コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ2022年2月25日(金)長期フィールドワークAnimeJapan2022オンラインプレゼンテーションのご案内

トピックス

文京学院/EVENT RSS

2022年2月25日(金)長期フィールドワークAnimeJapan2022オンラインプレゼンテーションのご案内

[ カテゴリ:トピックス ]

02月

16日

2022

文京学院大学では、毎年3月末に開催される「AnimeJapan」に出展しておりましたが、新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年度は、オンライン配信で成果発表を行います。

経営学部1〜3年の学生たちが、
学生のアイデアや行動で社会や地域のサスティナビリティの実現に向け取組みました。
その成果を発表させていただきますので、是非、ご視聴参加ください。

  • 【開催日】  2022年2月25日(金)17:30-19:00
  • 【方 法】   Zoom開催
           * 接続先はお申込いただいた方へ、開催前日までにご案内いたします。
  • 【対 象】  企業、自治体、大学教職員、大学生、高校生など興味のある皆様
  • 【定 員】  80名(定員に達し次第、受付終了いたします)
  • 【申込締切】 2021年2月21日(月)15時
  • 【参加申込フォーム】
  • 【マーチャンダイジング企画プレゼン】

    ■ 椿ランタンライトアッププロジェクト
    2013年に発生した台風26号によって大きな被害を受けた伊豆大島を、学生ならではのアイディアや手法で復興支援したいと2016年に誕生したチームで4代目となる今期は「椿ランタンをインドへ」をテーマに、女性的視点から日本とインドの架け橋となり社会貢献活動を行う、一般社団法人日印女子フォーラムと連携し、インドの光のフェスティバルと呼ばれる「ディワリ」に合わせ1000灯の椿ランタンを制作し、ライトアップ展示を行いました。

    ■ 東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」
    おうちゃ班
    おうちゃ時間プロジェクト Ver.2
    ほっと一息つき、大切な人との繋がりを感じながら、素敵なおうち時間を過ごしてほしい。 昨年度ブレーメンズは、おうちゃ( =「おうち時間」×「お茶」)プロジェクトを立ち上げました。今年度は、海外旅行にいけなくなった今、「国外に足を運ぶ楽しみ・人々との交流」をおうちでも体験できる、 「おうちでインドおうちゃ旅」を企画、販売しました。
    おうちゃ1.jpg0215成海修正.jpg

    釜石班
    岩手県釜石市とブレーメンズの繋がりや、釜石市の現状と復興について制作した映像について。また、福島県浪江町で行われた番組撮影への同行、実際に番組制作を行うプロから得たことなどの現地での体験を踏まえた活動報告を行います。

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp ※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター 本郷キャンパス

※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。


平日10:00-18:00(月曜〜金曜)
お問い合わせもお気軽にどうぞ