保育実践研究センター ふらっと文京|文京学院大学

保育実践研究センター ふらっと文京|文京学院大学

文京学院/EVENT RSS

学生の存在

[ カテゴリ: ]

04月

30日

2020

毎年、開所前や長期休暇の際に行う玩具清掃。

いつもは学生ボランティアを募り、協力してもらっています。

実はみなさんの目に触れていないところでも、学生たちに活躍してもらい

支えられている、ふらっと文京です。

ですが、今年は学生も「ステイホーム」。

という訳で今、スタッフが地道に少しずつ、施設内をピカピカにしています。

先日は、木製ブロック「KAPLA(カプラ)」の消毒と拭き作業をしました。

カプラ.png

カプラは、ざっと1000ピース(長い年月ですべて揃っていませんが)。

13時から2人で始めて、気がつけば、あっという間に17時を過ぎていました。

いつもは学生とふらっと文京のこと、授業のこと、幼稚園や保育所などの現場実習のこと、

子どもたちのこと、そして掃除やメンテナンスを通して、保育環境を整えることの大切さなどを

話し伝えながら、時間もそれほどかからずに終えられる作業です。

学生からの協力のありがたさを実感します。

磨きあがったカプラで、造形作品を造ってみせてくれる学生もチラホラといたりします。

カプラ.jpg

フロアで、こんな作品に出会えたらラッキーですね♪

カプラ2.png

子どもたちも、一緒に積み重ねたり、倒したり・・・

一緒に遊んだり見守ったりしながら、学生たちは、子どもの気持ちを考察したり

成長段階を学んだり、保育理解を深めたりして過ごしています。

学生の名誉のため、大きな声では言えませんが(^^♪子どもたちへの言葉かけひとつでも、

最初はドキドキなんです。

「ふらっと文京」は、学生にとって貴重な学びの場でもあります。

この記事でも、もっと学生のことに触れて、ご紹介できる機会を増やしていきたいと思います。

緊張しながら、戸惑いながら、楽しみながら、ふらっと文京で学ぼうとする保育者の卵たち。

そんな学生の育成に、これからもどうぞご理解とご協力をお願いいたします。

そして、ふらっと文京で出会ったときには、ぜひ声をかけてあげてください。

きっと緊張がほぐれて、大きな卵たちのかわいい笑顔が見られると思いますよ!

学生と共に「ステイホーム」、どうか乗り越えましょう。

保育実践研究センター ふらっと文京

(Child-Care Support and Research Center Fratto Bunkyo)

 

将来、保育職に就く予定の学生実習の場です。

あわせて、近隣の皆さんに親子(0~2歳)の遊び場を提供します。

 

【開所について】
 ■原則として大学の授業日程と連動して開所になります。
 ■行事等の関係で日時を変更する場合があります。

 ■災害時(台風・大雪等)や大学閉校時、ふらっと文京は閉所することがあります。

  ホームページにてご確認ください。

開所日時はこちら


【開所日時】 月曜日・水曜日・金曜日 (9:30〜14:30)
【電話受付】 月〜金曜日 9:00〜17:00

 TEL&Fax : 049-261-7483
(開所中は電話に出られないこともあります)
    
文京学院大学ふじみ野キャンパス
〒356−8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196  map