「新・文明の旅+」渡航レポート

2019年9月1日~10日実施のラトビア、リトアニアへの渡航レポートです。

第2回「新・文明の旅プラス」|文京学院大学

文京学院大学トップページ「新・文明の旅+」渡航レポート トップページ

<前へ1  2

交流プログラム 5日目(9/5)

2019年9月 6日 [ カテゴリ:トピックス ]

2019年9月5日午前

 

 4日間お世話になったラトビアのホテル(Clarion Collection Hotel Valdemars)をあとにし、リトアニアへ出発です。陸路の途中では、ラトビアからリトアニアへ国境を越えるという経験を初めてしました。島国である日本では絶対に経験できないことなので楽しみにしていましたが、予想していたのとは異なりチェックなどもなく一瞬で国境を通り過ぎました。国境を越えると辺り一面に広大な畑が広がりはじめました。リトアニアはラトビアとは違い林があまりなく、畑が多いことから農業が主な産業なのだろうと気づきました。放牧地には牛や鹿がエサを食べていたり、畑には黄色い菜の花が咲いていました。ガイドさん曰く、その菜の花から採れる種の油(菜種油)は大きな産業だということでした。

 

 ラトビアから2時間ほどで、リトアニアの都市郊外にある十字架の丘に到着しました。ここは世界無形文化遺産にも登録されており、リトアニアを象徴する場所です。十字架の丘の十字架は、ソ連時代に破壊されましたが、約40年前から誰ともなく再び一本ずつ立てられ始めたそうです。色々な説はあるようですが、誰がいつ十字架を置き始めたのかは明確には分かっていません。十字架の丘までの一本道を歩いていくと、近づくにつれ写真で見ていたよりも十字架の数が多く、まさに丘を埋め尽くすようでした。

 

 遠くから眺めても、広大な畑の中にある十字架の丘はとても綺麗で、神聖な場所だと感じました。私たちも文京学院大学の学生代表として、平和を願い十字架を置いてきました。いつかまたリトアニアに来たときに、私たちの十字架を見つけにこようと思います。丘に登り、風が吹くと、沢山の十字架がぶつかり合い軽やかな音が聞こえ、とても素敵な時間を過ごせました。その後、リトアニア北部の都市シャウレイで昼食や市内見学をしました。

(経営学部2年清水夏弥)

IMGP0005.JPG

 

2019年9月5日 午後

 

 リトアニアのシャウレイでは、マーケットが開かれており、多くの人々が市内で買い物をしていました。フリーマーケットのようになっており、現地の方の生活を垣間見たように感じました。私はそこから少し離れたショッピングモールの中の「saya Asian fashion」という店で昼食をとりました。白米にサーモンが乗っているフレンチ風の日本料理を注文しました。出されたのは割り箸で袋には日本語で「竹の香り」と書かれており、意外な所での日本語との遭遇に驚きました。料理の見た目は日本料理の見た目をフレンチ風にしたようでした。白米が楕円形だったので日本の米を使っているのではないかと思います。サーモンにはワサビもついており日本らしさを感じました。現地の方も店内で食事を取っていたので、アジア料理は広くリトアニアでも受け入れられているのだと感じました。一緒に頼んだ「milk & ice cream smoothie」はとても甘くて私には飲みきることが出来ませんでした。ラトビアでも感じましたが、こちらは甘い飲み物が多いようです。

 

 18:00頃、カウナスの「Best Baltic Kaunas」というホテルに着きました。ここでは2泊する予定です。到着30分後、1つの部屋に集まり明日のヴィタウタス・マグヌス大学でのプレゼンテーションに向けて1時間ほど練習をしました。難しい日本語をわかりやすく変えたり、発表を終えたラトビアチームに発表を聞いてもらい最終確認をしました。明日の本番では現地の学生に上手に説明できるよう頑張ります。

                                      (経営学部2年 岡天音)

IMGP0006.JPG
 

交流プログラム 4日目(9/4)

2019年9月 5日 [ カテゴリ:トピックス ]

2019年9月4日 午前


 ラトビア国立歴史博物館へ向かう途中、公園に野良猫の家が設置されているのを発見しました。ガイドの話によると、野良猫はネズミを捕ってくれる為、市がメディカルケアを行ったり餌を与えたりして飼っているそうです。ラトビア国立歴史博物館に到着し、中に入るとすぐにステンドグラスの窓がありました。日光を通すステンドグラスにはリガ旧市街の絵が施されており、色鮮やかでとても美しかったです。この博物館は、展示物がそれぞれの部屋に時代ごとに分かれており、ラトビアの時代を順々に学ぶことができます。例えば、狩猟の武器や可愛らしい民族衣装、1960年代当時の家の様子などが、幅広く展示されていました。他にもバルティックアンバーには250種類もの色があると知り、また新たに琥珀の魅力を感じました。

 

 見学の終盤に、スターリンと最初のソ連統治時代の展示室にはいると、ガイドの話し方の様子が一変しました。ガイドはスターリンを「大量殺戮者」と呼び、 どうやらガイドの祖父もスターリンによって苦しい経験をしていたようで、本当は部屋の説明をしたくないと言っていました。戦争や独裁政治によって苦しい思いをしてきた人たちは世界中どこにでもおり、数え切れぬ先人の苦しみや悲しみがあったからこそ、私たちは平和な現在を過ごせているのだと改めて痛感しました。更なる世界平和を目指す為にも、私たちは後世に戦争や独裁政治の恐ろしさ、惨さの実態を語り継ぐ必要があると思いました。

 

 今度は、ラトビアのデザインを学ぶことができる装飾美術館へ行きました。ここでは20世紀初頭に「ROMANS SUTA」という陶器で有名な会社の展示物やエレクトリックの会社の展示物までカバーしていました。陶器のデザイン原画も展示されていましたが、原画が残されていることはまず少ないため、とても貴重な展示物であるとのことでした。見たことのない斬新なデザインの椅子やビニールで作られたデザインの洋服など、素晴らしいアイデアによって作られたデザイン性のある作品に触れることができ、とても感化されました。

 

 なお、ラトビアのアートは、プロパガンダに使われている時代がとても長く、アートがアートとして扱われるようになったのはごく最近であるそうです。アートは、アートとして鑑賞するからこそ、自身の考えや感覚に刺激を与えてくれるのだと思い、美術館や博物館の価値を感じた一日でした。


(経営学部2年 井上楓袈)

IMGP0009.JPG

 

2019年9月4日 午後


 昼食後、次にリガの歴史と海運の博物館を巡りました。18世紀ごろのリガの芸術品が展示されており、鉄砲や船の模型、当時の貴族の服装等がありました。この博物館は、展示品の横にロシア、ドイツ、イギリスの説明書が置いてあり、様々な国からの来館者がリガの歴史を理解できるのだと思いました。15時に現地のラトビア大学の学生と合流し、バスで次の野外民俗博物館に移動しました。ガイドの方の説明を、現地学生の方が日本語で訳して説明してくれました。この博物館には、18世紀の家が展示されており、周りに井戸やサウナもありました。家は、藁葺き屋根の木造建築になっており、日本との共通点がありました。とても離れている国同士なのに、この共通点があることを不思議に思いました。

 

 18時頃、バスでホテルまで移動し、お土産を買いに行く人、ホテルで話している人、薬局でオススメの化粧品を教えてもらいに行った人等、各自で自由に過ごしました。私は、現地の大学生と一緒にレストランに行き、食事をしました。注文した料理が運ばれるまで、お互いの名前の由来や、漢字の紹介などをし合いました。日記にサインをもらい、各自メモ帳に自分の名前をロシア語やラトビア語で書いてもらいました。昨日よりたくさん話をして、ラトビアの学校の仕組みを教えてもらったり、日本の料理や文化についてどのように感じているのか伝えてくれました。明日、リガを離れてしまうのが少し悲しいです。

 

(人間学部 2年 井原美咲)

IMGP0033.JPG4日工芸とデザインの博物館にて、学芸員と.JPG
 

交流プログラム 3日目(9/3)

2019年9月 4日 [ カテゴリ:トピックス ]

2019年9月3日 午前


 この旅も三日目に突入しました。時差ボケや疲れが出てきている仲間もいましたが元気に過ごしています。今日はついにラトビア大学の学生との交流の日です。ラトビア大学の壁には、前回の第2回「文明の旅」の時の文京学院大学の学生のコメントが残されており、前回行った学生が築いてきた記録を改めて実感することが出来ました。

 

 そのあとは日本語を勉強しているラトビアの学生へプレゼンテーションを行いました。残念ながら行けなかった学生達の思いも乗せて、作り上げてきた内容をしっかりと伝えることが出来ました。現地学生のみんなとグループに分かれてディスカッションも行いました。日本から持ってきたお菓子を一緒に食べながら色々な話をしました。一緒に話をした時に歌舞伎や相撲が好きだと教えてくれました。私たち日本人が普通だと思っているものも、他の国の人からみれば新鮮で珍しいことなのだということに気付かされました。おすすめの食べ物やお土産屋さんも教えてもらったり、日本について話をしたり短い時間でしたがとても充実した時間になりました。

 

 交流後は自由にラトビア市街を散策しました。伝統工芸であるリネンやミトンのお店に行ったり、旧市街地を散策したりと、とても楽しむことが出来ました。

 

(人間学部 2年 針ヶ谷 希彩)

IMGP0058.JPG

 

2019年9月3日 午後

 午後は17時まで自由散策だったので、リガの旧市街の街歩きを楽しみました。素敵なおじいさんのいるオープンテラスのレストランでランチを食べた後、散策を始めました。街歩きのメンバーは、外国語学部の4年生が1人、経営学部の2・3年生が1人ずつ、そして人間学部の2年生が3人。計6人でした。学部や学年の垣根を越えて、異国の地で一緒に行動するのは新鮮でしたが、不思議と安心感も大きく、またとても楽しくて、これは「新・文明の旅+」に参加したからこそできる経験だと感じました。

 リガの旧市街は全てが絵になる街並みで、カメラのシャッターを切る手が止まりませんでした。石畳の道路、歴史を感じる建物、可愛らしい三角屋根の小さな家、人々が集うオープンテラスのカフェ、何気ない路地裏も全て、色合いやデザイン、雰囲気までもとても素敵で、何回も胸が高鳴り、いつまでも歩いていたいと思いました。日本にも、オープンテラスのカフェなどが増えたら、リガのように人が多いながらも、のんびりと落ち着いた雰囲気を感じられる街になるのではないか、なったら素敵だな…と想像が膨らみました。その後、聖ペテロ教会の塔にのぼり、リガの街を一望しました。リガの街は上から見てもとても素敵で、いま自分は本当に外国にいるのだと改めて実感しました。

 夜は、交流したラトビア大学の学生の方々におすすめのレストランに連れて行っていただき、一緒に夕食を楽しみました。ラトビアでよく食べられる食材のひとつである黒パンを揚げた「フライドブレッド」を初めて食べました。ニンニクの香りが香ばしくて、上に乗せられたチーズとの相性も良く、とても美味しかったです。
リガの夜は白夜の名残りで、日が沈むのが20時半ごろと遅く、その時間まで空が明るいです。今日はレストランからホテルに歩いて帰っている途中、公園の中を通りました。平日の夜20時半という時間にも関わらず、広場でローラースケートなどを楽しむ親子や友達同士の姿を多く見ました。まだ外は明るいからこそ、両親が仕事が終わった後も、子ども達と外で遊べるのかと思い、リガの人たちの生活の一端を見た感じがしました。

 今日で、ラトビア滞在の3日目が終わりました。ラトビアで見る景色やものは全てが新鮮で、毎日、感動が沢山あります。また、プレゼンを通して学んだことは こういうことだったのかと、事前の学習が役立つ場面も沢山あり、充実した毎日です。必ず買おうと決めていたラトビアのミトンを、今日、自分と母の分を買うことができて大満足です。喜んでくれるといいな、そして明日はどんな一日になるのだろうかとワクワクした気持ちのまま、報告を終えようと思います。明日も頑張ります。

(経営学部 2年 千葉萌)

IMGP0072.JPG3日午後ラトビア大学の学生と一緒に市内見学.JPG

 

交流プログラム 2日目(9/2)

2019年9月 4日 [ カテゴリ:トピックス ]

2019年9月2日 午前

 

 旅は2日目に入りました。昨日の長時間のフライトから疲れがたまっている人もいると思いましたが、皆、朝から元気で良かったです。本日の午前中は、アール・ヌーヴォー様式を見る街歩きや、カゴ作り職人の工房の見学などをしました。アール・ヌーヴォーの街歩きでは、日本では見られない多くの建築物を見ることができました。全10箇所ほどのアール・ヌーヴォー様式の建築物は、どれも建物の高さが高く、バルコニーや出窓などのデザインが細かく美しさを感じます。建物には、女性・男性の顔や、動物、民族の模様などの彫刻がありました。建物を見ていて一番驚いたのは、最上階の部分は実際の構造より表面の壁を高く作っていることです。建物を高く見せるための工夫なのだそうです。外観の高さにまでしっかりこだわっていることにデザイン性の高さを感じました。また青色のタイルも太陽の光が当たってとても綺麗でした。

 

 そのあとカゴ作りの工房への移動途中、ガイドさんがラトビアでの地震の話をしてくださいました。地震は15年前に震度5の大きいな自信を経験したそうですが、現地の人は経験したことがなかったため、楽しんでいたようで、嬉しかったそうです。地震大国の日本では、考えられない感想なので海外の地震事情について気になりました。カゴ作りの工房、ピヌム・パウサウレ(Pinumu Pausaule)では、コミュニケーションをとりながらカゴ作りを体験させていただきました。水分を含んで柔らかいうちに編むことが大事だそうで、乾いてしまうと硬くなり折れてしまうようです。ヤナギの木のような植物で編んでいきます。編んだ枝の間に枝をまた入れながら作業を行っていました。すべて手作業で指先を使う作業のため、職人の指は太く、タコがたくさんできていました。職人の黙々と作業する姿は、とてもかっこよかったです。いかに短い時間で編めるかが大事な作業なので、慣れていない私たちは苦労しました。しかし、優しく教えていただいたり、職人の力を借りながら、なんとかハート型のカゴを作ることができました。また数多く揃えているカゴの商品は、すべて手作りであるため、職人の思いがこもった素晴らしいものだと感じました。

 

(経営学部  3年 森 瑛絵)

IMGP0025.JPG

 


2019年9月2日 午後

 

 午後は、はじめに市場に行きました。市場は三つの大きなかまぼこ型の室内と、その周辺の屋外に広がっています。室内には、魚、漬物、乳製品、などがあり、屋外には、お花、果物、洋服などが売られていました。魚売り場では、魚の匂いはするものの海の香りはあまり感じられませんでした。スーパーの魚売り場にいるような感覚です。蜂蜜を売る店もあり、そこでは蜂蜜だけではなく、花粉まで売っていました。使い道を聞いておけばよかったと後悔しています。一番興味深かったものは、白樺の樹液です。ラトビアでは白樺の樹液は飲み物の一つで、春先に白樺の木に穴を開け、採集した樹液はさっぱりした甘さで美味しいそうです。この時期に売っている白樺の樹液は、旬を過ぎてしまっているそうで、「フレッシュではない」とガイドのユリアさんが言っていました。今日並んでいた果物は栽培や輸入されたものが多いようでした。外に並んでいる果物は、旬の時期であれば、森から直接採集した果物も並ぶそうです。

 

 次に向かったのはリガ城です。周囲の地面は17世紀に作られた石畳でした。地面が凸凹していて千葉さんと「ヒールでは歩けないね」と話していると、ユリアさんが「私はヒールでも歩けるよ!」と教えてくれました。運動靴でも危うかったので、私にはヒールでは歩けないと思います。目の前には、白色、黄色、緑色の建物が並んでいました。ユリアさんは「彼らは三兄弟」と教えてくれました。白色の建物は15世紀、黄色の建物は17世紀、緑色の建物は18世紀の建物で、それぞれの時代の生活様式が感じられました。途中から雨が降ってきました。傘をさしながら風景を撮影していたら、川越先生がみんなに野生の木の実を食べさせてくれ、井原さんがすっぱい顔をしています。雷が鳴り始めた頃に、リガ大聖堂へ行きました。神聖な場所なのでみんな静かにユリアさんの話しを聞きます。ラトビアにはあまり敬虔な信者は少なく、お祈りに行くのは何かが起こった時か何かが欲しい時だそうです。日本と少し似ている部分があると感じました。

 

 先生方がラトビア大学へ向かったあと、学生たちは自由時間でした。17時過ぎまで各々自由に過ごし、その後、リガ市内を散策する学生とホテルで夕食の場所を探す学生に分かれて行動しました。私は後者だったのですが、夕食の場所を決めた後、ジェンガやトランプで遊んだのが楽しかったです。ジェンガは33段ほど積み上げました。トランプでは浦田さんを出し抜き私が大富豪になりました。私たちが楽しく遊んでいる一方、リガ市内を散策した井原さんは体調を崩してしまいました。とても心配です。夕食はビアハウス・オリバース(Beer House Olivers)というお店にしました。料理はとても美味しく、話も楽しかったけれど、井原さんが居なかったのが寂しかったです。元気になってね。

(人間学部 2年 平井朝美)

 

IMGP0028.JPG

 

交流プログラム 1日目(9/1)

2019年9月 2日 [ カテゴリ:トピックス ]

2019年9月1日 午前

 

 メンバー10人元気に揃いました。これから「新・文明の旅」のプログラムに新たな記録が刻まれることとなります。ただいまより経由のためフィンランドのヘルシンキへ向かいます。果たして、どれほどの気温なのか予想があまりつきません。半袖の人もいれば長袖の人もいます。みんな未知なる世界に期待を膨らませて日本を飛び立とうとしています。初めて海外に行く人もいれば、旅慣れた人もいます。

 

 どんな人と出会えるのか。どんな景色が見られるのか。どんな香りがするのか。どんな瞬間と出会えるのか。そして、どんなことを得て帰るのか。たくさんの好奇心を胸に日本を旅立ちます。きっと10日後、それぞれがそれぞれの「新たな気持ち」を胸に日本へ帰ることでしょう。突如出来上がった10人のチームで、どこまで旅を創り上げられるのか楽しみで仕方がないです。今日この日までに、このプログラムに携わっていただいた、教職員の皆様、そして選ばれなかったものの、ここまで来るまでに共に活動した仲間たち全員に感謝の気持ちを忘れずに、たくさん得られるであろう経験とその価値を最大化していこうと思います。私は今回の渡航でこのプログラムに関わるのは最後になります。これまでの「新・文明の旅」の伝統を少しでも多く伝えることが自分自身の使命だと感じています。最後の最後まで、できることを精一杯やり切ろうと思います。

(外国語学部 4年 浦田雅也)

9月1日午前.jpeg



2019年9月1日 午後


  フィンランドのヘラデルシア空港に到着。キャビンアテンダントの人たちがこれまで乗ってきた飛行機の中で一番美人だった。一方、乗り継ぎの間が1時間ぐらいしかなく、入国審査で少々手間取ってしまう。さらに、入場ゲートまでがとても遠くて、また時間がかかってしまいギリギリに飛行機に乗ることができた。一瞬であるが、空港から見えた遠くの街並みは東京のように混雑した感じではなく、必要なものだけがあるような、落ち着いた街並みで、ヨーロッパに来たという実感が湧いた。滞在時間が短い分、空港内があまり観光できなかった。色々と見てみたいショップがあったが見れなくて残念。帰り時間があればカフェなどに寄り、限定のマグカップなど買ってみよう。


 ラトビアの現地時間で、17時30分ごろに到着したが、日本では夜中の12時ぐらいである。ラトビアの人たちは情報サイトなどでも書かれている通り男女共に美形が多い。到着後、三人分の荷物がなかなか出てこない。なんとロストバゲッジのようだった。見つかり次第、ホテルに届けてもらうことになる。

 

 リガの街中は、東京と比べると売店が少ない感じがする。だが、古い街並みが多く残っており、とても綺麗だった。明日から綺麗な街の美術館や博物館に行くのが楽しみだ。バスでホテル「ヴァルデマルス・リガ」に到着!

 

 部屋は広く二人でも十分に余裕である。しかし、お風呂にはバスタブは無くシャワーのみなので、日本人にとってはちょっと不便かもしれない。トイレも、ウォシュレットが付いていないのが残念である…。

 

 夕食のサービスがあるのがとても便利だ。ご飯に関してはパンが主食で、サラダや炒め物、煮込みなどの料理が並んでいる。サラダにはアンチョビが含まれているメニューもあり、日本で食べるアンチョビとは違った風味がした。全体的に塩分が多めで、欲張ってたくさん食べないほうが良いかもしれない。美味しそうなものがたくさんあるので、最初に少量ずつ取って美味しいと感じたものを、後から多めに盛ることにしよう。


(経営学部 2年 紫藤 伶於)

9月1日午後.JPG

 

「新・文明の旅+」ラトビア・リトアニア交流プログラム

2019年9月 1日 [ カテゴリ:トピックス ]

 8月27日に、壮行会が行われました。学長から熱い激励のメッセージをいただき、理事長からは旅の記録を綴る日記帳が手渡されました。学園長からは、お揃いの大学Tシャツを受け取り、チームの士気も高まりました。皆さま、ありがとうございます。

 

 9月1日、いざ出発!

 

IMGP0007.JPG

<前へ1  2