<

国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

大学開学30周年を記念して、ヴァーチャル国際シンポジウムを開催いたします。オンラインでの開催ですので、ご自宅からお気軽にご参加下さい。

===================================
2021年12月11日(土)12:30~16:15
「ポストCOVID-19時代におけるグローバル経済・経営と大学教育のあり方」
===================================

【参加対象者】
教職員、学生、教育関係者など全ての方

【会場】
Webセミナーの為、全てオンライン(Zoom)で実施させて頂きます。
※お申込み頂いた参加者様にはZoomのURLをご案内いたします。

【言語】
全編英語(日本語通訳・字幕の手配はございませんのでご了承下さい)

【プログラム】
12:30 開会のご挨拶・解題/Opening address, Symposium background

12:50₋13:20 第1基調講演/Keynote speech 1
Prof. Dr. D. Paul Scarbrough, Brock University (Canada)
Relearning Lessons about the Classroom: the Pandemic Shows Us the Impact of Action Versus Observation

13:20₋13:50 第2基調講演/Keynote speech 2
Prof. Dr. David A. Ziebart, Von Allmen School of Accountancy University of Kentucky (U.S.)
Opportunities for Students and Faculty to Learn from Student/Faculty Exchanges in the Post-COVID Environment

13:50₋14:20 第3基調講演/Keynote speech 3
Prof. Dr. Christo Karuna, Monash University (Australia)
Towards a Values-Based Approach to Global Economy, Management, and University Education in the Post-Covid-19 Era

(小休憩/break)

14:30₋15:00 第4基調講演/Keynote speech 4
Assoc. Prof. Dr. Siti Zaleha Abdul Rasid, Universiti Teknologi Malaysia  (Malaysia)
The Impact of COVID-19 on the Management Accounting Profession

15:00₋15:30 第5基調講演/Keynote speech 5
Prof. Naoyoshi Kinukawa, Bunkyo Gakuin University (Japan)
COVID-19 and its Impact for Emerging Economies/ Financial Markets

15:30₋16:00 第6基調講演/Keynote speech 6
Prof. Dr. Mohammed Elgammal, Qatar University (Qatar)
Price and Volatility Spillovers between Global Financial Markets Prior to and During the COVID-19 Pandemic   

16:00 閉会のご挨拶/Closing address

【参加費】無料

【申込方法】
下記URLよりお申込みをお願い致します。(※先着100名様まで
https://forms.office.com/r/wPt6Ay4pLb

【お問合せ先】
文京学院大学本郷キャンパスGSIグループ(担当:佐藤・田中)
03-5684-4836 / hongogsi@m.bgu.ac.jp

30th Anniversary of the Establishment of Bunkyo Gakuin University.jpg

2.png
3.png

10月28日・29日にアメリカ人チューターRJが『HALLOWEEN ENGLISH LESSON』を行いました。緊急事態宣言中はなかなか対面レッスンができずオンラインのみでしたが、今回は久しぶりに対面式でのグループレッスンとなりました。

ハロウィンRJイベント.png


~~本郷キャンパス~~

3.jpg↑RJがドラキュラに扮してハロウィンクイズレッスン!

1.jpg学生の皆さんにもちょこっとコスプレしてもらい記念撮影!BINGOでゲットしたお菓子も喜んでくれてよかったです。





~~ふじみ野キャンパス~~
2.jpg↑Trick or Treat!

4.jpg
ふじみ野の飾りつけはインスタ映えしちゃう!



チューターのスペシャルレッスンは毎月開催しています。
11月は「Thanksgiving day lesson! 
英語が苦手でも大丈夫なので、文京生はぜひお申込みを~

本郷キャンパス申込み↓
https://forms.office.com/r/eEwqRKUK1Q


ふじみ野キャンパス申込み↓
https://forms.office.com/r/b9i4CcmUVJ


Thanksgiving レッスン.png

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :L・Dさん(留学時:2年生) 


                                        
                  Study Abroad Experience

・Purpose
My purpose is to improve my English skill, to get in touch and learn about different cultures, and to learn self-reliance through my stay in the dorm. I have put much effort into my English studies because I always wanted to use my advantage of being a trilingual for my future career. However, I thought that I had been spoiling myself by studying English in an environment where I could always talk to people around me in Japanese. Therefore, I applied to this GASP program because I wanted to put myself in an environment surrounded by native English speakers where I can experience English in an environment that is tough for me and learn living English. In addition, I also want to be the better version of myself through this program, where I can experience new encounters without the safety net of my parents. I think that working is not everything in business, but how to build relationships is also important so I would like to learn how to build good relationships through my stay in the dorms and by participating in extracurricular activities.

・Goals I set before starting the program
- Make many friends
- Experience many things that can only be done in the U.S.
- Participate in extracurricular activities and events
- Studying is important but don't forget to HAVE FUN


・Lifestyle
The first thing I struggled with was jet lag. As there was a 14-hour time difference, for the first two weeks, I woke up at two in the morning and fell asleep at noon, struggling to regain my daily rhythm. As for meals, we were served buffet-style meals in the cafeteria every day. In the beginning, I was curious about all the foods and enjoyed eating them, but after more than a month, I got used to the menu and started to get bored, so I tried to balance my diet by going to the other campus cafeteria or eating out with my friends. Unlike in Japan, students here basically spend their weekdays studying and working part-time, and what surprised me the most was that students were making plans for their study group instead of hanging out after class. Basically, people are studying and working on assignments during the weekdays and partying on the weekends as if to relieve the stress. Many people stay up late drinking on the weekends and it is very noisy at night. However, on Sundays, it becomes very quiet as if by magic and you can see many people studying. I was very impressed with how they were able to balance studying and playing so well. Another difference from Japan is the strong connection between universities and students. Since most of the students live on-campus, there are many on-campus events and most of the students actively participate in them. In Japan, we don't see that many people participating in university events, so this is a very new experience for me. I thought it would be fun if this were the case in Japan as well, as it would be a place to meet new people and learn new things outside of class. Another difference from Japan is the strong connection between universities and students. Since most of the students live on-campus, there are many on-campus events, and most of the students actively participate in them. In Japan, you don't see that many people participating in university events, so this is a very new experience for me. I thought it would be fun if this were the case in Japan as well, as it would be a place to meet new people and learn new things outside of class. As for weekend events, football games are beloved by students too. Many people come to watch the football games, and all CSBSJU students wear red or the school's merch and go to cheer for the team. Also, I thought that school merch is basically just something parents buy as a souvenir and not many people actually wear it. However, the campus was full of students wearing the school merch, which reminded me once again that there is a deep connection between universities and students in America. There is a lot of fun stuff that we can do here but the disadvantage for exchange students is that we don't have a car and are not allowed to drive (BGU's rule), so if we don't have any friends, it is really hard to get out of campus. However, as I mentioned earlier, because of the deep connections, there are many events and we can have a very fulfilling campus life. The school bus basically runs until midnight, so you can take a walk and go to the other campus for activities. Also, on weekends, there is a bus that goes to the shopping mall, so if you want to get out of campus, you can take this bus and explore the city. There is a lot of way to enjoy the study abroad experience and the main key is to be open in many things and make lots of friends.


・About classes
Since I came to the U.S. a little late, I was not able to choose my classes, so I am currently taking Intercultural communication, Intro to film studies, public speaking and writing classes. I have heard that the education style is totally different from Japan and that classes in America include a lot of reading and discussion. However, as I came here as a scholarship student I took it for granted and that I would be fine but after actually coming here and taking the classes, I strongly realized that this is what the teachers were talking about. The amount of reading was way much more, and it will be hard to catch up with the classes if we do not do the reading before the class starts. The class begins knowing that everyone had read the textbook beforehand, and the professor asking. "Do you have any questions about the readings?" If not, the professor would give a brief explanation, and then we would immediately share our opinions and experiences in a discussion. I have realized that the American education style is way more self-reliant compared to Japan. They will give a lot of self-work to do out of class such as a dozen of reading and some quizzes. Another thing that surprised me was the attitude of the class. Basically, if the students had something on their mind, they would interrupt the teacher and speak up, even if the teacher was in the middle of speaking. Even during discussions, the students are basically very active, and since America is a low-context culture, they won't know what's on our mind unless we speak up, so if we don't speak they will treat us as if we are not there. Compared to Japan, all the students are very active, and to be honest, I was mentally challenged because of the difference in the education style. However, I am now slowly getting use to this circumstances and slowly improving my English skill.



・Halloween in the US
The picture on the right is a picture taken when my friends and I went to do a pumpkin patch near our school. In the U.S., Halloween is celebrated in a bigger way than in Japan, and many families go to pumpkin patches where they sell pumpkins for Halloween and pick pumpkins. Not only do they sell pumpkins, but there are also small places where you can touch the animals, do pumpkin painting, and take pictures of the pumpkins and decorations that are all over the place. My friends and I went to my friend's room afterward to decorate pumpkins, watch a Halloween movie, and experience Halloween culture. In this way, I try to spend time with my friends to familiarize myself with English and have new experiences.


GASP3.jpg


留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :S・Mさん(留学時:3年生)  



アメリカで学んだこと


 この交換留学に参加しようと思った理由は、自分の英語力を高めること、そして自分の知らなかったアメリカの文化について教科書などから学ぶのではなく、自分自身がその場に行って体験しながら学びたいと思ったからです。また、自分の語学力と知識を高めるだけではなく、新しい人々との出会いを通して自身の視野を広めることもこの交換留学に参加しようと思ったきっかけの一つです。
 交換留学が開始する前に私が立てた目標は、まず、なるべく早く現地の生活に慣れること、文京学院大学ではなかなか学べないことをたくさん勉強すること、友達をたくさん作ること、これまで体験したことのないことにたくさんチャレンジしてみることでした。アメリカはこれまで暮らし慣れてきた日本とは全く異なる国であること、そして、日本とアメリカの大学の学習方式の違いを認識し、慣れない、見たことのないことがたくさんあると予測した上で立てたのが4つの目標です。
 学期が始まった当初はブロックシステムという仕組みの関係で、授業は3つでした。それらは、Public Speak、Intercultural Communication、そしてIntro to Film Studiesという授業でした。Public Speakでは主にスピーチについて学んでいます。この授業を通して、これまで全く知らなかったスピーチに関しての知識やテクニック、事前準備の大切さ、そして考えたこともなかったスピーチの種類について学び、実践しています。この授業では、自分のスピーチ力を高めることを私自身の目標としておりますが、この目標は半分程度しか達成できていないと考えています。なぜなら、まだまだ人前で話すことに緊張してしまう自分がいるので、もっと練習が必要だと思うからです。もちろんのことですが、授業は全部英語で行われる上に、クラスメイトもほとんど全員ネイティブスピーカーですので、英語母語話者ではない自分が、大勢の母語話者の前に立ってスピーチをすることは、これまで経験したことのなかった緊張感を体験させてくれました。これからは、この授業を通してさらにスピーチについて学び、自分のスピーチ力を高め、緊張せずに自分の話したい内容を話せるようになりたいです。
 Intercultural Communicationの授業は、たくさんの国の文化について先生の体験を聞きながら異国文化交流について学び、自身の体験をグループディスカッションで共有していく形で進められています。この授業では、毎回新しい知識を先生とクラスメイトから学ぶことができますので、非常に自分の将来に役立つと考えています。また、文京学院大学の棚橋先生の学生と交流するプログラムも行われており、日本とアメリカの文化の違いをはっきりと教えてくれる良い機会となっております。この授業での私の目標は、他文化を尊重、スムーズな異文化交流をできるようになることですが、この目標は達成できていると自分で考えています。現に今、異なる土地で様々な人と出会っている中、この授業で学んだことを即実践に移せるので、これからもこの授業で異文化交流についてさらに学び、どんどん実践していきたいと思います。
 Intro to Film Studiesの授業では、映画の仕組みや作成方法について学んでいます。具体的には、光、色、音、カメラアングル、編集などがどのように使われているかについて学び、映画を実際に見て、その映画の分析エッセイを2つ読み、自分自身で分析エッセイを作成して提出するという形で授業が行われております。毎週月曜日は映画を見る時間ですので、月曜日は非常に楽しみですが、エッセイの内容が大変難しく、読むのに苦労しています。この授業での私の目標は、映画の仕組みなどを理解し、どうしてディレクターがそのようなアングルや光などを使ったのかを分析できるようになることですが、まだまだ達成できていません。たくさんの専門用語を学び、それがどのように使われているかを理解していかなければなりません。
 現在はブロックシステムのCブロックに入っており、10月21日から授業が一つ増えました。それは、English for Bilingual Students Readingという授業で、バイリンガルのための英語の授業となっています。基本的には授業内でリーディングをし、それについてライティングをしたり、ディスカッションをしたりする授業です。私はこの授業を通して自分のリーディング力とライティング力をアメリカの大学の授業についていけるくらいまで高めることを目標としています。まだまだ始まったばかりで、授業も一回しかしていないので、この目標をどれくらい達成できたかがまだわかりませんが、精一杯授業内でリーディング・ライティングをさせる授業方針ですので、自分の全力を出し切って、きちんとついていきたいと思います。
 どの授業にも共通して言えることは、リーディング課題の量とクラスメイトの話す速度が凄まじいことです。授業参加開始から最初の1ヶ月は、毎日出る大量の課題に追い回され、クラスメイトの話を聞き取るので精一杯でディスカッションに参加できない日々を送っていました。最近は多少慣れてきて、リーディング課題をこなすことができるようになり、ディスカッションにも少しずつ参加できるようになってきました。しかし、まだまだ足りないことがたくさんありますので、常に危機感を持って学び、授業についていくだけではなく、しっかり参加できるように頑張りたいです。
 現地での生活は自分が想像していたよりも遥かに楽しく、充実しています。キャンパス内の施設が豊富で、学外に出なくても十分楽しめます。カヌーや釣り、スポーツ観戦、サイクリングなど、たくさんのアクティビティーがあります。余暇の時間は友達とスポーツをしたり、ビリヤードをしたりすることもできるので、飽きることなく毎日楽しめます。また、自分が留学に来る前まで一番心配していた食べ物ですが、太るのを心配してしまうくらい美味しいものが多いです。そして、様々な活動や楽しいことを計画してくれる友達もたくさんできました。みんな親切で優しく、アメリカ文化を思う存分に体験させてくれるような活動を頻繁に企画してくれる上に、日々の会話の中でもたくさんのことを教えてくれます。アメリカ・中国・日本の文化の違いを日々体験し、友人と交流しながら学びを深めることができていることに大満足しています。しかし、これまで教科書から英語を学ぶことがほとんどだった私にとって、日常会話は非常に難しく、理解できない部分が多々あります。その度に、バイリンガルで日本語が非常に上手な友達に聞いて、少しずつ覚えています。また、友人たちから学んだこととして、学習と生活の両立が挙げられます。アメリカの大学は自主学習が非常に多く、莫大な量のリーディングをこなすことはもちろん、A4二枚以上のレポートも頻繁に出されます。その課題には今も苦しんでいますが、友人たちを見習い、遊ぶときは思う存分遊び、勉強するときは集中して勉強に励むことによる学習と生活の両立の快感を味わうことができました。これからも、両立を常に意識し、たくさん学び、たくさん体験していきたいと思います。


GASP2.jpg              この写真は友人たちと学校の湖でカヌーをしたときのものです。

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :N・Dさん(留学時:3年生)    



My First Month at CSB/SJU


1. Motivation for participation
I have grown up in an English-speaking environment since I was a child, and there have been many times when people around me have told me that I don't need to study English anymore. However, there are times when I cannot communicate smoothly or convey what I want to say well, and although people around me think I can do it, I think I lack in many areas of my ability. For this reason, I decided to participate in the program because I wanted to improve my English and communication skills by studying abroad. Additionally, I also wanted to broaden my horizons by experiencing various cultures and values and grow into a person who can play an active role in a globalized society.

2. Goals
- Actively participate in classes and events
Speak out in classes and join event/activities as long as I can
- Do not rely on others
Try not to rely on people who speaks Japanese. If possible, make friends that are not studying Japanese or who are not from Japan.
Make the first move and don't wait for other people to do something.
- Be spontaneous
Try anything that I will usually avoid and overcome the negativities. Be interested and open-minded.
- Experience a lot that can't be done in Japan

3. Daily Life
I have only been studying abroad for two months, but my friends are have helped me experience many things, so I make good use of my free time, after school and on weekends. They have invited me to do activities that I can do on campus, take me downtown, and to the mall to visit stores and restaurants that are only available in the United States. While I am having a great time, I often find it hard to balance the funs with my studies. In the U.S., unlike in Japan, people don't often go out to play after school. Most students spend their weekdays studying or doing extracurricular activities. Therefore, some students study in the library until late at night or do group study. Since they spend most of their time studying during the weekdays, everyone makes a lot of noise on the weekends. On Fridays and Saturdays, they have parties in their rooms, go to bars, and so on. When I come out of my room late at night, I can hear music and noise coming from all over the place. However, by Sunday, the noise is gone, and everyone has switched to studying. It took me time to get used to the long hours of study on weekdays because it was completely different from the life I had been leading. It was hard for me to concentrate, and I found myself running away from my studies by touching my cell phone or watching movies. However, since I have a lot of reading and writing assignments every day, I got used to facing my desk for long periods, and I learned to balance studying with having fun.
Also, since we live in a dormitory, we share showers, toilets, laundry machines, kitchens, and more. It is difficult to use the same space with more than 20 people. I have experienced many difficulties in dorm life, such as toilets not being flushed, other people using the laundry machines when they are not supposed to, and the garbage being left unattended. There are many things that I hate about living in a dorm, but at the same time, I love that the people who live in the same building are very kind and even if you have never talked to them before, they will greet you and give you small talk, which makes you realize how friendly Americans are. There are new experiences and discoveries every day, and I am excited to know what is waiting for me.

4. Classes
I am taking four classes in the Fall Semester: Intercultural Communication, Intro to Film Studies, Public Speaking, and English Reading, and most of the classes are discussion-based. Therefore, I can't participate unless I've done the assigned reading, so prep before class is an absolute must. However, even if I have done the readings, there are still times when I have a hard time participating in the discussion, so I often feel depressed. However, my classmates will help me by talking and explaining things to me, so I am never left behind. During discussions, I used to feel embarrassed by thinking I might give a wrong answer. However, after taking classes, I learned that I can share my opinions without fear because everyone shows interest in what I am saying.
In the past two months, I have realized the importance of preparation, review, and proactivity. Preparation and review help to keep up with the content of the class, and no matter what I say, everyone will be interested in it without looking at me strangely. Realizing all of these helped me enjoy the classes more than ever.

5. Accomplishments/Reflection
- Being active in discussions at class: There are times that I can't say anything, but I would say that I am more active and open in sharing my opinions compared to before I came to the U.S.
- Making the first move: Making friends, asking questions, helping others, and so on. I think I have been less shy and trying to talk to other, which lead me to making friends and meeting new people.
While I have grown in aspects that I have been working on, there is still a lot of time where I can't make a move and stand or sit there like a statue. Since all three students from BGU have the same schedule, I felt too comfortable staying together and was not being social enough even if I had made new friends. I want to keep a distance from Japanese students and be more social.

6. Memory
This is a picture with my friends at a Thursday night. This was in Gorecki Fireside, which is in CSB. We were working on a project for a class; Intercultural Communication. We talked about differences between Japan and the U.S.

gasp1.jpgのサムネイル画像

大学     :北京語言大学
学部・学科  :人間学部 コミュニケーション社会学科  
留学期間   :2021年8月4日~8月31日           
氏名・学年  :S・Iさん(参加時:4年生) 



1.
オンライン留学に参加した理由
 私は大学に入る前、大学生になったら留学しよう、外国語をたくさん学ぼうと思っていました。いざ大学生になってみると、普段の社会学の授業やサークル活動、アルバイトに追われているうちに、気がつけばあっという間に4年生になってしまいました。大学生活でやり残したことは何だろうと考えているときに、留学だと思いました。しかし、私が大学で学んできたものは社会学であり、外国語ではありません。留学をするには明らかに準備不足です。こんな私でも留学できるのかと考えているときに、留学説明会で「レベル別にクラスが分けられているため、中国語を一から学ぶ学生でも心配いりません」ということを知り、北京語言大学にオンライン留学をすることに決めました。



2. 北京語言大学の授業
 2021年8月4日~8月31日の期間、平日9時30分~13時30分に授業を受けました。9時30分~11時20分までが前半の先生、11時40分~13時30分に後半の先生というように、前半と後半に分け2人の先生に教わりました。クラスメイトは、80%くらいが日本人、15%くらいが韓国人、5%くらいインドネシアやアメリカの方でした。  
 授業を受ける前に、英語で解説をすることがあると伺っていましたが、前半の授業ではほとんど全て中国語で行われ、後半の授業でも80%くらいは中国語で行われました。配布されるテキストでは、中国語の単語の訳や例文、解説は英語でした。私は中国語のレベルが一番下のクラスでした。文法の解説もテキストでは英語で書かれているためそこは難しく感じました。単語の訳や例文では、このクラスでは難しい英単語は出てこないため英語が苦手な人でも理解できると思います。授業が基本中国語の解説なので、英語が苦手でも心配いりませんでした。
 他の方の留学レポートにも書かれていましたが、最初の授業から当たり前のように中国語の読み方で名前を呼ばれます。事前に自分の名前は中国語でどのように発音するのか調べておいた方がいいです。





3. 初めて中国語を学んで
 私は、初めて中国語を学びましたが難しく感じました。しかし、この留学では一から中国語を学ぶことができるため、何を言ってるのか全くわからないということにはなりませんでした。私は体調を崩し授業を欠席してしまったため後半から苦戦しましたが、欠席することなく授業を受け、毎日の復習を徹底できれば中国語を学んだことがない人でもついていける授業だと思いました。
 留学は短期集中で一気に学んでいけますが、文京学院大学で中国語の授業を事前に受けていれば、より理解しやすかったのではないかとも思いました。人間というものは不思議なもので、初めて学ぶものや触れたことのないものを頭に入れることは大変です。たとえ忘れていたとしても、一度学んだことがあるものや触れたことがあるものはすんなり頭に入ってきます。
 中国人の先生の本場の発音を聞くことができ、発音も教わることができました。何度も発音をご指摘いただき何度も言い直すことで、正しい発音を学ぶことができました。授業が中国語で行われるため、リスニング力も上がりました。





4. オンライン留学を振り返って
 4年生でも留学はできますが夏は卒業論文を進めないといけないため、できれば3年生までに留学をしておくべきでした。コロナで実際に現地に行く留学ができないのはとても残念ですが、このような状況でも、ずっと憧れていた留学をオンラインという形で実現でき中国語を学べたことを嬉しく思います。
 オンライン留学だと、現地の文化に触れたり、現地の方々と関わったりすることができません。コロナが収束したら実際に中国に行きたいです。そして今後はオフラインで留学したいです。



北京.png                 写真を説明している文章はどれか、それぞれ選ぶ。

大学     :Thompson Rivers University
学部・学科  :外国語学部英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月9日~8月27日           
氏名・学年  :T・Mさん(参加時:1年生) 



1. 参加の動機
 元々大学生活では留学などの海外経験を多く積みたいと考えていました。しかし新型コロナウイルス感染症の影響で海外に行くことの出来ない現状もありますが、何より私は今まで海外に行った経験がなく、いきなり海外に留学することには少し抵抗がありました。ですが、オンラインプログラムは家にいながらカナダの先生の授業を受けられるということで、留学の最初の一歩としては私に適しているのではないかと思い、参加を決めました。また、このオンラインプログラムでは授業が14時に終わるので、アルバイトと授業の両立ができるということも参加した理由の一つでした。


2. 開始前に決めた目標
 大まかな目標としては、「自分の弱点を見つける」ということ、「ネイティブの英会話表現を知る」という目標を立てました。このような目標にした理由は、後期も大学で普通に英語の授業を受けるよりも、このプログラムを通して自分の弱点を知り、後期からその弱点を克服できるように授業を受けた方が有意義な大学生活になると思ったので、具体的に何かを頑張るというより「どこが自分の弱点なのか?」ということを常に念頭に置いて授業を受けることを目標としました。また、「ネイティブの英会話表現を知る」というのは、このプログラムではネイティブスピーカーの会話表現や会話の雰囲気などが学べる貴重なチャンスだと思ったので、先生と他の学生が会話している時の相槌などに注目して授業を受けるということを意識しようとこの目標を設定しました。
 そして、決して安くはない参加費用でしたので、このプログラムへの参加が無駄にならないように授業はなるべく欠席しないということ、また、しっかりコミュニケーションをとるということも小さな目標でした。


3. 授業について
 授業は基本的に、朝9時から始まり、50分の授業を2コマして1時間の昼休憩、12時から2コマの授業をして14時に終了という流れでした。基本的に課題提出や授業で使う教材などはMoodleを使用し、授業はBig Blue Buttonというサイトで行われました。私のクラスは、カナダ人の先生1人に対して、生徒は15人前後で全員日本人でした。教科は、reading・listening・writing・speakingの4技能を学ぶEnglish Studies、カナダの文化や習慣などカナダの様々なことを学ぶCanadian Studies、それぞれの異文化の違いなどを学ぶIntercultural Communication Skills、地球市民としてSDGsやボランティア活動について学ぶElective(Global Citizen Ship)、お題に沿って会話をするConversation Café、先生と1対1で行われるOne-to-One Seminars、オンラインでヨガや料理などを学ぶVirtual activityがありました。また、ペアを組んで1つのカナダの州について調べ、それをPECHA KUCHAという形式でプログラムの終盤にクラスの中でプレゼンテーション発表をしたり、これまでの学習の成果を確認するテストをしたりすることもありました。



4. 達成できたこと達成できなかったこと
 開始前に立てた「自分の弱点を知る」、「ネイティブの英会話表現を知る」、「なるべく休まない」ということは達成できたと思います。ですが、「しっかりコミュニケーションをとる」という目標に関しては、初日から最終日までクラスの前で積極的に発言などが出来なかったのでこの目標は達成できませんでした。ですが、One-to-One Seminarsでは1対1だったからか積極的に会話することができたので、複数人の中で積極的にコミュニケーションをとるということが今後の課題だと感じました。




5. オンライン留学経験をどう今後に活かすか
 私はこのオンライン留学プログラムを通して、積極的に会話をしないところ、リスニング力、ボキャブラリー不足が弱点だと知ることができました。ですので、この経験を活かして、夏休み明けの後期授業からは、定期的に大学内のチャットラウンジに行き、リスニング力を伸ばし、英会話に慣れて積極的にコミュニケーションをとることができるように頑張りたいです。また、ボキャブラリーを増やすために授業内外で単語や会話表現を多く学んでいきたいと思います。そして、次は実際にカナダに留学したいと強く思ったので、その時には今よりも英語力が上がっていると実感できるように日々の勉強を頑張ります。


tru report2.jpg                      One-to-One Seminarsの様子

学     :Thompson Rivers University
学部・学科  :外国語学部英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月9日~8月27日           
氏名・学年  :Y・Tさん(参加時:1年生) 



1. オンライン留学の参加動機

 私は、初めての大学の夏休みを自分自身が成長できる夏休みにしたいと思い、このオンライン留学プログラムに参加した。このコロナ禍において、留学することは不可能であると思っていたが、このプログラムの存在を知り、自分の英語力を磨く絶好のチャンスだと思った。さらに、私はアルバイトをしているため、オンラインという形であればアルバイトや日常生活の予定も立てやすいと考え、このプログラムに参加することにした。正直、参加する前は楽しみというよりも不安が多くの割合を占めており、参加しようか迷っていた。だが、本学の先生方による事前授業に加え、GSIオフィスの方々が手厚くサポートしてくれると聞き、一歩踏み出す決心がついた。


2. 開始前に決めた目標
 オンライン留学において、私が決めた目標は「積極的に話す」である。授業中において、発言を求められる機会は多くある。そこで発言することによって、英語で会話することへの抵抗がなくなると考え、この目標を掲げた。


3. 授業内容について
 授業内容は、比較的生徒の興味をそそるものが多かったと考える。グローバルシティゼンシップなどの世界問題について、カナダの文化について、英語のスキル、などなど様々なトピックを扱った。授業を受けていると、やはりわからない単語が出てくることがある。その時は、恥ずかしがらず先生に意味を聞くと、私が理解できる単語を使用して丁寧に説明をしてくれた。特に印象に残っている授業は、ペアワークでカナダのそれぞれの州についてプレゼンをするというものであった。全く違う大学の生徒と個人的に連絡を取り、台本やパワーポイントを一緒に制作し、オンライン留学の最後の週に発表をした。自分たちが調べた州について、本当にたくさんの知識を身につけることができたことに加え、ほかの生徒の発表を聞き、コメントや質問をするのも大変タメになった。さらに、先生と一対一でレッスンを受ける時間が設けられており、私自身の英語力について多くのアドバイスをしてくれた。自分の英語レベルに合わせたレッスンをしてくれるので、楽しくレッスンを受けることができた。先生は常に優しく接してくださったため、どんな些細なことでも不安に思ったことやわからないことを聞きやすかった。授業中にいやな思いをしたことは一つもなかった。一日一日がとてもはやく感じられて、最終日はとてもさみしい気持ちになった。


4. 達成できたこと、達成できなかったこと
 達成できたことは、たくさん英語を話すということである。先生は、授業中多くの質問やコメントを求める。やはりオンラインのため、誰かが反応することで、先生は授業をこのまま進めてよいのかもう一度説明したほうがよいのか知ることができる。私は、これらを求められたときいち早く反応するようにした。たった一言だけでも、先生は嬉しそうにしてくれた。さらに、積極的に発言することによって、求められた瞬間にパッと英語を話すことに全く抵抗がなくなった。達成できなかったことに関しては、Badgesという自主課題のようなものがあり、これは最低3つクリアすることで評価が得られるものであった。もちろん、3つクリアすることはできたが、もっとたくさんクリアしたかったという後悔がある。


5. オンライン留学を今後どう活かすか
 このオンライン留学に参加したことにより、格段にスピーキング能力とリスニング能力が上がったと実感した。さらに、英語という武器をやっと自分のものにできたのではないかと感じた。一対一のレッスンで先生に自分の英語における弱点を教えてもらったため、まずはそこを徹底的に克服し、将来の夢に向かって英語力を向上させたい。そして、今回の授業では文化についても取り扱った。カナダと日本の文化は共通する文化もあったが、やはり違う部分も多かった。そのため、異文化を知り、理解することの大切さも学んだ。これを活かし、グローバルな人材になるために多様な考えや文化を受け入れられる人になりたい。



tru report.png
                        One to one sessionの様子

7/30 『ICT教育ニュース』掲載 


春期オンライン留学実施時の高い満足度を受けて、2021年度夏期オンライン留学開催を決定したことが紹介されました。

本学は、春期実施時に学生から高い満足度を得たオンライン留学について、今回より新たにSan Francisco State University(米)との留学プログラムを追加し、「2021年度夏期オンライン留学プログラム」の実施を決定しました。コロナ禍の状況であっても国際交流を継続し、学生の英語力向上や各学部で身につけた専門知識や能力を国際的な舞台で活かすことのできるグローバル人材を育成することを目的としています。



2021年度夏期オンライン留学について

留学先    :光云(クァンウン)大学   
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際教養コミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年2月16日~6月25日           

氏名・学年  :N・Uさん(留学時:2~3年生)               




1.留学の目的
 私の留学の目標は、韓国人の学生と多く関り韓国の文化を学ぶ事と、韓国語の授業で一生懸命学んで帰国後に受けるTOPIKの試験でTOPIK4級を取得することでした。一つ目の目標のために、多くの韓国人の学生の友達を作り、たくさん話したり一緒に遊ぶことで韓国の文化を現地で直接的に学ぶ事ができました。そして、二つ目の目標のために、韓国語の授業では毎回積極的に発言をし、予習復習も全力で取り組むことができました。私は韓国人の学生の友達を作るために多くのことに挑戦しました。留学生一人に韓国人の学生一人が付き交流するメンタリングという大学の制度に申請したり、文京学院大学に留学に来たことのある学生やこれから来る予定の学生と友達になったり、光云大学の日本語のクラスに行って友達を作りました。他にも現地の学生に混ざって英語の授業を受けていたのでそこでもたくさんの韓国人の学生と交流することができました。




2.授業以外の過ごし方
 留学中授業のない放課後や休日には、できるだけ外に出て韓国語を聞く環境にいようと心がけました。平日は基本的に課題があり大学の近くにしか行けませんが、休日は友達と遊んだり、カフェや図書館で勉強したり、一人で色々なところに行ってみたりしました。様々なところに行くことで韓国についてよりたくさん知ることができました。



3.変化
 私は留学に参加する前後でたくさんの変化がありました。まずは語学力に関しては韓国語の勉強をメインでしたのですごく変化がありました。日本では基礎的な部分だけしかわかりませんでしたが4か月の留学を通して韓国人の友達と会話ができるようになりました。そして、日本では短い簡単な文章しか読んだことがありませんでしたが、韓国語の授業を通して説明文や感想文、批評文などを読めるようになりました。そして英語の授業は英語で聞いていたので、留学に参加する前より英語のリスニング力が上がったなと感じました。留学中は異国で1人でやらなければならない事や解決しなければならない事がいくつもあったのでそれらのおかげで問題解決能力が上がったと思います。今回はコロナ渦でもあったので韓国の入国から大変でしたが、無事に終えれてよかったです。そして、留学に行って積極的に韓国人の友達を作ったり、他の国の留学生と友達になったり、色々な事に挑戦したことによってすごく行動力が上がりました。留学中だけでなく準備の段階から多くの事に挑戦することができました。




4.光云大学
 今回留学に行った光云大学はキャンパスも綺麗で広く、図書館などの施設も充実していて、寮から大学までも5~10分の近さでとても便利でした。そして日本語を勉強している学生も多く日本に興味のある学生も多かったので交流をする機会も多くすごくよかったです。また、語学堂とは違い韓国人の学生と混ざって大学の授業を聞くことができるので交換留学に参加できてとてもよかったです。韓国語の授業の先生方も優しくてわかりやすい授業をして下さったのでとても楽しかったです。
 今回はコロナ渦の留学で不安な事や大変なことも普段より少し多くあったかもしれないですが、最後まで充実した留学生活を送ることができたので良かったです。他の日本の大学が交換留学を停止している中で今回私は韓国交換留学に参加することができたのでとても感謝しています。そして今後も韓国語の勉強を継続していきたいと思います。現地で勉強してきたことを無駄にせず日本でも工夫しながら質の高い勉強を取り組んでいきたいと思います。そして、留学を通して身につけた問題解決能力と行動力も、就活やこれからの生活で生かしていきたいと思います。

       korea.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像  korea2.jpgのサムネイル画像

         左の写真は昌徳宮入口の前で、右の写真は大学の近くにある北ソウル夢の森の前です。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996