コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページ

AnimeJapan ・ 東京国際アニメフェア 出展

2019323日(土)・24日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて

開催された国内最大級のアニメの祭典「AnimeJapan2019」に出展いたしました。

 

 

本学では2006年から「東京国際アニメフェア(TAF)」、2014年からは「AnimeJapan」に継続して出展し、

今回で13回目の出展となりました。

 

 

今回のテーマは

Now or Never

 

あなたにとって「今」はどんな意味がありますか?

今年のテーマ「Now or Never」は日本語で「今しかない」という意味。

 

学生として企業や地域の皆さんと一緒に仕事するなんて、今しか出来ないことです!

私たちにとって「今」は原動力なのです。

一つひとつの出会いを大切にし、学生らしいヒラメキを提案する。

そんな意味を込め「Now or Never」をテーマとして掲げました。

運営班・MD班・デザイン班の三つの班の集大成を、AnimeJapanという大きな舞台で発表いたしました。

 

IMG_ブース全体.jpgIMG_1384toriming.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 マーチャンダイジング企画プレゼン発表

 

学生作品上映のほか、本学ブースのメインプログラムの1つである、マーチャンダイジングプランのプレゼンテーションを行いました。今年は伊豆大島班・中津川班・ブレーメンズの3組のグループが1年間に渡り取り組んだ成果を発表しました。伊豆大島班は、今年度より伊豆大島椿まつり「夜祭り」公式イベントと認定されました椿ランタンライトアッププロジェクトについて、中津川班は中京学院大学と連携し活動した「まんてんぼしプロジェクト」について、ブレーメンズは、2019年岩手県釜石市で開催されるラグビーW杯を地域と共に盛り上げる「ねば~だるまプロジェクト」について、それぞれ工夫を凝らした発表をしました。

 

 

 

IMG_2169.JPGIMG_2328.JPGIMG_2054.JPG

IMG_2315.JPGIMG_2224.JPGIMG_1979.JPG

IMG_1937.JPGIMG_2232.JPGIMG_2461.JPG

 

 

 

 

 

東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」チャリティグッズ販売

  

プレゼンテーション発表後、学生のアニメーション作品上映の他、東日本大震災復興支援プロジェクト「ブレーメンズ」のチャリティグッズを販売しました。ブレーメンズの活動についてチラシをご覧になり、趣旨に共感し来ていただいた方、他にはないデザインバリエーションが外国の方に気に入っていただくなど、多くの方からご支持をいただきました。またブレーメンズと岩手県釜石市根浜親交会と共同制作している「ねば~だるま」が新デザインで木箱入りで登場。地域の意見を反映し学生による手の込んだ新デザインが好評につき、たくさんの方にお手に取っていただき、完売となりました。

 

IMG_2393.JPGIMG_2495.JPGIMG_1405.jpg

 

 

 

 

 

ブレーメンズのこれまでの活動については こちらをご覧ください

 

 

 

 

 

2日間の開催期間中、本学ブースにお越しいただいた多くの方々に感謝いたします。

AnimeJapan2019は総来場者数146,500人、パブリックデイでの出展社数は163社と過去最大となりました。 

 

 ご来場いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

文京学院大学Anime Japan学生実行委員会 facebookページ (外部サイト)

文京学院チャンネル (外部サイト)


続きを読む

チャリティプロジェクト「ブレーメンズ」

website_top_bre,ens.jpg

あなたのposter.png

 

知財化センターでは、東日本大震災で被災された方々への支援を目的に、「東日本大震災復興支援プロジェクト」ブレーメンズを立ち上げ、活動してきました。

 

平成23年度から平成30年度にかけてのチャリティーグッズ売上げ総額 325万3,622円 を「 いわての学び希望基金 」「 東日本大震災みやぎこども育英基金 」「 東日本大震災ふくしまこども寄附金 」「子どもの村東北」「熊本地震義援金」「一般社団法人根浜MIND」「日本赤十字社」の7件に寄付致しましたことをご報告申し上げます。

活動の輪が広がることを願い数名の学生とスタートした本プロジェクトでしたが、活動を通し、学生参加者、ご協賛企業様も増え、プロジェクトに共感して頂いたたくさんの方からご支援頂きました。

 

 

ご協力頂いた皆さまに心よりお礼申し上げます。

 

 

 

bremens_menber5.jpg学資の支援は、長期間にわたり活動を続けることが必要となります。今年もブレーメンズのプロジェクトを継続し、様々なイベントでチャリティグッズの販売を予定しております。

 

今までの活動記録をページ下方に紹介しております。

 

是非この活動に共感をもっていただいた皆様に、活動の輪が広がりますようチャリティーグッズを販売する会場にお越しいただけましたら幸いです。

 

今後もブレーメンズが継続できるよう引き続きご支援いただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「東日本大震災復興支援プロジェクト」ブレーメンズとは

 

ロゴ1のサムネール画像

本プロジェクトは、「お金の余裕はないけれど何か協力したい」という学生の気持ちから生まれました。

 知財化センター監修のもと、コンテンツ領域で実績のある本学の学生が商品を制作・販売し、その売上げを全額、支援団体に寄付します。

 当センターでは、活動に共感していただける皆さんと一丸となり、チームとして取り組むことが重要であると考えております。

そこで、一匹では力のない四匹の動物たちが、知恵と力を出し合って平和な暮らしを手に入れる、グリム童話『ブレーメンの音楽隊』をモチーフにし、この動物たちのように、今私たちが直面している大きな問題に、一人ひとりでは弱い力でも力を合わせて立ち向かえば何かができる。

そんな行動の輪が広がることを願いBGUのコンテンツ隊「ブレーメンズ」を結成いたしました。

只今、隊員を募集しています。学部、キャンパス問いません。

  たくさんの皆さんのご参加お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

ねば〜だるまプロジェクトについて

芝生のねば〜だるま.jpg
 

被災地・岩手県釜石市根浜の思い「Never mind」を込めた、起き上がり小法師の「ねば〜だるま」。

デザインには地域の特色を活かし、ブレーメンズと根浜親交会のみなさまと共に作り上げました。

2019年、釜石の皆様の希望、ラグビー世界大会が釜石鵜住居復興スタジアム開催されます。

来場する方々へ、釜石ならではのおもてなしをしたい。その気持ちを受けて「ねば〜だるま」プロジェクトが始動しました。

もっともっと多くの人に釜石を、ラグビーを、知ってもらいたい!観に来てもらいたい!ぜひ今後の進展にご注目ください。

 

 

 





oshima.jpg大島紬のポーチ 南三陸ミシン工房様との共同制作


鹿児島県奄美大島の大島紬の織元である有限会社はじめ商事様からご協賛いただいた大島紬を使い、南三陸ミシン工房様にて作成していただきました。

南三陸ミシン工房様は東日本大震災で被災した女性たちが
全国から寄付された支援金を基に購入したミシンを使用し、仮設住宅でも継続して収入を得ることができるよう立ち上げられたNPO法人です。


【関連リンク】

・有限会社はじめ商事 http://hajimeshoji.com/  (外部リンク)

・特定非営利活動法人 南三陸ミシン工房 http://www.mishinkoubou.org/  (外部リンク)





発達障がいのある子どものための生活支援コンテンツ制作


ブレーメンズの活動を通して巡り会った未来を担う子どものための活動団体「ライフアシスト」様と共に幼少期にコミュニケーション障害や言語障害などを抱えている軽度発達障害のある子ども達を対象にプロジェクトに取組んでいます。

歯みがきや洗面などの日常生活を支援するためビジュアルカード制作・ライフアシスト様のWebサイト制作を致しました。

詳しくはこちらをご覧ください




 

【 寄付先 】

 

【 寄付報告 】

寄付総額

現在まで、総額 \3,253,622 を寄付することができました。ご支援に深く感謝いたします。

 

【 今後の販売予定 】

 

  • 512日(日)三面大黒天商栄会(文京区)「感謝朝市」

 
 

続きを読む

コンテンツ多言語知財化センターについて

■概要

 

 平成17年4月に「コンテンツ多言語知財化センター」を全学的な組織として設置しました。
このセンターを中心として先ずは本郷キャンパスに設置されている経営学部、外国語学部の学生を対象に多言語・コンテンツ・MD・プロデュース教育を実施していきます。この教育プログラムは、CG・ビジュアルコンテンツ領域、コンテンツMDプロデュース領域、コンテンツ多言語化領域の3分野からなり、学生は、所属する学部や専攻の体系的な学習の上に、多言語コンテンツMDプロデュース教育を受けることができます。

 


続きを読む

センター長ご挨拶

コンテンツ多言語知財化センター長
喜多見 康よりご挨拶

 

文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターは、学内の教職員や学生が制作するさまざまなコンテンツのデジタル処理、音声処理等加工作業のサポート、それらの多言語化編集の技術支援、著作権処理による知財化を目的として2005年より活動を開始しました。


続きを読む

スタッフ プロフィール

 

kitami-profile.jpg

 

kuno.jpg

 

shimada.jpg

 

         センター長

             副センター長

       アドバイザー

            喜多見 康 Yasushi Kitami

            経営学部 教授

                公野 勉 Tsutomu Kuno

                経営学部 教授

  島田 昌和 Masakazu shimada

         理事長

         経営学部 教授

 

            プロフィール

 

                プロフィール

 

          プロフィール

 


続きを読む

フッターライン

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。