コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ[産学連携プロジェクト実績]「日本伝統の手仕事をつなぐ」~ 奄美の本場大島紬と岩槻の江戸木目込人形 ~ 代官山 蔦屋書店にて開催中

トピックス

文京学院/EVENT RSS

[産学連携プロジェクト実績]「日本伝統の手仕事をつなぐ」~ 奄美の本場大島紬と岩槻の江戸木目込人形 ~ 代官山 蔦屋書店にて開催中

[ カテゴリ:トピックス ]

03月

16日

2016

cmd_tsutaya16008.jpg
※ 画像をクリックすると大きなサイズで写真をご覧になれます

本学は昨年に引き続き、代官山 蔦屋書店様と産学連携に取り組んでいます。今年度は、経営学部2年中野拓人さん、小暮和紀さん、坂元素直さんの3名が、代官山蔦屋書店様の顧客のターゲットである「プレミアエイジ(団塊の世代を中心とした 50 代以 上の方々)の集客」を目的とした新たなライフスタイルプロモーションを提案致しました。

 

2016年3月15日(火)より代官山 蔦屋書店様にてフェア

「日本伝統の手仕事をつなぐ

奄美の本場大島紬と岩槻の江戸木目込人形 ~

の開催が実現しました。

 

このフェアでは、学生が中心となり開発した「江戸木目込人形」(さいたま市岩槻区の伝統工芸)と「大島紬」(奄美大島の伝統工芸)が融合したフクロウをモチーフにしたオリジナル商品「フクロウの眼鏡置き」を販売致します。

 

この商品は、購買意欲の 高いプレミアエイジを対象とする上質さをテーマに掲げ、伝統技術である「江戸木目込人形」と 「大島紬」が融合し、学生のトレンドアイディアをもとに制作致しました。

 

是非とも代官山にお越しの際はフェアに足をお運びいただき、実際に商品をご覧ください。

 

======================================================

 

cmd_tsutaya002.jpg
cmd_tsutaya16005.jpg

cmd_tsutaya16006.jpg

 

【 フェア概要 】

 

「日本伝統の手仕事をつなぐ」

~ 奄美の本場大島紬と岩槻の江戸木目込人形 ~

 

手仕事が生み出す品質、形態、デザインは、機械ではあらわせないものがあります。その手仕事を古来の高い技術のまま、継承しているものが伝統的工芸品です。  日本を代表する伝統的工芸品、奄美の本場大島紬と岩槻の江戸木目込人形が古来からの高い技術を継承しながら新たな価値を生み出し、手仕事の伝統を未来につなぎます。

 

■  会期 : 2016年3月15日(火)~ 4月17日(日)

■  会場 :代官山 蔦屋書店 1号館1階

■  開館時間:7:00~深夜2:00(営業時間)

 
 
 

< フクロウの眼鏡置き >

 

今回販売するオリジナル商品は、「江戸木目込人形」と 「大島紬」が融合したフクロウをモチーフにした眼鏡置きです。フクロウは、古来より世界各国で知恵の神 “文芸の神森の守り神として人々に愛され、日本 でも「福を呼ぶ」縁起物のシンボルとして親しまれてい ます。

学生のトレンドアイディアをもとに、購買意欲の 高いプレミアエイジ(団塊の世代を中心とした 50 代以 上の方々)を対象とする上質さをテーマに掲げ、プレミ アエイジの方々が日常的に使用する機会の多い眼鏡を 置くための商品化に至りました。岩槻に代々伝わる「江 戸木目込人形」の魅力を引き出すために、鹿児島県奄美 大島の伝統工芸品で、世界三大織物の一つでもある「大島紬」を組み合わせています。

カラーバリ エーションは全 6 色で、使用する「大島紬」によって色合いが一点ごと異なり、現代的なセンスと 日本の伝統工芸の技が光る、世界に一つだけの眼鏡置きです。

 

■  サイズ : 幅13 cm×奥行11.5 cm×高さ6cm

■  価格 : 21,000円 (税抜き)

■  カラー展開 : 全6色

 

 

 

======================================================

 

 

cmd_tsutaya16001.jpg

2016年3月3日(木)、人形づくりで380 年以上の歴史を誇る埼玉県さいたま市岩槻区の伝統を継承する岩槻人形協同組合と本学の協定調印式ならびに商品発表会が、ときわ会館(さいたま市浦和区)にて行われました。商品発表会では、大勢の記者の前で学生が商品についてプレゼンしました。

また、その様子が「日本経済産業新聞」「産経新聞」「浦和経済新聞」など多くの新聞に掲載されました。

 

 

 

 産経新聞 Yahooニュース掲載ページはこちら  

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000029-san-l11

 

■  みんなの経済新聞ネットワーク Yahooニュース掲載ページはこちら  

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000011-minkei-l11

 

 YOMIURI ONLINE 掲載ページはこちら  

   http://www.yomiuri.co.jp/adv/komachi/release/00017796.html

 

 

■  浦和経済新聞 掲載ページはこちら  

  http://urawa.keizai.biz/headline/103/

 

※ 本学ニュースリリース記事はこちらをご覧ください。

 

 

 





 

【関連リンク】

 

・代官山T-SITE http://tsite.jp/daikanyama/  (外部リンク)

 

岩槻人形協同組合  http://www.doll.or.jp/index.html(外部サイト)

 

・はじめ商事 http://hajimeshoji.com/  (外部リンク)

 

・文京学院大学AnimeJapan 学生実行委員会facebookページ

   https://www.facebook.com/bunkyo.animejapan  (外部サイト)

 

 

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。