<

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ|すべてのメディア掲載一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのメディア掲載一覧

1  2  3

9/26 『下野新聞』掲載 

 

 

震災復興支援団体ブレーメンズによる、岩手県釜石市で開催されるラグビーの世界大会での活動が紹介されました。

9/24 「NHK釜石ニュース」

    『NHK NEWS WEB』

 

震災復興支援団体ブレーメンズによる、ラグビーの世界大会が開かれる岩手県釜石市での活動が紹介されました。

 

9/23 『盛岡タイムス』掲載 

 

震災復興支援団体ブレーメンズが岩手県釜石市で開かれるラグビーの世界大会に向けて制作したねば~だるま」を活用したプロジェクトの様子や、釜石市長に活動報告をしたことが紹介されました。

 

9/21 『復興釜石新聞』掲載 

 

震災復興支援団体ブレーメンズが岩手県釜石市で開かれるラグビーの世界大会に向けて制作したねば~だるま」を活用したプロジェクトが紹介されました。

 

9/20 『岩手日報』掲載 

 

震災復興支援団体ブレーメンズが岩手県釜石市で開かれるラグビーの世界大会に向けて制作したねば~だるま」を活用したプロジェクトが紹介されました。

 

9/18 三陸ブロードネット「ウィークリーダイジェスト」

 

岩手県釜石市で震災復興支援団体ブレーメンズが「ねば~だるま」を使ってラグビーの世界大会を盛り上げる活動や、釜石市長を表敬訪問した様子が紹介されました。

9/17 日本テレビ「news every.」

 

震災復興支援団体ブレーメンズがラグビーの世界大会が開かれる岩手県釜石市で「大漁旗」を使って観客を出迎える姿が紹介されました。

 

7/29 『水上印刷株式会社ウェブサイト』掲載 

   

7/27岩手県釜石市民ホール「TETTO(テット)」の「いわて・かまいしラグビーファンゾーン」にて、水上印刷株式会社様とブレーメンズで製作した『ねば~だるまうちわ』を配布したことが紹介されました。

3/1 『広報 おおしま』掲載 

   

AnimeJapan2019実行委員会伊豆大島班(経営学部学生)が、夜祭りにおいて、椿ランタンライトアッププロジェクトを行うことが紹介されました。

3/1 『中津川市公式ウェブサイト』掲載 

   

AnimeJapan2019実行委員会中津川班(経営学部学生)が制作した『中津川市PR動画』が、「中津川市動画ライブラリー」で紹介されました。

1  2  3

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。