コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ『こどもコ・フェスタ in 東北』にて喜多見康教授がワークショップ開催

トピックス

文京学院/EVENT RSS

『こどもコ・フェスタ in 東北』にて喜多見康教授がワークショップ開催

[ カテゴリ:トピックス ]

02月

16日

2012

3月24日(土)に開催される『こどもコ・フェスタin東北 みてみたい、みつめたい ~すばらしい未来へのメッセージ~』にて、当センター長の喜多見康教授がワークショップ「アニメ制作体験」の講師を務めます。

 

 

『こどもコ・フェスタin東北』は、「音楽、映像、アニメ、マンガ、ゲーム、ロボット」など日本を代表する素晴らしいコンテンツと出会う機会を創出し、優れたクリエイタ―が未来に向かって育っていくよう、こども達と一緒に創造の楽しさ、素晴らしさを共感してもらう事を目的としています。未来のコンテンツ産業の振興につながる新しい発想が、東北から日本全国へ、そして世界へ向けて発信できるような体験をしてもらいたいと考えております。

本イベントには東北6県のこども達(小学4、5、6年生約400名)をお招きし、こども達の春休み期間中である3月24日(土)に宮城県の七ヶ浜国際村にて開催致します。

当日は、午前の部(宮城県内のこども達)/午後の部(宮城県外のこども達)の二部制(各4時間)となり、アニメ上映・音楽ライブ・クリエイティブワークショップ等々、コ・フェスタならではのプログラムを実施致します。

 

 

「こどもコ・フェスタin東北 みてみたい、みつめたい~すばらしい未来へのメッセージ~」

日時:2012年3月24日(土) 二部制(午前の部9:00-13:00 / 午後の部13:30-17:30、約4時間のプログラム内容)

会場:七ヶ浜国際村 宮城県宮城郡七ヶ浜町花渕浜字大山1番地1

参加資格:東北6県に居住している小学4、5、6年生(2012年度5,6年生及び中学1年生)及びその保護者

応募方法:①官製ハガキ及び封書に必要事項を記入ないしは記入したチラシを封入の上応募

募集期間:2/15~2/29

②コ・フェスタHPからの応募。 http://www.cofesta.jp/2011/kodomo-tohoku/

募集期間:2/15~2/29

(応募者多数の場合、抽選にて招待。当選者には3/12までに告知予定)

参加人数:合計400名予定・・・200名予定 x 2回(参加児童数)

参加料金:無料(昼食付、八戸駅、盛岡駅、北上駅、一関駅、秋田駅、仙台駅、多賀城駅、山形駅、福島駅、

郡山駅より無料送迎バスのご利用か、自家用車にてご来場をお選び頂きます。)

問合せ先:「こどもコ・フェスタin東北」運営事務局 Tel 03-5487-4593 (平日11:00~18:00)

 

**********************************************************************************************

主催:コ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)実行委員会

共催:経済産業省

後援:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、仙台市、七ヶ浜町、青森県教育委員会、岩手県教育委員会、

宮城県教育委員会、秋田県教育委員会、山形県教育委員会、福島県教育委員会、七ヶ浜町教育委員会

協力:(公財)岩手県文化振興事業団、(財)宮城県文化振興財団、(財)福島県文化振興事業団、

(財)仙台市市民文化事業団、(公財)仙台フィルハーモニー管弦楽団、㈱BBI

運営:特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)、株式会社クオラス

 

 


 

[関連リンク]

『こどもコ・フェスタ in 東北』(外部サイト)

毎日jp(毎日新聞)関連記事(外部サイト)

 

 

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。