臨床心理相談センター|文京学院大学

臨床心理相談センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|臨床心理相談センタートップページお知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

1

当相談センターでは、10月より、「発達傾向アセスメント」を始めました。

 

主な対象は小・中学生で、有料・予約制です。

 

詳しくはこちらのページをご覧下さい。

 

 

09月

19日

2017

 

 

 

10月は、下記の日程で、当相談センターを閉室いたします。

 

平成29年10月21日(土) キャンパス内で学園祭が催されるため

平成29年10月23日(月) 創立記念日のため

 

両日とも、電話対応もできません。

当相談センターをご利用中の皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

 

 

下記の日程で、当相談センターはお休みします。

 

 

平成29年8月10日(木)~8月17日(木)

 

 

閉室期間中は、電話対応もできませんので、ご了承下さい。

ご利用中の方々には、大変ご不便をおかけします。

 

 

 

 

10月

11日

2016

下記日程で、当相談センターを閉室します。

 

平成28年10月15日(土) キャンパス内で学園祭が催されるため

 

当日は、電話対応もできません。

当相談センターをご利用中の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご了承下さい。

 

 

 

 去る2月24日(月)の午後に、本学本郷キャンパスにて、臨床心理相談センター主催の公開講演会を開催いたしました。

 今回のテーマは、最近マスメディアでも取り上げられることの多い“ネット依存”です。講師は、我が国でネット依存の治療と研究を先駆けて実施しておられる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター三原聡子先生(臨床心理士・精神保健福祉士)です。久里浜医療センターの「ネット依存外来」は2011年7月に開設された専門外来で、三原先生はそこでネット依存に悩むご家族やご本人の相談にあたっておられます。そうした日々のご経験やご研究について、約2時間にわたり分かりやすくお話しいただきました。

 具体的な内容としては、人気のあるオンラインゲームの説明とそれに熱中する人たちの生活スタイルの特徴、ネット依存は病気なのか、どういう方が治療を求めてくるのか、実際の治療ではどういうことをするのか、といったお話がありました。また、韓国を例に、今後どのような対策が考えられるかというお話もありました(韓国はインターネットの整備が日本よりも進んでいる分、ネット依存者も以前から多く、国をあげて対策を進めているとのことでした) 。中高生の間で人気のLINE(ライン)についても紹介がありました。当面の対策としては、パソコンやスマーとフォンも含めて、それらを道具としてうまく使えるよう子どもたちに伝えていくことが大事である、とのことでした。そのために必要な、各家庭や教育現場での対応についてもご説明がありました。

 参加された皆さんは、講師のお話に熱心に聞き入り、質疑応答でも具体的な質問が出たりしました。また、ご自身の経験を語られる方もいらっしゃいました。盛会の内に講演会は終了致しました。

 当相談センターでは、今後も様々なテーマで講演会を企画・開催していきたいと考えています。どうぞご期待下さい。

 

1

臨床心理相談センター

(Clinical Psychology Center)


相談は予約制です。あらかじめお電話でお申込みください。

 


 

■原則として週1回50分
■開室時間
月  11:00 〜 17:00

火・金・土 9:00 〜 17:00

水  11:00 〜 19:00

※木曜日・日曜日・祝日は休室
※ご相談の内容によっては当センターでお受けできないこともございますが、その際にはより適切と思われる機関を紹介いたします。
※相談内容について秘密を厳守します。
※現在精神科治療やカウンセリング等を受けておられる方の相談受付に際しましては、原則として担当医師の紹介状をお持ちいただくようお願いしております。

 


 

臨床心理相談センター(本郷キャンパス内 B館1F)
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 map
TEL&FAX:03-5684-4829