コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

トピックス

文京学院/EVENT RSS

ASIAGRAPH 2014 in Tokyo 開催 報告

[ カテゴリ:トピックス ]

11月

5日

2014


 

AG2014_001.jpg
AG2014_002.jpg
AG2014_003.jpg

      ※  ASIAGRAPH2014年度

           CGアートギャラリー開場の様子

 

AG2014_005.jpg

         ※  CGワークショップ会場の

2014年10月23日(木)から26日(日)の4日間、日本科学未来館にてASIAGRAPH 2014 in Tokyo CGアートギャラリーが開催されました。

 

当センター長 喜多見康教授が代表を務めるCGアートギャラリーでは、アジア各国の優秀なCG作家と作品を展示・上映し、紹介致しました。



公募展示部門では、本年度で8回目となるCG作品公募部門の受賞作品を展示。さらに特別公募部門では、去年に引続きREALLUSION社による「 REALLUSION AWARD 2014 」に加え、日本が誇るウルトラマンシリーズをテーマとして、革新的な「怪獣」デザインを募集する「ウルトラ怪獣デザイン(モデリング)コンテスト」が新設され、第一期 予備選考通過怪獣3体を発表致しました。

募集期間は3期に分かれており、2015年3月30日まで作品を募集しております。

 

 ※ 「ウルトラ怪獣デザイン(モデリング)コンテスト」募集要項は こちら



当日会場では招待作家であるshichigoro-shingo氏によるclip studio paintを使用してのライブドローイングが4日間開催されました。



また、併設されたCGワークショップ会場では、今年度初の取り組みである株式会社セルシスとの共同ブースを設置し、本学の学生がインストラクター役として、来場者がイラストを楽しく描ける様にサポートを行いました。

  


2日目以降は天候にも恵まれ、当日はたくさんの方に作品をご鑑賞いただき大盛況のうちに終了いたしました。

 

 

 ご来場いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

[関連リンク]

ASIAGRAPH 2014 (外部サイト)

ASIAGRAPH CG Art Gallery facebookページ (外部サイト)

 

 

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。