<

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23

2012年8月4日(土)に、文京コンテンツアワード2012が本学B'sカフェにて開催されました。

今年度から開催の本アワードでは、本学学生以外に高校生からも、商品化・ビジネス化を前提としたアニメーション・キャラクターデザイン・イラストレーションなどの作品を募集致しました。

初の試みながらも、多くの皆様に作品をご応募頂きました。ご応募頂き誠にありがとうございます。

 

入選作品は以下の8作品に決定致しました。

 

【 動画 】

 

 

「 宇宙人 」

佐藤 真由美(高校生)


 

「 たんぽぽの一生 」

垣見 恵里奈(経営学部 2年)


 

 

「 犬と電柱 」

松田 ひかる(経営学部 2年)


 

 

「 まわれまわる 」

三浦 愛実(経営学部 2年)


 

 

「 きのこ森の大冒険 」

高木 彩季(経営学部 2年)


 

「 ちびっこギャングの逃亡劇 」

  大川 美緒(経営学部 2年)


 

 

「 The Musical Band Of Bremen 」

 高木 哲平・西山 千晶・斉藤 ひかる(経営学部 3年)


 

 

【 静止画 】


 

田口 聡(経営学部 2年)

 

 

 

入選作品は、来年3月に本学が出展を予定している「東京国際アニメフェア2013」の本学ブースで上映・展示されます。

また、入選作品の中で特に商品化に適した作品は、マーケティングゼミ生がフィールドワーク授業の中で商品化し、企業に提案・運営を行います。

 

 

 

当日は、学生、企業関係者様、他 多数お越し頂き、盛況のうちに無事終了いたしました。

ご来場いただき皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

※当日の様子

 

【 第一部 】

 

        

 

【 第二部・第三部 】

 

   

東京国際アニメフェア2010がご縁で、株式会社ジャマティカレコーズ様と"プロのアーティストと学生のコラボレーション"を実現すべく長期に渡りプロジェクトを進めてきました。プロジェクトを進めていくなで本学学生が、学生が運営する学生限定の動画投稿サイト「P研」を立ち上げ、株式会社ジャマティカレコーズ様からORIGA(オリガ)さんの楽曲をご提供頂き、楽曲を使用した映像作品を募集致しました。

たくさんの学生からご応募頂き、東京国際アニメフェア2012の文京ブースにてUSTREAM配信によるグランプリの発表を行いました。( 東京国際アニメフェア2012 詳細 )

 

このたびグランプリを受賞した学生の映像作品がORIGA(オリガ)さんの新曲「Kolechko」(カレチカ)のPVとして、ダウンロード販売中です。iTunes music store 他主要配信サイトにてダウンロード販売を行っております。

 

こちらからもご購入できます。

http://itunes.apple.com/jp/music-video/kolechko/id533680929(外部サイト)

 

 

また、過去にORIGA(オリガ)さんを本学にお招きし、音楽と映像のUSTREAM番組「P研TV~ORIGA がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!~」を生配信した様子がご視聴頂けます。(「P研TV~ORIGA がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!~」詳細 )

 

 

 

P研プロデュースの集大成を是非、ご覧下さい。

 

 

 

【 P研とは 】

プロのアーティストと学生のコラボレーションを実現、

学生動画投稿サイトを運営、現在はORIGAさんの曲を使った動画を募集。

http://www.pken.tv/ (外部サイト)

 

【 ORIGAさんのプロフィール 】
ORIGA(オリガ)
ロシア・ノボシビルスク生まれのシンガーソングライター。

1994年にアルバム『ORIGA』でデビュー。1998年アルバム『永遠』は

ロシア語のポップスとして初めてオリコンチャートに登場。

映画『アリーテ姫』、TVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

等の主題歌や多くのCMにVOCALISTとしても参加されています。

http://www.r-s.co.jp/origa/ (外部サイト)

 

 

7月12日(木)アメリカ人学生大使プログラム*の高校生(約100名)が本学を訪問し、経営学部コンテンツ・マーケティング専攻の講義を体験、交流致しました。TAF2012文京ブースでおこなったプレゼンテーションを学生が発表、本学が取り組んでいる長期フィールドワーク実践を紹介致しました。また本学の東日本大震災支援活動プロジェクトであるブレーメンズを紹介しチャリティーグッズを販売致しました。

短い時間ではございましたがアメリカの学生と親睦を深めることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

*アメリカ人学生大使プログラム(STUDENT AMBASSADOR PROGRAMS)とは

アンバサダープログラムは、米国の中高校生を対象にており、外国に旅行し、異国の文化と生活風習の違いを体験し、交流することにより、健全な精神と平和な社会になるべく、交流により国際理解を深めることを目的としたプログラムです。参加する学生が、AMBASSADOR(学生大使)としてMISSION(使命)を持つよう意識づけられております点で通常の旅行とは異なっております。プログラムは、第34代アメリカ大統領アイゼンハワーの孫にあたるメアリー・アイゼンハワーがCEOであるPEOPLE TO PEOPLE INTERNATIONALという財団組織の名のもとに行われております。

 

 

 

 

※当日の様子

 

 

 

 

 

2012年8月4日(土)、文京コンテンツアワード2012が開催されます。

文京コンテンツアワード2012では、学生を対象に商品化・ビジネス利用を前提としたオリジナルコンテンツを募集しております。当日会場では、集まった学生作品の上映及び受賞者の発表を行います。

選考通過作品は、3月に本学が出展を予定している「東京国際アニメフェア2013」文京学院大学ブースにて展示・上映致します。さらに、入選作品の中で特に商品化に適したものは、マーケティングゼミ生がフィールドワーク授業の中で商品企画化し、企業に提案・営業を行います。

 

学生の力作を是非ご観覧ください。

 

 

作品募集の概要は こちら

 

 

開催日:2012年8月4日(土)

会 場:文京学院大学本郷キャンパス B’sカフェ

アクセス:https://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

 

お問い合せ:〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1

                  文京学院大学・短期大学 コンテンツ多言語知財化センター

E-mail:cmd@ba.u-bunkyo.ac.jp

 

 

 

 

プログラム:

第一部 14:55~ 学生作品上映 (B館3階 CTR6で開催)

第二部 17:30~ 選考通過作品上映・表彰(B'sカフェ)  参加無料 ワンドリンクサービス付

第三部 19:00~ レセプション (20:30終了予定)

 

 

2012年7月5日 (木)~8日 (日)の4日間、東京ビックサイトにて「東京国際ブックフェア」が開催され、トルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センターのブースデザインを本学学生が担当致しました。

新・文明の旅という本学の取り組みをきっかけに、予てよりトルコ大使館とご縁があり、今回ブースデザインという大役を務めさせて頂きました。

 

たくさんのブース来場者の皆様からお褒めのお言葉を頂きました。

当日はトルコの伝統芸術であるエブルのワークショップも開催され、秋篠宮ご夫妻もトルコブースにお越しいただきました。ブースは連日大盛況でした。

 

ブースにお立ち寄り頂きありがとうございました。

 

 

[関連リンク]

・東京国際ブックフェア http://www.bookfair.jp/ (外部サイト)

・トルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センター http://www.yunusemrevakfi.com.tr/japan/index.php?lang=ja&page=1 (外部サイト)

2012年7月4日 (水)~6日 (金)の3日間、東京ビックサイトにて「第4回販促EXPO」が開催され、セーレン株式会社様がブースを出展致しました。その際、本学学生作品とコラボレーションした促進グッズをブースに展示させて頂きました。


東京国際アニメフェア2012がご縁で、大学院経営学研究科2年生の佐々木 大輔さん・小西 考典さん(クリエイター名 : CO2) 経営学部2年生の大川美緒さんがクッション・Tシャツ等のデザインを制作致しました。

 

当日は展示だけではなく、今年度アニメフェア学生実行委員がスタッフとして参加し、促進グッズをPR致しました。

 

授業だけでは体験できない貴重な経験をさせて頂きました。

 


 

[関連リンク]

 販促 EXPO : http://www.spex.jp/  (外部サイト)

セーレン株式会社 : http://www.seiren.com/ (外部サイト)

 


 

 




本学は、2012年3月22日~25日の4日間、東京ビッグサイトにて開催された「東京国際アニメフェア2012」に出展いたしました。

この度の出展では、ビジネスデーとパブリックデーで趣向を変え、様々な切り口で本学のコンテンツを発信してご来場頂いた皆様にお楽しみいただきました。

 

ビジネスデー (3月22日・23日)

ビジネスデーでは、企業様に向けて産学連携事業の実績発表のほか、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。企業様も学生の発表に真剣に耳を傾けて下さり、本格的なビジネスの視点からご質問やアドバイスを頂くなど、白熱した一時となりました。

 

  

 

 

パブリックデー (3月24日・25日)

パブリックデーでは、学生作品の展示・上映の他に、昨年から活動を続けているブレーメンズが、東日本大震災で被災した子どもたちへの学資支援を目的とするチャリティグッズを販売しました。たくさんの方にグッズを手に取って頂き、商品をご購入頂きました。

 

 

また、ビジネスデーには記者の方がブレーメンズの活動を取材に来られ、その内容が3月23日発行の東京新聞に掲載されました。

活動の広がりを実感するとともに、皆様からのたくさんのご支援に感謝申し上げます。

合計募金金額につきましては改めてご報告させて頂きます。

 

・ 東京新聞ブレーメンズ記事詳細は こちら

・ ブレーメンズ詳細は こちら 

 

 

24日には、本学学生が運営する学生限定の動画投稿サイト「P研」が、ORIGAさんの曲を使用した映像公募の受賞作品発表の模様をUSTREAMで配信しました。受賞作家にもご出演いただき、これまでの活動の集大成を発表しました。この模様を本学で開催中のオープンキャンパスでも生中継し、双方で大いに盛り上がりました。

 

 

・P研詳細は こちら(外部サイト)

・当日配信の様子は こちら (外部サイト)

 

 

ブルガリア共和国大使館とのコラボレーション

新・文明の旅という本学の取り組みをきっかけに、予てよりブルガリア共和国大使館とご縁があり、コラボチャリティーグッズの制作・販売や、お互いのブースで交流プレゼンテーションを行うことになりました。プレゼンテーションではブルガリアのアニメーション作家の方と本学学生が英語で発表を行いました。アニメーションを通じてお互いの文化に触れ、さらに親睦を深めることができました。

 

 

 

 

4日間の開催期間中、たくさんの方に本学ブースにお立ち寄り頂きました。

ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

【関連リンク】

・東京国際アニメフェア2012 http://www.tokyoanime.jp/ja/ (外部サイト)

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)

 

本学は、2012年3月22日〜25日に東京ビッグサイトで開催される「東京国際アニメフェア2012」に出展いたします。

(ブース番号:C-17)

 

本学では学生制作によるCGアニメーションの展示と、それを元にしたマーチャンダイジングプランの発表を目的に、2006年より継続して「東京国際アニメフェア(TAF)」に出展してきました。毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAFでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

 

今年度の出展テーマは、 発信!学生力!!

学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介、チャリティグッズ販売などを予定しております。

プレゼンテーションの内容等、詳細はこちらをご覧ください。

 

 

【イベントの概要】

 

名称 東京国際アニメフェア2012
主催 東京国際アニメフェア実行委員会 (実行委員長 石原慎太郎(東京都知事))
協賛 東京国際アニメフェア実行委員企業・団体 他
会場 東京ビッグサイト 東京国際展示場 東1・2・3ホール 他
会期期間 2012年3月22日(木)~3月25日(日)
【ビジネスデー】3月22日(木)/3月23日(金)
【パブリックデー】3月24日(土)/3月25日(日)
開催時間 【ビジネスデー】10:00~17:00
【パブリックデー】10:00~18:00
※ パブリックデー入場は終了時間の30分前まで
入場料 【ビジネスデー】
事前登録 無料
未登録 1,000円
※事前登録は2012年2月1日よりホームページ上にて開始
※関係者およびビジネス目的の来場者のみの受付のため、18歳未満は入場禁止
【パブリックデー】
当日 / 大人:1,000円 中高生:500円
前売 / 大人: 800円 中高生:400円
※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方2名までは無料

 

 

ビジネスデーに来場を希望される企業の方は、コンテンツ多言語知財化センターまでメールにてお気軽にお問い合わせください。

E-mail:cmd@ba.u-bunkyo.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

 

一般の方は、パブリックデーのチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

【関連リンク】

・東京国際アニメフェア2012 http://www.tokyoanime.jp/ja/ (外部サイト)

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)


続きを読む

3月24日(土)に開催される『こどもコ・フェスタin東北 みてみたい、みつめたい ~すばらしい未来へのメッセージ~』にて、当センター長の喜多見康教授がワークショップ「アニメ制作体験」の講師を務めます。

 

 

『こどもコ・フェスタin東北』は、「音楽、映像、アニメ、マンガ、ゲーム、ロボット」など日本を代表する素晴らしいコンテンツと出会う機会を創出し、優れたクリエイタ―が未来に向かって育っていくよう、こども達と一緒に創造の楽しさ、素晴らしさを共感してもらう事を目的としています。未来のコンテンツ産業の振興につながる新しい発想が、東北から日本全国へ、そして世界へ向けて発信できるような体験をしてもらいたいと考えております。

本イベントには東北6県のこども達(小学4、5、6年生約400名)をお招きし、こども達の春休み期間中である3月24日(土)に宮城県の七ヶ浜国際村にて開催致します。

当日は、午前の部(宮城県内のこども達)/午後の部(宮城県外のこども達)の二部制(各4時間)となり、アニメ上映・音楽ライブ・クリエイティブワークショップ等々、コ・フェスタならではのプログラムを実施致します。

 

 

「こどもコ・フェスタin東北 みてみたい、みつめたい~すばらしい未来へのメッセージ~」

日時:2012年3月24日(土) 二部制(午前の部9:00-13:00 / 午後の部13:30-17:30、約4時間のプログラム内容)

会場:七ヶ浜国際村 宮城県宮城郡七ヶ浜町花渕浜字大山1番地1

参加資格:東北6県に居住している小学4、5、6年生(2012年度5,6年生及び中学1年生)及びその保護者

応募方法:①官製ハガキ及び封書に必要事項を記入ないしは記入したチラシを封入の上応募

募集期間:2/15~2/29

②コ・フェスタHPからの応募。 http://www.cofesta.jp/2011/kodomo-tohoku/

募集期間:2/15~2/29

(応募者多数の場合、抽選にて招待。当選者には3/12までに告知予定)

参加人数:合計400名予定・・・200名予定 x 2回(参加児童数)

参加料金:無料(昼食付、八戸駅、盛岡駅、北上駅、一関駅、秋田駅、仙台駅、多賀城駅、山形駅、福島駅、

郡山駅より無料送迎バスのご利用か、自家用車にてご来場をお選び頂きます。)

問合せ先:「こどもコ・フェスタin東北」運営事務局 Tel 03-5487-4593 (平日11:00~18:00)

 

**********************************************************************************************

主催:コ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)実行委員会

共催:経済産業省

後援:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、仙台市、七ヶ浜町、青森県教育委員会、岩手県教育委員会、

宮城県教育委員会、秋田県教育委員会、山形県教育委員会、福島県教育委員会、七ヶ浜町教育委員会

協力:(公財)岩手県文化振興事業団、(財)宮城県文化振興財団、(財)福島県文化振興事業団、

(財)仙台市市民文化事業団、(公財)仙台フィルハーモニー管弦楽団、㈱BBI

運営:特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)、株式会社クオラス

 

 


 

[関連リンク]

『こどもコ・フェスタ in 東北』(外部サイト)

毎日jp(毎日新聞)関連記事(外部サイト)

 

 

1月27日(金)に、第14回文京CGアニメショー2011後期が本学B'sカフェにて開催されました。

 

アニメショーでは、アニメやゲーム、映像業界の関係者を審査員にお招きし、学生の作品を選考していただきました。

今回は本学の学生以外に、文京学院大学女子高等学校・富山大学の作品が選考に参加しました。

 

選考通過作品は、3月22日(木)~3月25日(日)に開催される「東京国際アニメフェア2012」の本学ブースで上映されます。

今回選考を通過して上映が決定した作品は以下の10作品です。

 

・「アニメ」 日影 舘麻衣 (高校生)

・「春夏秋冬」 小野澤 真理 (高校生)

 

・「地球探索」 井上 義文 ( 経営学部2年 )

・「Memories of Music Box」 高田 真歩 (経営学部2年)

・「Heavenly Night」 西山 千晶 (経営学部2年)

・「たべすぎちゅうい!?」 若島 愛 (経営学部2年)

・「チャイニーズ・ブッキー」 宮田 哲也 (経営学部2年)

・「コンビニングs」 金子 将也 (経営学部4年)

 

・「runninggirl」大杉 巧 (富山大学)

・「鏡花伝」 種川 真章  (富山大学)

 

第二部では、本学の学生が立ち上げた団体・P研が、以前からP研サイト内で募集していたORIGAさんの曲を使った学生作品の上映・審査を行い、その模様をUSTREAMで生配信しました。

 

 

当日は、学生の他、学外企業様、卒業生にも多数お越し頂き、盛況のうちに無事終了いたしました。

ご来場いただき皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

 

【関連リンク】

東京国際アニメフェア2012:http://www.tokyoanime.jp/ja/
P研WEBサイト:http://www.pken.tv/

<前へ13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター 本郷キャンパス

※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。


平日10:00-18:00(月曜〜金曜)
お問い合わせもお気軽にどうぞ