第二弾「新・文明の旅」現地リポート

2015年3月4日~3月20日迄、各学部から選抜された学生がポーランド、リトアニア、ラトビアを訪問

第二弾「新・文明の旅」現地リポート|文京学院大学

20150320 帰国

2015年3月20日 [ カテゴリ:トピックス ]

DSC_2294.jpg

 無事17人全員で帰国しました。17日ぶりに戻ってきた日本に、ほっとして安心した人もいれば、まだ3国に居たかったという声をあげる人もいます。私はその両方の気持ちでいますが、いずれにせよそれぞれが目標と期待、そして不安を持って出発した17日前の表情と変わっているように見えます。
 日本とは違った街並みや、新しく知り合った人々、そこから得る新たな情報など、海外派遣中は毎日が新鮮な出会いに溢れていました。また、日本国内で生活しているだけでは気づき得ない、「当たり前」の考えを我々が持っていることにも気づくことが出来たように思います。そして、コミュニケーションの本質としての分かち合いの意味を理解できたのではないでしょうか。
 この旅では、異文化との交流が目的として掲げられており、文化間の違いに目がいきがちですが、そんな中で国籍や文化、言葉を超え、共通点を見つけた人も少なくないはずです。楽しい時には共に喜び、別れの際には共に涙する。こういった経験がメンバーのそれぞれにとって、今回の旅の中で最も貴重なものとなったのではないかと思います。訪問した3国では、私たちの思う以上に日本に、そしてアジアの3国として中国、韓国にも関心を抱いていました。
 

DSC_2323.jpg

 我々も今一度、自分の住む日本について勉強する必要があるようです。今回の新・文明の旅の海外派遣は、日本と他国を知るための良いきっかけとなりました。帰国後は、それぞれが現地で学んだことを伝えていくと同時に、新たに日本と他国の知識を深めていきたいと思います。私たちの旅はまだまだ終わりません。きっとそれぞれが今回経験したことを胸に、訪れた3国のみならず世界の国々を訪れ、新たな繋がりを築いて行くことでしょう。まずはこれからの活動のために、ゆっくりと身体を休めたいと思います。(西村愛)