コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ東京国際アニメフェア2013 文京学院大学ブースにお越し頂きありがとうございました!

トピックス

文京学院/EVENT RSS

東京国際アニメフェア2013 文京学院大学ブースにお越し頂きありがとうございました!

[ カテゴリ:トピックス ]

03月

25日

2013

本学は、2013年3月21日~24日の4日間、東京ビッグサイトにて開催された「東京国際アニメフェア2013」に出展いたしました。

この度の出展では、『創新箱』~総身で創新して送信する~ をテーマにビジネスデー・パブリックデーとブースの趣向を変え、学生ならではの制約を持たない自由な発想で本学のコンテンツを送信し、ご来場頂いた皆様にお楽しみいただきました。

 

 

 

 

ビジネスデー (3月21日・22日)

ビジネスデーでは、企業様に向けて産学連携事業の実績発表のほか、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。今年は6組のグループが発表。他企業様と何ヶ月も前から進めていたコラボレーション企画案の発表など内容豊かな発表となりました。お招きした企業様の他、通りすがりでご興味をお持ち頂いた企業様も学生の発表に真剣に耳を傾けて下さり、貴重なアドバイスや商談に繋がるようなお話を頂きました。

 

 

 

 

 

パブリックデー (3月23日・24日)

パブリックデーでは、ビジネスデーの固い雰囲気から一転し、学生のアニメーション作品の上映の他に、昨年に引き続き「東日本大震災 遺児支援プロジェクト」ブレーメンズのチャリティグッズを販売しました。昨年のグッズに加え、新たにキーホルダーやTシャツなど新しいチャリティーグッズも販売。海外から来場した方にもご好評頂きグローバルな温かいご支援を頂きました。

 

 

 

 

3月23日(土)15時15分からは本学ブースの様子をUSTREAMで配信しました。本学で開催中のオープンキャンパスと生中継し、ブースのデザインやブレーメンズの取り組みを高校生に紹介しました。また、他ブースの企業様をお招きし、本学ブースからTAF2013会場の様子を配信、会場を盛り上げました。この模様は、USTREAM公式サイトトップページで紹介され、たくさんの方にご視聴頂きました。

 

 

 

 

 

トルコ大使館とのコラボレーション

昨年から継続して産学連携のコラボレーション企画を行っているトルコ大使館文化部ユヌス・エムレ トルコ文化センター様からご依頼を受けアニメーションを制作しました。大川美緒さん(経営学部3年)がキャラクターデザイン・アニメーション制作を担当。「ナスレッディン・ホジャ」というトルコ民話の登場人物がトルコ共和国の魅力を伝えるアニメーションを制作し、そのキャラクターがビジネスデートルコ大使館ブースのメインビジュアルとして展示されました。

また、3月22日(金)にはクリエイターズワールドミニステージにて当センター長喜多見康教授が発表を行い、「ナスレッディン・ホジャ」のアニメーションを紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

4日間の開催期間中、たくさんの方に本学ブースにお立ち寄り頂き温かいお言葉を頂きました。

学生にとってとても貴重な経験を得る事ができ、またひとつ成長することができました。

 

 

ご来場いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連リンク】

・東京国際アニメフェア2013 http://www.tokyoanime.jp/ja/ (外部サイト)

・文京学院大学TAF実行委員会 facebookページ https://www.facebook.com/bunkyo.TAF (外部サイト)

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。