<

「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

トピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

五街道ウォーク2018 第2回下見報告(第4区滋賀WG 3/1~2)

2018年3月 9日 [ カテゴリ:トピックス ]

第4区(長浜) 活動報告

日付:2018年3月1(木)、2(金)

行程:1日目 長浜駅→長浜市役所→ヤンマーミュージアム→長浜駅

   2日目 長浜駅→田村駅→長浜港→豊公園→木之本宿→びわこ食堂→

        黒壁スクエア→長浜駅

 

こんにちは!私たち4区は8月に行われる本番に向け、3月1日、2日に滋賀県長浜市に第2回目の下見に行って参りました!

 

1日目

1日目はまず長浜市役所を訪問し、市役所の方にご挨拶をさせて頂き、私たちの現状のコース案を報告し、様々なご意見やご感想を頂きました。

市役所の方から頂いたご意見を元に、当初の下見ルートを変更し、「曽根」という明治時代の面影が残る住宅街を確認に行きました。風情があり良い場所でしたが、五街道ウォーク本番に大人数の参加者が集団で歩行するには少し道が狭いと感じ、残念ながら本番では歩くのは難しいという結論になりました。

 

長浜市役所.jpg

△長浜市役所

 

 

次に、雨の日のコースの候補として、ヤンマーミュージアムを訪れました。ヤンマーミュージアムでは創業106年目を迎える「YANMAR」の重機についての歴史を学ぶことができるだけではなく、実際に重機の運転がどのようなものなのかシミュレーション型の体験を通して学ぶことができ、ミニゲームで遊ぶこともできました。また、屋上にはエンジンからの廃熱で暖めた足湯も設置されており、休憩もできる良い施設だと思いました。

 

ヤンマーミュージアム1.jpg

△ヤンマーミュージアム

 

ヤンマーミュージアム2.jpg

△ヤンマーミュージアムに展示されているトラクター

 

ヤンマーミュージアム3.jpg

△ヤンマーミュージアムで体験できるミニゲーム

 

2日目

2日目は、市役所の方に提案して頂いた、オープニングセレモニーの候補地でもある、田村駅から、「さざなみ街道」という琵琶湖沿いの道を1時間ほど歩行し、長浜港に向かいました。今回の下見は残念ながら両日とも曇りで、琵琶湖沿いの道は琵琶湖から吹いてくる風がとても冷たく、歩行距離も長かったので大変でした。夏の本番は気温が高いことが想定されるので、涼しい風を受けながら快適に歩くことができる道だと感じました。

 

さざなみ街道.jpg

△さざなみ街道

 

さざなみ街道大仏.jpg

△さざなみ街道から見える大仏

 

黒壁スクエアは、古い街並みを楽しむことができるエリアです。実際に歩いて、参加者の方々が自由に散策することができる範囲や時間、お土産屋さんの有無などを中心に確認しました。また、黒壁スクエアは一角全体が黒色を基調とした建物に囲まれているだけでなく、アイスクリーム(黒壁ソフト)やコロッケなど、黒色を取り入れた食べ物も販売されていました。参加者の方々にも、おいしいものを片手に、この場所の雰囲気を楽しんでもらえると思います。

 

黒壁スクエア.jpg

△黒壁スクエア

 

黒コロッケ.jpg

△黒コロッケ

 

最後に、今回の2日間の下見を通して、私たちのコースの新たな改善点を見つけることができました。これから本番に向けて、コースを練り直し、参加者の皆様により良い4区長浜を体験してもらえる様に班一同協力し合い努めていこうと思います。

 

記事担当:経営学部1年 清水 章太

 

 

五街道ウォーク2018 第2回下見報告(第7区 滋賀・京都WG 2/28~3/1)

2018年3月 9日 [ カテゴリ:トピックス ]

こんにちは。五街道ウォーク実行委員会 保健医療技術学部1年の福田です。

 

 私が担当する7区滋賀・京都班は、2月28日から3月1日にかけて第2回下見に行ってきました。 今回の第2回下見では、昨年夏に行った下見を元に作成した本番行程の再確認等を行いました。 初日は渉外をメインに、2日目は名所や見所の下見を行いました。

 

 初日の渉外では、京都商工会議所や京都市観光協会へ赴き、五街道ウォークを実施するにあたってのアドバイス等をいただきました。自分たちでの下調べでは発見できなかったような情報をたくさんいただき、大変参考になりました。いただいた情報を元に、本番のコースがよりよいものになるよう改めて順序等を検討していきたいと思います。

 

 2日目の見所や名所の下見では、様々な名所の確認や事前交渉などを行いました。午後に訪問した京友禅染めの「高橋德」さんでは、京友禅染めの体験をさせていただき、大変貴重な経験をすることができました。今回の体験は袱紗の絵柄に色を入れるという、染のごく一部の体験でしたが、とても難しく大変でした。そのため、実際の職人さんの大変さや、技術の高さを改めて知りました。それと同時に、このような素晴らしい伝統は後世に引き継ぐことが必要で、そのためには私たち若い世代がこれらの素晴らしさを多くの人に広めていく必要があると思いました。私たちが実施するこの五街道ウォークを通じて、少しでも多くの人に情報発信が出来れば良いなと考えています。

 

 なお、今回の体験させていただいた様子が高橋德さんのFacebookにアップされています。よろしければぜひご覧ください。

 https://www.facebook.com/Takahashitoku32/

 

 最後に、今回の下見では全体を通して人の暖かさを感じる場面が多くありました。例えば、京都商工会議所や移動に使用したタクシーの運転手さんなどの地元の方々には、自分たちでは調べきれなかった地域についての情報を提供していただいたり、各施設で様々な交渉や相談に応じていただきました。この五街道ウォークは、地域のみなさんの協力に支えていただくことで実施できるものであるのだと改めて感じました。

 今回の第2回下見で得た情報を元に改善すべき点などを再度見直し、本番行程がより良いものとなるよう練っていきたいと思いますので、ぜひ8月の本番では7区にご参加ください!

五街道ウォーク2018 第2回下見報告(第2区 岐阜WG 3/1~2)

2018年3月 8日 [ カテゴリ:トピックス ]

第2区 活動報告
日付:2018年3月1日、3月2日
行程:1日目  金華山ロープウェー・岐阜城→川原町→川良川うかいミュージアム
         2日目 犬山城→墨俣城→大垣城→大垣市郷土館→相川水辺公園→南宮大社→

       中山道松並木→関ヶ原歴史民俗資料館→笹尾山

 

 みなさんこんにちは!五街道ウォーク実行委員保健医療技術学部1年の橋本奈央です。
 今回私たちは岐阜の歴史を中心に下見をしてきました。1日目と2日目を合わせてオススメの4つの場所を紹介していきたいと思います!


 

2018030801.jpg△川原町

 

 1300年の歴史を持つ鵜飼で有名な長良川。鵜飼漁が盛んに行われていた室町時代から残る港の街並みは、風情ある日本家屋の外見をそのままに残したカフェや土産屋など古き良き日本の趣を感じることができるスポットです。毎年夏季には鵜飼観覧船のりばとしても使われています。

 

 

2018030802.jpg

△墨俣城

 

 豊臣秀吉が一夜で外塀を作らせたという伝説から「一夜城」と呼ばれる墨俣城。この城を築いたことをきっかけに秀吉は天下人に成り上がっていくことから、城の付近には「出世の泉」や「出世橋」など、出世に関連した名前が付けられた物が多くあります。出世橋から眺める墨俣城は圧巻でした。城の中は資料館になっており、秀吉が天下を取るまでの成り立ちや墨俣城がいかにして築かれたのかなど、墨俣城の歴史を知ることができます。

 

 

2018030803.jpg△大垣城

 

 大垣城は関ヶ原の戦いで西軍の本拠地となった国宝の城です。ここでは関ヶ原の戦いの資料が多くあり、火縄銃や弓などに触れることもできました。城の外観は美しく、存在感がありました。また商店街の一角に大垣城があるのですが、敷地内に入ると雰囲気が一変して歴史を感じさせられます。

 

 

2018030804.jpg

△南宮大社 大鳥居

 

 南宮大社はパワースポットとして有名な場所です。金山彦神を祀っており、金運にご利益があると共に風水的にも良い場所とされているそうです。また建物についてですが、本殿、拝殿、楼門などの境内にあるほとんどのものが国の重要文化財に指定されています。特に印象的だったのが大鳥居です。高さ20メートルこえ、赤を基調とした立派な鳥居は堂々としていて、感動しました。関ヶ原の戦いにも関わっており、歴史を感じることもできます。



 2区は城を中心に歴史に触れることができるコースであると共に、川原町など観光スポットも取り入れ、みなさんが楽しめるコースになっていると思います!夏の本番に向けて、岐阜の魅力を伝えられるように頑張っていきます!

 

 2区の活動報告は以上です。

 

 記事担当:保健医療技術学部1年 橋本奈央
 

五街道ウォーク2018 第2回下見報告(第1区 岐阜WG 3/1~2)

2018年3月 7日 [ カテゴリ:トピックス ]

第1区 活動報告
日付:2018年3月1日(木)、2日(金)
行程:1日目 ①岐阜県博物館→美濃市役所→旧今井家住宅
       ②岐阜県博物館→関鍛冶伝承館→日本ラインうぬまの森
   2日目 大手町公園→太田宿中山道会館→うだつの上がる街並み→

       美濃和紙あかりアート館→道の駅にわか茶屋→美濃和紙の里会館→

        ほたるの里公園


 こんにちは!五街道ウォーク実行委員保健医療技術学部1年橋本知佳です。


 2018年8月の五街道ウォーク本番に向けて第2回の下見に行ってまいりました。今回の下見では、参加者の皆様に楽しんで頂けるような見どころを見学した他、実際にウォーキングする場所も歩き、ルートの候補を絞り込むための下見となりました。今回の下見で、特に印象に残った3つのスポットを紹介します。8月のウォーキング本番時に巡るポイントになるかは未定ですが、ぜひウォーキングコースに入れたいと考えております。

 

2018030701.png△刀 銘 兼元(関鍛冶伝承館にて)

 

 関鍛冶伝承館では、日本刀などの刃物やその製造工程・歴史に関する資料が多数展示されていました。磨き抜かれ光り輝く日本刀の姿はとても美しく、匠の技に感動しました。また、実際に日本刀を持つことができるコーナーがあり、私も持ってみたのですが、日本刀はずっしりと重く、この刀を持って戦っていた武士の体力・精神力はすごいなと思いました。

 

 

2018030702.png

△うだつの上がる街並み(今廣酒販店)


  うだつの上がる街並みでは、昔ながらの古い建物がたくさん並んでいて、とても趣のある街並みでした。「うだつ」とは、防火壁のことをいい、裕福な家しか上げることができなかったため、「うだつ」は富の象徴とされています。景観がよく、古い町並みが見事に現存していて、まるで昔の宿場町にタイムスリップしているかのような感覚になります。町並みの散策をすると、お土産屋さんも充実しており、実際のウォーキングコースに入れるときは、自由散策の時間を計画すると皆さんに楽しんでもらえるかも、と考えながら歩きました。

 

 

2018030703.png

△美濃和紙の里会館に展示されている和紙で作った鳥


 美濃和紙の里会館では、本美濃紙を用いたたくさんの展示物を観ることができました。展示物の中には全国各地の和紙が一覧で展示されているコーナーがあり、それぞれの紙質や強度などを触って感じることができました。また、和紙ができるまでの工程が紹介されていて、とても興味深かったです。和紙で作った靴下や座布団、ドレスなどの日用品も展示されていて驚きました。美濃和紙の里会館では紙すき体験もできるので、ウォーキングコースに加える際は、紙すき体験を入れることで日本文化に触れて楽しめるのかな、と思いました。



 岐阜県1区の下見は以上です。
 今回の下見を通し、改善点もたくさん見えてきたので、参加者の皆さんがより一層楽しめるように工夫していきたいと思います。


記事担当:保健医療技術学部1年 橋本知佳
 

五街道ウォーク2018 第2回下見開始!

2018年3月 7日 [ カテゴリ:トピックス ]

 こんにちは、五街道ウォーク実行委員会です。

 

 五街道ウォーク実行委員会では五街道ウォーク2018の実現にむけて今年3月1日から第2回下見を行っています。

 

 これは昨年夏に2018年に実施した第1回下見を経て明確になった歩行ルートを当日を想定して歩いてみたり、より安全で楽しいルートを新たに探すための重要な行程となります。

 

 第1回下見より短い期間ですが、よりよい五街道ウォーク2018になるよう委員一同頑張りたいと思います。

 

 このブログでは順次各ワーキンググループの下見の様子をアップしていきますので、ぜひご覧ください。

 

2018年1月12日(金) 東京ドームにて開催された「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-」を訪問しました!

2018年1月22日 [ カテゴリ:トピックス ]

皆さん、明けましておめでとうございます。五街道ウォーク実行委員外国語学部1年の関根涼です。
 
2018年1月12日(金)、五街道ウォーク実行委員8人でふるさと祭りに行ってきました。
ふるさと祭りは毎年1月に東京ドームで開催される日本の「元気」と「うまい」が集う大祭典です。
 
私たちは、五街道ウォーク2014から大変お世話になっている中津川市のブースを訪れ、お礼の挨拶や継続的な中津川市との交流についてお話させていただきました。ブースでは名産品の栗きんとんの他に玉ねぎスープ、五平餅、朴葉寿司など中津川の美味がたくさん販売されており、栗きんとんを試食させて頂きました。私は初めての栗きんとんだったのですが、栗の食感がそのままでとても美味しかったです。また、本学のアニメジャパン実行委員会の学生がデザインしたバックパネルもあり、先輩方が築き上げてきたものが継続的に繋がっていることの素晴らしさを感じました。これからも私たちなりに中津川市の魅力を発信できるように考えていきたいと思います。
 
そして、今夏はいよいよ五街道ウォーク2018の本番です。
伝統を継承しつつも、新しいことにも挑戦していきます。
参加者のみなさん、地域の方々に「楽しかった!」と笑顔になって頂けるように現在企画中です。
詳細が決まり次第、情報を発信していきますので、ぜひみなさんの参加をお持ちしております!
 
 
 
ふるさと祭り.pngのサムネイル画像
 
記事担当:外国語学部1年 関根涼
 

2017年10月21日・22日「第53回文京祭」出展報告【五街道ウォーク実行委員会】

2017年12月 4日 [ カテゴリ:トピックス ]

 皆さんこんにちは!五街道ウォーク実行委員会です。10月の21日、22日に「第53回 文京祭」が開催されました。

 私たち学生実行委員は去年に引き続き模擬店を出店し、岐阜県瑞浪市のブランド豚であるボーノポークを使ったホットドックを販売しました。さらに今回の文京祭では初の試みとして、今年3月に協定を結んだ中京学院大学の学生さんと共同でベトナム料理のフォーを、また別のブースでは瑞浪市の農産物直売所「きなぁた瑞浪」から取り寄せたボーノポークウィンナー、はちみつ、ビーフジャーキーなどの名産品を販売しました。

 

2日間とも雨に見舞われお客さんが来てもらえるか心配していましたが、両大学の学生同士が協力し合い、たくさんの方に買ってもらうことができました。

 

また、岐阜県の中津川市役所の方々にも文京祭にご参加くださり、昨年も大好評だった栗きんとんをはじめとした中津川名物の和菓子を販売する模擬店を出店してくださいました。

 

今年は五街道ウォーク2016でお世話になった、中京学院大学、中津川市、瑞浪市、と多くの方に協力していただき一緒に文京祭を盛り上げることができました。大学という枠を超え、他大学や自治体の皆さまと交流できたことはとても貴重な経験だと思います。

 

 これからも五街道ウォークから生まれた縁を大事にしていくとともに、来年の五街道ウォーク2018に向け委員一同頑張っていきたいと、改めて強く思いました。

 

最後に、文京祭に来てくださった中京学院大学、中津川市役所の皆さま、名産品を提供して頂いた「きなぁた瑞浪」の皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

20171021_bgufes_gokaido1.jpg

 

20171021_bgufes_gokaido2.jpg

 

▲瑞浪市の特産品販売とベトナム料理フォーのブースに出店した中京学院大学の皆様

 

 

20171021_bgufes_gokaido3.jpg

 

▲岐阜県瑞浪市のブランド豚であるボーノポークを使ったホットドック

五街道ウォーク2018 第1回下見報告(8/25 滋賀・京都WG)

2017年9月19日 [ カテゴリ:トピックス ]

滋賀・京都グループ歩行班B活動報告(8/25)

日付:2017年8月25日(金)

行程:蹴上インクライン→南禅寺→琵琶湖疏水記念館→

→平安神宮→からふね屋珈琲店→三条大橋→舞扇堂

 

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会外国語学部1年関根涼です。第一回下見3日目、私たち滋賀~京都歩行班Bは京都市を中心に観光しました。朝方は日が照っておらず涼しかったのですがだんだん日が照りはじめ暑くなってきました。

 

 まず始めに米原駅から蹴上駅へ行き、蹴上インクラインを見学しました。普通の鉄道よりとてもレールの幅が広かったです。「ブラタモリ」でも紹介されており、一度入ってみたいと思っていたので見学できてよかったです。

 

 

1.jpg

△蹴上インクライン

 

 次に徒歩で南禅寺に向かいました。三門の中に入り上まで上りました。階段が急で頭上が低いので背の高い人は頭上要注意です。水路閣はレンガづくりで少しレトロな雰囲気でした。サスペンスドラマでもよく出てきているところで何回もテレビで見ましたが実際に見るのは初めてでとても感動しました。

 

2.jpg

△南禅寺 水路閣

 

 続いて琵琶湖疎水記念館に向かいました。ここには琵琶湖疏水に関する歴史などがよく理解できる博物館のような場所です。琵琶湖と京都の間に高低差があることは初めて知りました。蹴上付近の模型があり周辺の構造がわかりやすかったです。屋外に実際に疏水の出口トンネルがあり、すごい勢いで水が流れていました。

 

 

3.jpg

△琵琶湖疏水記念館

 

 それから徒歩で平安神宮に向かいました。鳥居がとても大きくてびっくりしました。

 

 

4.jpg

△平安神宮

 

 そして昼食場所の角谷は臨時休業となっていたため、近くにあったからふね屋珈琲店で昼食をとりました。

 その後ゴール地点候補である三条大橋に行きました。ここは十分な広さがありゴールセレモニーを行うには最適な場所だと思いました。水の流れも涼しげな感じがしました。サギなどの鳥が多かったです。

 

 

5.jpg

△三条大橋付近(ゴール地点)

 

 最後に舞扇堂で扇子の絵付け体験をしました。自分以外のメンバーの絵付けのクオリティが高く自分のが大変貧相に見えました。やはり扇子の絵付け体験だけにセンスが問われます。

 

6.jpg

△舞扇堂 絵付け体験

 

 今回の下見で新しい知識をたくさん身につけることができました。来年の本番で一般参加者の方に興味を持ってもらえるようにもっと中山道に関する知識をつけていきたいです。    

 


記事担当◆外国語学部1年 関根涼

五街道ウォーク2018 第1回下見報告(8/25 岐阜WG)

2017年8月26日 [ カテゴリ:トピックス ]

岐阜グループ観光班 活動報告(8/25)
日付:2017年8月25(金)
行程:桃配山→関ケ原町歴史民俗資料館→不破関資料館→関ヶ原駅→常磐御前の墓→今須峠→大谷吉継の墓→笹尾山

 

 こんにちは、五街道ウォーク実行委員会外国語学部1年生の田村です。下見最終日の今日、私達岐阜グループ観光班は関ヶ原を中心に下見をしました。

 

△桃配山

 桃配山では、関ヶ原の戦いにおける徳川家康最初陣地を見ることが出来ました。

 

△関ケ原町歴史民俗資料館

 関ケ原町歴史民俗資料館では、関ヶ原の戦いに至った経緯や戦いに参加した武将達の歴史、また、戦いの一部始終を模型をもとに学ぶことができました。

 

△笹尾山石田三成陣跡からの眺め

 笹尾山では、関ヶ原の戦いで石田三成が本陣を構えた場所を見学してきました。本陣からは関ヶ原の町を一望でき、景色がとても綺麗でした。