<

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22

10月

28日

2013

※ ASIAGRAPH2013年度CGアートギャラリー 開場の様子

 

2013年10月24日(木)から26日(土)の3日間、日本科学未来館にてASIAGRAPH 2013 in Tokyo が開催されました。

当センター長 喜多見 康教授が代表を務めるCGアートギャラリーでは、アジア各国の優秀なCG作家と作品を紹介致しました。

 

また、公募展示部門では、本年度で7回目となる静止画・動画部門のCG作品公募の受賞作品を展示致しました。

 

特別公募部門では、去年に引き続きREALLUSION AWARD 2013の募集を致しました。今回のREALLUSION AWARD 2013では、台湾のREALLUSION社のiCloneを使い、台湾会場を舞台に48時間で課題映像作品を制作するライブコンテストを行い、各賞を選定いたしました。

 

アジア固有の価値観とニーズをより強く反映した作品展示となりました。

 

当日は悪天候の中、たくさんの方に作品をご鑑賞いただき大盛況のうちに終了いたしました。

 

 

 

ご来場いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

ASIAGRAPH 2013 (外部サイト)

ASIAGRAPH CG Art Gallery facebookページ (外部サイト)

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 


 

※昨年度 ASIAGRAPH CGアートギャラリーの様子

2013年10月24日(木)から26日(土)の3日間に渡り 

ASIAGRAPH 2013 in Tokyoが日本科学未来館開催で開催されます。

当センター長 喜多見康教授が代表を務めるASIAGRAPH CGアートギャラリーではアジア各国の多彩な招待作家作品・公募部門受賞作品を展示致します。

 

入場は無料です。皆様お誘い合わせの上ご来場ください。

 

会期 :   2013年10月24日(木)~26日(土)10:00~17:00

会場 :   日本科学未来館 http://www.miraikan.jst.go.jp/

 

 

詳細はこちら : ASIAGRAPH 2013 (外部サイト)

 

 

 

 

 

※昨年度 懇親会の様子

ASIAGRAPH 2013 in Tokyoの翌日、

ボーンデジタル、ワークスコーポレーションとコンテンツ多言語知財化センターが主催の CGWORLD 2013 -クリエイティブ カンファレンス- が本学、本郷キャンパスで開催されます。

ゲームや映像業界に向けて、メイキングや技術プレゼン・ディスカッションなど様々な内容のセッションに無料でご参加頂けます。

是非ご興味のあるセッションにご登録ください。 

また仁愛ホールではASIAGRAPH CGアートギャラリー 公募展時部門の厳選した部門受賞作品を展示上映致します。

さらに全セッションが終わった後には懇親会も予定しています。

 

 

 懇親会では、交流会とASIAGRAPH CGアートギャラリー 公募展示部門の表彰式を行います。

 

ゲームや映像業界にご興味があるかたは是非ご参加下さい。

 

 

 

会期 :   2013年10月27日(日)

時 間 :   13:00~19:00 (受付開始 12:00)※懇親会は19:30~21:00予定

会 場 :   文京学院大学 本郷キャンパス (東京メトロ南北線 東大前駅 2番出口徒歩0分)

参加費 :   無料 (参加の際には事前登録が必要となります)

参加対象:  エンターテインメント業界で従事している方  /  業界を目指している学生

主 催 :   ボーンデジタル / ワークスコーポレーション / 文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター

協賛・協力: 文京学院大学 / ASIAGRAPH CGアートギャラリー / 日本ヒューレット・パッカード

 

 

詳細はこちら http://cgw.borndigital.jp/2013/overview.html (外部サイト)

 


2013年10月19・20日に本学本郷キャンパスにて第49回文京祭が開催されました。

昨年に引続きチャリティプロジェクト「ブレーメンズ」は模擬店コーナーにてチャリティグッズを販売致しました。

 

本プロジェクトは学生のチカラはとても小さいけれど、小さなことでも何か出来ないかという気持ちから数名の学生とスタートし、チャリティグッズを試行錯誤しながら制作、販売してまいりました。

活動の輪は次第に広がり、今回の文化祭では本プロジェクトにご賛同頂いた企業様からご協力を頂き、

新商品としてスケジュール帳、卓上カレンダー、名刺入れ、マグネット、クリアファイルなどのグッズを制作、販売致しました。

 

今回の文化祭で本プロジェクトは活動3年目を迎えました。

ここまで活動を続けられたのもご支援して下さる皆様のご協力があってのことです。誠にありがとうございます。

 

 

2日目は悪天候にも係らず、たくさんの方からご支援を頂き大盛況のうちに終了致しました。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

※ 当日の様子

    

 

 

「ブレーメンズ」の活動についてはこちらをご覧ください

 チャリティプロジェクト「ブレーメンズ」

 

 

 

グッズは引き続き当知財化センターで販売していますので、

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

【 関連リンク 】

・ブレーメンズwebサイト http://bremens.webcrow.jp/

  斉藤 春香 さん

(文京学院大学女子高等学校 3年 )

  津田 綾可 さん

(文京学院大学女子高等学校 3年 )

9月28日・29日に本学併設の文京学院大学女子高等学校で文女祭「(あやめさい)」が開催され、昨年に引続きチャリティプロジェクト「ブレーメンズ」が文女祭に参加致しました。

今回で2回目となる出展では、昨年同様コラボレーション企画として高校生から作品を募り、優秀作品である2作品をタンブラー・缶バッチに商品化、販売致しました。

また学園祭当日、高校生からもスタッフを募り、ブレーメンズのメンバーとして販売に参加。ブレーメンズブースをさらに盛り上げてくれました。

 

ご購入頂いたブレーメンズチャリティグッズの売り上げ金額は全て支援団体に寄付致します。

 

2日間の開催期間中、たくさんの方からあたたかいご支援をいただきました。

 

 

ご来場頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

「ブレーメンズ」の活動についてはこちらをご覧ください

 チャリティープロジェクト「ブレーメンズ」

 

 

 

 

※当日の様子

 

 

 

 

【 関連リンク 】

・文京学院大学女子高等学校 http://www.hs.u-bunkyo.ac.jp/top.html

・ブレーメンズwebサイト http://bremens.webcrow.jp/

 

 

2013年8月3日(土)に、文京コンテンツアワード2013が本学B'sダイニング2階にて開催致しました。

今回2回目となる本アワードでは、本学学生以外にも他校の高校生以上の学生を対象に、商品化・ビジネス化を前提としたコンテンツ作品を募集し、選考致しました。

 

 

入選作品は以下の11作品に決定致しました。

 

 

 

「 男の子と猫 」

大熊 直紀 (経営学部2年)

「 棋立駒損学園 」

森本 涼太 (経営学部2年)

「 感情を持ったロボット 」

木下 奏 (経営学部2年) 

 

 

 「 あるひのけんか 」

岡本 ひかる (経営学部2年)

「 はじめくん 」

近藤 映良 (経営学部2年) 

「 中世 」

加藤 洋介 (経営学部2年) 

 

 

 「 みにくいひよこの子 」

河野 彩華 (経営学2年)

 「 鬼の逆襲 」

松田ひかる [代表]  (経営学部3年)

「 ぱんぱんパラダイス! 」

三浦 愛実 [代表](経営学部3年) 

 

 

   

     

 「奇々怪々」

菊地 健太 (埼玉県三郷工業技術高等学校)   

     「 Lack animals 」 [静止画]

     麻生 小百合 (文京学院大学女子高等学校)

 

 

 

 

入選作品は、来年3月に本学が出展を予定している「東京国際アニメフェア2014」の本学ブースで上映・展示されます。

また、入選作品の中で特に商品化に適した作品は、マーケティングゼミ生がフィールドワーク授業の中で商品化し、企業に提案・運営を行います。

 

 

 

当日は、学生、企業関係者様、卒業生他 多数お越し頂き、第三部では現在進行中の産学連携プロジェクトの発表を行いました。

 

皆様のおかげで盛況のうちに無事終了いたしました。

ご来場いただき心より感謝申し上げます。

 

 

 

※当日の様子

 

   
   

 

 

 

 

 

 

2013年8月3日(土)、文京コンテンツアワード2013が開催されます。

文京コンテンツアワード2013では、学生を対象に商品化・ビジネス利用を前提としたオリジナルコンテンツを募集し、当日会場で集まった学生作品の上映及び受賞者の発表を行います。

選考通過作品は、3月に本学が出展を予定している「東京国際アニメフェア2014」文京学院大学ブースにて展示・上映致します。さらに、入選作品の中で特に商品化に適したものは、マーケティングゼミ生がフィールドワーク授業の中で商品企画化し、企業に提案・営業を行います。

また第三部では、現在進行中の産学連携プロジェクトの発表会を行います。

 

 

 

学生の力作を是非ご観覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 開催概要 】

開 催 日   :   2013年8月3日(土)
会   場   :   文京学院大学本郷キャンパス  B’sダイニング2F  (第一部はB館3階 CTR6で開催)
アクセス   :   https://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

 

 

【 プログラム 】

第一部   :  15:00 ~  全作品上映・選考  (B館3階 CTR6で開催)
第二部   :  17:30 ~  選考通過作品上映・表彰 (ダイニング2F)
第三部   :  19:00 ~  レセプション(コンテンツアワードプロジェクト発表会)   (20:30終了予定)

 

 

 

<table style="border: 3px solid #3e3a39;" border="3">
<tbody>
<tr>
<td style="padding-top: 3px; padding-right: 20px; padding-bottom: 3px; padding-left: 20px; font-size: 10px; cursor: text; background-color: #595757; margin: 8px;"><span style="color: #ffffff;"><strong>お問い合せ</strong></span></td>
<td style="padding-top: 10px; padding-right: 20px; padding-bottom: 10px; padding-left: 30px;">
<p><strong>文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター</strong></p>
<p>TEL:03-5684-4865</p>
<p>FAX:03-5684-4704</p>
<p>E-mail:cmd@bgu.ac.jp &nbsp;(※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。)</p>
</td>
</tr>
</tbody>

</table>

お問い合せ

文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター

TEL:03-5684-4865

FAX:03-5684-4704

E-mail:cmd@bgu.ac.jp  (※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。)

2013年6月26日 (水)~28日 (金)の3日間、東京ビックサイトにて「第5回販促EXPO」が開催され、産学連携プロジェクトでご協力を頂いているセーレン(株)様がブースを出展致しました。

昨年に引き続き、今年度アニメフェア学生実行委員会が当日スタッフとして参加。セーレン(株)が誇る高画質インクジェット技術を来場者の方にPRし、販売促進商品企画をアピール致しました。

 

 

講義では体験できない、現場の貴重な経験をさせて頂きました。

 

 

 

 

[関連リンク]

 販促 EXPO : http://www.spex.jp/  (外部サイト)

セーレン株式会社 : http://www.seiren.com/ (外部サイト)

7月3日(水)STUDENT AMBASSADOR PROGRAMS*の学生大使の皆さんが本学を訪問し、経営学部コンテンツ・マーケティング専攻の講義を体験、また当日開催していた学生主催の七夕イベントに参加し、交流をおこないました。

 

 

講義では、日本で人気のアニメ・ゲームを舞台化をしたアニメライブブロデューサーの豊陽子氏を特別講師としてお招きし、アニメライブや日本の文化の一つであるコスプレについてご講義頂きました。アニメ映像が流れると歓声があがり歌を歌ったり振り付けをしたりと講義も大盛況でした。

ハワイでも日本のアニメの認知度が高いことがその様子からうかがえました。

講義後、実際に舞台で使用したコスプレや七夕イベントの浴衣などを体験し、記念撮影をしました。

 

  

 

 

七夕イベントでは、わなげやわたあめなどの日本の夏の風物詩である縁日を体験し、より親睦を深めました。

また、本学の東日本大震災支援活動プロジェクトであるブレーメンズが講義内で活動内容を発表し、七夕イベントでチャリティグッズを販売しました。

学生大使の皆様にもたくさんの商品を手にとって頂き、温かいご支援を頂きました。

 

  

 

 

 

短い時間ではありましたが、学生大使の皆様に日本の文化を体験して頂き、

学生もグローバルな交流が出来、楽しいひとときを過ごすごしました。

 

 

 

 

 

最後には歌のプレゼントを頂きました。

 

 

 

*STUDENT AMBASSADOR PROGRAMSとは

アンバサダープログラムは、米国の中高校生を対象にており、外国に旅行し、異国の文化と生活風習の違いを体験し、交流することにより、健全な精神と平和な社会になるべく、交流により国際理解を深めることを目的としたプログラムです。参加する学生が、AMBASSADOR(学生大使)としてMISSION(使命)を持つよう意識づけられております点で通常の旅行とは異なっております。プログラムは、第34代アメリカ大統領アイゼンハワーの孫にあたるメアリー・アイゼンハワーがCEOであるPEOPLE TO PEOPLE INTERNATIONALという財団組織の名のもとに行われております。

 

2013年8月3日(土)、文京コンテンツアワード2013が開催されます。

今回で2回目となる本アワードでは、学生を対象に商品化・ビジネス利用を前提としたオリジナルコンテンツを募集しております。

当日会場では、集まった学生作品の上映及び受賞者の発表を行います。

選考通過作品は、3月に本学が出展を予定している「東京国際アニメフェア2014」文京学院大学ブースにて展示・上映致します。さらに、入選作品の中で特に商品化に適したものは、マーケティングゼミ生がフィールドワーク授業の中で商品企画化し、企業に提案・営業を行います。

 

自分で制作したオリジナルコンテンツが商品化・ビジネス化されるチャンスです!

 

たくさんのご応募心よりお待ちしております。

 

 

 

作品募集の概要は こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 文京コンテンツアワード2013開催概要 ]

開催日:2013年8月3日(土)

会 場:文京学院大学本郷キャンパス

アクセス:https://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

 

 

[ お問い合せ ]

〒113-8668

東京都文京区向丘1-19-1  文京学院大学・短期大学 コンテンツ多言語知財化センター

E-mail:cmd@bgu.ac.jp

TEL:03-5684-4865 

 

 

長期フィールドワーク2013チラシ.jpg

長期フィールドワーク実践とは、身につけた知識や技能を総動員して臨む、実践的な授業です。最終的には3月末に開催される東京国際アニメフェアに出展し、学生がオールプロデュースをしたブースを出展致します。

 

実社会で通じるスキルを習得して、ゼミナールや就職活動に活かしてみませんか?

 

昨年の度東京国際アニメフェア2013文京ブースの様子はこちら

 

 

以下の日程で、授業説明会を開催いたします。

 

日時 : 4月12日(金) 14:50〜16:20(4限)

場所 : 東館3階 304号室

対象 : 経営学部・外国語学部(1、2年生)

 

 

 

今回の説明会で取り上げる授業の概要:

 

■コンテンツMDイベント出展(TAF出展)プロジェクト

授業時間:金曜4限及び放課後

指導担当教員:川村 順一 他

「東京国際アニメフェア」文京学院大学ブースで、学生アニメーション作品を素材として、商品化、プレゼンなど一切の運営を行う。留学生の参加歓迎します。

 

■デジタルコンテンツ制作と流通

授業時間:水曜3限及び放課後

指導担当教員:喜多見 康

(広報・宣伝・営業)学内外のCG作品のプロモーションとイベント運営。
(企画・制作)学外からの企画・制作業務受注。
(教育)高度な作品制作実習。

 

■CGアニメーション制作

授業時間:月曜4・5限

指導担当教員:喜多見 康

アニメーション作品を制作し、学内上映、選考会を開催の後「東京国際アニメフェア」文京学院大学ブースで上映発表を行う。

 

 

 

【関連リンク】

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)

 

<前へ12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター 本郷キャンパス

※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。


平日10:00-18:00(月曜〜金曜)
お問い合わせもお気軽にどうぞ