第3回「新・文明の旅」現地リポート

2018年3月13日~22日 カザフスタンとウズベキスタンを派遣学生17名が訪問し、現地の学生と交流

「新・文明の旅」プログラム 2018|文京学院大学

文京学院大学トップページ第3回「新・文明の旅」現地リポート トップページ20180322 全員元気に戻ってきました

20180322 全員元気に戻ってきました

2018年3月22日 [ カテゴリ: ]

20180322_450.jpg

 3月22日、私たち渡航メンバー全員が元気に日本へ戻って来ました。荷物チェックを終え、ゲートに向かうとき、真っ先に見えたのはとても笑顔で手を振ってくれる第2回のメンバーの先輩でした。それを見て改めてこのプログラムは私たち渡航メンバーだけのものではないという重みを感じました。日本に着いて感じる気持ちを綴ってみたいと思います。

 街を行き交うたくさんの自動車、団地の中で色々なユニークな遊びをする子供たち、見ず知らずの日本人に対し頻繁に写真を求めるウズベク人。私たちは10日間という旅の中でたくさんの光景を目の当たりにしてきました。それらの光景全てにおいて共通しているものは、全員がきらきら笑っていることでした。平和とはこのような光景をいうのではないのでしょうか。多様性という言葉の影響により、いより個性が求められ、自分を見失いつつある日本人も少なくはありません。私たち日本人は平和であるかのように思われていますが、それは見た目だけかもしれません。本当の平和とは誰もが笑って暮らせることではないのでしょうか。

 かつて日本は今回の訪問国の影響を受けながら私たちの文化を作り上げてきたことを4月から学んできましたが、私たちはまだ彼らから学ぶべきことがたくさん残っているように感じています。私は少しでも多くの人にこのことを知ってもらいたいし、伝えていきたいです。日本と中央アジアの国々を繋ぐことはただの利益のためだけではなく、私たちの精神的なあり方を考えることにも繋がるはずです。今回の渡航した21名だけでなくたくさんの協力により成り立ったこのプログラム。過去の先輩方、そしてこれからの後輩に繋ぐためにも、私たちはまだ歩みを止めてはいけません。日本と中央アジアが繋がるとき、私たちがその最前線に立てることを切に願っています。

 

このブログを読んでくださった全ての皆様へ

 これを読む人は誰であるかは私たちにはわかりません。しかしながら読んでみて感じたこと、考えてもらえたこと、何かしらあると思います。今読んでくれているあなたの、友達でもいいです、先生でもいいです、家族でもいいです、誰でもいいです。ぜひその気持ちを言葉にして伝えてみてください。そして私たちのこのブログを紹介してください。あなたのそのひとつの行動が日本と世界を本当の意味で繋げるためのきっかけになるはずです。最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

 REC3団長 外国語学部 浦田雅也