キャリアセンター|文京学院大学

キャリアセンター|文京学院大学

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

IMG_20180629-1.jpg  IMG_20180629-2.jpg

 

6月30日(土)本郷キャンパスにおいて、外国語学部・経営学部3年生の保護者向けに就職説明会が開催されました。

第一部全体会は「雇用情勢と就職活動学生へのサポートについて」をテーマに、大原延恵先生よりご講話をいただきました。第二部ではそれぞれ各学部に分かれ現4年生による『就職活動体験談』パネルディスカッションを開催いたしました。保護者の方々へ、内定取得に向けた「就活」での気づきや体験を話してもらいました。そして第三部では「コース・ゼミ別:担当教員と保護者による懇談会」を行いました。

当日ご参加いただきました保護者の皆様からのアンケート回答では『大変分かりやすく今の就活状況を知ることができました。』『学生さん本人の言葉、学校のサポート体制も、今日伺ってよく分かり少し安心しました。』『時代の変化を痛感しました。学生さん達の体験、意見、大変参考になりました。』『ゼミの先生とお話ができて、とても良い機会でした。』『子供と共通の話題を持つことができそうです。』と、多くの好評のお言葉をいただきました。梅雨の時期の開催でしたが当日は天候にも恵まれ、ご家族数で118世帯、ご出席実数で158名の保護者の方々にご参加をいただくことができ、とても有意義な一日となりました。 

   IMG_20180508-1.jpg   IMG_20180510-3.jpg   IMG_20180710-1.jpg

 

本郷キャンパスにおいて、3年生を対象に【前期】就職・キャリアガイダンスを開催いたしました。第一回は5月8・10日「スタートアップ2days」ということで、初日は(株)マイナビ様から学内・外部インターンシップの違いと選び方について、二日目は(株)リクルートキャリア様から筆記試験対策の入門編を学びました。第二回の7月10・12日は(株)リクルートキャリア様から「外部インターンシップの探し方とインターンシップ選びのための自己分析」についてご講話いただきました。5月8日は約221名、5月10日は231名、7月10日は206名、7月12日は218名と全行程で延べ876名の学生が『就職・キャリアガイダンス』に参加しました。参加した多くの学生から『企業がSPIを実施する理由』『自己分析』『大学の単位履修インターンシップと外部インターンシップとの違い』や『インターンシップ参加の目的』など、とてもよく理解できたとの声が寄せられました。 

 

IMG_20180612-3.jpg   IMG_20180612-1.jpg  IMG_20180612-2.jpg   

 

6月12日本郷キャンパスにおいて、キャリアリーダー委員会の学生主催による企画イベント『 The B’s Way ナイトカフェ:インターンシップって参加する意味あるの?~人事経験者と気軽に語ろう~ 』が開催されました。

 

ナイトカフェとは、大学生×卒業生×パートナーが共に学びあう場、授業後や仕事後に気軽に立ち寄り、多様なキャリアについて語り合う場としてコンセプトされたカフェ形式の交流会です。

 

今回は社会人ゲストとして、関西の学生たちからの人気企業「株式会社日伝」様の元人事担当者である福島様をお招きし、インターンシップの目的や、企業側の意義について語っていただきました。今まで知らなかった別の視点からお話を聞くことで、学生のみなさんへ理解を深めてもらい、繋がりや縁を大切にする交流会となりました。さらにサプライズゲストとして「株式会社日伝」様から、今年内定を頂いた4年生の先輩にも登場していただき、質問形式にて意見交換が行われました。最新で熱々の体験談を聞けることとなり、後輩学生達からの意欲的な挙手がありました。今ここでしか聞けない質疑応答が盛んに行われ、参加した学生からは「気軽に参加できるカタチが良かった」「企業側からの実践できるテクニックやマナーを知ることができました」「付け焼刃は通用しないと感じたので、企業研究します」「このカフェに参加してなかったら知ることができなかったことを学べた」と有意義な感想があり、将来のキャリアに役立つアクションや気づきが発見された会でした。軽食を楽しみながら1年生~4年生までの学生に、気軽に参加してもらいたいと考案されたこの初企画イベント『The B’s Wayナイトカフェ』、参加総数38名(1年生~4年生までの学生)となり、カフェ形式としては多くの方に参加いただくことができました。

 

20180612 poster.jpg   TheB'sWay-poster.jpg

IMG_20180714-1.jpg IMG_20180714-0.jpg IMG_20180714-2.jpg    

 

 

7月14日(土)本郷キャンパスにおいて、学生による手作り企画イベント『The B’s Wayワークショップ』が開催されました。猛暑厳しい中、42名(卒業生・社会人パートナー17名、1年生~4年生までの学生25名)と多くの方に参加いただきました。

今回は主催を「営業研究会」、共催を「キャリアリーダー委員会」と各メンバーが取り組み、事前の準備や企画が余念なく打ち込まれた結果、当日のアイスブレイクやファシリテーターは成功を収め、有意義な時間になりました。

ワールドカフェ形式で行った、第1部ワークショップ「理想の学生生活とは?~学生と社会人で考える学生生活の過ごし方~」について、各チーム活発に意見交換が行われていました。第2部の「懇親会」では、ワークショップで話すことができなかった卒業生と学生や企業様とがお互いに交流し合う楽しい機会となりました。

参加した卒業生からは「学生の時に参加したときと視点が変わり、考え方も変わっていたことに気づきました」「自分の学生の時を懐かしく思い出すことができた」「年代や学年も多岐にわたった参加者で貴重な意見交換ができた」と、そして学生からは「初対面の方や関わることのない社会人の方と交流し、とても刺激になりました」「学生時代がとても貴重だと実感しました」「挑戦することでチャンスが広がる」「今後も社会人・卒業生と交流できるイベントが楽しみです」「また参加したいです」など多くの満足感想が寄せられました。

 

20180714poster.jpg  TheB'sWay-poster.jpg

 

6月23日(土)の午後、ふじみ野キャンパスで人間学部3年生の保護者の方を対象に「保護者対象就職説明会」を開催いたしました。第一部「学科別分科会」、第二部「就職先別分科会」を開催し、80世帯・95名の保護者の方々にご参加いただきました。学科別分科会では、(1)コミュニケーション社会学科、(2)児童発達学科、(3)人間福祉学科、(4)心理学科の4つの学科ごとの会場に分かれ、それぞれの学科の特色や内容に応じた卒業生の進路状況や、キャリア支援の説明が行われました。就職先別分科会では(1)企業、(2)保育所・幼稚園・小学校、(3)福祉施設等の3会場に分かれ、学科の教員、卒業生や外部講師による説明が行われました。
 
また、本年度は1,2年生の保護会と同日で開催し、3年生対象の各分科会のあとに1,2,3年生合同での懇親会も行われました。学年を越えた保護者の方々との交流も活発に行われ、参加された保護者の方々は教員、職員、卒業生や講師との間で活発な質疑応答が展開され、お話しにも熱心に耳を傾けられました。
 
アンケートには「卒業生の就職体験談とても分かりやすくて聞けてよかったし、大変参考になった」、「学校のきめ細やかな対応を感じました。親子でがんばっていきたいと思います」、「バブルの頃に入社した私にとって、目からウロコの話しばかりでした」、「子供に全部任せてばかりで、最近の就活の意味が分からないことばかりだったので、大変参考になりました」、「紙の質問状を配っていただき、中々手を上げにくい質問にも回答いただき、ありがとうございました」、「先生方の熱意が伝わってきました」など多数の声が寄せられました。参加された保護者の方々には、現在の就職活動や本学が学生に行っているキャリア教育や、キャリア支援について知っていただく良い機会となりました。保護者の方々から就活生へのあたたかいサポートがなされることと期待します。




















 

p0623-001.jpg p0623-002.jpg p0623-003.jpg

▲学科別分科会【児童発達学科】

 

▲学科別分科会【人間福祉学科】

 

▲学科別分科会【心理学科】

 

p0623-004.jpg p0623-005.jpg p0623-006.jpg

    ▲就職先別別分科会

    【幼稚園・保育所・小学校】

▲就職先別別分科会【福祉施設等】

 

▲就職先別別分科会【企業】

 

p0623-006.jpg p0623-008.jpg

▲1,2,3年生合同懇親会

 

▲1,2,3年生合同懇親会

 

 

平成30年5月24日(木)、ふじみ野キャンパス中央館・小体育館において、「第5回福祉ジョブフェア」が開催されました。同フェアは、福祉関連事業所がふじみ野キャンパスに一堂に会し、その人事担当者に対し、福祉職を目指す学生が事業所の取り組みや採用状況などを直接聞くことができる就職活動イベントです。
 
今年は、MSW・PSWを対象とする医療機関も初めてお呼びし、会場には、高齢者・子ども・障害者(精神含む)など幅広い分野の21事業所の方々にご来校いただき、平成31年3月卒業予定で、福祉専門職を目指す人間福祉学科の4年生を中心に、127名の学生が参加しました。その中でも、各事業所から多数の本学卒業生も参加されたことで、先輩たちが社会人として活躍する姿を身近で見ることができ、縦のつながりも強くなりました。
 
会場内は、気合の入ったスーツ姿の学生も多く、低学年の早い内から積極的に参加する学生もいたため、真剣に話を聞く様子や、積極的に質問をする姿勢が事業所からも大変好評でした。福祉専門職の就職活動が本格化する前に、進路や就職について考える貴重なきっかけとなり、学生の就職への意識が高まったイベントとなりました。参加した学生から「卒業生からのお話しが聞けて、とても参考になった」「聞きづらい給料の話しや施設の詳しい雰囲気なども聞けてよかった」「どの事業所も特色があり、働くのが楽しそうだった」などの声が寄せられました。 ガンバレ、文京生!
fjf2018001.jpg fjf2018002.jpg
fjf2018003.jpg fjf2018004.jpg
fjf2018005.jpg

 

平成30年3月5・6日(月・火)、本郷キャンパスにおいて3年生を対象に『ジョブフェア(学内合同企業説明会)』を開催しました。社会人として活躍されている本学卒業生の方を連れてご参加いただいた企業様もあり、OBOG採用実績が多い企業様をはじめ各業界から、2日間で計39社の企業様にご来校いただきました。参加した学生は、ふじみ野キャンパスからも含め二日間で延べ245名となり、企業概要や各社が求める人物像などについて説明をいただきました。各企業様からの貴重なお話を、就活生の皆さん熱心に聞き入り、積極的に質問が出来た熱い大切な時間となりました。そして、今年参加した学生からは「近い距離で企業の方とお話できる良い機会になった」「大きな合同説明会よりも、質疑応答がしやすく良かったです」「迷っていたが聞いていくうちに、やりたいことが見つかってきた」「企業を選ぶポイントを知ることができました」「考えていなかった職種の話が聞けて視野が広がった」「自分が知らなかった業界の話が聞けて、選択の幅が広がった」「HPサイトやネットだけではわからない情報を聞けて、会社を知る事ができた」「新たな業界・企業を知り興味を持つことができた」「新らしい発見があり、とても参考になった」などの力強い声が寄せられました。例年、このイベントでの出会いをきっかけに多くの学生が内定に向けた新しいスタートを歩んでいます。

  IMG_20180305_123729.jpgIMG_20180305_130335.jpg

 

2月17日(土)午後、本郷キャンパスにおいて、『OB・OG就職相談会』が開催されました。社会で活躍する外国語学部・経営学部の卒業生19名に来校いただきました。各ブースに分かれて在学生の相談やアドバイスをしていただき、延べ190名の学生が参加しました。在学生が卒業生から【就活体験の実際】や【仕事の生の声】を聞ける貴重な機会であり、熱心にメモを取りながら今後の就職活動への情報収集を行っていました。相談会後の懇親会では、説明会で聞けなかったことなども積極的に質問し、卒業生も親身になって質問に対応して下さいました。

参加した学生からは『先輩の方々が実際に体験した就活のリアルな様子を聞くことが出来てよく理解出来た』『気軽にお話しをしてくださり、ESのコツ等、今後の参考になった』『実際に営業などお仕事をされている文京の先輩からリアルなお話しを聞くことができた』『リクルートサイトではわからなかった情報が聞け、参考になった』『エントリーシートや面接など不安なことについて質問でき、具体的な話しを聞くことが出来た』などの感想がありました。また、相談会と懇親会の運営はキャリアリーダー委員会の学生が中心となって実施し、各ブースでの取材・誘導・司会進行などを行いました。

2月14日・15日・16日に、本郷キャンパスにおいて3年生を対象に『業界研究セミナー』が開催されました。このイベントは、3日間合計で9業界(14日:商社・物流、小売、ホテル・航空、/15日:金融、インフラ・不動産、IT、/16日:メーカー、広告・人材、教育・医療)から各社がご参加いただき、業界概要の説明と事例企業研究として属する業界や事業内容、企業概要や各社が求める人物像などについて詳しくご説明いただきました。会場には本学卒業生も多数の採用実績がある企業様も多くご来校され、就活生も熱心に説明に聞き入っていました。3日間延べ参加合計667名の学生が参加しました。  

参加した学生からは『自分があまり興味のないと思っていた業界のことも知ることが出来て大変参考になった』『志望する業界のことだけでなく、就活の方法についても聞くことができた』『インターネットには載っていない情報を得ることができた』『働き方やお仕事の大変な部分も知ることができ参考になった』『自分の視野が大きく広がり、色々なことに興味を持てた』などの感想が寄せられました。例年、このイベントでの出会いをきっかけに多くの学生が内定を決めています。

ふじみ野キャンパス 3月12日(月)にジョブフェアが開催されました

3月12日(月)ふじみ野キャンパスにおいて、一般企業様を中心に26社をお招きし、ジョブフェア(合同企業説明会)が開催されました。人間学部の中で、一般企業への就職を希望するコミュニケーション社会学科、児童発達学科、人間福祉学科、心理学科の学生58名が参加いたしました。

 参加した学生からは、企業の採用担当者がふじみ野まで出張して下さったことにより、自分の慣れ親しんだキャンパス環境下で開催される企業説明会に参加することが出来たので、複数の企業様と近しい距離感で、和やかな雰囲気の中で積極的に質問も出来たという感想が多くありました。また、幅広い業界・職種の企業様に参加いただいたことにより、今まで興味を抱かなかった業界や職種にも目を向けることが出来たという声もあり、各自の今後の就職活動を考える上で、非常に有意義な時間となりました。

 参加いただいた企業様からは、熱心に耳を傾ける本学学生の雰囲気に好印象を持っていただいたと同時に、今後もぜひこうしたイベントに継続参加したいというお言葉をいただきました。学生の意欲的な姿勢に対する評価もいただき、積極的な採用エントリーを期待したいという声をいただくことが出来ました。

 今回のジョブフェアの運営には昨年同様、学生の就職研究委員会である「キャリアリーダー委員会」の学生が会場設営から受付、誘導、司会進行と全面的に携わり、低学年から進路について真剣に考えようとする姿勢が見受けられました。