第一弾「新・文明の旅」現地リポート

2012年2月29日~3月16日迄、各学部から選抜された17名の学生がトルコ・ブルガリア・ルーマニアを訪問

「新・文明の旅」プログラム 2012 三カ国訪問ブログ|文京学院大学

学生報告③

2012年3月 5日 [ カテゴリ:イベント ]

2012年3月2日(新・文明の旅プログラム3日目)

 

今日は「カッパドキアの研修」という1日でした。「美しい馬」という意味を持つカッパドキアは、大地に広がる幻想的な風景で、めったに見ることのできない真っ白の雪に覆われている奇岩の姿を私たちは目にすることができました。また、カイマルクと呼ばれる地下7階もある地下都市も見学しました。昔の人々が争い事から生き残るために知恵を詰めこみ、約3千人の人たちが生活をすることができたそうです。文明の原点であり、現在も大切にされている世界遺産のカッパドキアを視察することができ、とても貴重な経験でした。目でみて感じるだけではなく、その場の空気や雰囲気、そして何千年前に出来上がった環境を、人々はどのような思いでつくったのか、想像しているだけでもおもしろい、そんな貴重な経験をすることができました。

DSCN0164.JPG

約片道5時間を行き帰りのバスの中では、アンカラ大学の学生たちとお互いに、各国の文化や、日々どのように過ごしているのか、学生の日常生活等の話をしたりしました。帰り道は、歌ったり、踊ったりと、とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。

このような、友好的な雰囲気で、私たちはお互いにいろいろなことを発信し、トルコやトルコ人、そして1人の人間としての考え方、価値観等を知り、お互いを理解を深めることができました。DSCN0181.JPG

最後に、アンカラ大学の学生と出会って3日目が過ぎました。アンカラ大学の学生方は本当に私たち1人ひとりに対して、優しく、温かい心で接してくれました。彼ら、彼女らと心を通わせることができたのも、このように私たちを受け入れてくれたのも、このたびが教えてくれたことです。私たちは、お互いに、たくさん一緒に笑うことで心の距離が更に縮まったのではないかと感じました。

 

今の私たちにできることは、日本について興味や関心を持っている人たちに、日本に対して正確な情報を伝えることだと思います。そのためには、正確な情報をいかに確実に伝えられるかだと感じました。普段使っている私たちの日本語を、どのように正確に、わかりやすく、簡単に話すかということが、いかに大切かわかりました。また、相手のペースに合わせて話すことができるか、ジェスチャー等を交え全身で伝えられるかも、重要であると思います。この経験で、相手にものごとを伝えるという難しさを学ぶことができました。そして、人間の歴史、人の温かみを深く学ぶことができた1日でした。

DSCN0386.JPG

記録時間:3月4日 AM1:31     報告者:中鉢 真実(人間学部人間福祉学科)

コメント(2)

高橋 兼太2012年3月 8日 12:25

昨日のスカイプにて、中鉢さんの元気なお姿を
拝見できました。

私も被災地でのスカイプを通して、伝えることの大切さ
・難しさを実感した次第です。

ちょうど折り返し地点ですね。引き続き良い経験を
していってください。

加藤弘美2012年3月 8日 13:15

こんにちは!

報告を読んで、世界遺産やトルコの風景、そして人との関わりを全身で感じている様子が伝わってきました。
特にアンカラ大学の人たちとのコミュニケーションから学んだ「伝え方の難しさ」は、日常ではもちろん、普段学んでいる福祉や保育の世界でもとても大切なことですね^^

中鉢さんから、文明の旅での体験を直接聴くことができるのを楽しみにしています!
この先も、健康に気をつけてお過ごしくださいね

キャリアセンター加藤弘美