コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページ

AnimeJapan ・ 東京国際アニメフェア 出展

【AnimeJapan2020 出展報告】

AJzoom全員集合.jpgのサムネイル画像「AnimeJapan2020」開催中止を受け、AnimeJapan2020学生実行委員会では「ピンチをチャンスに変えよう」と話し合い、この一年間の成果をプレゼンテーション動画として制作し、Youtubeにて配信しました。

自宅など離れた場所からでも授業に参加できるよう、web会議ソフトを導入し、画面越しに顔を合わせ、工夫を凝らしながら、MD班、デザイン班、運営班が団結し動画制作発表に取り組みました。

本来、東京ビッグサイトのブースへご招待するはずであった方々をYoutube上の発表サイトへご招待させていただき、3月21日(土)にマーチャンダイジング企画プレゼンテーション発表を配信しました。下の画像をクリックしていただけると、AJ学生実行委員会のチャンネルがご覧いただけます。

スクリーンショット 2020-04-17 14.37.46.png

Youtube:文京学院大学AJ学生実行委員会

https://www.youtube.com/channel/UCBOmPwHe60fLf5IpR6odVgw/featured

今年度は、岐阜県中津川市との取り組みが3年目となる「中津川班」、新規班としてバンシェアサービスの普及に取り組む「Carstay班」、ラグビーW杯2019釜石大会でのプロジェクトが実現した「ブレーメンズ 」。この3班がプレゼンテーションを行いました。

今年度のテーマは、「 Stay Connected 」。まさに逆境にあっても繋がり続ける、今年度のAnimeJapan2020学生実行委員会にふさわしいテーマでありました。そして状況に応じて形を変えてながらもゴールを目指す経験は新たな可能性を見つけることに繋がったと思います。

この活動にご協力いただきました皆様へ心より感謝を申し上げます。

誠にありがとうございました。

Youtube中津川画像.pngYoutubeカーステイ画像2.pngYoutubeブレーメンズ 画像.png

【関連リンク】


続きを読む

チャリティプロジェクト「ブレーメンズ」



website_top_bre,ens.jpg


hp用ブレーメンズあなたのposter.jpg

知財化センターでは、東日本大震災で被災された方々への支援を目的に、クリエイティブの力で貢献したいという学生と「東日本大震災復興支援プロジェクト」ブレーメンズを立ち上げ、活動してきました。



平成23年度から令和元年度にかけてのチャリティーグッズ売上げ総額は 416万2,418円 となりました。これまでに「 いわての学び希望基金 」「 東日本大震災みやぎこども育英基金 」「 東日本大震災ふくしまこども寄附金 」「子どもの村東北」「熊本地震義援金」「一般社団法人根浜MIND」「伊豆大島台風15号災害義援金」「千葉災害義援金」「三陸鉄道株式会社」「釜石市台風19号災害義援金」「日本赤十字社」「岩手県釜石市 宝来館」の12件に寄付致しましたことをご報告申し上げます。



活動の輪が広がることを願い数名の学生とスタートした本プロジェクトでしたが、活動を通し、学生参加者、ご協賛企業様も増え、プロジェクトに共感して頂いたたくさんの方からご支援頂きました。



ご協力頂いた皆さまに心よりお礼申し上げます。

bremens3.jpg現在は、台風による豪雨被害、新型コロナウイルス感染症など、全国で起こる様々な震災で助けを必要とする方々に支援を行っています。今年もブレーメンズはプロジェクトを継続し、様々なイベントでチャリティグッズの販売を予定しております。


今までの活動記録をページ下方に紹介しております。

是非この活動に共感をもっていただいた皆様に、活動の輪が広がりますようチャリティーグッズを販売する会場にお越しいただけましたら幸いです。


今後もブレーメンズが継続できるよう引き続きご支援いただけますようお願い申し上げます。


「東日本大震災復興支援プロジェクト」ブレーメンズとは


b92f100f0ccfcf59b80638caa1ef4d9c84ed43b9-thumb-autox258-35604.png本プロジェクトは、「お金の余裕はないけれど何か協力したい」という学生の気持ちから生まれました。


知財化センター監修のもと、コンテンツ領域で実績のある本学の学生が商品を制作・販売し、その売上げを全額、支援団体に寄付します。

当センターでは、活動に共感していただける皆さんと一丸となり、チームとして取り組むことが重要であると考えております。



そこで、一匹では力のない四匹の動物たちが、知恵と力を出し合って平和な暮らしを手に入れる、グリム童話『ブレーメンの音楽隊』をモチーフにし、この動物たちのように、今私たちが直面している大きな問題に、一人ひとりでは弱い力でも力を合わせて立ち向かえば何かができる。



そんな行動の輪が広がることを願いBGUのコンテンツ隊「ブレーメンズ」を結成いたしました。



只今、隊員を募集しています。学部、キャンパス問いません。



たくさんの皆さんのご参加お待ちしています。




ねば〜だるまプロジェクトについて


bremens HPimage.jpg

2019年、被災地・岩手県釜石市でラグビーワールドカップが釜石鵜住居復興スタジアム開催されました。





戦う選手たち、そして来場者の皆さまへ、復興した釜石の姿を見て頂き、感謝のおもてなしとして、地域の皆さまと一緒に、「ねば〜だるま」プロジェクトを行いました。





当日は、ねば〜対戦国の大使館へ協力を仰ぎ、出来上がった両国デザインのねば〜だるまうちわを一人一人に心を込めて配布、「富来旗」と呼ばれる大漁旗を力一杯降り、皆さまへ感謝再来を願いました。

活動ムービーをYouTubeで公開、発信していますので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

bremens_youtube_capture.pngのサムネイル画像

文京学院大学ブレーメンズ YouTubeサイト:

https://www.youtube.com/channel/UC0YteQ6RyGh4h-Y2sJ-qdnQ/featured





oshima.jpg大島紬のポーチ 南三陸ミシン工房様との共同制作


鹿児島県奄美大島の大島紬の織元である有限会社はじめ商事様からご協賛いただいた大島紬を使い、南三陸ミシン工房様にて作成していただきました。



南三陸ミシン工房様は東日本大震災で被災した女性たちが
全国から寄付された支援金を基に購入したミシンを使用し、仮設住宅でも継続して収入を得ることができるよう立ち上げられたNPO法人です。


【関連リンク】

・有限会社はじめ商事 http://hajimeshoji.com/ (外部リンク)
・特定非営利活動法人 南三陸ミシン工房 http://www.mishinkoubou.org/ (外部リンク)

発達障がいのある子どものための生活支援コンテンツ制作


ブレーメンズの活動を通して巡り会った未来を担う子どものための活動団体「ライフアシスト」様と共に幼少期にコミュニケーション障害や言語障害などを抱えている軽度発達障害のある子ども達を対象にプロジェクトに取組んでいます。

歯みがきや洗面などの日常生活を支援するためビジュアルカード制作・ライフアシスト様のWebサイト制作を致しました。


詳しくはこちらをご覧ください


【 寄付先 】





【 寄付報告 】


寄付総額



現在まで、総額 \4,162,418 を寄付することができました。ご支援に深く感謝いたします。




【 今後の販売予定 】




【 ブレーメンズの活動記録 】

【 ブレーメンズWebサイトリンク 】

コンテンツ多言語知財化センターについて

■概要

 

 平成17年4月に「コンテンツ多言語知財化センター」を全学的な組織として設置しました。
このセンターを中心として先ずは本郷キャンパスに設置されている経営学部、外国語学部の学生を対象に多言語・コンテンツ・MD・プロデュース教育を実施していきます。この教育プログラムは、CG・ビジュアルコンテンツ領域、コンテンツMDプロデュース領域、コンテンツ多言語化領域の3分野からなり、学生は、所属する学部や専攻の体系的な学習の上に、多言語コンテンツMDプロデュース教育を受けることができます。

 


続きを読む

センター長ご挨拶

コンテンツ多言語知財化センター長
喜多見 康よりご挨拶

文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターは、学内の教職員や学生が制作するさまざまなコンテンツのデジタル処理、音声処理等加工作業のサポート、それらの多言語化編集の技術支援、著作権処理による知財化を目的として2005年より活動を開始しました。


続きを読む

スタッフ プロフィール

kitami-profile.jpg

センター長

喜多見 康
Yasushi Kitami
経営学部 教授

プロフィール
kuno.jpg

副センター長

公野 勉
Tsutomu Kuno
経営学部 教授

プロフィール
shimada.jpg

アドバイザー

島田 昌和
Masakazu shimada
理事長
経営学部 教授

プロフィール

続きを読む

フッターライン

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。