コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ2019年9月21日 『復興釜石新聞』掲載 ブレーメンズの活動が紹介されました

メディア掲載

文京学院/EVENT RSS

2019年9月21日 『復興釜石新聞』掲載 ブレーメンズの活動が紹介されました

[ カテゴリ:メディア掲載 ]

09月

22日

2019

9/21 『復興釜石新聞』掲載 

 

震災復興支援団体ブレーメンズが岩手県釜石市で開かれるラグビーの世界大会に向けて制作したねば~だるま」を活用したプロジェクトが紹介されました。

 

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。