コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせAnimeJapan 2018 文京学院大学ブースにお越し頂きありがとうございました!

トピックス

文京学院/EVENT RSS

AnimeJapan 2018 文京学院大学ブースにお越し頂きありがとうございました!

[ カテゴリ:トピックス ]

04月

4日

2018

aj2018_top1.jpg
aj2018_top2.jpg

2018年3月24日(土)・25日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催された国内最大級のアニメの祭典「AnimeJapan2018」に出展いたしました。

 

本学では2006年から「東京国際アニメフェア(TAF)」、2014年からは「AnimeJapan」に継続して出展し、今回で12回目の出展となりました。

 

 

今回のテーマは

「TRY ANGLE」

 

学生と企業がタッグを組み、運営班・MD班・デザイン班の三つの班の集大成を、AnimeJapanという大きな舞台で発表いたしました。

 

 

 

 

 

マーチャンダイジング企画プレゼン発表

 

学生作品上映のほか、本学ブースのメインプログラムの1つである、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。

 

今年は伊豆大島班・伝統工芸班・中津川班・STB班・ブレーメンズ班の5組のグループがプロジェクトの1年間の取り組みを発表しました。

伊豆大島班と伝統工芸班は先輩から引き継いだ各プロジェクトの成果を、中津川班はイベントブースデザイン実績や今後継続して提案していくコンテンツ内容を、

STB班は配信が実現した新CM制作についてそれぞれ自信を持った発表となりました。

 

東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」は、初プロデュースを行った復興支援イベント「根浜グランピア」の実績と、地域のみなさまと学生のアイディアから生まれた「ねば〜だるま」の紹介を行いました。

プレゼン後、共感をいただいたお客様には「ねば〜だるま」を購入いただくことができました。

 

AnimeJapan2018は過去最高の入場者数となり、文京学院大学ブースも多くのお客様に足を止めていただきました。

 

aj2018_main1.jpg aj2018_main2.jpg aj2018_main3.jpg
aj2018_main4.jpg aj2018_main5.jpg aj2018_main6a.jpg

 

 

 

 

東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」チャリティグッズ販売

 

 

プレゼンテーション発表後、学生のアニメーション作品上映の他、東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売しました。

 

今年は、「楽しみながら商品を購入いただきたい」という学生の思いからオリジナルガチャガチャでの販売も実施。

発表後の短い時間ではありましたが、男女問わず多くの方に商品を手に取ってご覧いただき、今年も多く温かいご支援を賜りました。

 

たくさんのご支援、誠にありがりがとうございました。

 

aj2018_bremen3.jpg aj2018_bremen2.jpg aj2018_bremen1.jpg

 

 

 

ブレーメンズのこれまでの活動については こちらをご覧ください

 

 

 

 

 

ニコニコ生放送配信

 

AnimeJapannでの本学の取り組みをより多くの人に知ってもらう為、ニコニコ生放送「文京学院チャンネル」番組「【文京学院大学 AnimeJapan 2018学生実行委員会 ブースより生中継! 」を生配信致しました。

 

この配信では、本学ブースを紹介し視聴者に本学の取り組みをPRしました。ブレーメンズの活動紹介や販売の様子、翌日のプレゼンテーション発表の告知など、元気なプレゼンターがブース紹介を行いました。

 

aj2018_nico2.jpg aj2018_nico1.jpg aj2018_nico3.jpg

 

 

 

aj2018_syugo

 

2日間の開催期間中、多くの方に本学ブースにお立ち寄りいただきました。

学生たちも、本番が近づくに連れ自然と1つのチームとなり、協力してブース出展を成功させることができました。

 

 

ご来場いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

文京学院大学Anime Japan学生実行委員会 facebookページ (外部サイト)

文京学院チャンネル (外部サイト)

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。