KAWAGOE Wayfinding

ロンドン芸術大学学生と協働で「KAWAGOE Wayfindingプロジェクト」を埼玉県川越市で実施しています

2018  KAWAGOE  Wayfinding|文京学院大学

文京学院大学トップページKAWAGOE Wayfinding トップページ

このプロジェクトは、2017年から開始し、文京学院大学生とロンドン芸術大学生が小江戸川越と呼ばれる川越を舞台に、未知の土地をストレスなく、楽しみながら体験するための工夫を指す“Wayfinding”を創作していきます。 2020年の更なるインバウンド増加を見据え、より多くの外国人観光客に対して川越の魅力を発信すべく、人間科学と融合しながら新たなKAWAGOE散策の提案をしていきます。
外国人観光客に優しい“Wayfindingシステム”を創作することで、より多くの観光客を川越に誘致し、世界に「KAWAGOE」の名を馳せることを最終目的としています。

協賛企業 株式会社新興出版社啓林館 富士電機ITソリューション株式会社

1  2

「KAWAGOE Wayfinding Project」成果物一覧

2018年8月24日 [ カテゴリ:トピックス ]

「KAWAGOE Wayfinding Project」成果物一覧

 

作品②.jpg

Finding Kawagoe(旅券)

それぞれが七福神よりインスピレーションを得た7つのテーマに関する川越体験を可能とする場所と対応した一連の旅券です。ハンコ(押印)を集めることができます。

 

 

 

 

作品③.jpg

Finding Kawagoe(判子)

創業文政年間のハンコ屋バンコドウで学んだハンコ作りの技術を応用して、7つのテーマのシンボルマークを彫刻しました。スタンプラリーに応用可能です。

 

 

 

 

作品①.jpg

Limited Edition Origami Paper

旅券の全てのページにハンコが押されたら、Finding Kawagoe(川越を見つけよう)の場所から集める折り紙一式です。

 

 

 

 

 

作品④.jpg

Origami Cahir 

椅子のデザインは折り紙の蝶からインスピレーションを得ました。椅子は公共空間に適し、耐久性に優れたプラスチック素材を考えています。折り目は衝撃吸収の役割も果たしています。

 

 

 

作品⑤.jpg

Bell Tower Toy

小江戸川越の名所の一つである「時の鐘」にインスピレーションを得て手作りした鐘楼です。参加者が自分で鐘楼キャラクターを作るワークショップのための提案です。

 

 

 

 

作品⑥.jpg

Sunpack 

日本における伝統的な素材の使い方にインスピレーションを得たリュックサックです。革と川越唐桟でできています。前面の神社の描写はソーラーパネルを屋根に見立てています。ソーラーパネルは原子力をめぐる昨今の課題に対応したもので、携帯電話などの充電に用いることができます。

 

作品⑦.jpg

Kawagoe Tenugui

地区の名前を記してお祭りで巻くという「てぬぐい」にインスピレーションを得た川越てぬぐいです。川越で得られたパターンから作られており、自分に合うものを選び、誇りを持って巻くことができるようになっています。

 

8月23日 Farewell Party

2018年8月23日 [ カテゴリ:トピックス ]

プロジェクト最終日に、ふじみ野キャンパスにてFarwell Party を実施しました。完成した成果物を見ながら、学生同士最後の交流を楽しみました。

 

0823-1.jpg0823-2.jpg0823-3.jpg0823-4.jpg0823-5.jpg0823-6.jpg

8月21日・22日 仲町観光案内所での展示会

2018年8月22日 [ カテゴリ:トピックス ]

8月21日・22日は、「仲町観光案内所」にて成果物の展示を行いました。観光案内所を訪れた方々は皆さん興味深く学生たちの作品を手に取って見てくれました。

 

0821-1.jpg0821-2.jpg

8月20日 成果報告会・展示会

2018年8月20日 [ カテゴリ:トピックス ]

川越市の「小江戸蔵里」にて、8月20日に成果報告会を実施しました。報告会には川越市長をはじめ、呉服笠間様や株式会社バンコドウ様など今回のプロジェクトでお世話になった方々、総勢20名が参加してくださいました。

報告会終了後には同会場内で一般来場者向けに成果物の展示を行いました。

 

0820-1.jpg0820-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

成果報告会と作品については、8月21日の『東京新聞』はじめ4媒体で取り上げられました。

2018年8月20日 「KAWAGOE Wayfinding」プロジェクト成果報告・展示会開催

2018年8月17日 [ カテゴリ:トピックス ]

~ 「KAWAGOE Wayfinding」プロジェクト成果報告・展示会 ~
 
日 時:平成30年8月20日 (月) 13:00 ~ 16:00  ※13時よりセレモニー
 
会 場:小江戸蔵里 つどい処 展示蔵ギャラリー (http://www.machikawa.co.jp )
〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-10-1 西武新宿線「本川越駅」徒歩5分
 
 *8月21日 (火)、22日(水) 11:00 ~ 16:00 は、川越市 「仲町観光案内所」 にて、制作品の展示のみ行います。
「仲町観光案内所」
〒350-0065 埼玉県川越市仲町2番地3 東武バスウェスト(蔵のまち経由)「仲町」降車徒歩1分
 
 
 
【担当窓口】 学校法人文京学園 総合企画室 ・ 文京学院大学人間学部教務/GSIグループTEL:049-266-0253

8月15日 BGUワークショップデイ③

2018年8月15日 [ カテゴリ:トピックス ]

「Collage on Kawagoe」

心理学科の加曽利先生によるワークショップが実施されました。臨床心理学的観点から、川越をテーマにコラージュ作成を行い、川越のイメージについての心理学的分析を行いました。

 

0815-1.jpg0815-2.jpg

 
 
 
 

8月8日 BGUワークショップデイ②

2018年8月 8日 [ カテゴリ:トピックス ]

「Psychology of Aging」

人間学部心理学科の上村先生と山崎先生によるワークショップが行われました。高齢者心理学的観点から、高齢者模擬体験装具(特殊な眼鏡、手袋、手足の重りなど)を装着しての実験を通して、高齢者の身体・認知能力について理解を深めました。

 

0808-1.jpg0808-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「Branding every gap through creation」

高齢者体験のワークショップ終了後、経営学部川越先生による「川越唐桟(ストライプ柄を基調とした川越の伝統的な木綿織物)のマーケティング」をテーマにしたワークショップが行われました。学生たちは、文化や伝統的な素材、人といったあらゆる要素をバランスさせ、最終的な作品とするためのノウハウを学びました。

また、ワークショップの中では、川越唐桟のブランディングについて研究活動を行っている、川越ゼミ生によるプレゼンテーションもあり、参加した学生たちは川越唐桟についての知識を深めました。

なお、今回のプロジェクトでは、川越唐桟を用いた作品作りがテーマの一つとなっています。

 

0808-3.jpg0808-4.jpg

 
 
 
 

8月2日 川越市の観察・調査を開始

2018年8月 2日 [ カテゴリ:トピックス ]

UAL学生と本学の学生が川越の街に出て協働で観察と調査を行っていきます。川越の街で得た情報を基に、学生たちはキャンパスに戻り作品作りに取り組んでいきます。

 

0802-1.jpg

0802-2.jpg

0802-3.jpg0802-4.jpg0802-5.jpg0802-6.jpg0802-7.jpg0802-8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2