<

国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

オンライン・チャットラウンジ@本郷キャンパス 開設!5月20日(水)スタート!

Teamsを使用し、自宅に居ながらチャットパートナーと会話を楽しめます♪利用したい方、または、お問い合わせは 
h-chatyoyaku@s.bgu.ac.jpまで下記情報をお送りください。

1.氏名(日本語、英語)

2.学籍番号

3.希望言語:英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語

Teamsへの登録が完了次第、こちらから利用日時、手順等をご連絡いたします。

05月

11日

2020

文京学院大学では例年留学生の受入を行っており、キャンパス内で気軽に国際交流が可能です。しかし現在、新型コロナウイルスの影響で入構制限がされているため、留学生の皆さんと交流することが難しくなっています。

そこで、文京学院大学では留学生と日本学生をつなぐ「BGUオンライン国際交流会」を企画いたしました。日本語を勉強しに来ている留学生なので、会話はもちろん日本語でOKです!中には英語も堪能な学生もいるので、英語での会話も可能ですよ。

外国人と話してみたいけど緊張する、、という方やどんな話をすればいいか分からない、、という方も安心してください。彼らも同じ文京生です。同年代の外国人と接する機会は沢山ありそうで意外とないものなので、是非この機会に国際交流を体験してみましょう。

皆さんからの申し込みお待ちしています。ご質問があればお気軽にどうぞ!

◇◆◇詳細◇◆◇

期間:2020年5月~7月

開催日:参加希望者のスケジュールを調整し、週に1~2回開催予定(時間は30~60分程度)
対象:文京生全員
開催場所:オンライン(Teamsを使用します)
費用:無料(通信料は個人負担となります)
申し込み/問い合わせ先:taksato@bgu.ac.jp
※件名「オンライン国際交流会参加希望」、本文に「学籍番号・お名前」をご記入ください。
(申し込み期限/5月29日(金)まで)


オンライン国際交流会ポスターはこちら⇒オンライン国際交流会.pdf

学生の皆さん、

 新型コロナウイルス感染症の世界的拡大に伴い、例年、4月に募集を開始していた2020年度夏期実施の留学プログラムを中止とすることを決定いたしました。
留学を検討されていた学生の皆さんには大変残念な結果となりましたが、参加者及び関係者の健康と安全面を考慮した結果ですので、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。
今後の留学募集再開につきましては、B's Linkにてアナウンスいたします。

文京学院大学
国際交流センター長 池田芳彦

この件についての問合せ先:本郷GSIオフィス:03-5684-4836
              ふじみ野GSIオフィス:049-261-7916

ディズニーシー/Disney Sea

[ カテゴリ: ]

04月

23日

2020

毎年秋に世界各国の留学生が参加する「国際連携プログラム」があります。今回は、2019年11月に訪れたディズニーシーでの様子をアメリカ人チューターが紹介致します。留学生と文京生の楽しそうな様子をご覧ください!

The GSI Office works hard to encourage interaction between the international students of the Multilateral Program and BGU students. One of the events where we make this possible is with a group trip to Disney Sea. BGU students sign up to join GSI staff and international students for an entire day of fun and making new friends! In 2019, we had a group of 40 people sign up to enjoy the day together.




↑We made Japanese friends

Typically, students split up into smaller groups to enjoy the amusement park, but the groups always
contain both BGU and international students.




↑We had a good time!


↓Say cheese!


Students often say this event is one of their favorites with the Multilateral Program.
We look forward to planning it every year♪


04月

21日

2020

2019年10月に行われた『文京祭』の体験レポートです!日本の大学では学園祭はメジャーなイベントですが、海外ではあまり馴染みのあるものではないようで、日本の大学ではこんなお祭りがあるの?!とビックリしていました。

それでは、留学生達が気合を入れて準備をした2019年文京祭の様子をどうぞご覧下さい!

Every year toward the end of October, Bunkyo Gakuin University holds the BGU Festival, a celebration of our university with works, performances, and more created by the students and faculty.It is free and open to the public.Every year, a space is given to the visiting international students to decorate and fill with any activities they can come up with. Over the years, the students put together a wide variety of activities and games in their space.This year, the students used the B's Cafe space and organized several stations of things for visitors to try.With some assistance from BGU students in the International Club, they had set up a photo space, a version of pong, face painting, and a stacking game.Across the two-day weekend, many people stopped by to check out what the students had put together and enjoy the variety of activities.It was a lot of preparation, but at the end, everyone who participated had a great time and it was a fantastic experience.

Bunkyo festival_191029_0054.jpg         ↑BGU and International students having fun with the photo booth display



IMG_0892.JPG↑Students teaching children how to play a ping-pong game




international weekend_191029_0071.jpg

↑International students preparing decorations and signs for B's Cafe



Bunkyo festival_191029_0015.jpg↑Students and guests taking part in the tower-building game



Bunkyo festival_191029_0033.jpg↑International students and BGU students having a good time

文京学院大学では「国際連携プログラム」というユニークなプログラムがあります。アメリカ、マレーシア、ブルガリア、

トルコ、カザフスタン、ウズベキスタンの学生が共に生活しながら、大学での授業や体験学習を通して日本文化を学んでいきます。

今回は災害の多い日本で大切となってくる、防災知識を身に着けるため、『本所防災館での体験学習』の様子をアメリカ人留学生Brendanが紹介します!

For most of the international students who came in 2019 for the Multi-lateral Program, an earthquake is something very new and unfamiliar.To get the students more familiar and prepared in case of a natural disaster, we went to the Disaster Prevention Center near Asakusa There, they had the opportunity to learn about what to do in case of an emergency and practice some very important safey procedures like getting under tables during an earthquake or how to open a door during flooding.One student from the US, Brendan Splinter, shared his thoughts and experience after going to the Disaster Prevention Center.

93232547_235800484166542_2545527249759633408_n.jpg

↑US Student, Brendan Splinter

Being from Minnesota the only natural disasters we have to worry about are blizzards and the occasional Tornado. In Japan however, there are many natural disasters that require constant vigilance from all residents who live in Japan. We learned about how to deal with many of these situations in the disaster simulation. We went into several rooms where we experienced what it is like during these natural disasters .I think the coolest part of the disaster simulation course was the earthquake simulation. We were put in a small sample room which shook just like a real earthquake. Before this experience I had little understanding of how dangerous these natural disasters were. Now, I have a better understanding of what to do during a disaster.


IMG_0567.JPG

↑The international students at the Disaster Prevention Center

 ↑International Students doing some of the many activities to better prepare for natural disasters
  like flooding and earthquakes

毎年秋に世界各国の留学生が参加する「国際連携プログラム」。地元の方との交流もあるこちらのプログラムですが、秋には「根津神社例大祭」に参加させていただき、日本ならではの体験をしています。今回は2019年9月に行われたお祭りの様子をアメリア人チューターがレポートいたします!

Every September, we invite the multilateral students to join us for a weekend of celebrating the Nezu Shrine Festival. This is a fun, unique experience for international students to experience and participate in a part of Japanese culture. The students dress up in the traditional happi and are able to join a mikoshi team to carry a portable shrine through the streets of the surrounding Nezu area. Our group has our own mikoshi and every student is able to take turns in being a part of the fun.

↑It was so exiciting!!

We had to lift and walk around and dance with a mikoshi. It is said that during matsuri, God transfers to the mikoshi and walks along with us. It was heavy, and I tried to be in between tall boys to not lift it but I was sweating a lot, too. The last hour was painful because I actually felt the heaviness of the mikoshi. We carried the mikoshi for two whole hours and we were screaming at the top of our lungs words we did not even know and we were stepping on each other. I had the blessing of being pulled inside by somebody. For the first time, I did not think of anything else but enjoying the moment. I felt like I was living in the moment and it was truly inspiring and purifying.

Overall, it was a great opportunity for the international students visiting Japan to understand some of the costumes and traditions. I think it helped unite us. I wish we had more events like this one, but being a part of one is already more than enough."

↑The multilateral students & Japanese studens

04月

14日

2020

To start off the Multilateral Program on a high note, international students joined BGU students and some GSI staff on a weekend trip to our retreat house in Karuizawa. Everyone had the chance to do fun activities like curling and making a magatama necklace as well as visit some very cool places like the Old Karuizawa Street and Shiraito no taki. Mai Chee Lee, one of the US students from the 2019 program, was kind enough to do a short write-up about her experience.


Mai Chee.jpg

US student, Mai Chee Lee

Karuizawa Trip_190910_0020.jpg

Lunch with everyone at Taliasen

"The Karuizawa trip was a really fun trip. I made great friends and memories. During the Karuizawa trip, I was able to see a completely different side to Japan. Compared to the city life, Karuizawa was full of nature. It was a really calm environment and I really enjoyed it. In Karuizawa, we were able to do many things. We went to see different areas of Karuizawa, such as the Shiraoito no Taki and the old Karuizawa shopping street. The food we ate was delicious, especially at the Taliesin activity park Karuizawa and the Green Plaza Karuizawa. Lastly, being able to spend quality time with the Japanese and International students allowed us to create new relationships with each other. I really enjoyed the Karuizawa trip and would love to go again in the future."

IMG_0438.JPG

Stopping by Shiraito no Taki for the waterfall

IMG_0354.JPG

One last group picture at the Retreat House

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際教養コミュニケーション専攻     
留学期間   :2019年8月23日~2020年3月23日           

氏名・学年  :N・Hさん(留学時:2年生)               



1.留学の動機 
 文京学院大学に入学すると決まってから、ミネソタの留学プログラムが気になっていました。しかし親が高い留学費用を払うのに、もし自分の納得いく成果がでなかったら...と不安に思っていました。GCIのプログラムで一年生の時に、アジア圏に短期留学する機会がありましたが、参加しなかったことを後悔しました。ミネソタの交換留学プログラムにも参加しなかったら絶対後悔すると思い留学を決めました。


2.授業について
 現地の学生は、勉強と遊びのメリハリがはっきりとしています。日曜~金曜の授業が終わるまでは勉強に集中し、金曜日の夜からは友人とパーティーを楽しむ学生が多いです。まず授業に関しては、講義形式の授業よりもディスカッション形式の方が断然多く、学生がお互いに自分の意見交換を行い学ぶ場となっていました。私の英語力はディスカッションをするには不十分で、いつも緊張していました。アメリカの文化では、自分の意見を積極的に言うことが好まれるため、最低でも1回は発言をするようにしていました。アイデアが何も思いつかない時は、何か質問をしたり、他の学生の発言に対して私の意見を言ったりしていました。
 課題については、月水金が同じ授業、火木が同じ授業なので、リーディング課題を1日で終わらせなければなりません。授業が始まって一週間は、課題が終わるまで夜更しをしていましたが、身体に良くないと思い、課題が多すぎて終わらないと先生に相談しました。課題を終わらせることよりも、友だちと課題をシェアしたり、段落の最初と最後の文章を読んで、理解しようと努力すれば良いと先生からアドバイスをいただきました。そのアドバイスを基に課題を熟し、理解できないことがあれば、先生や友だちに質問し、課題をやっていくうちに慣れていきました。
 この経験から学んだことは、自分の知っている単語や文法しか使えないということです。言いたいことはあるけど、英語でどう言えば良いか分からないということは多くあります。何も言わずに黙っていると、現地の学生からは、この人は自分の考えがない人と思われ、段々相手にされなくなります。何でもいいからとりあえず何か発言をして、相手とコミュニケーションを取るうちに、英語にも慣れ、段々スムーズな会話ができるようになりました。
 留学中は、時間が過ぎるのがとても早く感じます。出国前は、正直とても不安で楽しみな気持ちは全くなかったため、早く時間が過ぎてほしいと思っていました。しかし、実際に現地で過ごしてみると、毎日が充実していて、あっという間にFall Semesterが終わってしまいました。最初の頃は、現地での生活に慣れるために、ただ楽しもうと思い生活していましたが、9月下旬のLong Weekendで学べることは全て自分のものにしてこようと気持ちを切り替えました。CSBSJUでの留学経験は、自分を大きく成長させてくれて、全てにおいて良い経験だったと自信を持って言うことができます。


3.留学生活
 毎年、CSBSJUからBGUに何人かの学生が留学に来ますが、大学1年生の時は全く交流を持ちませんでした。現地での知り合いは、7月にインターンシップで来ていた学生1人だけで他には誰もいませんでした。そのため、どうやって友人を作ろうと悩みましたが、日本語TAとしてCSBSJUの日本語を教えるボランティアという良い機会があり、それに参加しました。私が参加したのは、日本語を初めて習う学生が多い初級クラスでした。平仮名とカタカナを最初に教え、学生からの質問に答えたりするうちに、キャンパス内で会うと声をかけてくれるようになりました。11月に行われたFestival of Culturesと2月に行われたAsian New Yearのイベントでは、日本語を学んでいる学生や、日本に興味のある学生、日本人留学生で鬼鷲という沖縄の踊りを披露しました。
 Spring Semesterは、モン人との交流が多かったです。キッチン付きのアパートに住んでいたり、ハムスターを飼っていたり、車を持っている友人が多かったため、日本食を作れたり、パーティーをしたり、ハムスターに癒やされたりなど、できることが広いことがメリットでした。Fall Semesterの友人との交流は、広く浅くという感じでしたが、Spring Semesterは、狭く深くという感じでした。友人と遠出するということはなかったですが、週末は食事に行ったり、ショッピングに行ったりして過ごしていました。
 Spring Breakは、仲の良い友人が大学の図書館でアルバイトだったため、大学で過ごしました。大学のキャンパスは自然が多く、キャンパス内にスキー用のコースが作られているためスキーをしたり、凍った湖の上でアイススケートをしたりしながら過ごしました。私が履修していた授業はFinal Examがなかったので、帰国の一週間前に友人と旅行する計画を立てていましたが、Spring Breakが終わって2週間後にCOVID-19の影響で帰国となってしまいました。早期帰国となったことはとても悲しかったですが、もう一度ミネソタに本気で行きたいと思うくらい素敵な場所で、素敵な留学経験となりました。


koukan.jpg

                    キャンパス内でスキーができます

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2019年8月23日~2020年3月23日           

氏名・学年  :H・Kさん(留学時:2年生)               



1.はじめに
 

thumbnail_Baseball Field.jpg

 9ヶ月間であったはずの交換留学は、新型コロナの影響で2ヶ月早く終わってしまいました。例年より少し短くはなりましたが、様々なことを学ぶことが出来た7ヶ月間でした。前期は宿題の量や英語のスピードに戸惑い、どうやったら早く英語力が身に付くか日々模索していました。冬休みを終えてから、少しずつ英語力の向上を感じることが出来ました。後期は栄養学を初めとする、本当の意味で現地の学生と同じ授業を履修して一緒に勉強しました。この7ヶ月間、沢山の壁がありましたが、その度に「仲間」が助けてくれました。




2.「仲間」

thumbnail_Abbey Church.jpg
 留学する前は「友達」についてそれほど深く考えることはありませんでした。週5日大学に行き、一緒のクラスにいる学生が「友達」でした。また一緒に昼ご飯を食べるなど「友達」と一緒にいる時間は多かったと思います。しかし、何かに対して一緒に必死になって取り組む「仲間」とは少し違いました。私が言う「仲間」とは何かに対して共に必死になり、時には衝突することもあるかもしれませんが、最終的にはお互いを高めあう事が出来る人々です。一方で「友達」とは、一緒にいて楽しかったり居心地が良い人々です。「友達」と「仲間」の決定的な違いは、共に必死になってお互いを高めあえる存在かどうかです。私はこの交換留学で、沢山の「友達」ではなく「仲間」に出会うことが出来ました。その「仲間」からは様々なことを学びましたが、印象深い二つのことについて書きたいと思います。

thumbnail_Football Field.jpg

 一つ目はやり抜くという事です。特に後期は、「仲間」とは図書館などで一緒に集まって勉強する時間が多く、お互い分からない部分を教えあったり、どのような勉強方法がテスト対策に適しているかなどを教えてもらったりしました。「仲間」と勉強している中で感じたことは、妥協しないという事です。いくら課題に時間がかかっても、時には徹夜をしてでも期限内に終わらせる姿勢は鮮明に覚えて

います。これは私が彼らから学んだ最も大切なことであり、これからの人生においても役に立つことであると確信しています。 



thumbnail_Gym.jpg 二つ目はオンとオフの切り替えです。前述したように勉強するときなどは物凄い集中力で手を抜かずとりくんでいました。しかし、勉強中の姿勢からは考えられないようなくらい騒いで遊ぶ時もあります。金曜日は、次の日が土曜という事もあり夜はパーティーなどが開かれたり、夕方ごろからは図書館で勉強する人がいなくなります。ある金曜日の午後、パーティーまで時間があるため図書館で課題に取り組んでいた時、初めて会う学生が話しかけてきました。

「金曜日の午後に何やってるんだよ?金曜日の午後だぞ。勉強なんかしてないで、パーティーだよ!パーティー!!」
「パーティーまで時間があるからさ」
「じゃあゲームやれよ!TGIF!いい夜を!!」

現地の学生はオンとオフがはっきりしていることに、この時気づきました。ずっと集中して課題に取り組むことは出来ないので、どこかで何も考えずに遊ぶ時間が必要です。またオフが無いことは結果的に非効率な方法であるということも学びました。


3.留学を通して学んだこと

 この交換留学を通して様々な人に出会い、教室の中では学べないことを沢山経験することが出来ました。そしてかけがえのない「仲間」と出会えたことは、一生の財産になると思います。この留学は彼ら無しではやり遂げられませんでした。これから学ぶ場所は違いますが、彼らに少しでも近づけるよう、彼らの「仲間」の一人になれるように日々過ごしていきたいと思います。


交換1.jpg
              留学当初から優しく丁寧に、様々な事を教えてくれた 仲間たち

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996