コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

AnimeJapan 出展2017 / 2018

【出展記録】
【AnimeJapan2018 出展報告】
aj2018_top1.jpg
aj2018_top2.jpg

本学では2006年から「東京国際アニメフェア(TAF)」、2014年からは「AnimeJapan」に継続して出展し、今回で12回目の出展となりました。

今回のテーマは

「TRY ANGLE」

学生と企業がタッグを組み、運営班・MD班・デザイン班の三つの班で協力してきた集大成を、AnimeJapanという大きな舞台で発表致しました。

マーチャンダイジング企画プレゼン発表

ビジネスを目的とした来場者に向けて、産学連携事業の実績発表のほか、本学ブースのメインプログラムの1つである、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。

今年は伊豆大島班・伝統工芸班・中津川班・STB班・ブレーメンズ班の5組のグループがプロジェクトの1年間の取り組みを発表しました。

伊豆大島班と伝統工芸班は先輩から引き継いだ各プロジェクトの成果を、中津川班はイベントブースデザイン実績や今後継続して提案していくコンテンツ内容を、STB班は配信が実現した新CM制作についてそれぞれ自信を持った発表となりました。

本学の東日本大震災 支援プロジェクトの1つであるブレーメンズは、初プロデュースを行った復興支援イベント「根浜グランピア」の実績と、学生のアイディアから生まれた「ねば〜だるま」の紹介を行いました。

プレゼン後、共感をいただいたお客様には「ねば〜だるま」を購入いただくことができました。

AnimeJapan2018は過去最高の入場者数となり、文京学院大学ブースも多くのお客様に足を止めていただきました。

aj2018_main1.jpg aj2018_main2.jpg aj2018_main3.jpg
aj2018_main4.jpg aj2018_main5.jpg aj2018_main6a.jpg

東日本大震災 支援プロジェクト 「ブレーメンズ」チャリティグッズ販売

プレゼンテーション発表後、学生のアニメーション作品上映の他、東日本大震災支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売しました。

今年は、「楽しみながら商品を購入いただきたい」という学生の思いからオリジナルガチャガチャでの販売も実施。

発表後の短い時間ではありましたが、男女問わず多くの方に商品を手に取ってご覧いただき、今年も多く温かいご支援を賜りました。

たくさんのご支援、誠にありがりがとうございました。

aj2018_bremen3.jpg aj2018_bremen2.jpg aj2018_bremen1.jpg

ブレーメンズのこれまでの活動については こちらをご覧ください

ニコニコ生放送配信

会期両日、AnimeJapannでの本学の取り組みをより多くの人に知ってもらう為、ニコニコ生放送「文京学院チャンネル」より番組「【文京学院大学 AnimeJapan 2018学生実行委員会 ブースより生中継! 」を生配信致しました。

この配信では、本学ブースを紹介し視聴者に本学の取り組みをPRしました。ブレーメンズの活動紹介や販売の様子、翌日のプレゼンテーション発表の告知など、元気なプレゼンターがブース紹介を行いました。

aj2018_nico2.jpg aj2018_nico1.jpg aj2018_nico3.jpg

aj2018_syugo

2日間の開催期間中、多くの方に本学ブースにお立ち寄りいただきました。

始めは、ばらばらだった学生たちも、本番が近づくに連れ自然と1つのチームとなり、協力してブース出展を成功させることができました。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

【関連リンク】

【AnimeJapan2018 出展概要】

TRYANGLE30*30.jpg

AJ18_w310h74_3_0112+.jpg

本学は、2018年3月24日(土)・25日(日)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2018」メインエリアに出展いたします。( ブース番号:J36 )

本学では2006年から2013年まで「東京国際アニメフェア(TAF)」に継続して出展してまいりました。2014年より2つのアニメイベントが統合され、「AnimeJapan」という名称に変わり、TAFからの出展回数も含め今回で12回目の出展となります。

今年度の出展テーマは、「TRY ANGLE」

今年のテーマ「TRY ANGLE」には、三角形を意味するトライアングルという言葉から、運営班・MD(マーチャンダイジング)班・デザイン班の三つの班が協力し、本産学連携プロジェクトを成功させたいという願いが込められています。

本学のブースでは、アニメーション制作に加え、ブースデザインからマーチャンダイジング企画プレゼンまで学生自ら全てをプロデュースしています。

開催当日は、学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介を予定しております。学生でありがなら企業と連携し、様々な切り口で多種多様な産学連携プロジェクトに挑戦しています。

毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAF、AnimeJapanでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

また、プレゼンテーション発表後には、本学の東日本大震災支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売致します。

是非、学生が仲間たちと共に諦めずに歩んだ1年間の集大成をご覧下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【イベントの概要】

名称 AnimeJapan 2018
主催 一般社団法人アニメジャパン
後援 一般社団法人日本動画協会 / コミック出版社の会
会場 東京ビッグサイト
東展示棟 東1~8ホール [パブリックデイ]
会議棟1Fレセプションホール他 [ビジネスデイ]
パブリックデイ会期期間

2018年3月24日(土)・25日(日)

パブリックデイ開催時間 10:00~17:00
※最終入場16:30
入場料 2018年1月下旬より販売予定
事前販売 中学生以上:1,800円(税込)/小学生以下:無料
当日券 中学生以上:2,200円(税込)/小学生以下:無料

ご来場の際はチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

【関連リンク】

【出展内容 詳細】

ブース名 文京学院大学
ブース番号 J36
テーマ

今年度のテーマは、「 TRY ANGLE 」

トライアングルとは英語で三角形を意味します。

運営班・MD班・デザイン班の三つの班で協力し、活動を成功させたいという願いを込めました。

また、"トライアングル"という単語には「Try」(試みる)と「Angel」(視点・観点)が含まれています。

・「TRY」
 私たち学生はまだまだ未熟なため、殻を破り成長するために挑戦が必要不可欠です。そのため、何事にも「Try」する(試みる)ことをモットーとします。

・「ANGLE」
学生ならではの視点・観点を提供し、企業だけでは生まれないクリエイティブで斬新なアイデアを生み出します。

出展内容

【学生制作CGアニメーション上映】

本学では前期と後期で開催される「文京コンテンツアワード」「文京CGアニメショー」で、選考を通過した作品を上映します。 このイベントでは学内だけではなくアニメやゲーム、映像業界の関係者をお招きし、学生作品に対してご講評を頂いております。 また、文京コンテンツアワードでは学外の高校生以上の学生作品を募集し、公のコンペティションとして開催しています。

上映プログラム

  • 「 Light 」浅利星渚
  • 「 洗車戦車」蓮見紘矢
  • 「 雪の日 」和田浩弥
  • 「 Snow 」栗林明日海 / 大内利紗 / 小松萌果
  • 「 母をたずねて 」高橋暉 / 小川竜汰 / 張口
  • 「 Life 」浅利星渚
  • 「 丸くんの物語 」王子玉
  • 「 夢と現実 」呉自流
  • 「 SPACE WAR 」蓮見紘矢
  • 「 チキチキ!不思議の国の大レース‼ 」栗林明日海 / 大内利紗 / 小松萌果
AJ2018_sam04

【マーチャンダイジング企画プレゼン】 ( 第1回 10:30 ~11:30  第2回 12:30 ~ 13:30 )

 学生によるマーチャンダイジング企画の発表を致します。昨年度からさらに発展した案件や企業から発注頂いた案件などを発表致します。さらに、新たな提案をさせて頂きます。

■ 株式会社シマーズ様・東海汽船株式会社様との事例

AJ2017_010.jpg昨年度大きな反響をいただきました「椿ランタンライトアッププロジェクト」がパワーアップ。今年度は島民の方向けに「椿ランタンの作成会」を実施し、地域と一体化したイベントとすることで参加者増を目指しました。SNSを利用した魅力の発信により反響が広がり、来場者数は200名超。さらに「助六太鼓保存会」のみなさんの素晴らしい演奏でイベントに花を添えて頂きました。

■ 岩槻人形共同組合様との事例

AJ2017_009-01.jpg 岩槻人形の元祖である裃雛(かみしもびな)を復興させるために、「大切な人への願いを込めて」というコンセプトの下に、今年度は商品化を目指しました。「健康」「勉強」「就職」「良縁」という4つの願いを具現化するために、生地のデザインから衣装、持ち物、髪型まで、「ゆる可愛さ」を表現。職人さんと打ち合わせを重ね、二人三脚で製作しました。

■ 中津川市様・中京学院大学様の事例

AJ201802.jpg 2027年のリニア開通へ向け、盛り上がりを見せる「岐阜県中津川市」の魅力発信のために活動しています。地域や行政、中京学院大学と連携し中津川市の魅力と学生の力を掛け合わせ地域活性の一因になることを目指します。

■ 株式会社STBヒグチ様との事例

AJ201803.jpg 本学の学生が企業の地上波用アニメCMをリニューアル制作し、ただいま放送中!!また日本語の他、海外顧客向けに英語、韓国語、中国語の3パターンのCMを作成しイベントで上映。CMイメージそのままに企業ブースの装飾デザインも担当いたしました。

■ 東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」ご協賛企業様との事例

東日本大震災復興支援プロジェクトブレーメンズでは、学生デザインのグッズを制作、販売し売上の全てを被災地に寄付する活動をしています。被災地に残る海への恐怖を克服し、もう一度海と向き合ってもらいたいという願いを込め、今年度はブレーメンズ初となる復興支援イベント「根浜グランピア」を、岩手県釜石市にて開催しました。釜石復興の一助となるように、ラグビーW杯に向け「ねば〜だるまプロジェクト」展開中です。

AJ2015_0006.jpg

【チャリティグッズ販売】 ( 14:00 ~ 販売開始 )

 東日本大震災復興支援を目的とするプロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売します。

ブレーメンズについてはこちらをご覧ください

[関連サイト]

ブレーメンズwebサイト (外部サイト)

ブレーメンズfacebookページ (外部サイト)

【AnimeJapan2017 出展概要】

AJ2016_001_web.jpg

AJ2016_001_web02のコピー.jpg

本学は、2017年3月25日(土)・26日(日)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2017」メインエリアに出展いたします。

( ブース番号:J44 )

本学では2006年から2013年まで「東京国際アニメフェア(TAF)」に継続して出展してまいりました。

2014年より2つのアニメイベントが統合され、「AnimeJapan」という名称に変わり、TAFからの出展回数も含め今回で11回目の出展となります。

今年度の出展テーマは、「ゼロプロ」~ ゼロプロジェクト ~

「ゼロプロ」とは、学生と企業がタッグを組んでゼロから創り上げる産学連携プロジェクトのことです。

本学のブースでは、アニメーション制作に加え、ブースデザインからマーチャンダイジング企画プレゼンまで学生自ら全てをプロデュースしています。

開催当日は、学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介を予定しております。学生でありがなら企業と連携し、様々な切り口で多種多様な産学連携プロジェクトに挑戦しています。

毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAF、AnimeJapanでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

また、プレゼンテーション発表後には、本学の東日本大震災 遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売致します。

是非、学生が仲間たちと共に諦めずに歩んだ1年間の集大成をご覧下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【イベントの概要】

名称 AnimeJapan 2017
主催 一般社団法人アニメジャパン
後援 経済産業省 / 一般社団法人日本動画協会 / コミック出版社の会
会場 東京ビッグサイト
東展示棟 東1~7ホール [メインエリア]
会議棟1Fレセプションホール [ビジネスエリア]
メインエリア会期期間

2017年3月25日(土)・26日(日)

メインエリア開催時間 10:00~17:00
※最終入場16:30
入場料 事前販売 中学生以上:1,800円(税込)/小学生以下:無料
当日券 中学生以上:2,200円(税込)/小学生以下:無料

ご来場の際はチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

【関連リンク】

【出展内容 詳細】

ブース名 文京学院大学
ブース番号

J44

テーマ

今年度のテーマは、「 ゼロプロ 」~ ゼロプロジェクト ~

みなさんは「ゼロ」という数字から何を思い浮かべますか?
私たちのテーマである「ゼロプロ」とは、学生と企業がタッグを組んで
ゼロから創り上げる産学連携プロジェクトのことです。
ひとりの学生の力は小さく、頼りないかもしれません。
でも、仲間と一緒に諦めずに努力をし続ければ、きっと道は開けます。

大きな一歩へ繋がると確信しています。

出展内容

【学生制作CGアニメーション上映】

本学では前期と後期で開催される「文京コンテンツアワード」「文京CGアニメショー」で、選考を通過した作品を上映します。 このイベントでは学内だけではなくアニメやゲーム、映像業界の関係者をお招きし、学生作品に対してご講評を頂いております。 また、文京コンテンツアワードでは学外の高校生以上の学生作品を募集し、公のコンペティションとして開催しています。

上映プログラム(一部)

  • 「カモの兄弟の日常」森 一郎 / 滝 真菜 / 野崎 涼大(経営学部 2年)
  • 「子供部屋のバトルロワイヤル」麻生 小百合 / 田畑 潤也 / 山本 翔平(経営学部 3年)
  • 「それ行け!おじいさん」加藤 葵 / 仲田 初美 / 石川 健太 / 和田 浩弥(経営学部 3年)
  • 「宇宙人の災難」小松 萌果 (経営学部 2年)
  • 「微睡むペンギン」高橋(経営学部 2年)

AJ2017_02.jpg

【マーチャンダイジング企画プレゼン】 ( 第1回 10:30 ~11:30  第2回 12:30 ~ 13:30 )

 学生によるマーチャンダイジング企画の発表を致します。昨年度からさらに発展した案件や企業から発注頂いた案件などを発表致します。さらに、新たな提案をさせて頂きます。

■ 株式会社シマーズ様・東海汽船株式会社様との事例

AJ2017_010.jpg 2013年、台風による土砂災害で大きな被害を受けた伊豆大島の復興支援のため、学生が伊豆大島の象徴である椿を活かしたイベントを企画、開催。「SNS」によりイベントの写真を拡散することで、若者や外国人に視覚的に伊豆大島の魅力を伝えます。

■ 岩槻人形共同組合様との事例

AJ2017_009-01.jpg 奄学生のユニークな発想と岩槻の人形職人の巧みな技術により、現代の願いを受け止める新しい裃雛人形を開発。衣裳着人形の可能性を見出し、岩槻の伝統工芸に新たな息吹をもたらします。

AJ2015_0006.jpg

【チャリティグッズ販売】 ( 14:00 ~ 販売開始 )

 東日本大震災で被災した子どもたちへの学資支援を目的とするプロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売します。

ブレーメンズについてはこちらをご覧ください

[関連サイト]

ブレーメンズwebサイト (外部サイト)

ブレーメンズfacebookページ (外部サイト)

【AnimeJapan2017 出展報告】
AJ2017__booth2.jpg
AJ2017_booth4.jpg

2017年3月25日(土)・26日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催された国内最大級のアニメの祭典「AnimeJapan2017」に出展いたしました。

本学では2006年から「東京国際アニメフェア(TAF)」、2014年からは「AnimeJapan」に継続して出展し、今回で11回目の出展となりました。

今回のテーマは

「ゼロプロ」~ ゼロプロジェクト ~

学生と企業がタッグを組み、ゼロから作り上げたプロジェクトに挑戦し、その集大成をAnimeJapanという大きな舞台で発表致しました。

マーチャンダイジング企画プレゼン発表

ビジネスを目的とした来場者に向けて、産学連携事業の実績発表のほか、本学ブースのメインプログラムの1つである、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。
今年は伊豆大島班・伝統工芸班・ブレーメンズの3組のグループがプロジェクトの1年間の取り組みを発表。
伊豆大島班と伝統工芸班は、「きれい」や「かわいい」といった感想をいただけるものを完成・実現させ、
苦労話も交えながら、自信を持った発表となりました。

本学の東日本大震災 支援プロジェクトの1つであるブレーメンズは1年間の活動報告をし、企業の方へ協賛の呼びかけや
来年度検討しているプロジェクトについても発表しました。

会場が賑わう中、学生の懸命な発表の声に、アニメ作品を楽しみに来場された方も足を止め、発表に耳を傾けて下さいました。

発表後は、企業の方から貴重なアドバイスや商談に繋がるようなお話しをいただき、来年度の新しいステップアップとなりました。

AJ2017_booth6.jpg AJ2017_booth4.JPG AJ2017_booth1.JPG
AJ2017_booth5.JPG AJ2017_booth3.jpg AJ2017_booth2.JPG

東日本大震災 支援プロジェクト 「ブレーメンズ」チャリティグッズ販売

プレゼンテーション発表後、学生のアニメーション作品上映の他、東日本大震災 支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売しました。

タンブラーや缶バッチなどの定番グッズの販売はもちろんのこと、新商品として学生が新たに商品開発をした下敷きやカードホルダー・レターセットなどを販売。グッズのバラエティも豊富になりました。

今回はグッズの量が増えていたことで以前から課題となっていた商品のディスプレイを検討。商品がより良く見えるように工夫をし、多くの方の目にとまるように模索致しました。

その努力が実り、昨年より多くの方に商品を手にとっていただくことができました。

発表後の短い時間ではありましたが、国内のみならず海外からの来場者の方にたくさん商品をお手にとっていただき、昨年より多く温かいご支援を賜りました。

たくさんのご支援、誠にありがりがとうございました。

2017040501.png 2017040503.png 2017040504.png

ブレーメンズのこれまでの活動については こちらをご覧ください

ニコニコ生放送配信

会期両日、AnimeJapannでの本学の取り組みをより多くの人に知ってもらう為、ニコニコ生放送「文京学院チャンネル」より番組「【文京学院大学 Anime Japan 2017学生実行委員会 ブースより生中継! 」を生配信致しました。

1日目25日(土)は本学ブースを紹介し視聴者に本学の取り組みをPRしました。ブレーメンズの活動紹介や販売の様子、翌日のプレゼンテーション発表の告知など、元気なプレゼンターがブース紹介を行いました。

2日目26日(日)は会期最後のプレゼンテーション発表を生配信。生放送ならではのトラブルもありましたが、たくさんの方にご視聴いただきました。

IMG_2137.JPG IMG_2112.JPG IMG_2115.JPG

AJ2017_booth.jpg

2日間の開催期間中、多くの方に本学ブースにお立ち寄りいただきました。
これらの成果が出るまでには多くの困難がありましたが、諦めずに最後まで取り組み、
ひと周り成長することができました。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

【関連リンク】

文京学院大学Anime Japan学生実行委員会 facebookページ (外部サイト)

文京学院チャンネル (外部サイト)

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。