コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせキャラクターアニメーション制作体験ワークショップ

トピックス

文京学院/EVENT RSS

キャラクターアニメーション制作体験ワークショップ

[ カテゴリ:トピックス ]

11月

25日

2013

キャラクターアニメーション制作体験ワークショップ 平成25年12月21日(土)

 

キャラクター商品や、ゆるキャラ、ご当地キャラなど、コンテンツビジネスの世界でキャラクターは重要な役割を担っています。さらにそのキャラクターが動き、表情を変えるこ とで文字通りキャラクター(性格)が表現されます。自分で創案したオリジナルのキャラクターに動きを付けて、アニメーションにしてみましょう。キャラクターは動くことで、単に映像としてだけで無く、意味やメッセージを伝えることが可能になり、用途も広がります。また同時にインターネットや携帯端末など、 発表媒体も格段に広がります。キャラクターに動きを付けることで、コンテンツビジネスの広がりと可能性を体験してみて下さい。

 

日 時:平成25年12月21日(土)
14:00~15:30

内 容:オリジナルキャラクターに、動きを付けてアニメーションを作ってみよう!
(※PCの操作経験が無くても大丈夫です。)

会 場:NAViS(ナビス)ワークショップルーム2

 仙台市宮城野区榴岡5-12-55
 JR仙台駅東口より徒歩12分、JR榴ヶ岡駅より徒歩1分
 http://www.navis.co.jp/about/access.html

参加費:無料

対 象:高校生。応募者多数の場合は3年生を優先させていただきます。(※中学生も参加できます。)

定 員:46名(会場のパソコン台数分となります。)
 

問合せ:文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター TEL:03-5684-4865 E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。

紹 介:文京学院大学は東京都文京区にあり、地下鉄南北線「東大前」駅下車徒歩0分 です。経営学部コンテンツ・マーケティング専攻では、ビジュアルデザイン、Webデザイン、映像・アニメ制作などの制作系実習と、商品開発、ブランド戦略 などのマーケティング系講義、映画プロデュースや知的財産権などのコンテンツビジネス系講義を同時に学ぶことが出来ます。さらに、身に付けた知識や技術を 実地に試す、フィールドワークや各種インターンシップなど実践的なプログラムもたくさん用意しました。マーケティングとコンテンツビジネスの専門的な勉強 をしたい人は是非検討して下さい。
フィールドワーク実習で企業から依頼を受け、文京学院大生がデザイン・制作した、キャラクター商品化実例もあわせてご紹介します。

講 師:喜多見康 文京学院大学経営学部 教授
担当科目:CG制作演習 映像表現法基礎 CGアニメーション制作(フィールドワーク)

 キャラクターアニメーション制作体験ワークショップ

 

申 込:11月27日、午前9時より オンラインでお申込みいただけます。
 申込フォームはこちら。

 マトリョーシカ

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。