第3回「新・文明の旅」現地リポート

2018年3月13日~22日 カザフスタンとウズベキスタンを派遣学生17名が訪問し、現地の学生と交流

「新・文明の旅」プログラム 2018|文京学院大学

2018年3月の記事一覧

1  2

20180322 全員元気に戻ってきました

2018年3月22日 [ カテゴリ: ]

20180322_450.jpg

 3月22日、私たち渡航メンバー全員が元気に日本へ戻って来ました。荷物チェックを終え、ゲートに向かうとき、真っ先に見えたのはとても笑顔で手を振ってくれる第2回のメンバーの先輩でした。それを見て改めてこのプログラムは私たち渡航メンバーだけのものではないという重みを感じました。日本に着いて感じる気持ちを綴ってみたいと思います。

 街を行き交うたくさんの自動車、団地の中で色々なユニークな遊びをする子供たち、見ず知らずの日本人に対し頻繁に写真を求めるウズベク人。私たちは10日間という旅の中でたくさんの光景を目の当たりにしてきました。それらの光景全てにおいて共通しているものは、全員がきらきら笑っていることでした。平和とはこのような光景をいうのではないのでしょうか。多様性という言葉の影響により、いより個性が求められ、自分を見失いつつある日本人も少なくはありません。私たち日本人は平和であるかのように思われていますが、それは見た目だけかもしれません。本当の平和とは誰もが笑って暮らせることではないのでしょうか。

 かつて日本は今回の訪問国の影響を受けながら私たちの文化を作り上げてきたことを4月から学んできましたが、私たちはまだ彼らから学ぶべきことがたくさん残っているように感じています。私は少しでも多くの人にこのことを知ってもらいたいし、伝えていきたいです。日本と中央アジアの国々を繋ぐことはただの利益のためだけではなく、私たちの精神的なあり方を考えることにも繋がるはずです。今回の渡航した21名だけでなくたくさんの協力により成り立ったこのプログラム。過去の先輩方、そしてこれからの後輩に繋ぐためにも、私たちはまだ歩みを止めてはいけません。日本と中央アジアが繋がるとき、私たちがその最前線に立てることを切に願っています。

 

このブログを読んでくださった全ての皆様へ

 これを読む人は誰であるかは私たちにはわかりません。しかしながら読んでみて感じたこと、考えてもらえたこと、何かしらあると思います。今読んでくれているあなたの、友達でもいいです、先生でもいいです、家族でもいいです、誰でもいいです。ぜひその気持ちを言葉にして伝えてみてください。そして私たちのこのブログを紹介してください。あなたのそのひとつの行動が日本と世界を本当の意味で繋げるためのきっかけになるはずです。最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

 REC3団長 外国語学部 浦田雅也

20180321 日本とウズベキスタンの友好関係

2018年3月21日 [ カテゴリ: ]

20180321_011_450.jpg
 
 午前は博物館でウズベキスタンの歴史に触れ、古代から近代の発展過程を改めて確認した。
 
 国の発展の為に注力してきたウズベキスタンの人々の気持ちを胸に、午後はウズベキスタンに抑留されていた800人以上の日本人を祀る日本人墓地を訪れた。
 
 1995年10月1日に終戦50周年を記念して、ウズベキスタンと共同で建てられた。建設と同時に植えられた桜の苗木も4.5メートル程に成長し、ちょうど満開を迎えようとしていた。
 
20180321_013_450.jpg
 
 戦後、日本とウズベキスタンは友好関係を築いている。この桜の木がもっともっと大きくなる頃、日本とウズベキスタンの友好関係も根強いものになっていることだろう。
 
 以上
 
経営学部マネジメント専攻 宮野豊
 

20180321 ウズベキスタン歴史博物館を見学

2018年3月21日 [ カテゴリ: ]

20180321_001_450.jpg
 3月21日午前 今日はいよいよウズベキスタンで過ごす最後の日です。
 
 朝はのんびり9時15分に集合で現地の学生の皆さんと合流しました。最初の見学、ウズベキスタン歴史博物館にはホテルから歩いて行きました。近くにはお母さんが赤ちゃんを抱いているモニュメントも見えました。このモニュメントは平和の象徴とされているそうです。現地の学生から100スムのコインを見せてくれ、そのモニュメントがコインにも描かれていることを説明してくれました。"平和"ということがこの国でとても大切にされていることがわかり、とても温かい気持ちになりました。またそのコインを私にプレゼントしてくれました。スムのコインは持っていなかったのでとても嬉しかったです!
 
20180321_003_450.jpg
20180321_004_450.jpg
20180321_005_450.jpg
 中に入り、ガイドのメフリさんが30分ぐらい説明をし、その後30分は自分たちで自由に回りました。紀元前の遠い昔のことから現在のことが深く知ることができ、とても勉強になりました。
 
20180321_008_450.jpg
 その後はツム百貨店に行きました。ツム百貨店は日本でいうデパートのような感じでした。日本にあるブランドもその中のお店にあり、日本にいるような気分になりました。その後の昼食では、ツム百貨店の隣にあるお店で食べました。友達が近くでアイスクリームを買ってきてくれてみんなで食べました!アイスクリームはロシア語で書かれており、旧ソ連時代の名残を身近に感じることができました。現地の学生とみんなでわいわいご飯を食べることができ、とても楽しかったです。
(人間学部2年 津田 莉花)
 

20180320 市内観光 ~午後~

2018年3月20日 [ カテゴリ: ]

20180320_023_450.jpg

 午前に引き続き、ウズベキスタン世界言語大学の学生とチョルスバザールに行きました。カザフスタンのバザールは室内でしたが、このチョルスバザールは室外で日本でいうフリーマーケットや少し大きくしたお祭りの屋台のような印象を受けました。

20180320_024_450.jpg

20180320_025_450.jpg

 気温が高く、外は暑いので、パクチーやほうれん草のような葉物を売っている人は霧吹きで水をかけていました。人が多くて行き来するのがすごい大変でした。時間があまりなかったので、私たちはいくつかにわかれてバザール見学をしました。午前中に、炎天下の中、明日のナウルーズに向けて作っていたスマラクをバザールで食べることができました。主に麦と水からできているスマラクは、茶色のとろっとした液状のもので、味は干し芋やスイートポテトのような味で甘かったです。プラスチックのコップ口切りいっぱいに入っていたので、複数人で食べましたが、なかなかなくなりませんでした。

20180320_026_450.jpg

20180320_027_450.jpg

 現地の学生と交流し、仲良くなった学生がそれぞれにいました。中にはバザールで私たちが気づかない間にこっそりと、出会えた記念のプレゼントととしてスカーフをもらっている人や、ウズベキスタンを感じさせる置物をもらい、驚きと感激、明日の午後に出発して会えなくなってしまう寂しさから泣いてしまった学生もいました。知り合ってたった2日間で、言葉も文化も違う人たちがこんなに仲良くなることができることにわたし自身驚いています。

20180320_028_450.jpg

20180320_029_450.jpg

 バザール見学の後は、先生方が調達してくださった材料を使って、現地学生のお家にお邪魔してウズベキスタンの郷土料理の1つであるプロフを作りました。調理過程で驚いたのは、日本と違ってお米を洗わないことです。お米を洗わないので、汚れているお米を手作業で取り除くという下準備が必要でした。今回は日本でもお馴染みのオレンジ色の人参と、ジャガイモのような形をした黄色い人参を両方使いました。作り方をメモする人、ビデオを撮る人、実際に一緒に作って体験する人がいました。現地の人の実際の生活を垣間見ることもできたし、一緒に料理をして楽しく食べるという貴重な体験ができたと思います。

20180320_030_450.jpg

20180320_031_450.jpg

20180320_032_450.jpg

20180320_033_450.jpg

  明日の夜、ウズベキスタンを出発します。カザフスタンを出たのがついこの前だったのに、もう終わりに近づいています。このメンバーでこんなに貴重な体験が詰まった旅をすることができ本当に良かったです。明日もやり残すことがないよう、一瞬一瞬を大切にしたいと思います。

 外国語学部 中上咲子

20180320 市内観光 ~午前~

2018年3月20日 [ カテゴリ: ]

20180320_001_450.jpg

 3月20日午前、晴れ。 暑い日差しの中、午前中はウズベキスタン世界言語大学の学生と、市内観光をしました。午前中は、ホテルから歩いてアミールティムール広場、ナヴォイ劇場、ウズベキスタンにある平山郁夫美術館に行きました。

20180320_002_450.jpg

20180320_003_450.jpg

20180320_004_450.jpg

20180320_005_450.jpg]

20180320_006_450.jpg

20180320_007_450.jpg

 アミールティムール広場には、アミールティムールの銅像がありました。ソ連時代はレーニンの銅像だったそうです。広場は、とても綺麗なヨーロッパ風の街並みでした。今は、ナウルーズ(お正月シーズン)ということもあり、街はすごく静かでした。

20180320_008_450.jpg

20180320_009_450.jpg

20180320_010_450.jpg

20180320_011_450.jpg

20180320_012_450.jpg

 少し歩くと、ナヴォイ劇場に着きました。ナヴォイ劇場は、第二次世界大戦中に、日本人の数百名が強制移送され、建設に貢献したそうです。世界大戦中に建てられたとは思えないほどの素晴らしい劇場で、様々な国から劇団が来て、公演をするそうです。現地の学生の中に、日本の能を見たことがあると言う人がいました。日本人が建設した建物がウズベキスタンにあり、ウズベキスタンで有名になっていると言うことに嬉しく思いました。

20180320_013_450.jpg

20180320_014_450.jpg

20180320_015_450.jpg

 ナヴォイ劇場を後にし、バスに乗り、平山郁夫文化キャラバンサライに向かいました。私たちが調べた平山郁夫に関する美術館です。美術館に行く途中で、ナウルーズの期間に食べるスマラクを作っている人たちに会い、実際に、大きな鍋に入ったスマラクをかき混ぜるのを少し体験させてもらいました。スマラクは、ウズベキスタンの伝統的な料理の一つで、麦と油と水を大きな鍋に入れて煮込み、朝から夜まで近隣の人達と作るそうです。願い事をしながら混ぜると願いが叶うと伝えられていて、私たちも少しだけ体験しました。

20180320_016_450.jpg

20180320_017_450.jpg

20180320_018_450.jpg

20180320_019_450.jpg

 平山郁夫文化キャラバンサライは、ウズベキスタンのアーティストが描いた絵や、昔使われていたお皿など発掘品が展示されていて、現地の学生に一つ一つ意味を教えてもらいました。

20180320_020_450.jpg

20180320_021_450.jpg

20180320_022_450.jpg

 その後、みんなで新彊ウイグル地方の伝統料理のお店に行き、お昼ご飯です。中でもラグメン(炒め煮した具をかけた手打ち麺)が一番美味しかったです。

外国語学部 伊藤梢

20180319 ウズベキスタン世界言語大学での交流

2018年3月19日 [ カテゴリ: ]

20180319_011_450.jpg
 昼食後、ウズベキスタン世界言語大学に戻り、8グループほどに分かれて自己紹介プレゼンを発表しました。文京の学生は発表をしっかりとできていました。言語大学の学生さんもしっかりと聞いてくださり、質問もたくさんしてくれました。そのおかげでいい自己紹介プレゼンになりました!
 
20180319_012_450.jpg
20180319_013_450.jpg
20180319_014_450.jpg
20180319_015_450.jpg
 そのあとはレクを行いました。カザフスタンでやったのと同じで漢字をプレゼントしました!いい漢字のプレゼントは皆さんできましたかね?でも学生さんが喜んでいたので多分成功ですね!!!
 
20180319_016_450.jpg
20180319_017_450.jpg
 そして、お菓子パーティー、お土産の受け渡しを行いました。みんなで写真を撮ったり、連絡先を交換したりと交流をして楽しくコミュニケーションをしていました。僕もたくさんのウズベキスタンの学生さんと連絡先を交換したのでこれからが楽しみです。(もちろんカザフスタンとの学生さんとも交換して楽しんでいますよ!)
 
 言語大学での交流を終えたあと、夕食のため近くのレストランへ。もちろん生徒さんと言語大学の先生の方たちと共に!なんと本日はマリカ先生の誕生日!大いに盛り上がりながら乾杯をし、楽しく食事をしました!
 
20180319_018_450.jpg
 本格的にウズベキスタンの方と関わるのが今日が初めてだったので緊張しましたが、僕も含め、皆がちゃんとコミュニケーションをとれていたので有意義な1日になったと思います。
 
 明日は観光です!みんなで楽しみたいと思います!
経営学部 中尾 雅人
 

20180319 ウズベキスタン世界言語大学を訪問

2018年3月19日 [ カテゴリ: ]

20180319_001_450.jpg
 3月19日午前曇り 今日はウズベキスタンについて
 
 3日目の朝は生憎の曇り模様、先日の空模様の移り変わりがそのまま残ったような薄雲の隙間から青空がのぞく朝でした。そんな中今日はウズベキスタン世界言語大学の学生との初の交流日でした。
 
20180319_002_450.jpg

 まず驚いたのは日本語の流暢さです。日本人もかくやといった語彙力、淀みない話し方、物腰の低さと目を見張る言語能力の高さを、まざまざと見せつけられました。これには我々日本人学生も驚きの色を隠せず皆口々に賞賛の声を挙げていました。

 
20180319_003_450.jpg
20180319_004_450.jpg
20180319_005_450.jpg
 午前中は、我々が準備してきたパワーポイントによる日本と中央アジアに関する出来事をプレゼンテーションすること、その後に日本による弁論の最優秀獲得者によるスピーチを聞くことが出来ました。プレゼンテーションを聞く現地学生の理解力は流石の高さであり、ウズベキスタンにいるだけでは分からない多くのことを知る事が出来たと、とても良い感触を得ることが出来ました。
 
20180319_006_450.jpg
20180319_007_450.jpg
 スピーチでは、今度はウズベキスタンの人々が感じる日本人とのギャップ、そしてこれからのあるべき姿を語って頂きました。日本人がやはりスタンと名のつく国々へもつステレオタイプの考えをウズベキスタンの人々は知らず、実際に足を運んだ日本人から聞いた感想しか知らなかった為に、危険な国として一括りにされている現実を知らなかったと語りました。そしてそれは裏を返せば、実際に足を運びさえすればウズベキスタンはテロなどの危険も無く、世界遺産を数多く保有するとても美しい国であるということです。それを日本の人々知ってもらう為の努力をしなければならないと語る謙虚な姿勢は、人として尊敬する、素晴らしいものでした。そのスピーチを聞いた我々の中には涙を流す者も少なくなく、私もその中の一人でした。
 
20180319_008_450.jpg
 そうした想像と現実とのギャップの狭間で揺れ動く思いがこのウズベキスタンという国にはあり、それを目の当たりにした私達日本人には何が出来るでしょうか。
 
 サマルカンドを訪れた時には日本人と言うだけで多くの人が微笑みかけてくれました。日本人は訪れてくれた外国人にこの様なもてなしをいつもする事が出来ているでしょうか?依然としてウズベキスタンに対する日本が持つイメージは決して良いとは言えません。しかし、現実として、その事を知る事が出来た我々にも何か出来る事があるのではないでしょうか?私達学生は一人では何かを成すことは難しいでしょう。しかし学生が集まることで、渡航を経験した17人が集まることで、ここから何かを始めることは決して不可能ではありません。
私達にも出来る事はあります。
経営学部 中村壮雅
 

20180318 サマルカンド 午後

2018年3月18日 [ カテゴリ: ]

20180318_027_450.jpg

 午前に引き続き、午後も世界遺産を2つ巡りました。大統領がサマルカンドに来ていたことにより時間の都合上1つは立ち寄ることが出来ませんでした。訪れることが出来た世界遺産の1つは「アフラシャブの丘」です。

20180318_028_450.jpg

20180318_029_450.jpg

20180318_030_450.jpg

 そこは、草原と空の境が見えるほど高い丘でした。東京のビルと人しか見えない騒がしい場所とは大違いで緑に覆われ、風に包まれ清々しい気分になりました。みんなと歩いていると直径20センチ程の穴が見えてきました。おそらく前しか見ていないとつまずいてしまうような穴です。これは昔ネズミか蛇の巣だったようです。今は高い丘がある自然豊かな場所。という風に見えましたが紀元前7世紀から13世紀まではとても立派な街があり、当時はお寺などもあったようです。この「アフラシャブ」という名前は、私達が移動で使った新幹線の名前にもなっている程有名な所だとガイドさんに教えて頂きました。

20180318_031_450.jpg

20180318_032_450.jpg

 2つ目に巡った世界遺産は「シャーヒ・ズィンダ廟」です。イスラム教を伝えにきた預言者クサムイブンアボースの従兄弟が眠るお墓がある場所です。中央アジアの中で最も神聖な場所と呼ばれる程有名な所です。サマルカンドブルーが輝く美しい外観でした。

20180318_033_450.jpg

20180318_034_450.jpg

20180318_035_450.jpg

中にはコーランというお祈りを聞ける場所があり、私達も参加できたので初めてコーランを聞きました。椅子に座れる人は座り、椅子が空いてなく立ってた人はしゃがむよう指示されました。言葉を理解することは難しかったですが、周りの方を見て手の動かし方を見よう見まねで真似してみました(手で顔を洗うような動き)。後でガイドさんにその手の動かし方の意味を聞くと何か願い事や欲しいものを祈り、それを受け取りました。というような意味をもつ、いう風に教えて頂きました。ここの建築に使われてるタイルは1つ1つ貼って作られており、長く見ていても全く飽きない程の美しさでした。

20180318_036_450.jpg

20180318_037_450.jpg

20180318_038_450.jpg

20180318_039_450.jpg

 明日は自己紹介発表、プレゼンの発表があるのでしっかり寝て明日に備えたいと思います。

保険医療技術学部 山田 蓮

20180318 サマルカンド訪問

2018年3月18日 [ カテゴリ: ]

20180318_001_450.jpg

 今日は、眠い目をこすりながらホテルのフロントで集合しました。もうこの渡航メンバーが家族のように感じてきました。朝ごはんはアフラシャブ号の中で、フレッシュなトマト、キュウリ、リンゴにかぶりつきました。パッと目が覚めた気がしました。

20180318_002_450.jpg

20180318_003_450.jpg

20180318_004_450.jpg

20180318_005_450.jpg

アフラシャブ号の中で、先輩と話しながら外を見ると、だんだん建物が少なくなり、まるでカザフスタンを彷彿させるような草原が車窓いっぱいに映し出されました。まさか、カザフスタンと変わらないのか?そんな不安を抱きつつ車内で出されたチャイを一口ゴクリ。 そうこうしているうちに、2時間程でサマルカンドに到着しました。

20180318_006_450.jpg

20180318_007_450.jpg

  バスに乗ってグリ•アミール廟を目指してると、事件発生。なんと大統領が本日お越しになるため、道路が封鎖されていたのです。そうだった、今日はナウルーズ、ウズベキスタンのお正月だったんだと思い出しました。えーっ!という言葉が車内に響き渡りました。よし、歩くしかない。というわけで20分程歩いてグリ•アミール廟に到着しました。

20180318_008_450.jpg

20180318_009_450.jpg

20180318_010_450.jpg

20180318_011_450.jpg

20180318_012_450.jpg

20180318_013_450.jpg

20180318_014_450.jpg

20180318_015_450.jpg

20180318_016_450.jpg

着くなり早々、トイレにいたハエと格闘して一汗かいて……、トイレから出て飛び込んできた景色に驚きました。まるでタイムスリップしたように感じました。青いタイルと白のタイルの調和、そこに施される細かなデザイン。今、私はウズベキスタンにいるんだと再確認させられました。   

 歴代の王様のお墓に別れを告げ、レギスタン広場に到着しました。

20180318_017_450.jpg

 これだ!これこれ!1 年前から夢見てたこの景色!!!

20180318_018_450.jpg

20180318_020_450.jpg

 

 左手には、天文学や物理学の原点であるウルベク神学校、右手には、昔はシルクロードを行く際の宿だったシュルダール神学校、そして、真ん中にはテンラカールモスク。朝見てもこんなに素敵なら、夜はどんなにきれいなものなのか…と思い、頭の中でライトアップさせてみました。「ウズベキスタンに来てよかった」と人混みの中、1人幸せを噛み締めていました。

20180318_021_450.jpg

20180318_023_450.jpg

20180318_024_450.jpg

20180318_025_450.jpg

20180318_026_450.jpg

 テンラカールモスクの中は一言で言えば、金色!友達の瞳が金色に染まっていました。お土産を買って、さあお昼ご飯です。道路は塞がっているし、さてどこに行くのか…。

 保健医療技術学部 石井湖真記

20180317 タシケントに到着

2018年3月17日 [ カテゴリ: ]

20180317_002_450.jpg

 タシケントに降り立つと、カザフスタンとは打って変わって、日差しの強い春の陽気であった。タシケントは、日本と大体同じ四季の巡りであるが、寒さが和らぐと急に暑くなるらしい。移動中のバスでは、最高気温27℃と表示されていた。

  ウズベキスタンの街は、想像していたよりもずっと綺麗で近代的であった。バスで移動中に街の様子を観察してみると、道路を走っているのは白色の自動車が多いことに気づいた。ウズベキスタンは、日中は日差しが強いため、黒い色の車は紫外線を吸収して車内が非常に暑くなってしまうからだという。したがって、街を走る車は白色が多いのである。

20180317_003_450.jpg

  ウズベキスタンでは、イスラム教・スンニ派が9割を占め、次いでキリスト教、その他はユダヤ教となっている。しかし、街ゆく人の中では、髪を隠している女性はほとんど見かけなかった。ガイドさんによると、ウズベキスタンのイスラム教信者は心の中で信仰しているため、髪を隠す女性は少なく、中にはお酒を飲んでいる人もいるという。

  今日は、空港についてからウズベキスタンの日本センターを訪問し、ウズベキスタンに派遣されているJICAやJETROの方々の報告を聞かせて頂いた。JICAでは、海外青年協力隊等を通じて多くの国を支援している。私は、以前から海外青年協力隊に興味があったため、派遣されていた方々から将来に役立つお話を聞くことができた。

20180317_004_450.jpg

20180317_005_450.jpg

20180317_006_450.jpg

20180317_007_450.jpg

20180317_008_450.jpg

また、JETROの方の講義は、ウズベキスタンや中央アジアの経済状況についてであったため、私には少し難しく感じたが、ウズベキスタンの発展について学ぶことができた。

20180317_009_450.jpg

20180317_010_450.jpg

   講演後は、日本センターで学んでいる現地の方々と交流した。中には、日本語を7年も学んでいる高校生の女の子もおり、本当に皆日本語が堪能であると感じた。

   明日は、朝早くにホテルを出発し、サマルカンドを観光する予定である。日中の最高気温は25℃くらいで晴れる予報であるため、観光を目一杯楽しみたい。

 

                                                     保健医療技術学部 雨宮静香

1  2