保育実践研究センター ふらっと文京|文京学院大学

保育実践研究センター ふらっと文京|文京学院大学

センター長ご挨拶

保育実践研究センター長

人間学部准教授 森下葉子


 本センターは2004年(平成16年)度の文部科学省の現代的教育ニーズ取組支援プログラム(通称:現代GP)に採択され,ふじみ野キャンパス内に開設されました。

 主な活動は,幼児教育や保育を学ぶ学生への実習の場の提供,地域の未就園児とその保護者への子育て支援,幼児教育や保育に関する研究です。これらの活動は,本学の建学の精神である「自立と共生」に則り,学生,地域利用者,教職員等すべての関係者の主体的態度を養うというセンターの理念のもと行われています。

 センター設立から17年経ち,この間に学生や子育て家庭を取り巻く環境は変わりました。

 保育者や教員には,昨今の保育・教育現場での現代的課題を踏まえ,保育や教育に必要な従来の知識や技能に加え,特別な配慮を要する子どもたちを援助する力,また多様な家庭を支援する力が求められるようになりました。一方で,ここ数年,授業や実習など様々な場面で,多様な人と関わる経験や生活体験の不足など学生の課題を感じることが増えています。

 子育て家庭を取り巻く環境も,18年前に比べて子育て支援センターや親子で過ごす場が大学周辺にもずいぶん増えました。子育て支援の量の充実とともに質の充実がより一層求められています。本センターで行っている子育て支援活動「ふらっと文京」は,開設から一貫して,イベントやプログラムの提供は行わず,乳幼児の発達に応じた質の高い玩具の提供,スタッフに見守られながら親子がゆったりと関われる空間の提供を主としています。

 このような変化のなかで,すべての人が主体的に,学習や子育て,自己実現に関わることができるよう本センターは何をするべきだろう?と,日々,理念に立ち返りながら事業や活動内容を見直し続けています。今後も,学生の学びの場として,また,地域の子どもとその保護者が育ち合う場として貢献できるようスタッフ一同,努めてまいります。

 最後に,保育実践研究センターの通称「ふらっと文京」の由来をお伝えしましょう。

「ふらっと」は,①平なこと,②競技等で端数がないこと,③長屋,④音楽記号の♭の意味をもちます。

「ふらっと文京」には,学生や地域の保護者の方々に以下のメッセージが込められています。

<学生の皆さんへ>

"ふらっと"見るのもOKです。一歩ずつ,実際に関わりながら学びましょう。力を抜いて保育を実感してください。

<子育て中の保護者の方々へ>

"ふらっと"気軽にお出かけください。細かいことは気にせずに,みんなで井戸端会議して一緒に子育てしましょう。悩みなどは半分くらい下げましょう。

地域の皆さんも学生の皆さんも,ぜひ,ふらっと文京に"ふらっと"お立ち寄りください。お待ちしています。

→教員紹介プロフィール


スタッフ紹介


センター長 森下 葉子

副センター長 須藤 佐知子

教員研究員  加須屋 裕子 椛島 香代小栗 俊之菖蒲澤 侑

運営委員   柄田 毅(ふじみ野幼稚園園長)

保育指導員  静間 綾子(保育士/幼稚園教諭二種免許)

       福田 美穂(保育士/幼稚園教諭一種免許)

保育補助   野村 恵里香

       鈴木 香央里

ご質問・ご意見等があればお声かけください。

保育実践研究センター ふらっと文京

(Child-Care Support and Research Center Fratto Bunkyo)

 

将来、保育職に就く予定の学生実習の場です。

あわせて、近隣の皆さんに親子(0~2歳)の遊び場を提供します。

 

【開所について】
 ■原則として大学の授業日程と連動して開所になります。
 ■行事等の関係で日時を変更する場合があります。

 ■災害時(台風・大雪等)や大学閉校時、ふらっと文京は閉所することがあります。

  ホームページにてご確認ください。

開所日時はこちら


【開所日時】 月曜日・水曜日・金曜日 (9:30〜14:30)
【電話受付】 月〜金曜日 9:00〜17:00

 TEL&Fax : 049-261-7483
(開所中は電話に出られないこともあります)
    
文京学院大学ふじみ野キャンパス
〒356−8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196  map