コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ2019年12月21日 (土)APサマースクール報告会

トピックス

文京学院/EVENT RSS

2019年12月21日 (土)APサマースクール報告会

[ カテゴリ:トピックス ]

01月

24日

2020


AP011.jpgのサムネイル画像東日本大震災後、岩手県釜石市根浜海岸に英国AtlanticPacific(AP)により救命ボートが寄贈されました。その後、復興支援活動および防災教育を推進する(一社)根浜MINDと、AtlanticPacificは、精力的にレスキューサマースクールを開催。

今年8月には、全国の高校生を対象とした「AP海のサマースクール」が実施されました。

その報告会が12月21日 (土) 本学にて行われ関連団体が参加し、ブレーメンズ も「ねば〜だるまプロジェクト」について発表をさせていただきました。

APサマースクールは、震災の経験から得た教訓を踏まえ、プログラム修了時には海洋環境と安全に対する知識、水難救助ノウハウを体得することを目的として実施され、本学併設高校からは10名が参加しております。

報告会プログラムは以下の通りです。会の中盤には、2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムデザインを手掛けた野老朝雄(ところあさお)氏を招き基調講演が催されました。



AP海のサマースクール2019 報告会「振り返りとこれから」

第一部 :参加高校生による発表 サマースクールの学びを活かすグループディスカッション

基調講演:野老朝雄氏(Tokolo.com) 災害に対するデザインとアートワーク

第二部  :Atlantic Pacific、根浜MINDなど関連組織の活動報告

     文京学院大学ブレーメンズ ねば~だるまプロジェクトの報告 ネットワーキング



また会の最後では、「春の高校バレー 第72回全日本高等学校選手権大会」に出場する本学併設高校バレーボール部の応援にと、釜石よりフライキ(富来旗)と呼ばれる艶やかな大漁旗が集められ、根浜MIND代表岩崎氏より選手の方々へ手渡しにてご貸与いただきました。大会ではブレーメンズがフライキを心を込めて振らせていただきます。釜石の皆様のご厚意に一同深く感謝致します。

この報告会にお集まりいただきました皆様へ心よりお礼申しあげます。

AP012.jpgAP005.jpgAP006.jpgap010.jpgAP009.jpgap002.jpg



「ブレーメンズ」の活動についてはこちらをご覧ください

チャリティプロジェクト「ブレーメンズ」

【 関連リンク 】

・ブレーメンズwebサイト http://bremens.webcrow.jp/ (外部サイト)

・ブレーメンズfacebookページ https://www.facebook.com/Breamens (外部サイト)

・根浜MIND AP海のサマースクール2019 https://www.nebama.net/summer-school-2019 (外部サイト)

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。