コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

東京国際アニメフェア 出展2011 / 2012

【出展記録】
  • 東京国際アニメフェア2012
    2012年 3月22日(木)〜25日(日)
    出展概要
    出展報告
  • 東京国際アニメフェア2011
    2011年 4月14日(木)(東京国際アニメフェア2011は東日本大震災により中止)
    出展概要
    出展報告
【東京国際アニメフェア2012 出展概要】

本学は、2012年3月22日~25日に東京ビッグサイトで開催される「東京国際アニメフェア2012」に出展いたします。

(ブース番号:C-17)

本学では学生制作によるCGアニメーションの展示と、それを元にしたマーチャンダイジングプランの発表を目的に、2006年より継続して「東京国際アニメフェア(TAF)」に出展してきました。毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAFでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

今年度の出展テーマは、 発信!学生力!!

学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介、チャリティグッズ販売などを予定しております。

プレゼンテーションの内容等、詳細はこちらをご覧ください。

【イベントの概要】

名称 東京国際アニメフェア2012
主催 東京国際アニメフェア実行委員会 (実行委員長 石原慎太郎(東京都知事))
協賛 東京国際アニメフェア実行委員企業・団体 他
会場 東京ビッグサイト 東京国際展示場 東1・2・3ホール 他
会期期間 2012年3月22日(木)~3月25日(日)
【ビジネスデー】3月22日(木)/3月23日(金)
【パブリックデー】3月24日(土)/3月25日(日)
開催時間 【ビジネスデー】10:00~17:00
【パブリックデー】10:00~18:00
※ パブリックデー入場は終了時間の30分前まで
入場料

【ビジネスデー】
事前登録 無料
未登録 1,000円
※事前登録は2012年2月1日よりホームページ上にて開始
※関係者およびビジネス目的の来場者のみの受付のため、18歳未満は入場禁止

【パブリックデー】
当日 / 大人:1,000円 中高生:500円
前売 / 大人: 800円 中高生:400円
※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方2名までは無料

ビジネスデーに来場を希望される企業の方は、コンテンツ多言語知財化センターまでメールにてお気軽にお問い合わせください。

E-mail:cmd@ba.u-bunkyo.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

一般の方は、パブリックデーのチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【出展内容 詳細】

ブース名 文京学院大学
ブース番号 C-17
テーマ

今年度のテーマは、 発信!学生力!!

◎ なぜ、『発信!学生力!!』なのか

Twitter やFacebook などを通じて、世界に発信されるコンテンツが注目される時代に、私たち学生が発信できることは何か?と考えました。それは、学生ならではの斬新なアイデアだと思います。

そこで私たちは、学生だからこそ作り出せるアイデアを"学生力"という言葉に置き換え、個性豊かな学生たちが世界へ向かって発信するという意味を込めてこれをテーマとして掲げました。

本年度は、活動の幅を広げるべく外部企業・他大学との連携に加え、櫻井ゼミ生による企画案のプレゼンテーションなど、より広いコンテンツ業界への取り組みに挑戦します。私たちの力はまだまだ小さいですが、日頃アニメやキャラクターに慣れ親しんでいない企業様方を積極的にこのTAF に誘導するなどして精一杯TAF を盛り上げていきます。大学という枠にとらわれず、更なる飛躍を続ける本学の試みはまだまだ留まるところを知りません。

出展内容

【学生制作CGアニメーション上映】22日、23日、24日、25日

本学で毎年2回開催される「文京CGアニメショー」で、選考を通過した作品を上映します。アニメショーでは、審査員としてアニメやゲーム、映像業界の関係者をお招きし、審査をおこなっています。

上映プログラム

  • 「 カッコよくなった・・・? 」 高木 哲平 (経営学部2年)
  • 「 さんぽ 」 西山 千晶 (経営学部2年)
  • 「 にんじんたべよう 」 春山 侑紀 (経営学部2年)
  • 「 Candy 」 若島 愛 (経営学部2年)
  • 「 拾われたその日に 」 雨堤 正樹 (経営学部2年)
  • 「 海のバケモンあらわる 」 田島 大揮 (経営学部2年)
  • 「 奮闘記 ~どうしてこうなった~ 」 斉藤 ひかる (経営学部2年)
  • 「 アニメ 」 日影 舘麻衣 (高校生)
  • 「 春夏秋冬 」 小野澤 真理 (高校生)
  • 「 地球探索 」 井上 義文 (経営学部2年)
  • 「 Memories of Music Box 」 高田 真歩 (経営学部2年)
  • 「 Heavenly Night 」 西山 千晶 (経営学部2年)
  • 「 たべすぎちゅうい!? 」 若島 愛 (経営学部2年)
  • 「 チャイニーズ・ブッキー 」 宮田 哲也 (経営学部2年)
  • 「 コンビニングs 」 金子 将也 (経営学部4年)
  • 「 runninggirl 」大杉 巧 (富山大学)
  • 「 鏡花伝 」 種川 真章  (富山大学)

【マーチャンダイジング企画プレゼン】22日、23日

今回の出展では、今までの実績を踏まえた上で、企業から受注を受けた案件の製作発表、また実績の発表をしていきます。さらに、新たな提案をしていきます。

1. STBヒグチ様 たんぽぽの種企画案 ~自ら楽しんで歯磨きをする!~

株式会社STBヒグチ様の製品「たんぽぽの種」歯ブラシについて、親が子どもにプレゼントしたくなるような販売方法を提案します。

2. 小学生を狙った新たなアプリケーションソフトの提案

学生制作のアニメーション作品「Candy」のキャラクターを題材に、スマートフォン・タブレット端末向けの英語学習ゲームアプリを企画しました。

3. うさぎと一緒に快適学生ライフ!

学生制作のアニメーション作品「にんじんたべよう」のキャラクターを題材に、学生生活で不便なことや困っていることをサポートしてくれるアプリを企画しました

【産学連携実績紹介】

【事例1】スターツコーポレーション株式会社 様

【事例2】株式会社STBヒグチ 様

【事例3】株式会社ジェマティカ・レコーズ 様

【チャリティグッズ販売】24日、25日

ブレーメンズが、東日本大震災で被災した子どもたちへの学資支援を目的とするチャリティグッズを販売します。

工房わかぎりとのコラボレーション製品、本革のオリジナルパスケースも数量限定で販売予定!

ブレーメンズについてはこちらをご覧ください

【東京国際アニメフェア2012 出展報告】

本学は、2012年3月22日~25日の4日間、東京ビッグサイトにて開催された「東京国際アニメフェア2012」に出展いたしました。
この度の出展では、ビジネスデーとパブリックデーで趣向を変え、様々な切り口で本学のコンテンツを発信してご来場頂いた皆様にお楽しみいただきました。

ビジネスデー(3月22日・23日)

ビジネスデーでは、企業様に向けて産学連携事業の実績発表のほか、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。企業様も学生の発表に真剣に耳を傾けて下さり、本格的なビジネスの視点からご質問やアドバイスを頂くなど、白熱した一時となりました。

パブリックデー (3月24日・25日)

パブリックデーでは、学生作品の展示・上映の他に、昨年から活動を続けているブレーメンズが、東日本大震災で被災した子どもたちへの学資支援を目的とするチャリティグッズを販売しました。たくさんの方にグッズを手に取って頂き、商品をご購入頂きました。

また、ビジネスデーには記者の方がブレーメンズの活動を取材に来られ、その内容が3月23日発行の東京新聞に掲載されました。

活動の広がりを実感するとともに、皆様からのたくさんのご支援に感謝申し上げます。
合計募金金額につきましては改めてご報告させて頂きます。

・ 東京新聞ブレーメンズ記事詳細は こちら

・ ブレーメンズ詳細は こちら

24日には、本学学生が運営する学生限定の動画投稿サイト「P研」が、ORIGAさんの曲を使用した映像公募の受賞作品発表の模様をUSTREAMで配信しました。受賞作家にもご出演いただき、これまでの活動の集大成を発表しました。この模様を本学で開催中のオープンキャンパスでも生中継し、双方で大いに盛り上がりました。

・P研詳細は こちら(外部サイト)

・当日配信の様子は こちら (外部サイト)

ブルガリア共和国大使館とのコラボレーション

新・文明の旅という本学の取り組みをきっかけに、予てよりブルガリア共和国大使館とご縁があり、コラボチャリティーグッズの制作・販売や、お互いのブースで交流プレゼンテーションを行うことになりました。プレゼンテーションではブルガリアのアニメーション作家の方と本学学生が英語で発表を行いました。アニメーションを通じてお互いの文化に触れ、さらに親睦を深めることができました。

4日間の開催期間中、たくさんの方に本学ブースにお立ち寄り頂きました。
ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

【東京国際アニメフェア2011 発表会 開催概要】

3月24日から開催を予定しておりました東京国際アニメフェアにおける、本学学生のオリジナルアニメーション作品を元にした マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションですが、この度の東日本大震災によるフェアの中止を受け、 以下のように改めて本学内で発表の場を設けることになりました。

是非とも御観覧頂けますよう御願い申し上げます。

日時 4月14日(木)

【学内向け】   午後1:30~2:30      場所 仁愛ホール
【学外企業様向け】午後5:00~9:00(予定)  場所 B'sダイニング

学内用TAF2011ポスター

*学内用TAFポスター 学生作品

【東京国際アニメフェア2011 発表会開催報告】

4月14日(木)に、TAF(東京国際アニメフェア)発表会が本学にて開催されました。 発表会では、本学学生によるマーチャンダイジングプラン及びTAFブースデザイン、 産学連携プロジェクトの進捗報告などが行われました。 新入生のほか、学外企業様にも多数お越し頂き、盛況のうちに無事終了いたしました。 ご来会いただき誠にありがとうございました。

※当日の様子



コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。