<

「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

文京学院大学トップページ「五街道ウォーク」実行委員会ブログ トップページ五街道ウォーク2021 下見一覧

五街道ウォーク2021 下見一覧

1  2

五街道ウォーク2021 下見報告(3日目 諏訪班)

2022年1月13日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月28日(火)
行程:川越し公園→諏訪大社上社本宮→ 遊楽庵→ イリセン寒天工場→茅野観光協会

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年石渡です。
昨日に引き続き、五街道ウォーク2021年本番に向けての下見を行いました。

本日は本番と同じようにバスで移動を行い、バスルートと駐車場の確認を中心に行ってきました。

画像1.jpg△バスで行程の確認を行っている道中


当日の道路状況などで変わる非常に不安定な要素ですが、臨機応変にできるようしっかりと確認を行ってきました。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(3日目 甲府雨天班)

2022年1月13日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日程:12月28日(火)
行程:桔梗信玄餅工場テーマパーク→権六

こんにちは!五街道ウォーク実行委員3年の丹羽です。前日に引き続き、五街道ウォーク2021の下見を行いました。最終日の3日目も天候に恵まれ、本番に向けた準備を進めることができました。

画像1.jpg△桔梗信玄餅工場テーマパーク


桔梗信玄餅工場テーマパークでは、信玄餅や桔梗信玄棒、桔梗信玄プリンがどのように作られているのか見学しました。桔梗信玄餅は丁寧にひとつひとつ人の手によって包装されているということを知ることができたり、普段なかなか見ることができない工場内の様子を見たりすることができました。

画像2.jpg△長寿村 権六


権六は、山梨県の郷土料理であるほうとうを食べることができるお店です。今回、私たちは「ほうとう」や「おざら」を食べました。とても美味しくいただくことができ、参加者の皆さんにも是非ほうとうを味わってほしいと感じました。

3日間を通して、訪問地や行程の確認、委員の動きなど本番に向けた準備を進めることができ、非常に有意義な下見にすることができました。「参加して良かった!」と思っていただける体験を提供できるよう、今後も委員一同が協力して活動していきたいと思います。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(2日目 諏訪班グループ2)

2022年1月12日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月27日(月)
行程:川越し公園→諏訪大社上社前宮・本宮→遊楽庵→イリセン寒天工場
   →茅野市民館

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会1年渡部です。
来年2月開催予定の五街道ウォーク2021㏌ 甲州街道に向けて下見を行いました。直前下見ということで、参加者目線でルートを確認することできました。

画像1.jpg画像2.jpg画像3.jpg△諏訪大社上社前宮


諏訪大社の明神は古くから風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神として、また武勇の神として広く信仰されており、現在では生命の根源・生活の源を守る神と崇められています。前宮の中には「水眼(すいが)」と呼ばれている清流があります。山中より湧出する清流は、前宮の神域を流れるお手洗川となり、昔からご神水として大切にされていました。その水眼が冬の寒さから一部が凍っていました。これは冬の諏訪ならではの光景です!

画像4.jpg画像5.jpg△遊楽庵


お昼は、「遊楽庵」というお蕎麦屋さんに行きました。右上のいなりの中身はご飯ではなく、お蕎麦になっています。本番で同じものをいただくので、参加する方は楽しみにしていてください!


画像6.jpg画像7.jpg画像8.jpg画像9.jpg画像10.jpg△イリセン寒天工場


イリセン寒天工場では、寒天の歴史を知るとともに寒天作り体験をさせていただきました。寒天の作り方の工程は、「1.海藻洗浄→2.大釜での煮込み→3.液体をもろ蓋に流し込む→4.天日出し→5.天日干し」となっています。
私たちは4.天日出しの体験をしました。包丁で切られた寒天を野外に手作業で干していくというものです。体験時とても寒かったですが、とても貴重な体験をさせていただきました!
その後、ところてんと寒天を初めていただきました。食物繊維の寒天は、スープ・お菓子・サラダなど、たくさんの食べ方があるのだと知ることが出来ました。イリセン寒天工場では、個人のライフスタイルに合った「新しい食べ方」を提案しています。この体験を通して、参加者の方がより寒天に興味を持っていただけたら嬉しいです。
冬の開催となりますが、空気の澄んだ大自然に囲まれた五街道ウォークは貴重なイベントになると思いました。本番はさらに寒くなると地域の方にお聞きしたので、防寒対策をしっかりとして楽しく思い出に残るイベントにしていきたいです!

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(2日目 諏訪班グループ1)

2022年1月12日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月27日(月)
行程:諏訪大社下社春宮→諏訪大社下社秋宮→食祭館→山猫亭はなれ
   →しもすわ今昔館おいでや→片倉館→諏訪間欠泉センター→諏訪観光汽船

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年石渡です。
昨日に引き続き、五街道ウォーク2021年本番に向けての下見を行いました。

画像1.jpg△食祭館


食祭館では当日利用させて頂く席の確認やメニューの確認を行いました。席、料理ともに素晴らしいものでいまからもう楽しみです!

画像2.jpg△しもすわ今昔館おいでや


おいでやでは、ガイド+自由行動でまわりましたが、実際に体験ができるようなものもあり楽しめました!体内時計で、ジャスト5秒で止めるという体験は楽しく、委員たちの中でも盛り上がりました!

画像3.jpg△片倉館


片倉館ではガイドさんに建物やお風呂などの紹介をして頂きました。ガイドさんの話し方がとても上手でとても充実した経験をすることができました。次訪れる際には是非お風呂にも入りたいです!

画像4.jpg△諏訪観光汽船


諏訪観光汽船ではクルージングを行いました。12月の湖ということもありとても寒くみんなで凍えていました。しかしクルージングという体験はとても貴重で楽しめたのではないかと思います!

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(2日目 甲府班)

2022年1月12日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月27日(月)
行程:ほたる親水公園→七軒→金精軒→スパティオ小淵沢(森樹)
   →韮崎大村美術館→幸福の小径→桔梗信玄餅工場テーマパーク

こんにちは!五街道ウォーク委員1年の大森です。五街道ウォーク本番に向けて下見を行いました。1日目と同様天気に恵まれ無事に終えることができました。

画像1.jpg画像2.jpg画像3.jpg△ほたる親水公園


広々としていて水が凍っているところもありました。少し寒かったけれど鬼ごっこをして楽しく体を温めることができました。展望デッキから見た山がとても綺麗でした。



画像4.jpg画像5.jpg△七賢


お話を伺って、明治天皇が1泊された「行在所」や日本酒の「七賢」や歴史などを聞いて魅力がたくさんあってとても興味深かったです。お酒を運んでいたトロッコの線路跡や、昔の酒屋のことについて知ることが出来て面白かったです。


画像6.jpg△金精軒


ドラマのロケ地にもなった金精軒は、明治35年から続く老舗和菓子屋です。山梨名物の和菓子や信玄餅があり、お土産におすすめです。


画像7.jpg△スパティオ小淵沢(森樹)


地元の新鮮な旬の食材を使った料理が食べられます。いろいろ料理があるので食べたことがない料理などもあって楽しくご飯を食べることができました。


画像8.jpg△韮崎大村美術館


韮崎市出身の大村智博士が長年に渡って集めた絵画や陶磁器作品など様々な分野の作品が展示されていていました。こんなにコレクションしているんだと驚きました。


画像9.jpg△幸福の小径


幸福の小径は、山梨県韮崎市出身の大村博士がノーベル賞の受賞したことを記念して名付けられた道です。銅像やアート作品、富士山などの周りの綺麗な景観を見ながら楽しむことができました。

初めての行く場所で不安でしたが先輩たちのアドバイスによって予定通りに進みました。参加者のみなさんにより楽しんでもらえるように本番に向けて活動していきたいと思います。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(1日目 諏訪班グループ2)

2022年1月11日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月26日(日)
行程:立石公園→諏訪観光協会→諏訪市体育館

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年の関です。
今回、五街道ウォーク2021年本番に向けて下見を行い、本番を想定した活動をすることが出来ました。

画像1.png△立石公園


立石公園の景色も絶景で、とても楽しくメリハリのある活動が出来ました。しかし、バスの折り返しルートや乗り降り場所など、改善すべき点もまだまだあるので頑張っていきたいです。諏訪観光協会にも行き、担当者の方と交流をして有益な情報を得ることも出来ました。


以上

五街道ウォーク2021 下見報告(1日目 諏訪班グループ1)

2022年1月11日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月26日(日)
行程:食祭館→諏訪観光汽船→片倉館→立石公園

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年櫻井です。
今回、五街道ウォーク2021年本番に向けて下見を行いました。天候に恵まれ、無事に下見一日目を終えることができました!



画像1.jpg△食祭館


食事をする部屋はとても広くて窓からの景色も綺麗でした。また1階にはお土産を買うことが出来る場所がありました。信州限定のお土産なども沢山あり、参加者の方々がお土産選びをするのに適した場所でした。

画像2.jpg△片倉館から諏訪観光汽船


道は歩きやすく、諏訪湖を一望でき大人数で歩くには良い道路でした。しかし風が強いため冬場はしっかり防寒装備をしなければいけないことを再認識しました。

立石公園では、実際に参加者を連れたルートを辿りました。バスのUターンする場所が現在予想している台数では厳しいことなどが分かったため、本番までにしっかりと準備をしていこうと思います。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(1日目 甲府班)

2022年1月11日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月26日(日)
行程:昇仙峡→甲州夢小路→舞鶴城公園→信玄公ミュージアム→武田神社

こんにちは!五街道ウォーク実行委員経営学部2年池田と外国学部2年安田です。今回、五街道ウォーク2021年本番に向けて下見を行いました。1日目は天気がとても良く、無事に1日目を終えることができました。

画像1.jpg画像2.jpg△昇仙峡


「昇仙峡」は、甲府市の南部に位置する渓谷です。今回は天気も良かったため、滝からはうっすら虹が見えました。渓谷を歩いている途中には、瓦礫の隙間に1円玉がとってもたくさん挟まっていました。今回は冬の下見になったため、夏とはまた違い透き通ったいい空気で過ごしやすかったです。つい最近に落石があり、今回の下見と本番では、手前まで行けませんでしたが、貴重な体験ができました。



画像3.jpg画像4.jpg画像5.jpg△散策コース(甲府夢小路)


「甲府夢小路」は、抹茶ラテを飲みました。少し準備に時間がかかってしまいましたが、とても濃厚でとても美味しかったです。画像にある塔の近くに売っていました。本番で来る方はぜひ寄ってみてください。さらに、画像の街並みは、明治時代をイメージしたような街並みがインスタ映えするいいスポットだと思います。

画像6.jpg画像7.jpg△散策コース(舞鶴城公園)


舞鶴城公園では、雄大な広場が広がり、散歩コースとなっているようでした。階段が少し急でしたが、天文台に登った景色は富士山が良く見え、甲府市の全体が見渡せるようないい景色でした。舞鶴城公園の広場には、天然芝の広場があり、とても綺麗に整備されており、冬でも寝転がって気持ちよかったです。今回は学生三人で下見をしたのですが、小学生ぶりに「だるまさんがころんだ」をやり、意外と楽しめました!(笑)

画像8.jpg画像9.jpg△信玄公ミュージアム


「信玄公ミュージアム」では、武田信玄や、ミュージアムの歴史を学ぶことができました。今回は無料で閲覧できる展示を見ましたが、有料で見る展示もあります。また、城下町の遺跡内で見つかった陶磁器などの作品も展示されていました。



画像10.jpg画像11.jpg△武田神社


「武田神社」では、今回の下見、そして来年の本番の成功を祈ってお参りをしました。また、日本の国歌「君が代」の歌詞にある「さざれ石」や、入試合格や学業成就を祈って貰える「合格鉛筆」の返納箱という、ちょっと変わった賽銭箱もありました。

今回、初めての下見で不安でいっぱいでしたが、先輩からのアドバイスによって行程通りに進むことができました。また、先輩・後輩・教職員の仲も非常に深まったと思います。この下見をもとに、本番に向けて参加者がより楽しめる行程表を作りたいと思います。

以上

五街道ウォーク2021下見報告 (2日目 山梨県甲府班) 

2021年4月 1日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年3月29日(月)
行程:シャトー酒折ワイナリー→山梨県森林公園 金川の森→信玄餅テーマパーク→山梨県立科学館

こんにちは!五街道ウォーク実行委員人間学部1年渡邉です。
今回、五街道ウォーク2021年本番に向けて下見を行っていきました。2日目は天気がとてもよく、無事に2日目を終えることができました。



1.jpg2.jpg△シャトー酒折ワイナリー


「シャトー酒折ワイナリー」では、ワイン製造工場を見学し、ワインの製造工程を知ることができました。今回は試飲や見学ツアーは行っていませんでしたが、なかなか間近で製造工程を見ることはできないのでとても貴重な体験をすることができました!

3.jpg4.jpg5.jpg△山梨県森林公園 金川の森


「山梨県森林公園 金川の森」では、今の時期桜がとても綺麗で景色が本当に綺麗でした。広い敷地だったので、解放感もあって沢山の自然を感じられました。鳥のさえずりも聞こえて、癒される場所でした。



6.jpg△信玄餅テーマパーク


「信玄餅テーマパーク」では、昼食やお土産を買いました。本来であれば、信玄餅の工場見学ができる場所なのですが、この状況下のため見学ができませんでした。とても残念でした...。再開されることを心待ちにしています!
ここではお昼ご飯を食べる場所があり、そこでほうとうや蕎麦を食べました。店内は、外の景色を見ながら美味しいご飯を食べられるという場所で、とても素敵でした!


7.jpgお土産コーナーではなんと...!

8.jpg今話題の「鬼滅の刃」とのコラボ商品もありました!様々な世代から人気で、信玄餅テーマパークから出てくるお客さんの半数はこの鬼滅の刃の商品を持っていました。
(こちらの商品は信玄餅テーマパークで発売中です!)



9.jpg10.jpg△山梨県立科学博物館


「山梨県立科学博物館」は、科学というものを自分の目で見て、体で体験できる貴重な場所でした!知らないことが多かったので、とても勉強になりました。
子どもに大人気の場所でしたが、大人が行ってもとてもワクワクするようなところでした。ここから見える景色も綺麗でした!



11.jpg(↑山梨県立科学館から見える富士山)


どの場所もとても景色が良いところが多くて、多くの自然と触れ合うことが出来ました。今現在、コロナの影響もあり一部休止となっている場所も多くありました。とても残念な気持ちでしたが、そんなコロナ禍の中営業をして下さっているお店や施設に感謝をしなくてはいけないなと、改めて感じました。どこの場所もコロナ対策が多くなされていました。そこでの私たち一人一人の行動が、重要視されていくのではないかと思います。

今回沢山の経験をして、交流をして、自然に触れられた下見だったのではないかと思います!この下見を生かして本番の計画も立てていきたいと思います。

12.jpg

以上

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 山梨県台ケ原班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2019年8月21日(水)
行程:ハイジの村→中村キース・へリング美術館→魚光会館→古道入り口~古道出口→金精軒→台ケ原一里塚跡→道の駅はくしゅう→日蓮上人の高座石→応安の銘碑

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員1年神谷です!五街道ウォーク2020に向けて下見を行いました。2日目は天候にも恵まれ予定通りに行うことが出来ました。
 

 

kw-daigahara21-01.jpg△ハイジの村


 南アルプスに囲まれたこの地では季節の花々が咲き誇り「アルプスの少女ハイジ」の世界観が見事に再現されています。展望台からは遥か遠くにあるスイスを感じさせるような雄大な眺めが望めました。

 


kw-daigahara21-02.jpg△魚光会館


 ここでは、本番の昼食にもなると思われる「ほうとう」という山梨県を中心とした郷土料理を食べることが出来ました。地元の食材が使われていてとても美味しかったです。また偶然にも文京学院大学の卒業生のお父様とお話しすることが出来ました!

 

kw-daigahara21-03.jpg△古道


 この道は甲州街道以前の信州へと通じる主要な道路です。甲州街道のほとんどはすでに舗装されていますが、ここは古道として残されている数少ないスポットです。いくつかの石碑が残されているので、たしかにここに街道があったことを実感できました。
 
 

kw-daigahara21-04.jpgkw-daigahara21-05.jpg△金精軒


 ここは、武田信玄に所縁のある信玄餅味わうことが出来ます。ここでしか味わうことのできない生信玄餅もありとても美味しかったです!ここでしか味わえない信玄餅をお土産にすることもできますし、上の画像にもある水まんじゅうなどで休憩することもできます!


以上
 

1  2