<

「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

他大学交流一覧

1

2019年5月26日(日)に「第4回 中津川リレーマラソン」に参加をしてきました!

2019年6月11日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年 野原です。
 
 5月26日(日)に岐阜県中津川市で行われた「中津川リレーマラソン」に、2020年に行われる五街道ウォーク2020に向けたニーズの発掘、また中京学院大学の教職員、学生の方々との交流を深めることを目的として参加をし、今回で4回目になりました。
 
 
 リレーマラソン前日(25日)には、中京学院大学の学生・教職員の方々が中津川市の名所案内と交流会を企画、開催して頂きました。。お互いの学生生活のことや、来年の五街道ウォーク2020につなげられるような話ができ、非常に楽しい時間でした!
 
 
ブログ①.png
△中津川観光での中京学院大学の学生と本学学生
 
 
 中津川リレーマラソン当日は中京学院大学の学生と合同チームをつくり、3チームで参加しました。最高気温が33度というとても暑い中でのマラソンでしたが、チーム全員で完走を目指しました。走っている時、沿道にいる皆さんの応援が後押しとなり、辛いコースをなんとか走りきることが出来ました。また、3チーム中の1チームが応援団賞を受賞することができました!(応援団賞とは賑やかな応援をしたチームに贈られる賞です)
 
 
ブログ②.png
△中津川リレーマラソンでの中京学院大学の学生と本学学生
 
 今回のイベント参加を通して、改めてチームで目標達成させることの大切さを感じました。最初はお互いに緊張し、なかなか話せずにいましたが、お互いコミュニケーションを取っていくことで、走っている時も心強く感じ、チーム全員でゴールテープをくぐることができました。私たち委員会でも五街道ウォーク2020に向けて、委員が一丸となってイベント成功できるよう努めていこうと気が引き締まる思いになりました。
 また、2020年の本番に向けて、中京学院大学の方々に何をコースに取り入れたら良いかを尋ねたところ、自由行動を増やして欲しい、もっと文京学院大学の参加者の方や岐阜聖徳学園大学の方々と交流したい、などの意見が聞くことができました。この意見を夏の下見コース作りに活かしたいと思います。今回のイベントで築いた関係を2020年の五街道ウォークにつなげられるようにしていきたいと思っています。
 
 最後に、中京学院大学の学生・教職員の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
 

12月1・2日開催 岐阜聖徳学園大学学園祭『岐聖祭』を訪問しました!

2018年12月10日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

 

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会 保健医療技術学部2年 橋本です。

 
12月1日(土)、2日(日)に岐阜県にある岐阜聖徳学園大学羽島キャンパスで行われた大学祭「岐聖祭」に五街道ウォーク実行委員2名、文京祭実行委員5名、教職員2名の合計9名で参加してきました。
 
岐阜聖徳学園大学の大学祭に参加させていただくのは今回が初めてであり、五街道ウォークを通しこのような関係を築くことができ、大変嬉しく思います。
 
ブログ写真①.jpg
△学友会執行委員会の方が開いてくださった交流会の集合写真
 
当日は、岐阜聖徳学園大学の学友会執行委員会の学生と中京学院大学の学園祭実行委員会の学生と一緒に学内を回ったり、五街道ブースで本番の思い出を語ったりしました。
 
五街道ウォークに参加してくださった学友会執行委員会の学生さんから「本番楽しかったよ!」という声や参加できなかった学生さんからも「本番参加したかったな」という声を聴くことができて、頑張ってきてよかったと改めて感じました。
 
それだけでなく、実際に学友会執行委員会でもこのような企画をしてみたいと言っていただき、改めて五街道ウォークでの活動の凄さやこの委員会の一員として貴重な経験ができていることのありがたさを感じました。
 
ブログ写真②.jpg
△学友会執行委員会の方が作ってくださった五街道ウォークのブース
 
また、夜には交流会を開催していただき、あまり話すことができていなかった学生さんともたくさん話すことができ、賑やかでとても楽しい時間となりました。
 
交流会中には、学友会執行委員会の方が作成してくださった動画が流れ、動画にはこれまでに撮ってきた写真だけでなく、大学祭を回っているときの写真も使われていて、とても驚きました。この交流会を通し、三大学の仲がより深まったように感じます。
 
ブログ写真③.jpg
△学友会執行委員会の方がホテルまで送ってくださいました!
 
この大学祭を通し委員会内でのコミュニケーションの取り方や委員への思いやりの大切さ、おもてなしの方法などたくさんのことを学びました。
今回学んだことを今後の活動に活かし、さらにバージョンアップした五街道ウォーク2020を作っていきたいと思います。
 
最後に、岐阜聖徳学園大学の学生・教職員の皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
 

2018年11月18日 中京学院大学大学祭「満天星花の木祭」で本番実施報告をしてきました!

2018年11月27日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

 
こんにちは!
五街道ウォーク実行委員会 外国語学部1年 野原です。
 
11月18日(日)に岐阜県にある中京学院大学の学園祭「満点星花の木祭」に五街道ウォーク実行委員5名、文京祭実行委員3名、教職員2名の合計10名で参加し、五街道ウォーク実行委員会では今夏に開催した「五街道ウォーク2018 in 中山道」の実施報告をしてきました。
 
学園祭前日には交流会を開催していただき、中京学院大学の学生といろいろなお話をすることができました。皆さん、とても元気がよく、たくさん私たちに話しかけてくださり、非常に楽しい時間でした!
 
 
 
中京学祭①.jpg
△学園祭前日の交流会での中京学院大学の学生と本学学生
 
学園祭当日、五街道ウォーク2018に参加してくださった中京学院大学や岐阜聖徳学園大学の学生・教職員の皆さんが五街道ブースに立ち寄ってくださり、本番の思い出話で盛り上がりました。
 
また、参加していただいていない中京学院大学の学生や来場者の方々にもっと五街道ウォークを知っていただけるよう務めました。中には五街道ウォークに大変興味を持っていただき、熱心に私たちの紹介を聞いてくださる方もいらっしゃり、とても嬉しかったです。
 
しかし、チラシを受け取ってくれない方もおり、そのような方々にどうしたら興味を持って話を聞いてもらえるか、試行錯誤していかなければならないと感じました。
 
 
中京学祭②.jpg
△五街道ウォークのブース前で広報活動中の実行委員
 
また、私たちも学内をまわらせていただき、学園祭を楽しむことが出来ました。
 
私が思い出に残ったのは、文京学院大学の学生でステージに上がらせていただき、餅投げをさせていただいたことです。今までにやったことがなく、とても貴重な体験でした!その他にも私たちのために用意してくださった控室は、デコレーションやお菓子の用意がされており、「おもてなしの心」を感じることができ、非常に勉強になりました。
 
このように、中京学院大学の皆様から、たくさんの心遣いしていただき、とても楽しい2日間を過ごすことができました。
 
 
中京学祭③.jpg
 
△中京学院大学の学生が作ってくださった控室
 
今回、中京学院大学の皆さん、たくさんの関係者の皆様のご協力があり、活動することができました。これからも様々なイベントを通し、今回築いた関係を2020年の五街道ウォークにつなげられるようにしていきたいと思っています。
 
最後に、中京学院大学の学生・教職員の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
 
記事担当:外国語学部1年 野原由紀子
 

2018年8月13日(月)においでん祭に参加してきました!

2018年8月16日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

 

皆さん、こんにちは。五街道ウォーク実行委員会経営学部1年清水です。
私達五街道ウォーク実行委員会は8月13日(月)に岐阜県中津川市で開催されたおいでん祭に参加しました。
 
このお祭りは中津川最大の夏イベントで13日の本まつりはオープニングパレード、太鼓饗演に続き、風流おどり、各企業・団体による創作みこしの練り歩きなど、会場は熱気で包まれます。
今回は中京学院大学の学生さんと本学の学生さんとの交流という目的のもと中京学院大学の学生さんが作ってくださった御神輿を一緒に担がせてもらいました。御神輿を担ぐ前に交流会をしました。はじめは両大学、緊張した雰囲気でしたが、交流を進めていくうちに、楽しいお話がたくさんできました。
御神輿を担いでいるときは、みんなで「わっしょい」と威勢よくかけ声をかけながら練り歩き、祭の雰囲気を肌で感じました。実際に御神輿を担いだときは重かったのですが、中京学院大学の野球部の皆さんがサポートをしてくれていたので、とても楽しみながら担ぐことができました。
 
お祭り後は、中京学院大学の方と絆が深まりました。これから中京学院大学さんといろいろなイベントで顔を合わすことになるので、このお祭りで仲良くできてとても嬉しかったです。来年もぜひ参加したい今後もこのようなイベントに参加させていただき、中京学院大学の学生さんとたくさんの思い出をつくっていきたいです。
 
 
 

おいでん祭1.jpg

おいでん祭2.jpg

△おいでん祭の様子
 
記事担当:経営学部1年 清水夏弥
 

2017年11月12日 中京学院大学大学祭「満天星花の木祭」で広報活動をしてきました!

2017年12月13日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

こんにちは!
五街道ウォーク実行委員会 経営学部1年 加藤です。
 
 11月12日(日)に岐阜県(中津川市・瑞浪市)にある中京学院大学大学祭「満天星花の木祭」に五街道ウォーク実行委員会4名、文京祭実行委員会4名、教職員2名の合計10名で参加してきました。文京祭実行委員会はおでんを販売、五街道ウォーク実行委員会は来年開催される「五街道ウォーク2018」の広報活動をしながら本学のPRをしてきました。
 学園祭前日に中京学院大学に到着した際、学園祭実行委員の皆様が温かく迎えてくださり、実行委員会のオリジナルのユニフォームもいただきました。
 
 
中京4.png
 
△野外ステージで広報活動をする五街道ウォーク実行委員と文京祭実行委員の学生
                                             
 
 
中京5.png
  
△中京学院大学の学生と本学学生
 
 
 
 また、本学の出展ブースには中京学院大学の実行委員会の皆様が一生懸命作ってくださった素晴らしい看板や、キャンパスの至る所に本学の掲示物が貼ってあり、とても感動しました。ブース作成中に悩んでいるとすぐに「何かできることはありますか」と気にかけていただきとても心強かったです。
 
 五街道ブースでは、多くの方に中京さんと本学との関係や五街道ウォークこのことを知ってもらうことが出来ました。当初、私は「五街道ウォークを知ってもらう」という目標をもってこの2日間臨みましたが、初めて外部でアピールをすることに戸惑ってしまい、最初はあまりうまく魅力を伝えることが出来ず、悔しい思いをしました。
 
 しかし、先輩が魅力を一生懸命伝えている姿と、聞いてくださった方々が興味を示してくださったのを見ていたら、「気持ちを伝えようとすればしっかりと相手に伝わるんだ」と実感しました。
 
 今回無事に活動できたのも中京学院大学のみなさん、そして沢山の関係者の皆様のご協力があってできたことです。これからも、両大学間で様々な交流を通して、関係を発展させていきたいです。また、今回自分が経験したことを委員会全体に共有して、五街道ウォークの活動に活かすことが出来ればと思っています。
 
 最後に、中京学院大学の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
 
中京3.png
 


続きを読む

2017年10月21日・22日「第53回文京祭」出展報告【五街道ウォーク実行委員会】

2017年12月 4日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

 皆さんこんにちは!五街道ウォーク実行委員会です。10月の21日、22日に「第53回 文京祭」が開催されました。

 私たち学生実行委員は去年に引き続き模擬店を出店し、岐阜県瑞浪市のブランド豚であるボーノポークを使ったホットドックを販売しました。さらに今回の文京祭では初の試みとして、今年3月に協定を結んだ中京学院大学の学生さんと共同でベトナム料理のフォーを、また別のブースでは瑞浪市の農産物直売所「きなぁた瑞浪」から取り寄せたボーノポークウィンナー、はちみつ、ビーフジャーキーなどの名産品を販売しました。

 

2日間とも雨に見舞われお客さんが来てもらえるか心配していましたが、両大学の学生同士が協力し合い、たくさんの方に買ってもらうことができました。

 

また、岐阜県の中津川市役所の方々にも文京祭にご参加くださり、昨年も大好評だった栗きんとんをはじめとした中津川名物の和菓子を販売する模擬店を出店してくださいました。

 

今年は五街道ウォーク2016でお世話になった、中京学院大学、中津川市、瑞浪市、と多くの方に協力していただき一緒に文京祭を盛り上げることができました。大学という枠を超え、他大学や自治体の皆さまと交流できたことはとても貴重な経験だと思います。

 

 これからも五街道ウォークから生まれた縁を大事にしていくとともに、来年の五街道ウォーク2018に向け委員一同頑張っていきたいと、改めて強く思いました。

 

最後に、文京祭に来てくださった中京学院大学、中津川市役所の皆さま、名産品を提供して頂いた「きなぁた瑞浪」の皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

20171021_bgufes_gokaido1.jpg

 

20171021_bgufes_gokaido2.jpg

 

▲瑞浪市の特産品販売とベトナム料理フォーのブースに出店した中京学院大学の皆様

 

 

20171021_bgufes_gokaido3.jpg

 

▲岐阜県瑞浪市のブランド豚であるボーノポークを使ったホットドック

1