<

「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

トピックス一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 山梨県台ケ原班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:トピックス ]

日付:2019年8月21日(水)
行程:ハイジの村→中村キース・へリング美術館→魚光会館→古道入り口~古道出口→金精軒→台ケ原一里塚跡→道の駅はくしゅう→日蓮上人の高座石→応安の銘碑

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員1年神谷です!五街道ウォーク2020に向けて下見を行いました。2日目は天候にも恵まれ予定通りに行うことが出来ました。
 

 

kw-daigahara21-01.jpg△ハイジの村


 南アルプスに囲まれたこの地では季節の花々が咲き誇り「アルプスの少女ハイジ」の世界観が見事に再現されています。展望台からは遥か遠くにあるスイスを感じさせるような雄大な眺めが望めました。

 


kw-daigahara21-02.jpg△魚光会館


 ここでは、本番の昼食にもなると思われる「ほうとう」という山梨県を中心とした郷土料理を食べることが出来ました。地元の食材が使われていてとても美味しかったです。また偶然にも文京学院大学の卒業生のお父様とお話しすることが出来ました!

 

kw-daigahara21-03.jpg△古道


 この道は甲州街道以前の信州へと通じる主要な道路です。甲州街道のほとんどはすでに舗装されていますが、ここは古道として残されている数少ないスポットです。いくつかの石碑が残されているので、たしかにここに街道があったことを実感できました。
 
 

kw-daigahara21-04.jpgkw-daigahara21-05.jpg△金精軒


 ここは、武田信玄に所縁のある信玄餅味わうことが出来ます。ここでしか味わうことのできない生信玄餅もありとても美味しかったです!ここでしか味わえない信玄餅をお土産にすることもできますし、上の画像にもある水まんじゅうなどで休憩することもできます!


以上
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/20 山梨県台ケ原班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:トピックス ]


日付:2019年8月20日(火)
行程:シャトレーゼ白州工場→薮内正幸美術館→サントリー白州蒸溜所→入船食堂→尾白川渓谷


 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会経営学部1年川名です。
 五街道ウォーク2020へ向けて、下見を行いました。1日目は午後、雨に降られることもありましたが、無事に終了することが出来ました。本番当日は雨も想定されるので、そ
のための良い機会となりました。
 

 

kw-daigahara20-01.jpg△シャトレーゼ白州工場


 こちらの工場は、白州名水を使用したアイスクリームや餡子などのお菓子の製造過程の見学ができます。そのほかにも、アイスクリームの試食ができるので、参加者にとっても楽しめるのではないかと思いました。


 

kw-daigahara20-02.jpg△薮内正幸美術館


 動物画家で、絵本作家でもある薮内正幸の作品が展示されていました。動物たちの一本一本の細かい毛の質感の表現に魅了されました。木の柔らかさを感じる美術館の佇まいに非常に引き付けられました。

 

 

kw-daigahara20-03.jpg△サントリー白州蒸溜所

 

 ガイドさんによるプロジェクションマッピングを用いた説明や、実際に出荷前の商品を見学するなど参加者にとっても楽しめると思いました。工場内の広さをとても感じました。
工場見学のみにならず、色々と散策が楽しめそうだと思いました。


 

kw-daigahara20-04.jpg△尾白川渓谷


 少しの時間しか見学できませんでしたが、つり橋を渡りその先には冷たく澄んだきれいな川が流れていました。暑いこの時期にぴったりな自然の豊かさを感じられました。

以上
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 山梨県甲府班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:トピックス ]

甲府グループ甲府班活動報告
日付:2019年8月21日(水)

行程:長禅安国寺→遊覧愛宕園→桔梗信玄餅工場テーマパーク→長寿村 権六(昼食)→浅間神社→恵林寺→旧武藤酒造主屋米蔵→長禅安国寺

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会経営学部1年間ケ部です。3日目は中京学院大学の学生2名と一緒に下見をしました。

 長禅安国寺は朝早くはまだ開いていなかったので最後にまわしました。
 遊覧愛宕園は多くの種類のぶどうを実際に狩って食べられたので東京ではあまり出来ない良い経験になると思いました。

 

kw-koufu21-01.jpg

 信玄餅テーマパークでは、工場見学を行いました。お土産で有名な信玄餅ができるまでの一つ一つの行程を実際に見ることができました。機械と手作業で作られていてありがたみを感じました。テーマパークでは、そこでしか出来ないことがたくさん詰まっているので、本番も是非訪れたいです。

 

kw-koufu21-02.jpg
 お昼はテーマパークの敷地内の「長寿村 権六」で食べました。山梨の名産の冷やしほうとう「おざら」を食べました。麺はさっぱりしていて、暑い夏にぴったりだと思いました。

 

kw-koufu21-03.jpg

 テーマパーク内はお土産屋さんもありました。

 恵林寺は武田信玄の菩提寺であり、立派なお墓がありました。うぐいす廊下といって歩くとうぐいすの鳴き声のような音のする場所もありました。緑豊かで、建物も昔ながらの雰囲気だったので歴史を感じました。

 

kw-koufu21-04.jpg

 2日目は、多くの場所を訪れましたが、実際に本番で歩けそうな道をしっかりと確認出来なかったので、次に行く時には気をつけて確認します。
 昨日からの2日間の下見をしっかり振り返り、本番のコース作りに役立てていきたいです。
 今後も活動を頑張っていきます。

 

以上

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/20 山梨県甲府班)

2019年8月23日 [ カテゴリ:トピックス ]

甲府グループ甲府班活動報告


日付:2019年8月20日(火)
行程:山梨縣護国神社→円光院→信玄公の墓→武田の杜→東光寺→甲斐善光寺→こどもの国公園→舞鶴公園→藤村記念館→山梨近代人物館

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会人間学部1年中島です。

 私たちは「五街道ウォーク2020in甲州街道」に向けて山梨県甲府市を巡り様々な確認をしてきました。まず舞鶴城公園は広い芝生に大きな石垣が特徴的な場所でした。甲府城跡はとても高い場所に位置し、見晴らしが良く甲府市内を一望できる程でした。次に甲斐善光寺ではスタッフさんの説明を聞いたのちにお戒段巡りと鳴龍を体験しました。お戒段巡りとは光の一切ない暗闇を手探りで進み鍵を見つければ極楽浄土行きが約束されるというものでした。また鳴龍とは特定の場所に立ち手を叩くと龍の鳴き声のように聞こえるというものでした。円光院からこどもの国公園までの道のりは緑が豊かでした。

 甲府全体の感想としては緑に囲まれ自然豊かでした。また武田信玄公にまつわる名所や寺院が多く歴史を肌で感じることができました。


 

kw-koufu20-01.jpg△山梨縣護国神社

 

 西南戦争後の日露戦争などで戦死した山梨県関係の戦死者25039柱を祀っています。
 敷地内はとても広く自然豊かでした。

 

kw-koufu20-02.jpg△甲斐善光寺


善光寺ではお戒段巡りや鳴龍、善光寺に関することを教えていただきました。
また戦時中に使われた太鼓が展示されていたり、仏像なども展示されていました。



kw-koufu20-03.jpg△こどもの国公園



 こどもの国公園はとても標高が高く見晴らしがとてもよかったです。
 遊具もあり、小さな子どもが遊んでいる姿を見ることができました。

 

kw-koufu20-04.jpg△舞鶴城公園

 

 舞鶴城公園とは甲府城跡を生かした公園となっていて、実際に高台に登れて甲府市内を見回すことが出来ます。甲府城は明治維新後、廃城となり取り壊しになりました。しかし、当時の石垣や天守台などは現存しています。
 


【まとめ】

 こどもの国公園は標高が428mととても高く徒歩で行くのは困難な上に、昼食を食べるエリアに屋根がなかったため雨天時は要検討すべきだと感じました。また、舞鶴城公園は広い芝生があったためオープニングセレモニーにちょうど良いと考えます。

 甲府市は武田信玄公にゆかりのある土地が多かったのでたくさんのお話を聞かせていただいたり、実際にお墓や寺院を見ることで信玄公を深く知ることが出来たと感じました。

 来年の本番で来てくださる一般の方に説明を出来るよう明日も気を引き締めて下見をしたいと思います。
 

以上

2019年5月26日(日)に「第4回 中津川リレーマラソン」に参加をしてきました!

2019年6月11日 [ カテゴリ:トピックス ]

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年 野原です。
 
 5月26日(日)に岐阜県中津川市で行われた「中津川リレーマラソン」に、2020年に行われる五街道ウォーク2020に向けたニーズの発掘、また中京学院大学の教職員、学生の方々との交流を深めることを目的として参加をし、今回で4回目になりました。
 
 
 リレーマラソン前日(25日)には、中京学院大学の学生・教職員の方々が中津川市の名所案内と交流会を企画、開催して頂きました。。お互いの学生生活のことや、来年の五街道ウォーク2020につなげられるような話ができ、非常に楽しい時間でした!
 
 
ブログ①.png
△中津川観光での中京学院大学の学生と本学学生
 
 
 中津川リレーマラソン当日は中京学院大学の学生と合同チームをつくり、3チームで参加しました。最高気温が33度というとても暑い中でのマラソンでしたが、チーム全員で完走を目指しました。走っている時、沿道にいる皆さんの応援が後押しとなり、辛いコースをなんとか走りきることが出来ました。また、3チーム中の1チームが応援団賞を受賞することができました!(応援団賞とは賑やかな応援をしたチームに贈られる賞です)
 
 
ブログ②.png
△中津川リレーマラソンでの中京学院大学の学生と本学学生
 
 今回のイベント参加を通して、改めてチームで目標達成させることの大切さを感じました。最初はお互いに緊張し、なかなか話せずにいましたが、お互いコミュニケーションを取っていくことで、走っている時も心強く感じ、チーム全員でゴールテープをくぐることができました。私たち委員会でも五街道ウォーク2020に向けて、委員が一丸となってイベント成功できるよう努めていこうと気が引き締まる思いになりました。
 また、2020年の本番に向けて、中京学院大学の方々に何をコースに取り入れたら良いかを尋ねたところ、自由行動を増やして欲しい、もっと文京学院大学の参加者の方や岐阜聖徳学園大学の方々と交流したい、などの意見が聞くことができました。この意見を夏の下見コース作りに活かしたいと思います。今回のイベントで築いた関係を2020年の五街道ウォークにつなげられるようにしていきたいと思っています。
 
 最後に、中京学院大学の学生・教職員の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
 

2019年2月8日(金)岐阜県中津川市との連携に関する包括協定締結式が行われました!

2019年2月15日 [ カテゴリ:トピックス ]

こんにちは。五街道ウォーク実行委員会 経営学部1年 塚本です。
 
2月8日(金)に岐阜県中津川市と文京学院大学との連携に関する包括協定締結式が行われました。
この協定は、中津川市と本学が地域社会の発展、人材育成及び学術の進行に寄与することを目的として締結されました。
 
 
市長・学長.png
△中津川市 青山節児 市長(左)、本学 工藤秀機 学長(右)
 
 
 
ひのき協定書.png△中津川市加子母の東農ひのきで作られた協定書レプリカ
 
 
中津川市と本学は「五街道ウォーク2014 in中山道」の際、最終区間の馬籠宿が中津川市であることから当時本学学長 川邉信雄先生より中京学院大学学長(当時)の大西健夫先生のご紹介を受け、2013年の準備段階からご支援いただいたことがきっかけでご縁が始まりました。次の「五街道ウォーク2016 in中山道」でも中津川市からのスタートだったこと、中京学院大学と協働歩行を行う計画があったことから友好的な関係を継続してきました。
 
現在では、五街道ウォーク実行委員会だけでなく、経営学部の長期フィールドワーク アニメジャパン実行委員会でも中津川班が結成され、2017年より連携が始まりました。中津川市の花であるサラサドウダンをモチーフにした「サラサドウダンライト」を制作し、地域活性化の取り組みとして、中京学院大学の学生さんとともに活動を行ってきました。
 
 
サラサドウダンライト.jpg
△サラサドウダンライト
 
 
本学には外国語学部、経営学部、人間学部、保健医療技術学部と4つの学部があるので、学部の特徴を生かした活動ができれば地域社会の発展、活性化そして学生の意欲向上に繋がるのではないかと感じました。
 
五街道ウォーク実行委員会では五街道ウォーク以外にも中津川リレーマラソンやおいでん祭など中津川市のイベントに参加してきました。中京学院大学との交流にとどまることなく、今後は中京学院大学の学生のみなさんと一緒に中津川市を盛り上げていけるように地域の方とたくさん交流をしながら地域貢献していきたいです。
 
記事構成・執筆◇経営学部1年 塚本 翠珠
 

12月1・2日開催 岐阜聖徳学園大学学園祭『岐聖祭』を訪問しました!

2018年12月10日 [ カテゴリ:トピックス ]

 

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会 保健医療技術学部2年 橋本です。

 
12月1日(土)、2日(日)に岐阜県にある岐阜聖徳学園大学羽島キャンパスで行われた大学祭「岐聖祭」に五街道ウォーク実行委員2名、文京祭実行委員5名、教職員2名の合計9名で参加してきました。
 
岐阜聖徳学園大学の大学祭に参加させていただくのは今回が初めてであり、五街道ウォークを通しこのような関係を築くことができ、大変嬉しく思います。
 
ブログ写真①.jpg
△学友会執行委員会の方が開いてくださった交流会の集合写真
 
当日は、岐阜聖徳学園大学の学友会執行委員会の学生と中京学院大学の学園祭実行委員会の学生と一緒に学内を回ったり、五街道ブースで本番の思い出を語ったりしました。
 
五街道ウォークに参加してくださった学友会執行委員会の学生さんから「本番楽しかったよ!」という声や参加できなかった学生さんからも「本番参加したかったな」という声を聴くことができて、頑張ってきてよかったと改めて感じました。
 
それだけでなく、実際に学友会執行委員会でもこのような企画をしてみたいと言っていただき、改めて五街道ウォークでの活動の凄さやこの委員会の一員として貴重な経験ができていることのありがたさを感じました。
 
ブログ写真②.jpg
△学友会執行委員会の方が作ってくださった五街道ウォークのブース
 
また、夜には交流会を開催していただき、あまり話すことができていなかった学生さんともたくさん話すことができ、賑やかでとても楽しい時間となりました。
 
交流会中には、学友会執行委員会の方が作成してくださった動画が流れ、動画にはこれまでに撮ってきた写真だけでなく、大学祭を回っているときの写真も使われていて、とても驚きました。この交流会を通し、三大学の仲がより深まったように感じます。
 
ブログ写真③.jpg
△学友会執行委員会の方がホテルまで送ってくださいました!
 
この大学祭を通し委員会内でのコミュニケーションの取り方や委員への思いやりの大切さ、おもてなしの方法などたくさんのことを学びました。
今回学んだことを今後の活動に活かし、さらにバージョンアップした五街道ウォーク2020を作っていきたいと思います。
 
最後に、岐阜聖徳学園大学の学生・教職員の皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
 

2018年11月24日(土)「五街道ウォーク2018 in 中山道」総括交流会を開催しました!

2018年12月 4日 [ カテゴリ:トピックス ]

 皆さん、こんにちは。五街道ウォーク実行委員会経営学部の1年高橋明日香と清水夏弥です。本格的に寒さが増してきて、今年も残りわずかとなりました。今年度は「五街道ウォーク2018 in 中山道」が行われ、とても忙しく、あっという間に時間が過ぎた気がします。

 今回の「五街道ウォーク2018 in 中山道」のテーマは”築く×気づく~地域の魅力が結ぶ出会い~“でした。参加者、訪問地である滋賀県の彦根市役所、京都府の京都市役所、商工会議所の皆様や中京学院大学、岐阜聖徳学園やご協賛いただいた企業の方々など多くの関わりがありました。これらの関わりがあったからこそ今回の五街道ウォークが成功することができたのだと思います。

さて、今回は11月24日(土)に本郷キャンパス東館で行われました総括交流会について報告させていただきます。総括交流会は、三部構成で行われました。


 第一部では、ご来賓の皆様、関統括顧問、学生実行委員の多田から今回の「五街道ウォーク2018 in 中山道」を通しての感想や振り返り、そして2020年に向けて、お話がありました。本学の工藤秀機学長から「大学間の交流が深まり、各企業と深い絆が築かれた」とお話をされていました。これから先、この絆を大事にして交流を続けていきたいと思いました。

20181129_034252310_iOS.jpg
 第二部では、「五街道ウォーク 2018in中山道 の振り返りと五街道ウォーク 2020に向けて」と題してワークショップを行いました。各グループで、歩行した地域の魅力やこれからの企画について活発な意見交換を行いました。「本番の後にこのような総括交流会で反省するのはいいことだと思った」という言葉や、「参加していい経験になった」というような言葉も多かったです。参加者の皆様にこのように思っていただきとても嬉しいと感じました。

IMG_7520.jpg
 総括交流会に参加して頂いた、中京学院大学と岐阜聖徳学園大学の学生からのコメントを紹介します。

■岐阜聖徳学園大学の学生・秡間さん
 どなたに話しかけても温かく受け入れてくれることがほんとに嬉しくて、人と繋がることがこんなに楽しいものなんだなと感じました。

■中京学院大学の学生・松原さん
 滋賀県や京都府の歴史に触れることができ、数多くの体験をさせていただけたおかげで有意義な時間を過ごすことができました。

 第三部は懇親会です。この日のために来ていただきましたご来賓の皆様を、五街道ウォーク実行委員会が心を込めて御礼の場としておもてなしをさせていただきました。美味しい料理を囲み、ご来賓の方々や卒業生の皆様とたくさん交流しました。


20181129_034704039_iOS.jpg
「五街道ウォーク2018 in 中山道」は総括交流会で一区切りとなりますが、次の「五街道ウォーク 2020」が始動します。次の五街道ウォークは東京オリンピックが開催される2020年です。オリンピックイヤーという記念すべき年にその年ならではの企画で皆様に楽しんでいただけるよう、今まで学んで得てきたことを私たちなりに進化させ、努力していきます。1994年から現在の五街道ウォークを引き継いでこられたのは、OB・OGの皆様、教職員、参加者の皆様、ご支援頂いた自治体・企業・校友会や後援会の皆様など、数えきれない方々のおかげであり、私たちはそのことを忘れず、五街道ウォークがここまで続いてきたことへの感謝を忘れず、さらなる五街道ウォークの活性化へつなげていきたいと思っております。

 ご支援・ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。引き続きご支援くださいますようお願いいたします。

第54回文京祭に出店します!

2018年10月 1日 [ カテゴリ:トピックス ]

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会です!

 10月20日(土)、10月21日(日)に本学本郷キャンパスにて開催される「文京祭」に、私たち五街道ウォーク実行委員会も出店します。出店するのは「瑞浪ボーノポークドック」、「五平餅」、「えなハヤシ・桃スムージー(20日のみ)」の計3種類です。瑞浪ボーノポークという岐阜県瑞浪市のブランド豚を使った瑞浪ボーノポークドック、岐阜県の郷土料理である五平餅地元の古代米と恵那市特産の寒天、恵那山麓寒天育ち三浦豚をじっくり煮込んだえなハヤシと桃スムージー、どれも岐阜県の魅力がつまっています!どれも東京では味わえないものとなっていますので、ぜひブースにお越しください!!

第7区実施について

2018年8月23日 [ カテゴリ:トピックス ]

24~25日の五街道ウォーク第7区(大津・京都)は実施を予定しております。

 当日の大津市・京都市の暑さ指数(WBGT)はそれぞれ下記の通り予測されております。(屋外で歩行する時間の暑さ指数)
 ・大津市の暑さ指数:28度「厳重警戒」
 ・京都市の暑さ指数:33度「危険」

厳しい暑さが予想されますので、帽子や涼しく歩きやすい服装をご準備の上、体調を整えてご参加下さい。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11