<

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

7月3日(水)STUDENT AMBASSADOR PROGRAMS*の学生大使の皆さんが本学を訪問し、経営学部コンテンツ・マーケティング専攻の講義を体験、また当日開催していた学生主催の七夕イベントに参加し、交流をおこないました。

 

 

講義では、日本で人気のアニメ・ゲームを舞台化をしたアニメライブブロデューサーの豊陽子氏を特別講師としてお招きし、アニメライブや日本の文化の一つであるコスプレについてご講義頂きました。アニメ映像が流れると歓声があがり歌を歌ったり振り付けをしたりと講義も大盛況でした。

ハワイでも日本のアニメの認知度が高いことがその様子からうかがえました。

講義後、実際に舞台で使用したコスプレや七夕イベントの浴衣などを体験し、記念撮影をしました。

 

  

 

 

七夕イベントでは、わなげやわたあめなどの日本の夏の風物詩である縁日を体験し、より親睦を深めました。

また、本学の東日本大震災支援活動プロジェクトであるブレーメンズが講義内で活動内容を発表し、七夕イベントでチャリティグッズを販売しました。

学生大使の皆様にもたくさんの商品を手にとって頂き、温かいご支援を頂きました。

 

  

 

 

 

短い時間ではありましたが、学生大使の皆様に日本の文化を体験して頂き、

学生もグローバルな交流が出来、楽しいひとときを過ごすごしました。

 

 

 

 

 

最後には歌のプレゼントを頂きました。

 

 

 

*STUDENT AMBASSADOR PROGRAMSとは

アンバサダープログラムは、米国の中高校生を対象にており、外国に旅行し、異国の文化と生活風習の違いを体験し、交流することにより、健全な精神と平和な社会になるべく、交流により国際理解を深めることを目的としたプログラムです。参加する学生が、AMBASSADOR(学生大使)としてMISSION(使命)を持つよう意識づけられております点で通常の旅行とは異なっております。プログラムは、第34代アメリカ大統領アイゼンハワーの孫にあたるメアリー・アイゼンハワーがCEOであるPEOPLE TO PEOPLE INTERNATIONALという財団組織の名のもとに行われております。

 

2013年8月3日(土)、文京コンテンツアワード2013が開催されます。

今回で2回目となる本アワードでは、学生を対象に商品化・ビジネス利用を前提としたオリジナルコンテンツを募集しております。

当日会場では、集まった学生作品の上映及び受賞者の発表を行います。

選考通過作品は、3月に本学が出展を予定している「東京国際アニメフェア2014」文京学院大学ブースにて展示・上映致します。さらに、入選作品の中で特に商品化に適したものは、マーケティングゼミ生がフィールドワーク授業の中で商品企画化し、企業に提案・営業を行います。

 

自分で制作したオリジナルコンテンツが商品化・ビジネス化されるチャンスです!

 

たくさんのご応募心よりお待ちしております。

 

 

 

作品募集の概要は こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 文京コンテンツアワード2013開催概要 ]

開催日:2013年8月3日(土)

会 場:文京学院大学本郷キャンパス

アクセス:https://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

 

 

[ お問い合せ ]

〒113-8668

東京都文京区向丘1-19-1  文京学院大学・短期大学 コンテンツ多言語知財化センター

E-mail:cmd@bgu.ac.jp

TEL:03-5684-4865 

 

 

長期フィールドワーク2013チラシ.jpg

長期フィールドワーク実践とは、身につけた知識や技能を総動員して臨む、実践的な授業です。最終的には3月末に開催される東京国際アニメフェアに出展し、学生がオールプロデュースをしたブースを出展致します。

 

実社会で通じるスキルを習得して、ゼミナールや就職活動に活かしてみませんか?

 

昨年の度東京国際アニメフェア2013文京ブースの様子はこちら

 

 

以下の日程で、授業説明会を開催いたします。

 

日時 : 4月12日(金) 14:50〜16:20(4限)

場所 : 東館3階 304号室

対象 : 経営学部・外国語学部(1、2年生)

 

 

 

今回の説明会で取り上げる授業の概要:

 

■コンテンツMDイベント出展(TAF出展)プロジェクト

授業時間:金曜4限及び放課後

指導担当教員:川村 順一 他

「東京国際アニメフェア」文京学院大学ブースで、学生アニメーション作品を素材として、商品化、プレゼンなど一切の運営を行う。留学生の参加歓迎します。

 

■デジタルコンテンツ制作と流通

授業時間:水曜3限及び放課後

指導担当教員:喜多見 康

(広報・宣伝・営業)学内外のCG作品のプロモーションとイベント運営。
(企画・制作)学外からの企画・制作業務受注。
(教育)高度な作品制作実習。

 

■CGアニメーション制作

授業時間:月曜4・5限

指導担当教員:喜多見 康

アニメーション作品を制作し、学内上映、選考会を開催の後「東京国際アニメフェア」文京学院大学ブースで上映発表を行う。

 

 

 

【関連リンク】

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)

 

株式会社リペア様から企業イメージキャラクター制作のご依頼を頂き、この春本学を卒業された内藤桃香さん(経営学部 倉嶋ゼミ)が制作したキャラクター「リベア」が採用されました。

 

また、当センターの取り組みである「東日本大震災 遺児支援プロジェクト」ブレーメンズにご賛同頂き、キャラクターオリジナルの卓上カレンダー・タンブラー・ポチ袋の制作のご依頼を受けご購入頂きました。

チャリティグッズの売上げは、経費を除いた全ての

収益金を東日本大震災遺児支援活動に寄付いたします。

 

 

「ブレーメンズ」の今までの活動についてはこちらをご覧ください:コンテンツチャリティプロジェクト

 

 

 

[関連リンク]

株式会社リペア: http://www.e-repair.jp/index.php?data=./data/l2/ (外部サイト)

ブレーメンズサイト : http://bremens.webcrow.jp/(外部サイト)


ナカチカ株式会社様とコラボレーションをしたキャラピサイトがオープン致しました。

「キャラピ」とはナカチカ株式会社様が考案した、あなたの趣味・人柄を表現するあなた専用のキャラクターです。
心をこめて、オーダーメイドにて作成をおこなっております。

そのキャラピを広める為のプロモーション展開案を考えて欲しいとのご要望があり、コラボレーションさせて頂きました。

何案かのプロモーション提案の中からキャラピサイトの案が採用され、プロモーションのみならず、サイトデザインから構成までを本学学生が担当致しました。

 

是非キャラピサイトをご覧下さい。

 

 

[関連リンク]

 キャラピ : http://charapi.jp/index.html  (外部サイト)

キャラピfacebook : http://www.facebook.com/CharapiJP  (外部サイト)

ナカチカ株式会社http://www.nakachika.com/   (外部サイト)

2013年3月21日~24日の4日間、東京ビッグサイトにて開催された「東京国際アニメフェア2013」で本学とコラボレーション展示をした、トルコ大使館ブースの模様がトルコ大手新聞に掲載されました。ブースデザインには、大川美緒さん(経営学部3年)がキャラクターデザイン・アニメーションを担当した「ナスレッディン・ホジャ」がメインビジュアルとして採用され、新聞記事に大々的に紹介されました。

 

記事の詳細は下記サイトをご覧下さい

C ihan Haberi  (外部サイト)

AA haberi (外部サイト)

 

 

また、トルコのニュース番組でも取り上げられ、当日の様子だけではなくアニメーション作品「ナスレッディン・ホジャ」がニュース内で上映されました。

 

 

※画像をクリックすると放送されたニュースがご視聴いただけます。

 

 

ニュース番組の詳細は下記サイトをご覧下さい

tv arsivi  (外部サイト)

Milliyet.com.tr (外部サイト)

 

東京国際アニメフェア2013での本学の取り組みはこちらをご覧下さい。

 

 

[関連サイト]

・トルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センター http://www.yunusemreenstitusu.org/japan/(外部サイト)

・東京国際アニメフェア2013 http://www.tokyoanime.jp/ja/ (外部サイト)

本学は、2013年3月21日~24日の4日間、東京ビッグサイトにて開催された「東京国際アニメフェア2013」に出展いたしました。

この度の出展では、『創新箱』~総身で創新して送信する~ をテーマにビジネスデー・パブリックデーとブースの趣向を変え、学生ならではの制約を持たない自由な発想で本学のコンテンツを送信し、ご来場頂いた皆様にお楽しみいただきました。

 

 

 

 

ビジネスデー (3月21日・22日)

ビジネスデーでは、企業様に向けて産学連携事業の実績発表のほか、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。今年は6組のグループが発表。他企業様と何ヶ月も前から進めていたコラボレーション企画案の発表など内容豊かな発表となりました。お招きした企業様の他、通りすがりでご興味をお持ち頂いた企業様も学生の発表に真剣に耳を傾けて下さり、貴重なアドバイスや商談に繋がるようなお話を頂きました。

 

 

 

 

 

パブリックデー (3月23日・24日)

パブリックデーでは、ビジネスデーの固い雰囲気から一転し、学生のアニメーション作品の上映の他に、昨年に引き続き「東日本大震災 遺児支援プロジェクト」ブレーメンズのチャリティグッズを販売しました。昨年のグッズに加え、新たにキーホルダーやTシャツなど新しいチャリティーグッズも販売。海外から来場した方にもご好評頂きグローバルな温かいご支援を頂きました。

 

 

 

 

3月23日(土)15時15分からは本学ブースの様子をUSTREAMで配信しました。本学で開催中のオープンキャンパスと生中継し、ブースのデザインやブレーメンズの取り組みを高校生に紹介しました。また、他ブースの企業様をお招きし、本学ブースからTAF2013会場の様子を配信、会場を盛り上げました。この模様は、USTREAM公式サイトトップページで紹介され、たくさんの方にご視聴頂きました。

 

 

 

 

 

トルコ大使館とのコラボレーション

昨年から継続して産学連携のコラボレーション企画を行っているトルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センター様からご依頼を受けアニメーションを制作しました。大川美緒さん(経営学部3年)がキャラクターデザイン・アニメーション制作を担当。「ナスレッディン・ホジャ」というトルコ民話の登場人物がトルコ共和国の魅力を伝えるアニメーションを制作し、そのキャラクターがビジネスデートルコ大使館ブースのメインビジュアルとして展示されました。

また、3月22日(金)にはクリエイターズワールドミニステージにて当センター長喜多見康教授が発表を行い、「ナスレッディン・ホジャ」のアニメーションを紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

4日間の開催期間中、たくさんの方に本学ブースにお立ち寄り頂き温かいお言葉を頂きました。

学生にとってとても貴重な経験を得る事ができ、またひとつ成長することができました。

 

 

ご来場いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連リンク】

・東京国際アニメフェア2013 http://www.tokyoanime.jp/ja/ (外部サイト)

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)

「東日本大震災 震災遺児支援プロジェクト」ブレーメンズのサイトがオープン致しました。

http://bremens.webcrow.jp/

 

東日本大震災が発生して今日で2年目の節目となりました。

震災により被災された皆様には謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 

本プロジェクトは震災を機に”自分たちの力でも何かできないか”という学生たちの思いから数人の学生と本センタースタッフではじめた活動でした。今では、参加学生も増え、企業様のご協力も頂いております。

 

本日までブレーメンズが活動を継続できたのも、ひとえに支えて下さる皆様の温かい気持ちがあってこそです。

ご協力を頂き誠にありがとうございます。

学生ながらの小さな支援ではありますが、続けていくことに意味があると考えております。

この活動に共感をもって頂いた皆様に、活動の輪が広がりますようご協力を頂けたら幸いです。

 

 

今後とも「ブレーメンズ」をよろしくお願いいたします。

 

 

「ブレーメンズ」の今までの活動についてはこちらをご覧ください:コンテンツチャリティプロジェクト

 

・ブレーメンズサイト : http://bremens.webcrow.jp/

・ブレーメンズfacebookページ : https://www.facebook.com/Breamens

 

 

 

トルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センター主催の「トルコ短期留学」奨学金プログラム募集告知用ポスター・チラシを本学学生がデザイン致しました。

本学の取組みである「新・文明の旅」がご縁で、昨年7月に開催された「東京国際ブックフェア」のトルコ大使館ブースのデザインを担当させて頂き、ブース来場者の方からご好評を頂いた為、継続して今回トルコ短期留学募集のポスター・リーフレットのデザインを担当することとなりました。

 

「東京国際ブックフェア」については、こちらをご覧下さい。

 

 

内藤桃香さん(経営学部4年生)・岩谷雪代さん(経営学部3年生)・大川美緒さん(経営学部2年生)がデザインを担当。4種類のバリエーション豊かなデザインのポスター・チラシが採用され、本学だけではなく他大学・専門学校にも掲示・配布されました。

 

トルコ短期留学に興味をお持ちの方は是非とも学生が制作したポスターをご覧下さい。

 

内藤さんデザイン(経営学部4年生)

大川さんデザイン(経営学部2年生)

岩谷さんデザイン(経営学部3年生)

       

 

 

[関連リンク]

・トルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センター http://www.yunusemreenstitusu.org/japan/(外部サイト)

 

 

本学は、2013年3月21日(木)から24日(日)に東京ビッグサイトで開催される世界最大級のアニメの祭典「東京国際アニメフェア2013」に出展いたします。(ブース番号:B-9)

 

今年度の出展テーマは、『創新箱』 ~総身で創新して送信する~

「創新箱」という言葉は、私たちが考えたオリジナルの造語です。

創新とは文字通り、“新しいものを創る”という意味合いがあり、“イノベーション”を意味する中国語です。

箱はビックリ箱をモチーフとしています。

「創新箱」には、開けた人々に、予想外の驚きとイノベーションを与える、

私たち学生のアイディアや挑戦、可能性の詰まった箱です。


本学では2006年より継続して「東京国際アニメフェア(TAF)」に出展し、今年で7回目の出展となります。本学ブースでは学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介を予定しております。毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAFでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。また、パブリックデーでは昨年に引き続き「東日本大震災 遺児支援プロジェクト」ブレーメンズのチャリティグッズの販売を予定しております。

 

是非、学生の1年間の集大成をご覧下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

 

プレゼンテーションの内容等、詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

【イベントの概要】

 

名称 東京国際アニメフェア2013
主催 東京国際アニメフェア実行委員会
協賛 東京国際アニメフェア実行委員企業・団体 他
会場 東京ビッグサイト 東京国際展示場
会期期間 2013年3月21日(木)~3月24日(日)
【ビジネスデー】3月21日(木)/3月22日(金)
【パブリックデー】3月23日(土)/3月24日(日)
開催時間 【ビジネスデー】10:00~17:00
【パブリックデー】10:00~18:00
※ パブリックデー入場は終了時間の30分前まで
入場料

【ビジネスデー】
公式ホームページで事前登録された方及びビジネス招待券をお持ちの方:無料
未登録・ビジネス招待券のない方:1,000円
※商談環境保全のため18歳未満の方は入場できません。


【パブリックデー】
当日券:1,000円(一般)、500円(中高生)
前売券:800円(一般)、400円(中高生)

※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方は2名まで無料

 

 

ビジネスデーに来場を希望される企業の方は、コンテンツ多言語知財化センターまでメールにてお気軽にお問い合わせください。

E-mail:cmd@bgu.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

 

一般の方は、パブリックデーのチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

 

 

 

【関連リンク】

・東京国際アニメフェア2013 http://www.tokyoanime.jp/ja/ (外部サイト)

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)

 

 


続きを読む

<前へ11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター 本郷キャンパス

※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。


平日10:00-18:00(月曜〜金曜)
お問い合わせもお気軽にどうぞ