臨床心理相談センター|文京学院大学

臨床心理相談センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|臨床心理相談センタートップページお知らせ|すべてのメディア掲載一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのメディア掲載一覧

1  2  3

第14回 臨床心理相談センター公開講演会

 

「苦しむ人の前で私たちにできること ~逃げないで関わり続けるために~ 」

 

今年度も下記の日程で公開講演会を開催いたします。

テーマに関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

申込みページよりお申込み下さい。

 

日 時  : 平成29年8月9日(水) 午後6時~8時

場 所  : 文京学院大学 本郷キャンパス (東京メトロ南北線 「東大前」駅 2番出口)

定 員  : 50名

参加費  : 無料

講 師  : 小澤 竹俊 先生 (めぐみ在宅クリニック院長、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会理事)

 

【講師よりひと言】

  もし、目の前に解決が困難な苦しみを抱えた人がいたら、あなたは何ができますか。

  力になれない時、関わり続けることは容易ではありません。

  本当の力とは「逃げないで関わり続けること」。

  その可能性を紹介しましょう。

 

 

 

参加のお申し込みは、以下のリンク先にてお申込みください。

申込みフォームはこちら

 

 

お問い合わせは、文京学院大学臨床心理相談センター(03-5684-4829)まで。

お電話・ファックスでのお申込み受け付けています。お名前・連絡先電話番号をお知らせください。

 

 

 

【講師紹介】

 

めぐみ在宅クリニック
Megumi Zaitaku Clinic 
 
◆医師紹介◆
院長: 小澤 竹俊
Director: Taketoshi Ozawa, M.D., Ph. D.
1963 年東京生まれ。世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたいと願い、医師を志す。
1987 年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。
1991 年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センター、農村医療に従事 した後、94 年より横浜甦生病院内科・ホスピス勤務。
1996 年にはホスピス病棟長となる。
2006 年めぐみ在宅クリニックを開院、院長として現在に至る。
「自分がホスピスで学んだことを伝えたい」との思いから、2000 年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。一般向けの講演も数多く行い、「ホスピスマインドの伝道師」として精力的な活動を続けている。 
2013 年より、人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクトを開始。
2015 年 4 月には有志と共にエンドオブライフ・ケア協会を設立。 理事就任。 多死時代にむけ、人生の最終段階の人に対応できる人材育成に努めている。 
 
◆ 指定医・資格・所属学会◆
日本内科学会 総合内科専門医 
日本緩和医療学会 暫定指導医、代議員 
日本死の臨床研究会 常任世話人、企画委員会委員長 一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会 理事 
 
◆著書◆ 
人生の意味が見つかるノート(アスコム)
今日が人生最後の日だと思って生きなさい(アスコム)
小澤竹俊の緩和ケア読本―苦しむ人と向き合うすべての人へ(日本医事新報社)
医療者のための実践スピリチュアルケア―苦しむ患者さんから逃げない!(日本医事新報社)
いのちはなぜ大切なのか(筑摩書房)その他著書多数 
 

 

 

下記の期間は年末年始休暇のため、当相談センターを閉室します。

 

2016年12月28日(水)~ 2017年1月6日(金)

 

 

 

また、本郷キャンパスにて大学入試センター試験が実施される関係で、下記の2日間は相談業務を行いません。

 

2017年 1月13日(金) 電話対応のみ(9時~15時)

         1月14日(土) 閉室

 

 

当相談センターをご利用の方には、ご不便をおかけします。

 

 

 

 

第13回 臨床心理相談センター公開講演会

 

「思春期のこころの光と影 ~もうひとりの私について「千と千尋の神隠し」から考える~ 」

 

今年度も下記の日程で公開講演会を開催いたします。

テーマに関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

申込みページよりお申込み下さい。

 

日 時  : 平成28年7月30日(土) 午後3時~5時

場 所  : 文京学院大学 本郷キャンパス (東京メトロ南北線 「東大前」駅 2番出口)

定 員  : 50名

参加費  : 無料

講 師  : 岩宮 恵子 先生 (島根大学教育学部教授・島根大学こころとそだちの相談室室長)

 

【講師よりひと言】

  子どもが思春期に入るというのは、人のこころの影の部分に気がつくということでもあります。

  無邪気だった子が、親に否定的な目を向けるようになったりするのは、親にとっても

  きついことです。

  でもそれは、子どもが自分について考えるようになるために必要な道のりなのです。

  そのような思春期のこころについて、宮﨑アニメ「千と千尋の神隠し」のストーリーを

  読み解きながらお話したいと思います。

 

 

参加のお申し込みは、以下のリンク先にてお申込みください。

申込みフォームはこちら

 

 

お問い合わせは、文京学院大学臨床心理相談センター(03-5684-4829)まで。

お電話・ファックスでのお申込み受け付けています。お名前・連絡先電話番号をお知らせください。

 

 

 


続きを読む

文京区が作成した「文京区ひきこもり支援地域資源マップ」に、臨床心理相談センターが紹介されました。このマップには、区内の気軽にふらっと行けるところやお話しができるところが掲載されています。マップは、図書館、地域活動センター、体育館といった区公共施設や区内心療内科等にて配布されており、下記文京区のホームページからもダウンロードできます。

 

文京区ひきこもり支援地域資源マップ

 

第12回 臨床心理相談センター主催 公開講演会

 

「 親と子の関係を生き生きと保つには?

  ~『遊び』に表れる子どものこころ~ 」

 

 

下記の日程で公開講演会を開催いたします。

テーマに関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

 

日 時 : 平成28年2月15日(月)10時~12時

場 所 : 文京学院大学 本郷キャンパス (東京メトロ南北線「東大前」駅 2番出口)

定 員 : 先着50名(要・事前申し込み)

参加費 : 無料

 

【講師紹介】 井口 由子 先生(子ども・思春期メンタルクリニック/市ヶ谷心理相談室)

 

【講師からひと言】

スマホなどインターネット機器を手離せない毎日、便利だけれど時間に追われる生活、そんななかでお子さんとの関係にどこか気持ちのずれを感じていませんか?

幼児から小学生・中学生まで、子どもは親の支えのなかで「自分」を育んでいきます。

子どもとの情緒的な関係で何が大切か、心の発達のプロセスをふまえ、親としてのあり方を振り返ってみましょう。

行き詰まった時、「遊び」に何かを変える不思議な力がありますよ。

 

 

参加のお申し込みは、以下のリンクから申込みフォームにご記入下さい。

申込みフォームはこちら

 

お問い合わせは、文京学院大学臨床心理相談センター(03-5684-4829)まで。

お電話・ファックスでの申込みも受け付けています。お名前・連絡先電話番号をお知らせ下さい。

 

 

 

下記の期間は年末年始休暇のため、当相談センターを閉室します。

 

2015年12月27日(日)~2016年1月7日(木)

 

 

 

また、本郷キャンパスにて大学入試センター試験が実施される関係で、下記の2日間は相談業務を行いません。

 

2016年1月15日(金) 電話対応のみ(9時~15時)

    1月16日(土) 閉室

 

 

当相談センターをご利用の方には、ご不便をおかけします。

 

 

 

 

09月

30日

2015

10月は、下記の日程で、当相談センターを閉室いたします。

 

平成27年10月17日(土) キャンパス内で学園祭が催されるため

平成27年10月23日(金) 創立記念日のため

 

両日とも、電話対応もできません。

当相談センターをご利用中の皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

 

下記の期間、当相談センターは閉室いたします。

 

平成27年8月9日(日)~8月16日(日)

 

閉室期間中は、電話対応もできません。

ご利用者の皆様にはご不便をおかけします。

 

 

06月

3日

2015

 

6月5日(金)は都合により午後から閉室いたします。

 

電話対応できませんのでご了承下さい。

 

ご利用中の方にはご迷惑をおかけします。

 

 

 

第11回 臨床心理相談センター主催 公開講演会

 

『高齢期のこころの健康 ~認知症やうつにならないために~』

 

 

今年度も下記の日程で、公開講演会を開催いたします。

テーマに関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

 

 

誰しも年を重ねると身体面、経済面等と様々な気がかりが多く出てきます。それに伴い65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”になるということ、さらには高齢期になると様々な要因で“うつ”状態になりやすいともいわれています。

自覚のない物忘れや感情を抑えることが難しく怒りやすくなった、気分が落ち込み何にも興味を持てなくなった等、生活する上での様々な支障に対する予防や対策について、今回はお話しをしていきます。

 

 

日 時 : 平成27年3月6日(金)10時~12時

場 所 : 文京学院大学 本郷キャンパス (東京メトロ南北線「東大前」駅 2番出口)

定 員 : 50名(要・事前申込み)

参加費 : 無料

 

 

参加のお申し込みは、以下のリンクから申込みフォームにご記入下さい。

申込みフォームはこちら

 

 

お問い合わせは、文京学院大学臨床心理相談センター(03-5684-4829)まで。

お電話・ファックスでの申込みも受け付けています。お名前・連絡先電話番号をお知らせ下さい。

 

 

【講師紹介】

山﨑 幸子 先生 〔文京学院大学准教授・臨床心理士、博士(人間科学)〕

 

 

 

1  2  3

臨床心理相談センター

(Clinical Psychology Center)


相談は予約制です。あらかじめお電話でお申込みください。

 


 

■原則として週1回50分
■開室時間
月  11:00 〜 17:00

火・金・土 9:00 〜 17:00

水  11:00 〜 19:00

※木曜日・日曜日・祝日は休室
※ご相談の内容によっては当センターでお受けできないこともございますが、その際にはより適切と思われる機関を紹介いたします。
※相談内容について秘密を厳守します。
※現在精神科治療やカウンセリング等を受けておられる方の相談受付に際しましては、原則として担当医師の紹介状をお持ちいただくようお願いしております。

 


 

臨床心理相談センター(本郷キャンパス内 B館1F)
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 map
TEL&FAX:03-5684-4829