<

国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :L・Dさん(留学時期:2年生後期-3年生前期) 



Study Abroad Experience

School: College of Saint Benedict/ Saint John's University

Period: August 31, 2021 - May 10, 2022

    It has been almost three weeks, and I still reminisce every single moment of my study abroad journey. From the struggle, we went through at the beginning of August getting lots of papers ready at the last minute to all the precious memories I made with the wonderful people I met. Even with the tough readings and writing I have done, I miss it, which is weird because I hated those when I was there. Things that I thought were nonsense for me also stuck in my head showing how these nine months were worth it and proving that I made the right decision to join this school and apply for this program. This journey made me realize a lot of things about myself and the place where I live.

     First of all, college life was different from what we experience here in Japan. The bond each student has with each other and also with their professors was marvelous. As I mentioned, I had difficulties adjusting to the education system in the U.S., especially with the number of readings and writings they gave for homework. However, the close relationship that the professors have with the students helped me a lot in adjusting to the American education style. As opposed to Japanese professors, American professors are often more open, including in their personal lives, which allows students and professors to become closer and approachable when students need help. I loved how students casually talk to the professors not just about school but also about their private life. Hearing the professor sharing about their weekends, and lives, and merely seeing students casually calling the professor's name and hugging them makes me feel how easygoing the people are in the U.S. and that made me feel relieved to approach the professor anytime I have a question. The most surprising interaction I saw between students and professors was when I went to a football game. The professor was also having fun cheering the team and students shouted the professor's name and wrapped their arms around the prof saying jokes as if they were friends. It may be a culture shock at first sight but I was jealous of the relationship they had. Schools in Japan often do not have this kind of relationship because respecting elderly people and high power distance are common in Japanese culture. Most professors are unapproachable and joking around is out of the question. Thus even if I had a question, I often wondered if it was appropriate to ask, and ended up not being able to ask it. On the other hand, the professors in the U.S. were very friendly, and I can easily ask them anything, no matter how trivial it may seem. I was surprised to see people asking easy questions or even just repeating what the professors said to clarify that their understanding was right. In Japan, asking a question about what the professors explained shows that they were not listening to their lecture and are seen as disrespectful and impolite, however, in the U.S., people generally do it, and professors kindly answer it with no hesitation. This openness helped me with my studies and even with my daily life. It made me realize that we should not be ashamed of asking but we should be ashamed of not asking.

    Another struggle I had was adjusting to the low-context culture. Since America has the opposite culture from Japan, they are used to vocalizing everything, and reading between the lines wasn't common. When I first came I expected people to give us special treatment or at least call us out when we are having a discussion so that we can join in easily. However, since everyone loves talking and if we do not tell them that we are struggling and we need help, people will not do anything and they will keep going on with the conversation. At first, it was stressful because I thought it was normal that they should know we are struggling without mentioning it since we are exchange students, but I guess that was just a cultural thing too. I was trapped in the culture I grew up in and it prevented me from adapting to a new culture. However, I overcame this by making this situation a game where I decide at least how many times I am going to speak once a day, and if I cannot, there will be a punishment. This motivated me and the culture itself became a practice to speak for myself and be independent which I thought I had but turned out I did not at all. Not just in school activities but also when making friends, it is important to initiate the first move. You have to ask them out and you have to actively participate in extracurricular activities. Since everyone lives on campus, many people participate in those events so it will be a great opportunity to make lots of friends and to practice English by vocalizing all the knowledge you have and asking friends for help.

    Last but not least, these nine months made me realize that my identity was being shaped by the social norm in Japan where people are trapped by stereotypes. Since Japan is full of rules, such as clothing, behaviors, and appearance, it was hard for me to be myself or to figure out who I really am because of the fear of being judged. However, the freedom I had in the U.S. gave me a chance to do soul searching and embrace myself to the fullest. At first, I had difficulty challenging new things and was shy most of the time, but my friends' words gave me courage. " Nobody cares, just be you", it may seem harsh to some people but hearing this word from many people pushed me from my comfort zone and helped me with no hesitation. There will always be cheers for you, no matter what you do, even if you make a mistake and feel ashamed, and this atmosphere gave me comfort to do anything I want and made me love myself more. There is so much emphasis on self-love and self-awareness in the U.S. that there are events where students will do activities to practice self-love, and that struck me as being pretty cool since it gives us an opportunity to make positive behavioral changes that can result in greater personal and interpersonal accomplishment.

    I will conclude this report by leaving advice that I believe everyone should hear. Firstly, if you are hesitating to study abroad because you are scared then you shouldn't be. This paper itself will guarantee that you will not lose anything. In fact you will gain a lot. Studying abroad is not just a place to learn English, it is a place for you to figure out about yourself and your country as well. Secondly, For students who are going to study abroad, get out of your comfort zone and seize every moment and encounter. Time really flies by so do not waste it by staying inside the box. It is your chance to think outside the box and do anything you want with no judgment of others. As long as you're not doing illegal, keep trying new things, and be exposed to U.S. culture.


GASP3.jpg

    This is a photo I took when I went to a party with my friends. As I mentioned earlier in the report, this was one of the moment where I initiated the first move and ask my friend to help me meet new people. When I open up to my friend that I was struggling making friends since everyone has their own circle already, she invited me to a party with no hesitation and introduced me to lots of her friend. This move I made changed my life and made my stay more fun. Looking forward to hearing you guys' experience!

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :S・Mさん(留学時期:3年生後期-4年生前期)



                9ヶ月の重み


大学名:セントジョンズ・セントベネディクト大学
期間:2021年8月31日〜2022年5月10日


 文京学院大学に入学した当初は思いもしなかった9ヶ月のアメリカ交換留学も、今となっては終わったこととなり、無事日本に帰国してはや3週間が経ちました。アメリカにいた間には気が付かなかったことにも、今となって初めて気づき、日々友人に会いたい気持ちと共に生きています。そんな内容の濃い交換留学を振り返りながらこの留学体験レポートを書かせていただきます。 
 アメリカに行って自分の英語力を高めることと友達をたくさん作ること、アメリカの文化を生で体験して学ぶこと、そして現地の授業にしっかりついて行くことを目標に、不安と期待で胸をいっぱいにして出発したことを昨日のことかのように今でも覚えています。
 向こうでは前期に5個、後期に3個の計8個の授業を履修してきました。最初は向こうの授業のスタイルや予習量について行くので精一杯で、毎日大量にあるリーディングと話すのがとても速いクラスメイトに悩まされていました。ディスカッションベースの授業スタイルは予習でリーティング課題をしっかり読んで理解しておくことが大前提としてあり、それができていないと授業内で発言することが非常に困難になってしまいます。また、クラスメイトも同じ教室にいる以上、みんな英語できるものだと判断しているため、ネイティブの人と話す時と同じように自分に話してきますが、それが速かったり、スラングの連発だったり、聞き取るのに苦労しました。そして、一日平均で2-3時間ほど予習リーディングに当てることは人生初の試みで、その大変さはいつまでも忘れないと思います。そのリーディングの量と授業のスタイルに慣れて来ると、ディスカッションにしっかり参加できるようになり、クラスメイトに自分の意見を聞いてもらえるようになりました。その頃から、リーディングが苦痛から快楽へと変わりました。授業内で教授やクラスメイトと意見をぶつけ合ったり、異なる観点を見つけられたりと、非常に興味深い授業ばかりでした
 友人のおかげで、生活面では苦労することがあまりありませんでした。アメリカは車社会だとよく言われていますが、SJUでは車がないと信じられないほど不便です。そして、GASP生は留学中、車の運転を禁じられているため、自分では運転できません。外出するにはリンクバスでCSBに行って、それからさらにバスに乗ってやっとモールに行けるのですが、モール行きのバスは週末しかありません。そんな時に、親切に助けてくれる友人が身近にいてくれて本当によかったと感じています。そんな親切な友人たちですが、彼らとの日常会話にもたくさん悩まされました。基本的にみんな話す速度が速い上に、授業ではあまり聞かないスラングばかりを使います。最初のうちは本当にスラング専門の授業を履修したいと思うくらいに、みんなが何を言っているか全く理解できませんでした。しかし、それも時間が経つにつれて少しずつ理解できるようになったり、みんなの話の中に割り込んで入れるようになったりして、さらに仲が深まりました。彼らの存在は私にとってとても大きなものでした。一人で寂しくなんかするような機会を一切与えてくれない彼らのおかげで、私はホームシックにあまりならずに済んだと思います。また、出発前に一番心配していた食事に飽きてしまう問題も、彼らが解決してくれました。中華料理を食べに連れてってくれたり、お母さんの手料理を持ってきてくれたり、私が食べたことのないものを食べに連れってくれたりと、本当に彼らのおかげで充実した食生活を過ごすことができました。彼らがいなかったら私の留学生活はこれほど面白く、思い出深いものにならなかったと信じています。
 英語力を高めること、友達をたくさん作ること、アメリカの文化を生で体験して学ぶこと、そして現地の授業について行くことが留学前に建てた目標でしたが、今振り返ってみて、全部達成できたと自己評価しています。英語力は出発前と比較してだいぶ上がったと思います。全体的に4技能を鍛えてくれる非常に有意義な留学でしたが、中でも特にリスニングが伸びたと思います。その点に関しては話すのが速いクラスメイトと友人に感謝しています。また、最初は現地の授業についていくことが難しかったですが、割と早い段階で慣れることができて、ついていけるようになったので、これも達成できたと考えます。友達もたくさん作ることができましたし、彼らからアメリカ文化を学び、体験しました。何より、彼らと友情を結べたことが今回の留学の最大の収穫だと考えています。文京学院大学に留学に来る友人もたくさんいて、再会できる日が待ち遠しいです。
 今回の留学で得たものはたくさんあり、どれも大切なことだと思います。この充実した9ヶ月間から学んだこと、高められたコミュニケーション力、すぐに行動する力を今後の就職活動と残り少ない大学生活で精一杯発揮して、自分の望むような将来を手に入れたいと思います。この9ヶ月間は間違いなく過去の人生の中で最も重みがあり、最も充実し、最も有意義な9ヶ月間でした。


水島.jpg

写真は友人のケビンとサムが空港まで送ってくれた時のものです。

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :N・Dさん(留学時期:3年生後期-4年生前期) 


School:College of Saint Benedict/Saint John's University
Period:August 2021 - May 2022

1. Class
    It took me time to get used to the education style at the College of Saint Benedict/Saint John's University (CSB/SJU). While I was already warned that I had to read a lot, share my opinion, and be expected to participate actively, it wasn't easy to switch in a click and become a new person. I did not know if I could just speak out to say what I am thinking, I did not know how to prepare for class, and I did not know what I had to do. I was just sitting in class and listening to what other students had to say and nodding to pretend that I understood or agreed with what they were saying at first. However, as time went by, I got a hunch about what I had to do and found myself talking in class and having fun discussing with my classmates. I even learned how to read effectively, and was able to prepare for class without suffering as much as I was at the beginning of the program.



2. Dorm Life

    It was my first time living away from my parents. While I was excited to be away from them, I had a really hard time adjusting to doing everything alone, especially in the dorm. I didn't have a bathroom and a washer in my own room, so I had to share with everyone who was living on the same floor. There was vandalization of the facility and people don't follow rules. Therefore, things didn't go the way I wanted to, and I had a hard time getting used to living in a dorm. I hated that I had to walk down the hallway to go to the bathroom or to take a shower, I also hated that I had to go to the lower level to do my laundry, and I hated having neighbors being loud at night on weekdays. Living in the dorm made me realize how I was living an easy life with my parents. I appreciated my parents and the environment I had back home.


3. Weather
    When I first got to Minnesota the weather was so nice. It was sunny and warm, but most of the time it was very cold and snowing. It hurt when my skin was showing, my ears were red, and my eyes teared every time I was outside. Snow was exciting when it just started, but after a while, I got sick of it and couldn't wait for spring to come. However, spring was not as bright as I thought. The weather was sure nice and warm, but the snow was just starting to melt and it was muddy everywhere. I wish I could have stayed longer to experience and see the spring with green and flowers.


4. Free Time
    When I am not in class or not studying, I hang out with friends. They took me out to the town to experience restaurants/foods that aren't in Japan, went to parties, did activities on campus, and so much more. Being on campus all the time can sound boring, but there are always activities and events to join in free time.



5. Growth
    After about nine months of being in the States to study, I think I have learned and grown a lot. I used to be very shy and quiet when meeting new people or when I am with people I am not close with, but I now enjoy having conversations in those situations. I also used to hesitate to ask questions and for help from others, but I learned the importance of support. My list of growth can go on, but the biggest compliment I get after coming back to Japan is that I have become brighter, confident, and better at communicating. I am glad that people can see the growth I have made throughout my experience, and that I have made the most of my time at CSB/SJU.



6. Memory
    A picture from our farewell dinner. The Center of Global Education in CSB/SJU held a dinner for us exchange students. We invited a few of our friends and had a great time. They were the people who made my experience extraordinarily, and I am thankful I got to know them. I hope to see them again in the near future :)

nicole.jpg

04月

26日

2022

4月23日にアメリカ人新チューターのAmberが『Easter English Lesson』を行いました。レッスンの様子をぜひ、ご覧ください~!

April 23rd, 2022: American Tutor, Amber, gave an Easter English Lesson! It was a lot of excitement with Easter quizzes and games.

MicrosoftTeams-image (43).jpg
We learned about how Americans celebrate Easter and played a quiz guessing game about the history of Easter around the world.

MicrosoftTeams-image (43).jpgThen we played a traditional Easter game, an Easter egg hunt. The students searched hard for hidden eggs in the S3 lounge and received chocolate prizes!

MicrosoftTeams-image (43).jpgのサムネイル画像MicrosoftTeams-image (43).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像


















We had a lot of fun playing Easter charades, where students took turns acting out an Easter phrase without speaking, and their team members tried to guess what the phrase was in English. The team members must guess the phrase as quickly as possible before time runs out.

MicrosoftTeams-image (43).jpgMicrosoftTeams-image (44).jpg






MicrosoftTeams-image (45).jpgThank you for your participation! We are planning various lesson events in 2022, so please join us.

文京学院大学ではアメリカ人チューターが在籍し、授業のアシスタントやチャットラウンジなどで文京生の英語学習のサポートをしています。本当であれば昨年8月に来日予定だった新チューターのMs. Amberですが、新型コロナウイルスの水際対策による入国制限の関係で、来日ができずにおりました。そんなAmberですが、ようやく来日が叶い晴れてスタッフの一員になりましたので、自己紹介をしてもらいます。
例年のチューター同様、彼女も姉妹校の「セントベネディクト・セントジョンズ大学」の卒業生です。これまでアメリカ留学に行った文京生のお世話をしてくれていたので、見覚えのある方もいるかもしれません。

amber1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

Hello, my name is Amber Rudenick and I am a tutor in the GSI office. I graduated from the College of Saint Benedict/Saint John's University (CSB/SJU) in Minnesota, U.S.A., last May. My major was Biochemistry, and my minors were Japanese and Asian Studies. I am really looking forward to working at BGU as a tutor, and meeting all of the BGU students! Unfortunately due to Coronavirus, I have had to wait a long time until I was able to enter Japan, but that makes me even more excited to finally be here now! When I was in college I worked at CSB/SJU's Center for Global Education, so you may recognize me because I have often worked with BGU students in the past. Last year I assisted with the BSIS online program, and in past years I have worked as an orientation leader and mentor for exchange students who come to CSB/SJU, as well as designing and hosting events and excursions for the international students on campus. I am looking forward to meeting all the BGU students, so please stop by the GSI office and say "hi"!

こんにちは、GSIオフィスのチューターのAmber Rudenick (アンバー ルデニック)です。私は、昨年5月にアメリカのミネソタ州にあるセントジョンズ・セントベネディクト大学(CSB/SJU)を卒業しました。主専攻は生化学で副専攻が日本語とアジア地域の研究でした。文京のチューターとして働くことを、そして文京生と会えるのをとても楽しみにしていました。残念ながら新型コロナウイルスの影響で、来日まで長い時間を待たなければなりませんでしたが、やっと日本に来られてとてもワクワクしています!CSBSJUのCenter for Global Education(文京のGSIオフィスのようなもの)で働いており、その際、留学に来ていた文京生とよく会っていたので、私を知っている人もいるかもしれませんね。昨年はBSIS(CSBSJUの文京生特別プログラム)のオンラインプログラムを手伝い、過去数年はCSB/SJUに来る交換留学生のオリエンテーションリーダーやメンターとして、キャンパス内の留学生のためのイベントやエクスカーションを企画・主催してきました。文京生の皆さんと会えるのを楽しみにしているので、GSIオフィスに立ち寄って、気軽に話しかけて下さいね。

amber3.jpg
Some of my hobbies include playing the piano, playing volleyball, traveling, and collecting house plants. I have around 100 house plants at home that I take care of, and over 60 different varieties! I have traveled to 10 different countries, and hope to continue to visit more! At my house I have a black and brown miniature dachshund named Gracie, who is 12 years old!

趣味は、ピアノ、バレーボール、旅行、観葉植物集めなどです。自宅には100個くらいの観葉植物があって、60種類以上育てていました。今まで10カ国を旅してきましたが、これからももっと色々な国に行きたいと思っています。実家には、黒と茶色のミニチュアダックスフンドのグレイシーがいます!この子は12歳です。






When I was a student, I was able to study abroad at Southwest University in Chongqing, China for a science research program during the summer of 2018! During my time there I used PCR to study tuberculosis antibiotic resistance. Southwest University was very large, and the campus was over 6 square kilometers, with over 50,000 students! I am excited to work at BGU, which with its smaller campus size, I will be able to connect with the students much more on an individual level!

学生時代の2018年の夏に中国・重慶にある西南大学に科学研究プログラムで留学することができました。滞在中、私はPCRを使って結核の抗生物質耐性を研究していました。西南大学はとても大きく、キャンパスは6平方キロメートル以上あり、5万人以上の学生が在籍していました!キャンパスの規模が小さいBGUで働くことで、学生たちと個人レベルでもっとつながることができると思うと、今から楽しみで仕方ありません!


amber2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像On campus at CSB/SJU, I had many on-campus jobs, such as Chemistry Tutor, Chemistry Teachers Assistant, Chemical Stockroom Worker, and student worker for the Center for Global Education. I also co-hosted many of the events for our exchange students at school and volunteered with the Japanese students to help out at the annual Festival of Cultures at the Japan booth! These opportunities led me to make many friends and connections from BGU and from all around the world, in addition to learning so much from the students.

CSB/SJUのキャンパスでは、化学のチューター、化学授業のアシスタント、化学品保管室勤務、国際教育センターでの学生バイトなど、多くの仕事を経験しました。また、学校では交換留学生のためのイベントを主催したり、毎年開催される文化祭の日本ブースで、日本人学生と一緒にボランティアをしたりしました。このような機会を通じて、文京生や世界中の友人とコネクションを作ることができ、さらに学生たちから多くのことを学びました。



The advice I'd give to BGU students is that your college time will go by very fast, so you should enjoy it and make the most out of your time and resources! Once Coronavirus started while I was still in school, I wasn't able to enjoy time with friends, or see my classmates or teachers in person. All my classes were online, so the time was very isolating and I wasn't able fully enjoy my junior and senior year. So now that we can finally see each other, I urge everyone to get involved through their studies, clubs, social events, and spending time with friends! For those who are studying English, please meet with foreign exchange students, and come to the chat lounge so we can have a good conversation in English! Let's work hard to learn English! I hope to meet everyone soon!

文京生にアドバイスするとしたら、大学生活はあっという間に過ぎてしまうので、学生生活を楽しんで、自分の時間と資源を最大限に活用した方が良いということです。 私が学生だった頃、コロナウイルスが発生すると、友人との時間を楽しんだり、クラスメートや先生に直接会ったりすることができなくなりました。授業はすべてオンラインだったので、その時間はとても孤独で、大学3年生と4年生の時間を十分に楽しむことができませんでした。なので皆さんには、勉強やクラブ、社会的なイベント、友人と過ごす時間などに積極的に参加してほしいと思います。英語を勉強している人は、留学生と会って、チャットラウンジに来れば、英語で楽しく会話することができますよ。頑張って英語を勉強しましょうね!早くみんなに会えるといいな!


amber4.jpg

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :L・Dさん(留学時:2年生) 


                                        
                   Spring Sem Classes


I. Communication and Conflict
   This course focuses on helping us communicate more effectively in a variety of conflict situations. So far, we studied the variety of conflict styles and in which situation we should use these styles. There are a lot of readings, which isn't surprising, but other than that, since conflict resolution skills cannot be learned simply by reading about them, we also engage in some exercises, group activities, as well as self-analysis, which will provide us with awareness of the behaviors we display and those of others in conflict situations. Other than reading, we usually have a small quiz from the reading for our homework. This class do not have an exam, but we will have to submit three papers of 4-5 pages. I chose to take this class because it will be helpful in so many ways in the future. Especially living in Japan, I rarely experience effective ways to manage conflict since conflict is seen there as an issue to be avoided. While that was easier, I realized that only using the avoiding style won't solve any problems, especially when dealing with co-workers. This class gave me a better understanding of my personal conflict style and how to improve it to become a more proficient communicator. I enjoy this class because it is a discussion-based class that helps me learn a new perspective in dealing with conflict while practicing my English speaking at the same time.


II. Group Communication
   The purpose of this course is to introduce us to the small group communication process. Through lectures, group projects and presentations, and individual assignments, we will develop an understanding of the small group communication process and learn how to communicate effectively when working in a small group. I took this class to improve my teamwork skills since group communication will definitely come up at some point in our lives. I also consider this to be beneficial for me, as I may start a small business in the future, and the ability to build relationships with the team will be essential for me to be successful. It is mainly a lecture class, but we sometimes go into small groups and do some practice about small group communication. We have a lot of reading for this class too, and a small engagement assignment. For the big projects, We have two exams, one interview paper(we had to interview someone who has done social justice work), and a group project where we have to create a 10-minute podcast about social justice. The challenge I am facing in this class is the group project because as a member of a collectivist culture, I am more used to listening to the group instead of leading it, but my teammates are not communication majors, so even though they come from an individualistic culture, they seldom lead discussions which leads us in being silent. Although I am gradually becoming confident in leading discussions or teamwork, we sometimes struggle with the language barrier and our different values. In spite of this, I know that if I am able to complete the project successfully, it means that I have been able to put into practice what I have learned in class, so I am eager to meet challenges and see my personal growth.


III. Entrepreneurship
   This class is a business class. The professor teaches us how to launch a new business venture by analyzing the trends and changes in the world, listening to guest speakers about their experience in running a business, and visiting places. We also have a lot of reading for this class and a small quiz from the book at the beginning of the class. We study best-practice approaches and apply that learning in real-time to feasibility analysis of a business idea we came up with as a group. The class will have one paper and presentation on feasibility and one exam. This class is helping me learn how starting a business works and how to be successful because I am planning to start my own company in the future. This is a three-hour class at night, which can be tiring sometimes, but is my favorite. Just hearing what is trending around the world and others' thoughts is interesting. Besides teaching me how to start a business, this class also teaches me how to build relationships, the importance of being naive and bold, and how to take risks. Listening to the guest speaker's stories always leaves me inspired and enlightened not only about business but also about life.

・Discovery in CSB/SJU
   The most favorite thing I like here in CSB/SJU is the students' involvement in the school activities. It is just so cool how people participate in a lot of events and support sports teams. I have heard how college sport is a big thing in the U.S., but I was way crazier than I thought. I have been to the football game in the fall semester where people were packed, which was understandable since it is the most popular sport, but I was surprised that students also go to basketball games and hockey games. I also joined a business event where ten students gave a pitch and competed in their new venture ideas. I thought that there would only be a few students since it is not a sports event, but there were a lot of students who participated in the event. First, I was unsure why people would participate in this event, but after experiencing the event, I understand why people enjoy and participate. The event is successful because they also involve the audience by including some games, and everyone has a strong bond to support their classmates, which I thought was fascinating. I hope BGU students will have this same value and build connections through school events.

・Winter Break
   For break, I went to Las Vegas and stayed with my relatives. The atmosphere was so different to Minnesota and there were more diversity. It was way more convenient for me since I am used to walking around instead of driving all the time. The most interesting thing for me was that there were casino and slot machines everywhere. We saw it at the airport and even at the convenience store. I also found it interesting how people dress and interact were different from Minnesota. I'm really grateful to my relatives for allowing me to explore around and discover new things.


gasp3.jpg

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :S・Mさん(留学時:3年生)  



半年間での気づきと変化


 アメリカに渡航してから早くも半年が経とうとしております。この半年の間に気づいたこと、私自身の身に起きた変化などたくさんのことがあります。渡航前に立てた目標を振り返りつつ、今学期履修している授業、学んだことなどを近況レポートとして書かせていただきます。

 今学期はブロックシステムに当てはまる授業は一個も履修していないので、春学期を通して同じ日程で授業に参加しています。履修している授業は3つあります。Introduction to Human Communication、Media and Society、そして、Entrepreneurshipです。一見すると3つしか授業がないので、非常に簡単そうで楽しているように思われるかもしれませんが、驚くほど大変なことが多々あります。

 Introduction to Human Communicationの授業では、人間のコミュニケーションに関係する様々な理論を予習として読み、授業内でそれについてディスカッションをしたり、教授の講義を挟んだりして理解を深めていきます。最近取り上げた理論で興味深いと感じたのはSocial Penetration Theoryというもので、人間が初めて出会う人と親交を深めていく過程について研究されたものでした。このようなコミュニケーションに関わる趣のある理論を学ぶことができるため、非常に面白い授業であると感じています。

 Media and Societyの授業では、メディアに関わる様々な理論、実際にメディアが私たちに与える影響、そしてメディアリテラシーをどのように身につけるかなどについて勉強しています。この授業でも、グループでディスカッションをしたり、20〜25分のプレゼンテーションをしたりと、グループを作って一緒に学ぶことが非常に多いです。この授業だけでもグループが3つほど同時に存在しますので、たまに自分のグループを忘れてしまったり、混乱してしまったりすることがあります。

 Entrepreneurshipの授業は、水曜の夜6時15分から3時間一気に行われる授業です。私自身、夜の授業を経験したことがなかったため、最初は眠気と集中力切れに相当苦労しました。この授業は実際に起業して現在経営者として会社を所持している方が教授となっており、授業の内容もゲストスピーカー(起業家、経営者など)をお呼びして、その方たちからお話を聞いたり、実際に教授の会社や、キャンパス近くのバーなどに見学に行ったりしました。一般的に想像される大学の講義とは違い、実践的で非常に挑戦性がある授業です。また、この授業は履修した学生が全員自分のビジネスアイデアを考えて発表し、その後にクラス内で投票し、上位の人たちがリーダーとなり、グループを作って、春学期通してビジネスについて学びながらそのアイデアを深堀していく形となっています。私自身、将来は起業して自分のビジネスを持ちたいと考えていますので、この授業を非常に大切にしています。

 ここまで今学期履修している授業を紹介してきましたが、どの授業にも共通している目標があります。それは、グループワークで自分の意見をみんなに伝えることです。秋学期は自身の英語力に不安があったり、話の内容についていけなかったりなどで、グループディスカッションに参加できないことも多々ありました。しかし、今学期履修している授業はどれも欠かすことなくグループワークがありますので、自分の意見をしっかり伝えることが大切だと感じています。そして、現時点ではこの目標を達成できていると考えています。秋学期と比較すると、意識的に話し合いに参加するようにし、時には自分がグループを引っ張ってみるようにチャレンジしています。驚くほどにみんなが自分の話に耳を傾けてくれますし、意見も話してくれますので、自分の参加意欲もどんどん上がってきています。話し合いに参加するのを躊躇せずに、自分の意見を伝える大切さを学びました。

 また、秋学期と同様に、今も毎日リーディング課題に追い回されています。平日は平均2、3時間リーディングをしています。時には150ページを超える量を読まなければならない日もあり、図書館で6時間過ごす日も少なくありません。しかし、これらのリーディングをしっかりこなし、予習ノートを作ることで授業内のディスカッションに参加できるようになるので、改めて予習の大切さを体感させられました。

  留学に来ると、授業から学べることがたくさんあるのはもちろんのことですが、それと同じくらいに友人からも学ぶことができると感じています。渡航から半年経ったとは言え、慣れないことやホームシックになること、そしてアクシデントが起こることがあります。そんな時に支えてくれたり、助けてくれたりする友人がいるからこそ留学がうまくいけると感じています。彼らと交流していく中で、授業では教えてくれない文化の違いや、考え方の違い、タブーなどを学んでいます。そして、何よりもやはり彼らの授業と遊びの両立、そして、その切り替えの速さには今でも驚かされます。また、彼らと関わっていく中で非常に貴重な体験をさせていただくこともできました。例えば、人生で初めて実物の銃を撃たせていただきました。資格を持った友人とそのご家族による指導のもと、様々な銃を体験しました。日本ではなかなか経験することがないので、この体験は一生の思い出になりました。長いようで短い9ヶ月の交換留学が、残り2ヶ月半ほどになってしまいました。この2ヶ月半も精一杯学び、経験していきたいと思います。

gasp2.jpg

写真は私がリーディング課題のために、SJUのAlcuin Libraryに4時間ほどこもっていた時のものです。

留学先    :College of Saint Benedict and Saint John's University    
学部・学科  :外国語学部 英語コミュニケーション学科 国際ビジネスコミュニケーション専攻     
留学期間   :2021年8月31日~2022年5月10日           
氏名・学年  :N・Dさん(留学時:3年生)    



Hard Times

1. Spring Semester

   The spring semester is so much harder than I thought it would be. Before coming to the U.S., I was told that everything will get easier. Sure I got used to living at the dorm, the differences in education style, the weather, the food, and other things. Therefore, a lot of people might think that Spring Semester wouldn't be as hard as Fall Semester. However, I feel more stressed and everything harder this semester. I got to choose the classes this semester, which was exciting. I asked my friends for their recommendations, I asked about the classes I'm interested in, and I asked how I should make my class schedule. Since I got to plan my Spring Semester, I was very excited about it until I found out it was going to be busy. Though my classes are what I am interested in, though my classes are fewer than last semester, I am having a harder time than Fall Semester. One of the reasons is the load of homework and projects. I get two to three sets of readings almost every time. Even if I feel like I am getting used to reading and getting faster at it, it is still a lot of information to take in, tiring to my eyes and brain, and very overwhelming. I always want to skip reading, but without doing it, I won't be able to follow and participate in class. Another reason is the writings. The required pages are longer compared to what I've written in BGU. I've written paragraphs and essays about personal experiences, but never papers about what I've learned in English. Explaining my knowledge in my own words was hard at first, but it is very satisfying when the work you've done is graded not only high but the highest in class. Finally, the most tiring cause and the one thing I have struggled with and been frustrated with the most so far is group projects outside class. Every class I am taking this semester has a group project. We have to present an assigned topic that was discussed in class. We have to do research, and remind and give a deeper understanding to our classmates through presentations. It has been halfway through this semester, and I haven't had a good experience with my group so far. No one will do or say anything to prepare until the last minute. If someone does say something, they'll say "I'll work on it tonight," but most of the time end up doing nothing. This was hard for me as I was used to doing everything in advance and together as a group in Japan. I didn't know what to do and was worried that my group wouldn't finish the work.

   With all these struggles, every day is busy, hard, and tiring, but at the same time, I felt a sense of fulfillment and growth. Through the walls I've overcome, I learned how to manage the hard times. With scheduling, I was able to stay caught up with the work I have to do. By being proactive, I was able to make group projects successful with the team. I have gone out of my comfort zone and have been more responsible than ever in everything I do.

   As this semester started, I did not only struggle with studies but also with homesickness. After six months, being in a new environment begins to feel very hard and sad. Not being able to go to places, drive, see the family has been very hard these past few months, but my friends helped me go through those hard times. They plan fun hang-outs, take me out, and make me forget the bad vibes. Though I feel this semester has been a pain so far, I am feeling the growth in myself. All of the hard times have taught me important skills. As a person who would rather do things on my own instead of asking for assistance, I have learned that asking for help is not a bad thing. Seeking help may seem less independent, but when your parents or close ones are not around, finding help is another thing you need to do on your own, which I believe is independent. I also think I have become more open in meeting and talking to people. Through the discussion-based classes, and being put in an environment where you have to take the initiative and be social, talking and interacting with new people has become less uncomfortable and I am starting to enjoy it.

   Going through hard phases is never a bad thing. It is just a matter of time and how you handle it. My advice is to always be open-minded. I understand that people will want to be alone when they are feeling down, but sometimes, going out and socializing can be more helpful. As you spend time on other things, by the time you realize, you have overcome the hardest phase, and will be enjoying and thriving even more. Going through downtimes was not easy for me, but facing it has made me grow in a lot of ways.

2. Memory

   For winter break I went to Las Vegas. I spent the holidays with my relatives and had a really great time. It has been more than 20 years, or maybe the first time seeing them, and I'm glad I got to make memories with them. It was nice being able to go around places. Unlike Minnesota, there was no snow. When you look around you will see mountains and deserts, and the weather was nice and warm. My relatives took me around Las Vegas and we also visited Los Angeles. (Picture: In front of the Las Vegas sign w/ my sister)

gasp1.jpgのサムネイル画像

文京学院大学経営学部主催

2021年度

「文京学院大学開学 30周年記念国際シンポジウム報告書」

ポストCOVID-19時代におけるグローバル経済・経営と大学教育のあり方

                国際交流委員会委員長・経営学部教授 中島真澄



趣 旨:当該シンポジウムは、第1に、文京学院大学経営学部のパートナー校との学術交流を継続・促進することを目的とし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の下でも、パートナー校間の学術交流がさらに発展することを期待する。第2に、本シンポジウムは、海外大学の研究者とCOVID-19の課題をともに議論することを通して学術的なコラボレーションを考える機会とし、当該機会により、研究と教育の国際交流を通したグローバルなパートナー関係を探求する。

基調講演者の略歴

□ポール・スカーブロウ博士は、原価計算と管理会計科目を担当。バージニア工科大学で博士号、トリニティ大学でMBA、テキサス大学エルパソ校で学士号を取得。研究テーマは、コスト削減と企業文化がコスト削減手法の利用に与える影響。グッドマンでは、学部プログラム委員会、研究助成金評価委員会、CGA ガバナンス審議会のメンバーを務めている。また、Asia-Pacific Management Accounting Associationの理事および編集者も務めている。ボストン大学およびベントレー・カレッジで教鞭をとった経験を持つ。また、リンネウス大学(スウェーデン・ヴェクショー)および早稲田大学(日本・東京)の客員教授経験も有する。また、Journal of Business Ethics、The Accounting Forum、Critical Perspectives in Accounting、The Journal of Accounting and Computersなどの雑誌の査読を定期的に担当。

□デイビッド・A・ジバート教授は、ケンタッキー大学フォン・オールメン・スクール・オブ・アカウンタンシーのPwC教授として奉職している。それ以前は、イリノイ大学、インディアナ大学、ノートルダム大学で客員教授を務めていた。イリノイ大学では、国立スーパーコンピューティング・アプリケーション・センターの研究員を務めていた。研究テーマは、会計データ、経営者の行動、監査人の行動、企業活動などを用いた予測モデリング。現在の研究テーマは、シミュレーション科学を用いた会計理論の研究。Journal of Accounting Research、The Accounting Review、Journal of the American Statistical Association、Contemporary Accounting Research、Organizational Behavior and Human Decision Processesなど、数多くの雑誌に論文を公刊。ジバート教授は、オーロラ大学で学士号を、北イリノイ大学で修士号を、ミシガン州立大学で博士号を取得した。

□クリスト・カルナ教授は、ミシガン大学で会計学の博士号を取得。ミシガン大学、カリフォルニア大学アーバイン校、ヒューストン大学、南カリフォルニア大学などの一流大学で教鞭をとってきた。また、モナッシュ大学では、学部長賞(PRME Education Excellence Award)とPurple Letter for Teaching Excellenceを受賞。研究テーマは、組織文化とガバナンス。モナシュ大学を拠点とする価値観に基づくガバナンスのための国際コンソーシアム(ICVG)の創設者であり、コーディネーターを務める。主要な学術誌に論文を発表し、世界中の主要大学で発表された研究は賞賛されている。また、Journal of International Accounting Researchの編集委員を務めるほか、一流ジャーナルの査読者や一流カンファレンスの討論者としても活躍。KPMG、Telstra、Ferrier Hodgson & Co.で監査、企業倒産、投資銀行業務に従事した経験を持つ。

□シティ・ザレハ・アブダル・ラジド教授は、会計学博士、修士、学士の学位を有し、現在 マレーシア工科大学(UTM)のアズマン・ハシム国際ビジネススクールの会計学准教授。マレーシア会計士協会(Malaysian Institute of Accountants)の準会員、英国会計ファイナンス協会(British Accounting and Finance Association)の会員でもある。また、Chartered Institute of Management Accountant (CIMA) Center of Excellence Southeast Asiaの研究パネリストも務めている。研究活動にも積極的に取り組んでおり、これまでに9つの研究プロジェクトを主導し、多くの研究プロジェクトのメンバーとして活躍している。現在までに、雑誌、会議録、技術報告書などで、100本以上の記事や研究論文を執筆・共著している。研究テーマは、管理会計、リスクマネジメント、パフォーマンスマネジメント、コーポレートガバナンス。現在、マレーシア工科大学クアラルンプール校大学院副研究科長も務めている。

□絹川直良教授は、文京学院大学経営学部教授・前学部長。国際通貨研究所(IIMA)客員研究員(2007年~現在)。1996年から2007年にかけて、IIMAで、財務省やASEAN事務局などから依頼され、金融市場インフラや地域通貨協力に関する様々な研究・技術支援プロジェクトに従事。その中には、東アジアにおける地域債券市場や地域決済仲介機関の開発に関する提案も含まれている。また、地域金融協力に関するいくつかの報告書を共同編集した。本学では、外国為替リスク管理システムと企業の財務リスク管理ツールを担当している。

□モハメド・エルガマル博士は、カタール大学のファイナンス准教授であり、それ以前は、ウェストミンスター大学、アバディーン大学、イーストロンドン大学、メヌーフィア大学に奉職。また、Commercial International Bankでの勤務経験もある。エルガマル博士は、マクロ経済変数に特に焦点を合わせた期待リターンモデリングの分野で活発な研究を行い、一流の国際学術誌に多くの論文を発表。また、エジプト政府、欧州経済研究評議会、NPRP、QNRFやカタール大学からの資金提供によるUREPなど、権威ある機関から多くの助成金を受けている。また、英国ロンドンにあるWestminster Managerial and Education SolutionのCEOも務めている。また、Cogent of Finance and Economics、Sage Open Journal、Asian Pacific Management Accounting Journalの編集委員を務めている。また、アジア太平洋管理会計協会(APMAA)の会長代行およびAPMAAドーハ2019年カンファレンスの大会委員長も務めた。

□中島真澄は、文京学院大学経営学部教授であり、文京学院大学大学院経営学研究科専攻主任を務めている。また、明治大学経営学部および明治大学大学院経営学研究科の兼任講師も務める。最近では、マラ工科大学およびマレーシア工科大学の博士プログラム審査委員会の外部審査員を務めている。日本の南山大学で博士号と修士号を取得。アーニングス・マネジメント、会計不正、フォレンジック会計分野で活発な研究活動を行っている。2012年より科学研究費補助金を獲得し、2017年には科研費審査委員として表彰された。Managerial Auditing Journal、Journal of Forensic and Investigative Accounting、Research on Professional Responsibility and Ethics in Accountingなどの国際査読ジャーナルで研究を発表している。現在、アジア太平洋管理会計協会の常任理事、日本会計経済学会(AEAJ)の理事を務めている。

■プログラム

2021年12月11日(土)12:30pm

会場:バーチャルZOOM

12:30    開会のセレモニー             

開会のご挨拶  櫻井 隆     文京学院大学学長・教授

歓迎のご挨拶  島田 昌和    学校法人文京学園理事長・教授



  国際シンポジウム                             

12:50-13:00 解 題    中島 真澄   国際交流委員会委員長・文京学院大学教授

   「経営学領域に関するCOVID-19の研究動向を通して得られた知見」

13:00₋13:30 第1基調講演:ブロック大学(カナダ)D.ポール・スカーブロウ教授 

「パンデミックから学ぶ教室の再構築:行動と観察の違いがもたらす影響」

13:30₋14:00 第2基調講演:ケンタッキー大学フォン・オールメン・スクール・オブ・アカウンタンシー、デイビッド・A・ジバート教授(米国)

「COVID後の環境における学生と教員の交流から学ぶ機会」

14:00₋14:30 第3基調講演:クリスト・カルナ教授(モナシュ大学)(オーストラリア)

「ポスト・COVID-19時代のグローバル経済、経営、大学教育における価値観に基づくアプローチに向けて」

14:40₋15:10 第4基調講演:シティ・ザレハ・アブダル・ラジド教授(マレーシア工科大学)(マレーシア) 

「COVID-19が管理会計の会計専門職に与える影響」

15:10₋15:40 第5基調講演:文京学院大学 絹川直良教授(日本)

「COVID-19とその新興経済国・金融市場への影響」

15:40₋16:10 第6基調講演:モハメド・エルガマル教授(カタール大学)(カタール)

「COVID-19パンデミックの前後における世界の金融市場間の価格とボラティリティーのスピルオーバー」

16:10-16:20 閉会セレモニー                                 

閉会のご挨拶  中島真澄       

「大学開学30周年記念 ヴァーチャル国際シンポジウム」 結果概要 

                                               

■テーマ  :ポストCOVID-19時代におけるグローバル経済・経営と大学教育のあり方

■主催   :文京学院大学経営学部国際交流委員会

■場所   :すべてオンライン(Zoom)で実施。

■開催日時 :2021年12月11日(土)12時30分~16時20分

■参加対象者:教職員、学生、教育関係者などすべての方

■参加費  :無料

■参加者  :48名(申込み52名)

 文京学院大学開学30周年記念国際シンポジウムが、2021年12月11日(土)に48名の参加者を迎えて開催された。まず、開会のセレモニーにて、本学学長櫻井隆教授から「本シンポジウムでは、COVID-19の対応策からどのようなことを学び、ポストCOVID-19に向けてまだ解明できていない点についてともに解明していきたいと考え、このようなテーマとさせていただいた。すでに協定校となっている大学もあるが、まだ協定が締結されていない大学とは、今後協定を締結していきたいと考えている。本シンポジウムをきっかけに交流を深めて、研究・教育に成果を上げていきたい」と開会のご挨拶があった。

 続いて、文京学園理事長島田昌和教授から、「コロナ禍で止まってしまった国際交流を復活させ、大学全体のグローバル化をより一層めざしたい。教員が研究や教育で積極的にグローバル化に取り組んでいる姿勢を学生に模範として示し、鼓舞していきたいと考え、その一環として本シンポジウムを用意した。基調講演者の先生方にご協力いただき、開催できたことを喜び、ありがたく思っている。渋沢栄一が開明的な国際通であったように、本シンポジウムを通して海外の大学の関係者の方とCOVID-19をともに考え、ともに乗り越えていき、そのプロセスを通して国際的な協働と共生を考えている。これを機会に私どもと是非研究と教育の交流をしていただき、グローバルなパートナーとなっていただけるよう願っている」と歓迎のご挨拶があった。

 本シンポジウムの基調講演の先立ち、国際交流委員会委員長・経営学部教授の中島真澄から解題があった。「COVID-19は、全世界の人々の生活、教育、経済、経営活動、医療、政策などあらゆる側面に大きな影響をもたらした。本解題では、パンデミックの2020年1月から2021年9月までを範囲とし、この間にCOVID-19に関連するどのような研究が蓄積されたのかを明らかにする。本研究は、ビジネスおよびマネジメント分野におけるCOVID-19関連文献をレビューし、類型化し、現時点において何が解明されたのか、そして何がまだ解決していないかを明らかにする。サイエンス・マッピング・アプローチにより、危機管理、人的資源、サプライチェーン、安全保障・セキュリティ、教育という5つの研究テーマが浮かび上がり、5つの主要な研究テーマを特定できた。第1、第2基調講演は、クラスター「教育」に関するもの、第3基調講演では、ポストCOVID-19の時代にどのように生きていくべきかという提言。第4基調講演は、クラスター「テクノロジー」に関するもので、第5および第6基調講演は、COVID-19が経済に与える影響を検証する実証的な研究で、これまでにはなかったものである。6名の著名な基調講演者の方々によって、今後の研究の方向性が強化されることと思われる」と述べた。

 当日の基調講演者は、以下の方々であった。第1基調講演者Prof. Dr. D. Paul Scarbrough, Brock University (Canada), 第2基調講演者Prof. Dr. David A. Ziebart, Von Allmen, School of Accountancy (University of Kentucky) (U.S.), 第3基調講演者Prof. Dr. Christo Karuna, Monash University (Australia), 第4基調講演者Assoc. Prof. Dr. Siti Zaleha Abdul Rasid, Universiti Teknologi Malaysia (Malaysia), 第5基調講演者 絹川直良教授、文京学院大学 (日本), 第6基調講演者Prof. Dr. Mohammed Elgammal, Qatar University (Qatar)。

 Paul Scarbrough教授は、「COVID-19により、オンライン授業における試験の役割を考察する機会が与えられた。オンライン授業における試験では、弓道と野球の事例に基づいて、修得力向上のためにPDCAプロセスにおける、反省と行動の繰り返し、すなわち、思考と行動の両方が重要であることをわれわれは学ぶことができた」と提示した。 

 David A. Ziebart 教授は、「COVID後の世界において、大学が教育や研究を向上させるために国際交流をどのように活用できるかが重要である。国際交流は、学生にとっては、多様な環境での交流を通して自国とは異なる視点でのビジネス活動を学ぶ実践的な機会となり、教員にとっても、学生の多様性を高める機会となる。COVIDショックは、グローバルビジネスの影響を理解する機会となったが、文化的、政府的、社会的、政治的、または実施上の違いにより、差異が存在することが予想されるプロジェクトに焦点を合わせ、なぜ結果が異なるのかなぜ結果が類似しているのかを理解できることがわれわれにとって重要となる」と提示した。

 Christo Karuna 教授は、「パンデミック後には、マルチステークホルダーを中心とした価値観共有型のアプローチが有効である。すなわち、目的を持った行動を促すことで、社会的・経済的な福祉を向上させるために従事する機関において、自分の価値観に基づいて行動することで、個人や社会の能力を最大限に引き出すことができる。COVID-19後は、目的・ビジョン・価値観を共有した上で、主要なステークホルダーが協力していくことが重要な前進となる」ことを示した。

 Siti Zaleha Abdul Rasid教授は、「COVID-19パンデミックによって加速するデジタル・トランスフォーメーションにおいて、変革の担い手は管理会計士である。管理会計士は、持続的なビジネスの価値と成長のための洞察と分析を提供し、組織が十分な情報に基づいた意思決定を行うための鍵となりうる。そのため、会計のカリキュラムを見直し、デジタル技術と分析技術を取り入れるとともに、予測分析、デジタル・アクメンツなどのトピック、サイバーセキュリティ、ITガバナンス、ITリスクとコントロールなどのトピックを盛り込む必要がある」と提言した。

 絹川直良教授は、「COVID-19感染拡大により、2020年は多くの国でGDP成長率は-となった。2021年前半にはいったん経済は急回復したが、ワクチン供給不足は解消せず、半ばより変異種の蔓延拡大に見舞われた。グローバルな供給網の機能不全やエネルギー価格の上昇も加わり、供給面からくるインフレ懸念が強まる中、2013年のテーパー・タントラムのように米国主導の金融政策変更のもたらすリスクが意識されている。東アジア各国はアジア通貨危機以降さまざまな対策を取ってきており不安はないが、経済回復の程度が国によって異なる点を突いて、一部新興国からの予想外の短期資金の流出を招く可能性が残っている。」と指摘した。

 Mohammed Elgammal教授は、COVID-19発生前と発生中の世界の株式市場、金市場、エネルギー市場の関係をリターン(投資収益)とボラティリティ(株価の変動率)の両レベルで検証した研究を報告し、「リターンの拡散(スピルオーバー)効果については、株式市場とエネルギー市場、金市場とエネルギー市場の両方向に、また、金市場から株式市場への一方方向のリターンの伝達効果が発見されたこと、パンデミックでは、株式市場と金市場の間に双方向のリターンの拡散、エネルギー・リターンから株式と金のリターンへの一方向の拡散が見られたこと、さらに、ショックやボラティリティーの拡散は、COVID-19の発生後に顕著であった」ことを提示した。

 なお、各基調講演の後にはQ&Aが設けられており、登壇者と参加者との間で活発な議論が行われ、COVID-19関連の課題についてともに考察でき、大変有意義なシンポジウムとなった。

 閉会セレモニーでは、 中島が「本シンポジウムは、基調講演者による有益な示唆を通して、PDCAの思考方法、意思決定過程の人工的フレームワーク、デジタル・スキル、価値に基づくアプローチ、新興経済からの資本流入、株式、金、エネルギー間における劇的な相互関係性など、パンデミックに伴う当該国際問題をともに検討する機会を与えてくれた。したがって、このような学術的な国際交流は、教育および研究を向上させるものとなりうるであろう」と閉会の挨拶をし、本シンポジウムは盛会のうちに幕を閉じた。    

以上

12月22日・23日にアメリカ人チューターのRJが『Xmas English Lesson』を行いました。
本郷キャンパスではスペシャルゲストとして、チャットパートナーのSamさんにも参加して頂きました。クリスマスクイズやゲームで大いに盛り上がりましたよ。

RJクリスマスレッスン (3).png
         ■□■■□■ 12/22 じみ野キャンパス ■□■■□■

fujimino.jpg                   ↑どデカサンタも出現しました!

fujimino2.jpg                      ↑和気あいあいのレッスン

          ■□■■□■ 12/23 本郷キャンパス ■□■■□■■□■

IMG_6721.JPGIMG_6766.JPGのサムネイル画像     
                      ↑本郷はダブルサンタでお届け!↓

IMG_6741.JPGのサムネイル画像IMG_6739.JPG



IMG_6756.JPGのサムネイル画像                    ↑英語ゲームで盛り上がりました!

IMG_6761.JPG              ↑レッスンの最後にはサンタさんからお菓子のプレゼント

IMG_6760.JPG
   ↑みなさんご参加ありがとうございました~!2022年も色々なレッスンイベントを企画するのでご参加下さいね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996