国際交流センター|文京学院大学

国際交流センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|国際交流センタートップページお知らせ新・文明の旅 日本文化教育プログラム「和楽器の魅力を探る」第二回/The Second Traditional Japanese musical concert

トピックス

文京学院/EVENT RSS

新・文明の旅 日本文化教育プログラム「和楽器の魅力を探る」第二回/The Second Traditional Japanese musical concert

[ カテゴリ:トピックス ]

12月

1日

2020

今回は先日開かれた「第二回和楽器演奏会」の様子をアメリカ人チューターのR.Jがお届けします。今回は小鼓(こつづみ)、大皮(おおかわ)、太鼓、篠笛(しのぶえ)、能管(のうかん)で奏でる邦楽囃子を楽しみました。演奏を聞くだけでなく、楽器に触れ、音を出す機会もあり学生にとっても有意義な時間となったようです。それでは当日の様子をご覧ください。

IMGP3706.JPG

On Sunday, November 29, we had the wonderful opportunity to witness a Wagakki performance. A group of 12 students and many university staff members gathered in the new Youth House to listen and learn about this Japanese art form. Not only was there a performance, but there was also background and historical information given to us by the performers, and we were even able to try to play the instruments ourselves.
11月29日(日)に和楽器の演奏を見る素晴らしい機会がありました。12名の学生と職員がYouth Houseに集まり、日本の伝統的な和楽器を鑑賞し学びました。今回はただ音楽を聞くだけでなく、演奏者の方々に楽器の歴史も教えてもらい、自分たちで楽器を演奏する機会もありました。



DSC04081.JPG
Each instrument provides an integral part of the sound of the music. The drum that we were allowed to try to play is the small one, held by Rokon san, the middle performer from the right. After the performance, Rokon san gave us a lot of information about each instrument and how it is played.
各楽器の音色が曲全体で必要不可欠な音を生み出します。私たちが演奏を許可された和楽器は、真ん中に映る奏者の藤舎呂近(とうしゃろこん)さんが持っている小鼓です。楽曲演奏後に呂近さんは各楽器と、その演奏方法について色々と教えてくれました。


IMGP3720.JPG

On the whiteboard, he showed us how they play different types of notes on the drum. Each marking represents a different sound, made by hitting the drum in a different way or in a different place. The performers demonstrated their skill by playing these notes that he made up on the spot perfectly, and very quickly.

呂近さんはホワイトボードで、様々な種類の音の奏で方をレクチャーしてくれました。小鼓は叩き方や叩く場所によって異なる音が生み出します。奏者は正確で且つ素早い動きで音を生み出し、熟練された技を見せてくれました。




IMGP0067.JPG


When it was our turn to try, we were given much easier notes, but it still required practice and precision. It was more difficult than we expected to hit the drum in the correct way.
With the guidance of the professionals, we were able to perform a short song for the audience.
我々が演奏体験をしたときは、より簡単なリズムでしたが、それでも練習と正確さが必要となりました。正しく叩くのは思ったよりもとても難しかったですが、プロ奏者の指導のもと、短い曲を演奏することができました。





After our performance, the students were able to ask questions about the wagakki and overseas performance etc. It was a very fun and interesting experience! A special thanks to the performers for joining us and for this opportunity to learn from them.
演奏後には質問時間が設けられ、学生たちは楽器に関してや海外で演奏した時の様子などを質問していました。今回の演奏会はとても楽しく、興味深いものでした!私たちを招き、和楽器を学ぶ機会を与えてくれた奏者の方々に深く感謝いたします。

IMGP0094.JPG

GSI(Global Studies Institute)オフィス(国際交流)


■本郷キャンパス(S館3階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:03-5684-4836  FAX:03-5684-4657


■ふじみ野キャンパス(西館1階):
月-金 9:00〜18:10 土 9:00〜13:00
TEL:049-261-7916  FAX:049-261-7996