイスは?
Do you have advice for future students who will study abroad?SJU2.jpg

日本人学生は色んな環境で過ごした経験があまりありません。そのため、日本人学生は異国の地で自分を表現することに抵抗を感じるかもしれません。でも大事なことはポジティブ思考で、恐れずに自身を表現することだと思います。
Japanese students don't often experience being a part of a diverse environment, so they might not feel comfortable expressing themselves in a place where they are different. But, I think it is important to stay positive and express yourself without any fear.

06月

6日

2020

文京学院大学では様々な留学プログラムがありますが、今回はアメリカ合衆国ミネソタ州にある姉妹校「College of St. Benedict (CSB)/St. John's University (SJU)」に交換学をした文京生にアメリカ人チューターがインタビューを行いました。

まず一人目は外国語学部3年生のN.Hさんです。Hさんはグローバル社会の即戦力の人材を育てる「GCIプログラム」の学生でもあります。
※GCIの詳しい紹介はこちらから♪

これから留学を考えている方はぜひ参考にしてみてください。
CSBSJU1.jpg
Q1 どうしてアメリカのCSB/SJUに留学しようと思いましたか?
Why did you decide to study abroad in America at CSB/SJU?


高校生の時にニュージーランドへの留学経験がありますが、より英語を勉強できる大学で別の経験をしたいと思っていました。友人が以前CSB/SJUへの留学経験があり、非常に良い経験が出来たと勧められたので、私もそこで勉強がしたいと思いました。
I had a chance to study abroad in New Zealand when I was in high school and I learned about the English language there, so I knew I wanted to have another experience at a university where I could learn even more English. My friends had studied abroad at CSB/SJU in the past and they had really good experiences, that inspired me to want to go there.

Q2 CSB/SJUに到着した時の最初の感想は?
What were your first thoughts when you arrived at CSBSJU?

CSB/SJUは非常に広々としていて文京学院大学よりも大きいため、全ての建物を覚えられるか心配でした。
CSB/SJU was very spacious and much bigger than the BGU campus, so I was worried if I could memorize all of the buildings on campus.

Q3 カルチャーショックはありましたか?どんなことが印象的でしたか?
Did you experience any culture shock? What were some experiences you remember?


カルチャーショックはほとんどありませんでしたが、多くの学生が授業中に手を上げて発言しているのに驚きました。向こうの学生は非常に積極的で、日本ではそのような光景をあまり見ないので印象的でした。

I didn't experience much culture shock, but I was surprised by the many students who raised their hands in class. They were very outspoken and I wasn't used to that in Japanese classes.

Q4 授業や宿題はどうでしたか?難しかったですか?
Comment on the classes and homework. Were they difficult?

授業は難しく読み物が多く大変でした。また、授業中ディスカッションをすることが多かったり、自分の考えを話すことを求められたりすることが多くありました。最初は会話のほとんどを理解できませんでしたが段々と分かるようになり、より多くの発言や質問をするように努めました。宿題にかかる時間も減っていきましたが、一番大事なことは教材を理解することだと教授から教わりました。

The classes were difficult and there was too much reading. We often had a lot of discussions in class and I was expected to speak often and contribute my ideas. At first, I didn't understand a lot of the conversation. I gradually got more comfortable and tried to speak more often and ask more questions. We had less time to finish our homework, but my professors reminded me that what was most important was understanding the material.

Q5 留学を考えている方に何かアドバイスは?
Do you have advice for future students who will study abroad?

3つアドバイスがあります。
CSBSJU2.jpgI have three points of advice.

①友達を作って一緒に楽しむこと
Make friends and have fun with them.


②出来るだけ沢山勉強をすること

Learn as much as you can.

③病気にならない、ストレスを貯めないこと
Don't get sick and don't build up stress.



次回はIさんのインタビューをお届けします。どうぞ、お楽しみに!!

現在、新型コロナウイルスの影響でキャンパス内での国際交流が出来ないため、代わりにオンラインでの交流会を行っています。文京学院大学で勉強する「留学生」と「文京生」をつなぐことを目的としていましたが、国際交流だけでなく、学年・学部・キャンパスを超えた「文京生同士」の交流の場ともなっているようです。


交流会.jpg

学生一人に対して文京生最大三人までのグループなので、発言せずに終わっちゃった...なんてこともありません。留学の経験がある方、海外に興味がある方、外国の方と話したことがないからちょっと試しに、という方など様々な方が参加しています。5月末で受付は一旦締め切りましたが、興味がある方は今からでも大歓迎です。

皆さんからのお申し込みお待ちしています!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

件名に「オンライン国際交流会参加希望」、本文に「学籍番号・名前」を書いて下記までメールしてください。

申し込み用アドレス⇒ taksato@bgu.ac.jp

・「台湾・トルコ・ブルガリア・ウズベキスタン」の留学生が参加しています!

・前期は7月まで!・毎週参加できなくても問題なし!

・会話は日本語なので、外国語に不安がある方でもOK!

・メンバーは毎回変わるので一期一会の出会いを大切に!

今回は毎年秋に行われる「インターナショナルウィーク」に関してのレポートです。各国の留学生が日替わりで自分の国の紹介をしたり、アメリカ人留学生が「アイスクリームソーシャル」を行う様子をご紹介いたします。
ちなみに、あまり聞きなれないアイスクリームソーシャルですが、アメリカではポピュラーな行事で、アイスクリームを食べながらお話を楽しむ親睦会のことです。今回は文京生にクイズを出し、正解できたらアイスをプレゼントする企画を行い、大いに盛り上がりしました。

それでは、アメリカ人チューターのレポートをぜひご覧ください!


International Week is a special time at BGU for the Multilateral Program and the students.During the week, the International students have a chance to host some events that introduce themselves to the BGU students and faculty.The speeches are held on most of the days of the week during lunch time and reprentatives of each country give a presentation sharing their culture and country with the BGU students.This year, we had 7 groups presenting on the United States, Turkey , Bulgaria, Kazahkstan, Uzbekstan, Malaysia, and Taiwan.

↑Taiwanese students giving their presentation


↑The Uzkeb students giving their presentation


The other big event is the Ice Cream Social hosted by the students from the US. For the last couple of years, they have been coming together and sharing ice cream with BGU students and staff alike. It has been a great success and a lot of fun for everyone. Definitely one of the highlites of the week.

↑US Students advertising the Ice Cream Social event

オンライン・チャットラウンジ@本郷キャンパス 開設!5月20日(水)スタート!

Teamsを使用し、自宅に居ながらチャットパートナーと会話を楽しめます♪利用したい方、または、お問い合わせは 
h-chatyoyaku@s.bgu.ac.jpまで下記情報をお送りください。

1.氏名(日本語、英語)

2.学籍番号

3.希望言語:英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語

Teamsへの登録が完了次第、こちらから利用日時、手順等をご連絡いたします。

05月

11日

2020

文京学院大学では例年留学生の受入を行っており、キャンパス内で気軽に国際交流が可能です。しかし現在、新型コロナウイルスの影響で入構制限がされているため、留学生の皆さんと交流することが難しくなっています。

そこで、文京学院大学では留学生と日本学生をつなぐ「BGUオンライン国際交流会」を企画いたしました。日本語を勉強しに来ている留学生なので、会話はもちろん日本語でOKです!中には英語も堪能な学生もいるので、英語での会話も可能ですよ。

外国人と話してみたいけど緊張する、、という方やどんな話をすればいいか分からない、、という方も安心してください。彼らも同じ文京生です。同年代の外国人と接する機会は沢山ありそうで意外とないものなので、是非この機会に国際交流を体験してみましょう。

皆さんからの申し込みお待ちしています。ご質問があればお気軽にどうぞ!

◇◆◇詳細◇◆◇

期間:2020年5月~7月

開催日:参加希望者のスケジュールを調整し、週に1~2回開催予定(時間は30~60分程度)
対象:文京生全員
開催場所:オンライン(Teamsを使用します)
費用:無料(通信料は個人負担となります)
申し込み/問い合わせ先:taksato@bgu.ac.jp
※件名「オンライン国際交流会参加希望」、本文に「学籍番号・お名前」をご記入ください。
(申し込み期限/5月29日(金)まで)


オンライン国際交流会ポスターはこちら⇒オンライン国際交流会.pdf

学生の皆さん、

 新型コロナウイルス感染症の世界的拡大に伴い、例年、4月に募集を開始していた2020年度夏期実施の留学プログラムを中止とすることを決定いたしました。
留学を検討されていた学生の皆さんには大変残念な結果となりましたが、参加者及び関係者の健康と安全面を考慮した結果ですので、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。
今後の留学募集再開につきましては、B's Linkにてアナウンスいたします。

文京学院大学
国際交流センター長 池田芳彦

この件についての問合せ先:本郷GSIオフィス:03-5684-4836
              ふじみ野GSIオフィス:049-261-7916

ディズニーシー/Disney Sea

[ カテゴリ: ]

04月

23日

2020

毎年秋に世界各国の留学生が参加する「国際連携プログラム」があります。今回は、2019年11月に訪れたディズニーシーでの様子をアメリカ人チューターが紹介致します。留学生と文京生の楽しそうな様子をご覧ください!

The GSI Office works hard to encourage interaction between the international students of the Multilateral Program and BGU students. One of the events where we make this possible is with a group trip to Disney Sea. BGU students sign up to join GSI staff and international students for an entire day of fun and making new friends! In 2019, we had a group of 40 people sign up to enjoy the day together.




↑We made Japanese friends

Typically, students split up into smaller groups to enjoy the amusement park, but the groups always
contain both BGU and international students.




↑We had a good time!


↓Say cheese!


Students often say this event is one of their favorites with the Multilateral Program.
We look forward to planning it every year♪


04月

21日

2020

2019年10月に行われた『文京祭』の体験レポートです!日本の大学では学園祭はメジャーなイベントですが、海外ではあまり馴染みのあるものではないようで、日本の大学ではこんなお祭りがあるの?!とビックリしていました。

それでは、留学生達が気合を入れて準備をした2019年文京祭の様子をどうぞご覧下さい!

Every year toward the end of October, Bunkyo Gakuin University holds the BGU Festival, a celebration of our university with works, performances, and more created by the students and faculty.It is free and open to the public.Every year, a space is given to the visiting international students to decorate and fill with any activities they can come up with. Over the years, the students put together a wide variety of activities and games in their space.This year, the students used the B's Cafe space and organized several stations of things for visitors to try.With some assistance from BGU students in the International Club, they had set up a photo space, a version of pong, face painting, and a stacking game.Across the two-day weekend, many people stopped by to check out what the students had put together and enjoy the variety of activities.It was a lot of preparation, but at the end, everyone who participated had a great time and it was a fantastic experience.

Bunkyo festival_191029_0054.jpg         ↑BGU and International students having fun with the photo booth display



IMG_0892.JPG↑Students teaching children how to play a ping-pong game




international weekend_191029_0071.jpg

↑International students preparing decorations and signs for B's Cafe



Bunkyo festival_191029_0015.jpg↑Students and guests taking part in the tower-building game



Bunkyo festival_191029_0033.jpg↑International students and BGU students having a good time

文京学院大学では「国際連携プログラム」というユニークなプログラムがあります。アメリカ、マレーシア、ブルガリア、

トルコ、カザフスタン、ウズベキスタンの学生が共に生活しながら、大学での授業や体験学習を通して日本文化を学んでいきます。

今回は災害の多い日本で大切となってくる、防災知識を身に着けるため、『本所防災館での体験学習』の様子をアメリカ人留学生Brendanが紹介します!

For most of the international students who came in 2019 for the Multi-lateral Program, an earthquake is something very new and unfamiliar.To get the students more familiar and prepared in case of a natural disaster, we went to the Disaster Prevention Center near Asakusa There, they had the opportunity to learn about what to do in case of an emergency and practice some very important safey procedures like getting under tables during an earthquake or how to open a door during flooding.One student from the US, Brendan Splinter, shared his thoughts and experience after going to the Disaster Prevention Center.

93232547_235800484166542_2545527249759633408_n.jpg

↑US Student, Brendan Splinter

Being from Minnesota the only natural disasters we have to worry about are blizzards and the occasional Tornado. In Japan however, there are many natural disasters that require constant vigilance from all residents who live in Japan. We learned about how to deal with many of these situations in the disaster simulation. We went into several rooms where we experienced what it is like during these natural disasters .I think the coolest part of the disaster simulation course was the earthquake simulation. We were put in a small sample room which shook just like a real earthquake. Before this experience I had little understanding of how dangerous these natural disasters were. Now, I have a better understanding of what to do during a disaster.


IMG_0567.JPG

↑The international students at the Disaster Prevention Center

 ↑International Students doing some of the many activities to better prepare for natural disasters
  like flooding and earthquakes

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996