コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

AnimeJapan 出展2015 / 2016

【出展記録】
【AnimeJapan2016 出展概要】

AJ2016_001.jpg

AJ2016_L_jp_1209_2.jpg

本学は、2016年3月26日(土)・27日(日)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2016」メインエリアに出展いたします。( ブース番号:J33)

本学では2006年から2014年まで「東京国際アニメフェア(TAF)」に継続して出展してまいりました。

昨年度から2つのアニメイベントが統合され、「AnimeJapan」という名称に変わり、今回で3回目の出展となります。TAFからの出展回数も含め、今回は記念すべき10回目の出展となります。

今年度の出展テーマは、「学ワリ」~ 学生だけどワリとやる ~

本学のブースでは、アニメーション制作に加え、ブースデザインからマーチャンダイジング企画プレゼンまで学生自ら全てをプロデュースしています。

開催当日は、学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介を予定しております。
学生でありがなら企業と連携し、様々な切り口で多種多様な産学連携プロジェクトに挑戦しています。

毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAF、AnimeJapanでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

また、プレゼンテーション発表後には、本学の東日本大震災 遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売致します。

是非、学生の1年間の集大成をご覧下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

AJ2016_005.png

【イベントの概要】

名称 AnimeJapan 2016
主催 一般社団法人アニメジャパン
後援 経済産業省 / 一般社団法人日本動画協会 / コミック出版社の会
会場 東京ビッグサイト
東展示棟 東1~6ホール [メインエリア]
会議棟1Fレセプションホール [ビジネスエリア]
メインエリア会期期間

2016年3月26日(土)・27日(日)

メインエリア開催時間 10:00~17:00
※ファストチケット入場は9:30〜9:59
※最終入場16:30
入場料

事前販売 中学生以上:1,600円(税込)/小学生以下:無料
当日券 中学生以上:2,000円(税込)/小学生以下:無料

ご来場の際はチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

【出展内容 詳細】

ブース名 文京学院大学
ブース番号 J33
テーマ

今年度のテーマは、「 学ワリ 」~ 学生だけどワリとやる~

学生の力を皆さんはご存知ですか?
学生だけど、アニメ制作会社でメイキングを担当。
学生だけど、伝統工芸品を新たな組み合わせで商品化。代官山蔦屋書店で販売する。
学生だけど、トルコと日本を堅い絆で繋ぐ。
学生だけど、あの人も愛した禅を若い世代に伝える。
学生だけど、オリジナル商品の売上げで震災遺児を助ける。

そう、学生だけどワリとやるんです。

出展内容

【学生制作CGアニメーション上映】

本学では前期と後期で開催される「文京コンテンツアワード」「文京CGアニメショー」で、選考を通過した作品を上映します。 このイベントでは学内だけではなくアニメやゲーム、映像業界の関係者をお招きし、学生作品に対してご講評を頂いております。 また、文京コンテンツアワードでは学外の高校生以上の学生作品を募集し、公のコンペティションとして開催しています。

上映プログラム

  • 「 日常 」桑子涵 (経営学部 2年)
  • 「 Where is 赤ずきん 」麻生 小百合 (経営学部 2年)
  • 「 ゴミ置き場で 」石川 健太 (経営学部 2年)
  • 「 ももたろう 」加藤 葵 (経営学部 2年)
  • 「 猫の冒険 」中村 美香 (経営学部 2年)
  • 「 スーパージョナサン」馬場 直人 / 林 直樹 / 青木 一泰 (経営学部 3年)
  • 「 ホーリーモンスター」中田 遥 / 佐藤 真由美 / 遠藤 翔月(経営学部 3年)
  • 「 BG 」木村 健太 / 鈴木 貴大 / 高橋 一成(経営学部 3年)
  • 「 テニスコートのハムスター 」 山本翔平 (経営学部 2年)
  • 「 だるま三兄弟 」加藤葵 (経営学部 2年)
  • 「 社畜ウサギの徹夜明け 」麻生小百合 (経営学部 2年)
  • 「 オルゴール カノン 」 田畑潤也 (経営学部 2年)
  • 「 Magic Detective 」佐藤真由美 / 中田遥(経営学部 3年)
  • 「 SPJ rider 」林直輝 / 青木一泰 / 馬場直人(経営学部 3年)

AJ2016_002.jpg

【マーチャンダイジング企画プレゼン】 ( 第1回 10:30 ~11:30  第2回 12:30 ~ 13:30 )

 学生によるマーチャンダイジング企画の発表を致します。昨年度からさらに発展した案件や企業から発注頂いた案件などを発表致します。さらに、新たな提案をさせて頂きます。

■ ユヌス・エムレ インスティトゥート東京 トルコ文化センター様との事例

「見返りを求めない真心の大切さ」をテーマに、日ト共同製作映画「海難1890」応援ブログ記事配信などを通して、日本とトルコ共和国について学んだことを発表します。

■ 代官山 蔦屋書店様との事例

AJ2016_008.jpg 奄美大島の大島紬と岩槻の江戸木目込人形の匠の技、学生のデザインが融合した高級眼鏡置きを開発。代官山蔦屋書店様にて開催する共同フェアについて発表致します。

■ 禅トレプレナー協会様との事例

AJ2016_003.jpg外国人を対象とした「ジョブズが愛したZENツアー」をプロデュース。ツアー実施の様子や、制作を手がけた紙芝居・禅語帳などのコンテンツについて発表します。

■ SIGNAL.MD様との事例

アニメーション制作会社SIGNAL.MD様での1年間のインターンシップの集大成を「カラフル忍者いろまき」の紹介と共に発表します。

■ 東日本大震災遺児支援プロジェクト
「ブレーメンズ」ご協賛企業様との事例

東日本大震災から5年。被災地の今を皆さんにお伝えすると共に、一年間の活動報告とご協賛企業との取り組みを紹介し、企業への協賛を呼び掛けます。

AJ2016_006.png

【産学官連携実績紹介】

【事例1】 代官山蔦屋書店 様 / はじめ商事 様

【事例2】 ライフアシスト 様

AJ2015_0006.jpg

【チャリティグッズ販売】 ( 14:00 ~ 販売開始 )

 東日本大震災で被災した子どもたちへの学資支援を目的とするプロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売します。

ブレーメンズについてはこちらをご覧ください

[関連サイト]

ブレーメンズwebサイト (外部サイト)

ブレーメンズfacebookページ (外部サイト)

【AnimeJapan2016 出展報告】

AJ2016_booth01.jpg 2016年3月26日(土)・27日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催された国内最大級のアニメの祭典「AnimeJapan2016」に出展いたしました。

AJ2016_booth03.jpg 本学では2006年から「東京国際アニメフェア(TAF)」、2014年からは「AnimeJapan」に継続して出展し、今回は記念すべき10回目の出展となりました。

今回のテーマは

「学ワリ」~ 学生だけどワリとやる ~

学生でありながら、様々な切り口で多種多様なプロジェクトに1年間挑戦し、その集大成をAnimeJapanという大きな舞台で発表致しました。

マーチャンダイジング企画プレゼン発表

ビジネスを目的とした来場者に向けて、産学連携事業の実績発表のほか、本学ブースのメインプログラムの1つである、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。

今年は5組のグループが1年間手がけたプロジェクトの成果を発表。毎年継続して進めているプロジェクトの今年度活動実績や新しい切り口のコンテンツ案の発表など、学生ならではの視点でアイディア溢れるプレゼン内容となりました。学生の懸命な発表の声に、ビジネス来場者以外のお客様も足を止めてくださり、熱心に発表をご覧いただきました。

発表後は、企業の方から貴重なアドバイスや商談に繋がるようなお話しをいただき、プロジェクトがまた一つ躍進しました。

AJ2016_hapyou02.jpg AJ2016_hapyou05.jpg AJ2016_hapyou04.jpg
AJ2016_hapyou06.jpg AJ2016_hapyou03.jpg AJ2016_hapyou07.jpg

東日本大震災 遺児支援プロジェクト 「ブレーメンズ」チャリティグッズ販売

AJ2016_bremens5.jpg
※ 画像をクリックすると大きなサイズで写真をご覧になれます

プレゼンテーション発表後、学生のアニメーション作品上映の他、東日本大震災 遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売しました。

タンブラーや缶バッチなどの定番グッズの販売はもちろんのこと、新商品としてクリップセットを販売しました。クリップセットは柄の違うクリップを自由に選んで購入していただき、とても楽しくお客様に選んでいただきました。

また、ブレーメンズの協賛企業である鹿児島県奄美大島の有限会社はじめ商事様より大島紬をご提供いただき完成した「想いを繋ぐポーチ」を販売しました。ポーチの縫製は、少しでも被災地支援の架け橋になるように、震災で被災した女性たちが働く「南三陸ミシン工房」に制作を依頼しました。

発表後の短い時間ではありましたが、国内のみならず海外からの来場者にたくさん商品をお手にとっていただき、温かいご支援をいただきました。

たくさんのご支援を賜り、誠にありがりがとうございました。

AJ2016_bremens1.jpg AJ2016_bremens3.jpg AJ2016_bremens4.jpg

ブレーメンズのこれまでの活動については こちらをご覧ください

ニコニコ生放送配信

会期両日、AnimeJapannでの本学の取り組みをより多くの人に知ってもらう為、ニコニコ生放送「文京学院チャンネル」より番組「【生中継!】文京学院大学 Anime Japan 2016 学ワリ~学生でもワリとやる~ 」を生配信致しました。

一日目26日(土)は本学ブースを紹介し視聴者に本学の取り組みをPRしました。ブレーメンズの活動紹介や販売の様子、翌日のプレゼンテーション発表の告知など、余す所なくブースの見所を紹介しました。

二日目27日(日)は会期最後のプレゼンテーション発表を生配信。配信中には視聴者から多くのコメントが寄せられ、たくさんの方にご視聴いただきました。

AJ2015_nico04.jpg AJ2015_nico02.jpg AJ2015_nico03.jpg AJ2015_nico01.jpg

AJ2016_syugou.jpg

2日間の開催期間中、多くの方に本学ブースにお立ち寄りいただきました。

学内では経験できない貴重な経験を得ることができ、大きく成長することができました。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

【AnimeJapan2015 出展概要】

AJ2015_M_jp.jpg

本学は、2015年3月21日(土)・22日(日)に東京ビッグサイトで開催される世界最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2015」メインエリアに出展いたします。(ブース番号:J28)

本学では2006年から2013年まで「東京国際アニメフェア(TAF)」に継続して出展してまいりました。

昨年度から2つのアニメイベントが統合され、「AnimeJapan」という名称に変わり、今回で2回目の出展となります。

開催当日は、学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介を予定しております。毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAF、AnimeJapanでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

AJ2015_0007.jpg

今年度の出展テーマは、「学生磁力」

今年のテーマ「学生磁力」では、学生と企業が手を組むことで発生する、ユニークなアイデアやコンテンツを、人を惹きつける磁力として表しました。

また「学生」の熱意で「磁力」を強めていくことで、多くの方々に私たちの活動に興味を持っていただき、共感してもらいたいという意味が込められています。

また、本学の東日本大震災 遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売致します。

AJ2015_0003.jpg是非、学生の1年間の集大成をご覧下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【イベントの概要】

名称 AnimeJapan 2015
主催 AnimeJapan 実行委員会
後援 一般社団法人 日本動画協会/コミック出版社の会
会場 東京ビッグサイト
東展示棟 東1~6ホール [メインエリア]
会議棟1Fレセプションホール [ビジネスエリア]
メインエリア会期期間

2015年3月21日(土)・22日(日)

メインエリア開催時間 10:00~17:00
※ファストチケット入場は9:30〜9:59
※最終入場16:30
入場料

事前販売 中学生以上:1,600円(税込)/小学生以下:無料
当日券 中学生以上:2,000円(税込)/小学生以下:無料

ご来場の際はチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。
チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

【出展内容 詳細】

ブース名 文京学院大学
ブース番号 J28
テーマ

今年度のテーマは、「学生磁力」

「あなたはこれまでの人生で、強く惹きつけられるものに出会ったことはありますか?」

 今年の我々のテーマ「学生磁力」では、学生と企業が手を組むことで発生する、ユニークなアイデアやコンテンツを、人を惹きつける磁力として表しました。また「学生」の熱意で「磁力」を強めていくことで、多くの方々に私たちの活動に興味を持っていただき、共感してもらいたいという意味が込められています。

出展内容

【学生制作CGアニメーション上映】

本学では前期と後期で開催される「文京コンテンツアワード」「文京CGアニメショー」で、選考を通過した作品を上映します。 このイベントでは学内だけではなくアニメやゲーム、映像業界の関係者をお招きし、学生作品に対してご講評を頂いております。 また、文京コンテンツアワードでは学外の高校生以上の学生作品を募集し、公のコンペティションとして開催しています。

上映プログラム

  • 「 メーデー 」(高校生)
  • 「 妖精 」 菊地 健太(経営学部 1年)
  • 「 花猫 」鈴木 貴大(経営学部 2年)
  • 「 Let's Fishing 」佐藤 真由美(経営学部 2年)
  • 「 やきとりンピック~週末の裏事情~ 」
    岡本 ひかる[監督]/ 柿澤 春花 / 近藤潤一 / 森本涼太(経営学部 3年)
  • 「 なつことアルパカ物語 」
    木下 奏 [監督] / 加藤 洋介 / 大熊 直紀 / 近藤映良(経営学部 3年)
  • 「 いんふぇるのっ! 」Project Inferno(経営学部 卒業生)
  • 「 時計 」遠藤 翔月(経営学部 2年)
  • 「 ダーツをする熊 」木村 健太(経営学部 2年)
  • 「 おばけのじっけん 」佐藤 真由美(経営学部 2年)
  • 「 逃げろー 」高橋 一成(経営学部 2年)
  • 「 魚屋ペン太郎 」中田 遥(経営学部 2年)
  • 「 朝 」西沢 明恵(富山大学)
  • 「 仮針ランナウト 」山口 加帆里(富山大学)
  • 「 walk 」定者 流星(富山大学)

AJ2015_0009.jpg

【マーチャンダイジング企画プレゼン】 ( 第1回 10:30 ~11:30  第2回 12:30 ~ 13:30 )

 学生によるマーチャンダイジング企画の発表を致します。昨年度からさらに発展した案件や企業から受注頂いた案件などを発表致します。さらに、新たな提案をさせて頂きます。

■ トルコ大使館文化部/ユヌス・エムレ インスティトゥート様との事例

AJ2015_0010.jpgトルコ共和国PRアニメーションで制作したキャラクター「ナスレッディン・ボジャ」を使用したトルコ共和国の魅力を広める為の新たなビジネス展開を提案します。

■ 代官山 蔦屋書店様との事例

AJ2015_0001.jpg代官山蔦屋書店の「プレミアエイジの集客」を目的とした新たなライフスタイルプロモーションを提案します。

■ 禅トレプレナー協会様との事例

今海外で注目されている自分と向き合うツール「 ZEN 」をより身近に感じてもらう為のオリジナルコンテンツを発表します。

■ 東日本大震災遺児支援プロジェクト
「ブレーメンズ」ご協賛企業様との事例

1年間の活動報告とご協賛企業様とのコンテンツ領域における社会貢献活動の新たな取り組みを発表します。

ほか

【産学官連携実績紹介】

【事例1】株式会社埼玉ブロンコス 様

【事例2】 セーレン株式会社 様

AJ2015_0006.jpg

【チャリティグッズ販売】 ( 14:00 ~ 販売開始 )

 東日本大震災で被災した子どもたちへの学資支援を目的とするプロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売します。

ブレーメンズについてはこちらをご覧ください

[関連サイト]

ブレーメンズwebサイト (外部サイト)

ブレーメンズfacebookページ (外部サイト)

【AnimeJapan2015 出展報告】

2015年3月21日(土)・22日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催された「AnimeJapan2015」に出展いたしました。
本学では2006年から「東京国際アニメフェア(TAF)」、昨年からは「AnimeJapan」に継続して出展して参りました。

9回目の出展となる今回のテーマは「学生磁力」。学生と企業が手を組むことで発生するユニークなアイデアやコンテンツを、人を惹きつける磁力として表し、多くの方々に私たちの活動に興味を持って頂けるように、来場者にアピールしました。

マーチャンダイジング企画プレゼン発表

ビジネスを目的とした来場者に向けて、産学連携事業の実績発表のほか、本学ブースのメインプログラムの1つである、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。

今年は6組のグループが1年間手がけたプロジェクトの集大成を発表。継続して進めているプロジェクトの今年度活動実績や新提案の他、学生アニメーション作品を題材とした新規案件、新しい切り口のコンテンツ案の発表など、バライティ豊かな学生ならではの発表となりました。ビジネス来場者以外のお客様もたくさん足を止めていただき、発表に真剣に耳を傾けていただけました。

発表後は、貴重なアドバイスや商談に繋がるようなお話をいただくなど今後の活動に一歩躍進しました。

AJ2015_hapyou.jpg AJ2015_hapyou8.jpg AJ2015_hapyou7.jpg
AJ2015_hapyou9.jpg AJ2015_hapyou10.jpg AJ2015_hapyou6.jpg

東日本大震災 遺児支援プロジェクト 「ブレーメンズ」チャリティグッズ販売

プレゼンテーション発表後、学生のアニメーション作品上映の他、東日本大震災 遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売しました。タンブラーや缶バッチなどの定番グッズに加え、新たにマグカップ、オリジナルバック、プッシュピンなどの新商品を販売致しました。

発表後の短い時間ではありましたが、たくさんの来場者に足を止めていただき、温かいご支援をいただきました。

ご支援賜り、誠にありがりがとうございました。

AJ2015_bremens5.jpg AJ2015_bremens3.jpg AJ2015_bremens2.jpg

ブレーメンズのこれまでの活動については こちらをご覧ください

ニコニコ生放送配信

会期両日、AnimeJapannでの本学の取り組みをより多くの人に知ってもらう為、ニコニコ生放送「文京学院チャンネル」より番組「【生中継】文京学院大学AnimeJapan 2015 〜文京学院生が送る学生磁力〜 」を生配信致しました。

一日目22日(土)は本学ブースを紹介し視聴者にPR致しました。ブレーメンズの活動紹介や販売の様子、学生のアニメーション作品、ブースデザインのコンセプト、翌日のプレゼンテーション発表の告知など、余す所なくブースの見所を紹介しました。

二日目23日(日)は会期最後のプレゼンテーション発表を生配信。配信中には視聴者から多くのコメントが寄せられ、想像を上回る多くの方にご視聴いただきました。

AJ2015_nico.jpg AJ2015_nico3.jpg AJ2015_nico5.jpg

AJ2015_syugou.jpg

2日間の開催期間中、多くの方に本学ブースにお立ち寄りいただきました。

学生にとっても学内では学ぶことが出来ない貴重な経験を得る事ができ、またひとつ成長することができました。

ご来場いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。