<

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19

cmd_suponichi0225_3.jpg

「スポーツニッポン」(2月25日 朝刊)にて見開き1ページで大々的に取り上げられたトルコ共和国特集に、本学学生が制作したトルコの魅力を紹介するアニメーション作品「ホジャ」の紹介が掲載されました。

 

cmd_suponichi0225_1.jpg

 

こちらの作品はトルコ大使館文化部/ユヌス・エムレ インスティトゥートとの産学連携取り組みで制作された作品です。

 

ホジャの産学連携実績についてはこちらをご覧下さい。

https://www.u-bunkyo.ac.jp/center/cm/2013/04/post-20.html

 

 

[関連リンク]

トルコ大使館文化部/ユヌス・エムレ インスティトゥート

cmd_tsutaya004.jpg

「スポーツニッポン」「南海日々新聞」に引続き、「スポニチアネックス」(3月3日)の大学Infomationページにて、現在代官山蔦屋書店と産学連携で行っている企画展「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」の取材記事が掲載されました。

 

■ 記事掲載ページはこちら

【文京学院大学】代官山 蔦屋書店で「大島紬」イベントを3月末まで開催 

 

■  企画展の詳細についてはこちら

「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」

 

 

【関連リンク】

・代官山T-SITE http://tsite.jp/daikanyama/  (外部リンク)

・はじめ商事 http://hajimeshoji.com/  (外部リンク)

 

 

 

2/28 「スポーツニッポン」掲載

3/1  「南海日々新聞」掲載

 

現在本学学生が、産学連携を行っている代官山蔦屋書店に「プレミアエイジの集客」を目的とした新たなライフスタイルプロモーションを提案し、2月20日から

「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」(代官山 蔦屋書店)にて開催しております。

この企画展について取材記事が掲載されました。

 

 

AJ2015_L_jp.jpg

本学は、2015年3月21日(土)・22日(日)に東京ビッグサイトで開催される世界最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2015」メインエリアに出展いたします。(ブース番号:J28) 

 

AnimeJapan2015出展にあたり、2月23日(月)19:00より告知番組「文京学院大学Anime Japan 2015学生実行委員会とは?」をニコニコ生放送文京学院チャンネルにて配信します! 

 

本放送では、出展のために組織された「 文京学院大学Anime Japan2015学生実行委員会 」の魅力について紹介します。

 
AJ2015_0007.jpg

学生実行委員会のこれまでの活動についてはもちろんのこと、本番当日のブースイメージ、上映学生アニメ作品、プレゼン発表の内容などをご紹介。 

 

 

当委員会プロジェクトアドバイザーの川村順一先生と共に本番では聞けない学生メンバーの苦労話やマル秘エピソードなど、AnimeJapan2015文京学院大学ブースの情報を先取りで1時間たっぷりお届けします!

 
 

皆様のご視聴お待ちしております! 

 

 

niconico_20150204_001.jpg

【 番組詳細 】 

■ 番組タイトル : 「文京学院大学Anime Japan 2015学生実行委員会とは?」 

■ 放送日時 : 2月23日(月) 19:00 ~ 20:00 (1時間予定)

■ 出演 : 川村 順一 先生

■ 番組視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/gate/lv209345683 (外部サイト)

 
 
 
 

【 関連リンク 】 
・  文京学院大学Anime Japan2015実行委員会 facebookページ (外部サイト)
・  AnimeJapan2015 (外部サイト)
・ 文京学院チャンネル (外部サイト)

 

cmd_tsutaya001.png
cmd_tsutaya002.jpg
cmd_tsutaya003.jpg

文京学院大学は代官山 蔦屋書店との産学連携を行っており、

現在、本学学生が、代官山蔦屋書店の「プレミアエイジの集客」を目的とした新たなライフスタイルプロモーションを提案しています。

2月20日より産学連携が1つの形となり実施されます。
 
 

「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」 代官山 蔦屋書店にて開催

 

鹿児島・奄美大島の歴史とともに、連綿と織り続けられてきた絹織物「大島紬」。伝統的な泥染めによる美しい光沢やしなやかさ、緻密な絣模様によって、最高級の着物生地として知られています。                    

代官山 蔦屋書店は、文京学院大学の学生プロジェクトの一貫として、新しい大島紬を紹介いたします。奄美大島で7代続く織元「はじめ商事」による【奄美裂き織り】。古い大島紬を裂いて、織り直す、゛裂き織り゛技法を使用しています。この布地には、日本の日常生活から姿を消しつつある、着物の未来に対する思いが込められています。               

 

<オリジナル商品>

今回、はじめ商事様に、フェアのためのオリジナルの【奄美裂き織り】を織っていただきました。着る人のいなくなった着物と、読まれなくなった雑誌が出会い生まれた、見たことのない布。こちらを使用した商品を販売いたします(数量限定)。

 

 

【開催概要】

■ 会期:2015年2月20日(金) 〜

■ 会場:代官山 蔦屋書店 1号館1階 人文ブース 日本文化コーナー

■ 開館時間:7:00~深夜2:00(営業時間)

 

 

【関連リンク】

・代官山T-SITE http://tsite.jp/daikanyama/  (外部リンク)

・はじめ商事 http://hajimeshoji.com/  (外部リンク)

 

cganimeshow2014_002.jpg
cganimeshow2014_001.jpg

1月30日(金)に、第18回文京CGアニメショー2014後期が開催されました。

後期アニメショーでは本学の学生作品の他に、以前から交流のある富山大学から作品を募集し、選考を行いました。

 

今回、選考を通過した作品は以下8作品です。

 

・「 時計 」遠藤 翔月  (経営学部 2年)

・「 ダーツをする熊 」木村 健太  (経営学部 2年)

・「 おばけのじっけん 」佐藤真由美  (経営学部 2年)

・「 逃げろー 」高橋 一成  (経営学部 2年)

・「 魚屋ペン太郎 」中田 遥   (経営学部 2年)

・「 朝 」西沢 明恵  (富山大学)

・「 仮針ランナウト 」 山口 加帆里  (富山大学)

・「 walk 」  定者 流星  (富山大学)

 

選考通過作品は、3月21日(土)・3月22日(日)に開催される「AnimeJapan 2015」の文京学院大学ブースで上映されます。

 

また、前期に開催された文京コンテンツアワード2014で選考を通過した作品も合わせて上映致します。

 

文京コンテンツアワード2014の審査結果はこちら

 

 

 

AnimeJapan 2015の文京学院大学ブースで、是非とも学生の力作をご覧下さい!

皆様のご来場お待ちしております。

 

 

 

【関連リンク】

・AnimeJapan 2015 http://www.anime-japan.jp/(外部サイト)

・Anime Japan2015実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.animejapan(外部サイト)

02月

6日

2015

AJ2015_M_jp.jpg

 

本学は、2015年3月21日(土)・22日(日)に東京ビッグサイトで開催される世界最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2015」メインエリアに出展いたします。(ブース番号:J28)

 

 本学では2006年から2013年まで「東京国際アニメフェア(TAF)」に継続して出展してまいりました。

昨年度から2つのアニメイベントが統合され、「AnimeJapan」という名称に変わり、今回で2回目の出展となります。

 

 開催当日は、学生制作によるCGアニメーションの展示、学生作品を元にしたマーチャンダイジングプランのプレゼンテーションのほか、産学連携事業の紹介を予定しております。毎年多くの企業の方にお越しいただき、TAF、AnimeJapanでのプレゼンテーションをきっかけに産学連携事業に発展した案件も多数あります。

 

 

これまでの産学連携事業実績については、こちらをご覧ください。

 

AJ2015_0007.jpg

 

 

今年度の出展テーマは、「学生磁力」

 

 

今年のテーマ「学生磁力」では、学生と企業が手を組むことで発生する、ユニークなアイデアやコンテンツを、人を惹きつける磁力として表しました。

また「学生」の熱意で「磁力」を強めていくことで、多くの方々に私たちの活動に興味を持っていただき、共感してもらいたいという意味が込められています。

 

 

 

 

 また、本学の東日本大震災 遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売致します。

 

 

AJ2015_0003.jpg

 

 

 

 

是非、学生の1年間の集大成をご覧下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベントの概要】



名称 AnimeJapan 2015
主催 AnimeJapan 実行委員会
後援 一般社団法人 日本動画協会/コミック出版社の会
会場 東京ビッグサイト
東展示棟 東1~6ホール [メインエリア] 
会議棟1Fレセプションホール [ビジネスエリア]
メインエリア会期期間

2015年3月21日(土)・22日(日)

メインエリア開催時間 10:00~17:00
※ファストチケット入場は9:30〜9:59
※最終入場16:30
入場料

事前販売 中学生以上:1,600円(税込)/小学生以下:無料
当日券 中学生以上:2,000円(税込)/小学生以下:無料

 

ご来場の際はチケットをご購入くださいますようお願い申し上げます。

チケットの取扱所についてはこちらをご確認ください。(外部サイト)

 

 

 

 

【関連リンク】

・AnimeJapan 2015 http://www.anime-japan.jp/(外部サイト)

・Anime Japan2015実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.animejapan(外部サイト)

 

 


続きを読む

TAF2013学生実行委員会のメンバーが昨年の取り組んだ1つの農業支援施策の中で制作した米袋「中村さんちのお米」が全国流通されました。(福島県 こしひかり 26年産)

本学と関わりのある福島県郡山市逢瀬町の農家、中村さんとのコラボです。

デザインを担当したのは現在経営学部4年で昨年TAF2013学生実行委員会で活躍した

加藤さん、白倉さん、大松さん、町井さん、和田さんです。

komebukuro.jpg

AG2014_006.jpg
AG2014_007.jpg
    ※ 当日の様子

2014年11月23日(日)、本学本郷キャンパスにてCGWORLD 2014 -クリエイティブ カンファレンス-が開催されました。

 

ボーンデジタル、ワークスコーポレーションと共に当センターが主催した本イベントでは、業界を代表する企業やクリエイターによるセッションを多数開催しました。

 

B'sダイニングではASIAGRAPH CGアートギャラリー 公募展示部門の厳選した部門受賞作品の展示・上映を致しました。

交流会では恒例となったASIAGRAPH CGアートギャラリー公募展示部門の授賞式を開催しました。

 

(ASIAGRAPH 2014 in Tokyo CGアートギャラリーの様子は こちら)

 

当日は大勢のゲーム・映像業界関係者にご参加いただき、交流会では昨年以上の賑わいを見せ、大盛況の内に幕を閉じました。

 

 

ご来場いただいた皆様、表彰式にご参加頂いた受賞作家の皆様

誠にありがとうございました。

 

 

 

【 関連リンク 】

CGWORLD 2014 -クリエイティブ カンファレンス-  (外部サイト)

ASIAGRAPH2014 (外部サイト)

IMG_1201.JPG

bunpaku2014_002.jpg

文京博覧会(ぶんぱく)2014が11月21日(金)・22日(土)の2日間に渡り、文京シビックセンターにて開催されました。

 

本学は「情報発信・学習・知るゾーン」に出展し、昨年に引続き「東日本大震災遺児支援プロジェクト」ブレーメンズの学生メンバーが中心となって参加致しました。

 

当日はブレーメンズの活動内容・産学連携紹介の展示やチャリティグッズを販売。今回も地域のたくさんの方と交流することが出来、とても充実した2日間となりました。

 

皆様から温かいお言葉とたくさんのご支援を頂き、更に地域に活動の輪を広げることが出来ました。

 

 

ご来場頂き誠にありがとうございました。

 

 

「ブレーメンズ」の活動についてはこちらをご覧ください

 チャリティプロジェクト「ブレーメンズ」

 

 

 

【 関連リンク 】

・ブレーメンズwebサイト http://bremens.webcrow.jp/ (外部サイト)

・ブレーメンズfacebookページ https://www.facebook.com/Breamens (外部サイト)

・文京博覧会(ぶんぱく)2014 http://www.bunpaku.ebunkyo.net/  (外部サイト)

 

<前へ9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター 本郷キャンパス

※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。


平日10:00-18:00(月曜〜金曜)
お問い合わせもお気軽にどうぞ