国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|国際交流センタートップページお知らせValentines Day Online Event / バレンタインデー オンラインイベント

トピックス

文京学院/EVENT RSS

Valentines Day Online Event / バレンタインデー オンラインイベント

[ カテゴリ:トピックス ]

02月

18日

2021

2月13日(土)にオンラインバレンタインイベントを開催しました。今回は企画・進行すべてをアメリカ人チューターのSophiaとRJの2名が行い、各国のバレンタイン事情や文京生のバレンタインの思い出などを英語で話しました。チューター2名がイベントの様子をレポートしますのでぜひご覧ください。



バレンタイン1.jpgEnglish tutors, Sophia and RJ, hosted an online event through Zoom for students who wished to join and learn about various Valentine's Day celebrations around the world.As Sophia and RJ are both from America, they spoke about the customs and traditions that are common in the U.S. For example, almost everyone celebrates the day.As children, they bring cards and candy for every student in their elementary school class. As adults, couples will spend the day together and exchange gifts.
私たちチューターのSophiaとRJは、世界のバレンタインデー文化に関して興味を持ってくれた学生のために、Zoomを使ってオンラインイベントを開催しました。私たちはアメリカ出身なので、まずはアメリカのバレンタインの習慣や伝統を紹介しました。アメリカではほとんどの人がバレンタインデーをお祝いします。子供たちは小学校の友達にカードやキャンディーを持って行き、大人たちは恋人同士で一緒に過ごし、プレゼントを交換します。


The tutors also shared information about how Valentine's Day is celebrated in many different countries.
私たちはアメリカ以外の国のバレンタインデーに関しても紹介しました。

≪France≫
Valentine's Day is a historical day because the first Valentine's Day card is thought to have been sent by a French duke in 1415.
フランスではバレンタインデーは歴史的な一日です。なぜかと言うと、最初のバレンタインデーカードは1415年にフランスの公爵によって送られたと考えられているためです。

≪Italy≫
There is a tradition of young women waking up in the morning on Valentine's Day, looking outside, and believing that the first man they saw would be their husband within 1 year or at least look like him.
イタリアではバレンタインデーの朝に目覚めた後に外を見て、最初に見た男性は"1年以内に夫になる"、もしくは"容姿がその男性と同じになる"という昔の言い伝えがあります。


≪Philippines≫
Mass weddings on Valentine's Day are very popular. Hundreds of couples come to one venue and get married at the same time while enjoying free benefits, like free food, cake, and even wedding rings.
フィリピンではバレンタインデーの合同結婚式がとても人気です。何百人ものカップルが一つの会場に来て、食事やウェディングケーキ、さらには結婚指輪といった無料の特典を楽しみながら、一緒に結婚式を挙げます。

≪Brazil≫
They celebrate "Lover's Day" on June 12th instead of Valentine's Day, but they still exchange many of the same gifts, such as chocolate and flowers, and they may even enjoy musical concerts or festivals.
ブラジルでは2月14日のバレンタインデーの代わりに、6月12日に「恋人の日」を祝います。チョコレートや花のような贈り物を交換し、音楽コンサートやお祭りを楽しむこともあります。

≪Argentina≫
They celebrate the "Week of Sweetness," which happens in July. Couples exchange many gifts, like chocolate and other sweets.
アルゼンチンでは7月に行われる「Week of Sweetness」をお祝います。カップルはチョコレートやお菓子などの贈り物を交換します。



バレンタイン2.jpgのサムネイル画像
The students explained Valentine's Day celebrations in Japan and how they are different from those in other countries. The students shared that women often give chocolate and sweets to men, which is the opposite in America. One student shared a story from when he was a high school student. He said many of the boys made a competition out of how much chocolate they received from their female classmates.
その後、学生たちは日本のバレンタインデーについて説明してくれました。日本はアメリカとは逆で、女性が男性にチョコレートやお菓子をプレゼントします。ある学生は高校時代の話をしてくれました。彼曰く、男子生徒の多くは女子から受け取ったチョコレートの量を競争をしていたそうです。


Women also often make the chocolate and sweets by hand. Many girls jokingly said this is unfair because the women spend so much time and effort while the men do nothing for Valentine's Day. If the men want to reciprocate, they will do so on White Day (March 14th) in Japan.
女性はお手製のチョコレートやお菓子を作ることがよくあります。多くの女子学生は冗談めかして、これは不公平だと言いました。なぜなら、女性は多くの時間と労力を費やすのに、男性はバレンタインデーのために何もしないからです。ちなみに男性がお返しする場合には、日本では3月14日のホワイトデーにプレゼントします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Ten students attended this event, and they learned a lot of new information about how holidays are celebrated around the world. Many students expressed that they had a lot of fun and that this event inspired them to begin studying English even harder now. We want to have many more of these events in the future so that students can practice their language skills, build relationships, and learn about international cultures during a time when traveling is not possible.

今回10名の学生が本イベントに参加し、世界各国のバレンタインデーについて学びました。多くの学生がとても楽しかった、英語をより頑張って勉強し始めるきっかけになった、と話してくれました。コロナ禍で海外渡航が難しい時期に、学生が語学力磨き、豊かな人間関係を築き、国際文化について学ぶことができるように、これからもっとイベントを開催したいと思います。



バレンタイン3.jpg
                  See you at our next event!

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996